白文鳥ピピme物語

検察と大手メディアの明らかな犯罪

◆医療業界とは?

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]


今回は、先日の記事で述べた不妊治療は詐欺であるとの英国BBC放送の記事です。
『懐妊・子育て一考』 2019/7/25(木)

尚、私は1997年頃に、不妊治療を行う東京のレディスクリニックに仕事柄訪問し、不妊治療の実態を知りました。当時でも不妊治療の費用は1夫婦当たり400万円強と記憶しています。それに、これらの夫婦は20歳過ぎから27歳までが大半で、然も、住居地は原発施設周辺であったことに驚いたものです。

この時を書いた記事『男子の弱体化は草食だからではない』2012/3/17(土) 

Older women exploited by IVF clinics, says fertility watchdog
高齢女性は体外受精の診療所で食い物にされていると不妊監視人は言う

Older women are being exploited by IVF clinics "trading on hope", the fertility watchdog has warned.
Sally Cheshire, chairwoman of the Human Fertilisation and Embryology Authority (HFEA), told the Daily Telegraph some private clinics were using "selective success rates" to target older women.

年配の女性たちは体外受精の診療所で「希望に応じて取引する」ことで搾取されている、と不妊監視は警告している。

ヒトの受精および胚研究認可局(HFEA)の議長であるSally Cheshireは、英紙デイリー・テレグラフに、一部の私立診療所では高齢女性を対象とした「選択的成功率」(註1)を使用していると語った。(註1)実態の一部、いいとこ採りの成功率。低い成功率の部分は隠している。

IVF is less likely to be successful as a woman gets older.
Since 2004 the number of women in their 40s undergoing fertility treatment has doubled to 10,835 in 2017.

女性が年をとるにつれて、体外受精は成功する可能性が低くなります。2004年以来、40歳代の女性が不妊治療を受けている数は、2017年には10,835人に倍増した。

The latest HFEA figures show that, among those using their own eggs, out of 2,265 embryo transfers in 2017, just 75 women aged 43 to 44 ended up with a baby.
For those over 44, the success rate was even lower - amounting to 1% between 2004 and 2017.
Mrs Cheshire told the BBC that some women were not being told their "realistic chance of success" when sold the treatment.
She said all UK clinics needed to be "transparent" about the costs involved, as well as the likely outcome.

最新のヒトの受精および胚研究認可局(HFEA)のデータによると、自分の卵子を使用している人々のうち、2017年の2,265個の胚移植のうち、43〜44歳の女性75人だけが赤ちゃんを産みました。

44歳以上の女性の成功率はさらに低く、2004年から2017年の間に1%にまで低下した。

チェシャー夫人はBBC放送に、治療を売ったとき(不妊治療契約をした時)に何人かの女性が「現実的な成功のチャンス(実際の成功率)」を伝えられていないと語った。

同氏は、英国のすべての診療所で、関連する費用とその結果について「透明」である必要があると述べた。

●Women 'need to know egg freezing risk'
●Women over 34 refused IVF treatment

Mrs Cheshire added that the clinics giving "selective statistics" tended to be "foreign"."If you have treatment in the UK, all those clinics are regulated by us - by and large it's a good sector," she said."What we're concerned about are more of the foreign clinics who are coming to the UK who are investing here... who absolutely are not being honest."

●女性は「卵子凍結リスクを知る必要がある」
●34歳以上の女性は体外受精の治療を(無効果故に)拒否した

チェシャー夫人は、「選択的統計(都合の良いヶ所の統計数字)」を出している診療所は「(経営者が)外国人」である傾向があると付け加えた。

「英国で治療を受けている場合、これらの診療所はすべて当社によって規制されています。概してこれは良い分野です」と彼女は言う。

「私たちが心配しているのは、英国にやって来る外国の診療所で、ここに投資しているのですが、絶対に誤魔化しがあります」。

NHS guidelines recommend that women under 40 should be offered three full cycles of IVF, while those between 40 and 42 should be offered one full cycle. However eligibility criteria vary in different areas of the country.
IVF is not usually recommended for women over the age of 42 because of low success rates.

国民健康保険(NHS)のガイドラインでは、40歳未満の女性には3回のフルサイクルの体外循環(註)を、40〜42歳の女性には1回のフルサイクルを提供するよう勧めている。 ただし、適格基準は国の地域によって異なる。

(註)
A full cycle of IVF/ICSI has been clearly defined as one in which 1 or 2 embryos are replaced into the womb as fresh embryos (where possible) with any remaining good-quality embryos frozen for use later.
完全周期のIVF / ICSIは、1〜2個の胚が新鮮な胚(可能な場合)として子宮内に置き換えられ、残りの良質の胚が後で使用するために凍結されるものとして明確に定義されている。

成功率が低いため、IVFは通常42歳以上の女性には推奨せず。

What is In Vitro Fertilisation (IVF)?

●An egg is removed from the woman's ovaries and fertilised with sperm in a laboratory
●The fertilised egg is then returned to the woman's womb to develop
●IVF worked for the first time on 10 November 1977. On 25 July 1978, the world's first IVF baby, Louise Brown, was born
●On average, IVF fails 70% of the time
●The highest success rates are for women under 35
●On average, it takes almost four-and-a-half years to conceive with IVF
Source: Human Fertilisation and Embryology Authority/Fertility Network UK

体外受精(IVF)とは何ですか?

●卵を女性の卵巣から取り出し、実験室で精子で受精させます
●その後、受精卵は女性の子宮に戻されて発育します。
●1978年7月25日に、世界初の体外受精の赤ちゃんルイーズブラウンが生まれました。
●平均して、体外受精は時間の70%失敗します
●最高の成功率は35歳未満の女性です。
●平均して、体外受精を受胎するのに約4年半かかります
出典:人間の受精と発生機関/出生ネットワーク英国

Mrs Cheshire said some parts of the sector were using "blatant" sales tactics to persuade "vulnerable" women to undergo treatment.

チェシャー夫人は、この分野のいくつかの部分が「脆弱な」女性に治療を受けるよう説得するために「露骨な」販売戦略を使っていたと述べた。

The 50-year-old said she had even been offered IVF treatments herself, by staff who were unaware of her role with the regulator, at a visit to a fertility show in Manchester.
"We now see things like 'guaranteed baby or your money back','' she told the Telegraph.

50歳の女性は、マンチェスターでの不妊治療の見学で、規制当局との役割に気付いていないスタッフによって、彼女自身で体外受精治療を提供されたことさえあると言った。

「私たちは今、「赤ん坊出生の保証や不出生の場合の返金」のようなものを考えています」と彼女はテレグラフに言った。

Add-on treatments
追加治療

Mrs Cheshire also called for the watchdog to be given powers to regulate prices, saying that some private centres were charging up to £20,000 for cycles - four times as much as she said treatments should cost.

チェシャー夫人はまた、いくつかの私営センターは1サイクルで最高2万ポンドを課金していた - 治療にかかる金額の4倍であると述べ、監視機関に価格規制の権限を与えることを求めた。

She said prices were often inflated by the growing use of "add-on treatments", such as embryo glue and endometrial scratches, offered by clinics to boost chances of success.

彼女は、成功の可能性を高めるために診療所で提供されている、胚接着剤や子宮内膜の引っかき傷などの「追加治療」の使用の増加によって価格が高騰することが多いと述べた。

Caroline's story: 'Am I throwing away my money?'
キャロラインの物語:「私は自分のお金を捨てているでしょうか?」

Caroline, 40, wishes someone had sat her down and given her a realistic cost for her IVF treatment but says that often medical staff do not know for sure.

She was originally led to believe the cost would be £5,000 but it is now at least £16,000.

彼女は当初コストが5000ポンドになるだろうと説明されていたが、それは今少なくとも16000ポンドです。※ぼったくり。

"The list of treatment costs is just jargon and there are so many options. I think I needed someone to sit me down and say to me 'this is you and this is what it will cost'," she said.

The cost is not the only downside of IVF treatment for Caroline - the hormones have added negatively to the experience.

"I am taking some time off from treatment as I find injecting all the hormones really messes with me emotionally. The injections have bowled me over and made me completely lose it."

Adding: "When you're crying your eyes out at work it's not a good look."

However, Caroline, whose full name we are not using at her request, thinks she will continue with the treatment as she has two vials of sperm left and will likely spend another £10,000.


However, earlier this year the watchdog, which regulates all fertility services in the UK, warned that these were being offered without conclusive evidence that they increase the chance of pregnancy.

Its website now has a "traffic light" rating for such treatments. None have been given the green light, which indicates there is more than one quality trial showing the procedure is effective and safe.

The NICE Guideline(NICEのガイドライン)
The importance of 3 full cycles of IVF

(今後の記事加筆先)


インフルエンザ対策:重曹

インフルエンザはこれから来春の1月下旬から2月上旬のピークに向かってうなぎ上りに罹患者が急増するでしょう。

イメージ 1

そこで今回は、インフルエンザ対策として重炭酸水素ナトリウム(ベーキングソーダ、重曹)を取り上げました。身体を弱アルカリ性にすることが予防にもなるし、例へ罹患してからでも早く回復することが出来ます。


Baking Soda Uses in Daily Health
Using Bicarbonate Against the Swine Flu
毎日の健康にベーキングソーダ(註1)の使用
豚インフルエンザに対する重炭酸塩(註2)の使用

(註1)(註2)
重炭酸水素ナトリウム(ベーキングソーダ、重曹)
ここで使用する薬品ベーキングソーダは、薬局で購入する純粋なものです。スーパーなどで市販されている重曹は、アルミなどの混合物が入っていますから、使用できません。

Over 150 years ago Dr. Austin Church formed a business to produce and distribute Baking Soda. ARM & HAMMER® Baking Soda is derived from a natural occurring mineral called trona. It is 100% pure, safe, and natural. Baking Soda (also known as sodium bicarbonate) is a substance that is found naturally in all living things. Its purpose is to maintain pH balance in the bloodstream, which is necessary to sustain life. Due to its chemical and physical properties, sodium bicarbonate has unique medicinal capabilities that every healthcare practitioner, doctor and patient needs to know about.
The only problem is that Arm & Hammer Baking Soda can replace many more expensive medicines and this does not make the medical industrial complex happy.

150年以上前、オースティン教会はベーキングソーダを生産して販売する事業を設立しました。アームアンドハンマー(アメリカの重曹メーカー)ベーキングソーダは、トロナ(《鉱物》重炭酸ソーダ石)と呼ばれる自然発生の鉱物に由来します。 100%純粋で、安全で、自然です。

ベーキングソーダ(重炭酸ナトリウムとも呼ばれる)は、全ての生物に自然に存在する物質です。 その目的は、生活を維持するために必要な血流のpHバランスを維持することです。 その化学的および物理的特性のために、ベーキング(重炭酸ナトリウム)は、全ての医療従事者、医者および患者が知る必要がある独特の薬効を有します。

唯一の問題は、ベーキングソーダがより高価な医薬品に取って代わることができ、工業医療協会が喜ばないということです。(註3)

(註3)ベーキングソーダでは医薬品業界が儲からない故、この薬品の効能を隠そうとし、メディアの報道に規制をかけていると言われている。

Baking Soda Uses
In today’s modern world of medicine the FDA just will not let companies that sell products make medical claims about them unless they have been tested at great expense and approved as a drug. But this was not always the case and as we can see in the information in this chapter, which is from a 1924 booklet, published by the Arm & Hammer Soda Company. On page 12 the company starts off saying, “The proven value of Arm & Hammer Bicarbonate of Soda as a therapeutic agent is further evinced by the following evidence of a prominent physician named Dr. Volney S. Cheney, in a letter to the Church & Dwight Company:

ベーキングソーダの使用
今日の医学の現代世界では、FDA(食品医薬品局)は、製品を販売する企業に多大な費用をかけさせて検査し、医薬品として承認されていない限り、それらについて医学的主張をすることはできません。

しかし、これは必ずしも当てはまりませんでした。この章の情報はアームアンドハンマー(アメリカの重曹メーカー)社が発行した1924年の小冊子に掲載されています。

12ページで、同社は、次のように述べています。「治療薬としてのベーキングソーダの実証された価値は、ボルニー・チェイニー博士という有名な医師の次の証拠、チャーチ&ドワイト社(註4)への手紙によってさらに明らかになります。

(註4)チャーチ&ドワイト社
家庭用製品の大手アメリカのメーカー。その中にはベーキングソーダとそれを使って作られた様々な製品が含まれている。

“In 1918 and 1919 while fighting the ‘Flu’ with the U. S. Public Health Service it was brought to my attention that rarely any one who had been thoroughly alkalinized with bicarbonate of soda contracted the disease, and those who did contract it, if alkalinized early, would invariably have mild attacks. I have since that time treated all cases of ‘Cold,’

 Influenza and LaGripe by first giving generous doses of Bicarbonate of Soda, and in many, many instances within 36 hours the symptoms would have entirely abated. Further, within my own household, before Woman’s Clubs and Parent-Teachers’ Associations, I have advocated the use of Bicarbonate of Soda as a preventive for “Colds,” with the result that now many reports are coming in stating that those who took “Soda” were not affected, while nearly every one around them had the “Flu.”

「1918年と1919年に、米国公衆衛生局との「インフルエンザ」との戦いで、もしも早期にベーキングソーダで完全にアルカリ化した人は、インフルエンザにほとんど罹患していなかったことに気づきました。常に軽度のインフルエンザの攻撃を受けるであろうに。

私はその時以来、「感冒」のすべての症例を治療してきました。インフルエンザとラグリプス(亜型)の患者は、多くの場合、最初の大量のベーキングソーダで36時間以内に症状が完全に軽減されました。

さらに、私自身の家庭で、女子クラブと保護者会を前にし、私はベーキングソーダの使用を「風邪」の予防手段として提唱しました。結果、「ソーダ」を飲んだ人は「インフルエンザ」の影響を受けていないとの報告が多く、他方、周囲のほぼ全ての人が「インフルエンザ」でした。

Recommended dosages from the Arm and Hammer Company for colds and influenza back in 1925 were:During the first day take six doses of half teaspoonful of Arm & Hammer Bicarbonate of Soda in glass of cool water, at about two hour intervals.
During the second day take four doses of half teaspoonful of Arm and Hammer Bicarbonate of Soda in glass of cool water, at the same intervals.
During the third day take two doses of half teaspoonful of Arm and Hammer Bicarbonate of Soda in glass of cool water morning and evening, and thereafter half teaspoonful in glass of cool water each morning until cold is cured.

1925年の風邪およびインフルエンザのためのアームアンドハンマー(アメリカの重曹メーカー)からの推奨用量は以下の通りでした:

(3日間コース)
最初の日には、小さじ半分のソーダ粉末を冷水に溶かし、これを6回分に分け、コップの水と共に約2時間間隔で6回服用します。

2日目には、小さじ半分のソーダ粉末を冷水に溶かし、これを4分割し、同じ間隔でコップの水と共に4回服用します。

3日目には、小さじ半分のソーダを冷水で溶かし、2分割し、朝と夕方の2回、コップ1杯の水と共に服用し、その後寒さが治まるまで毎朝1杯の冷たい水のみを飲みます。

Well the sodium bicarbonate cure for colds and sore throats. A friend called as I was reading about it, I told her to try it. She is rapt! Relief in a few hours, and she went to work the following day! And she was miserable and could hardly talk, had just woken with it full on, and was planning on missing work.”

ベーキングソーダ(重炭酸ナトリウム)は風邪や喉の痛みをよく治します。それについて読んで知っていたと大声で言う友人に、私はそれを試すように言いました。

彼女は大喜び!
数時間で回復し、彼女は翌日に仕事に行きました!
彼女はひどい状態で目を覚ましているだけで話すことがほとんどできず、欠勤を計画していたのに。

In order to secure the best results with Arm & Hammer Pure Bicarbonate of Soda (Baking Soda) when taken internally, certain simple rules must be observed. Materia Medica, pharmacology and Therapeutics (Bastedo, Page 88) clearly outlines these rules to follows:
“The effect of an alkali in the stomach will vary according to the nature of the stomach contents at the time of administration. In the resting period (after food is digested) sodium bicarbonate merely dissolves mucus and is absorbed as bicarbonate into the blood, to increase its alkalinity directly.
“In the digestive period it reduces the secretion of gastric juice, neutralizes a portion of the hydrochloric acid, liberates the carminative carbon dioxide gas, and is absorbed as sodium chloride.

ベーキングソーダの純粋な重炭酸塩を内部で取るときに最良の結果を得るためには、いくつかの簡単なルールを遵守しなければなりません。医薬品、薬理学、治療学では以下の規則を明確に示しています:

「胃の中のアルカリの影響は、投与時の胃内容物の性質によって変化するでしょう。 安静時には(食物が消化された後)ベーキング(重炭酸ナトリウム)は単に粘液を溶解し、重炭酸塩として血液に吸収され、アルカリ度を直接増加させます。」

「消化器系では、胃液の分泌が減り、塩酸の一部が中和され、炭酸ガスが遊離し、塩化ナトリウムとして吸収されます。」

(注)胃の状態は人それぞれ異なる故に、食前・食後のソーダ水の飲用項目は削除します。大半の人にとって安全なソーダ水の飲用時は、食前1時間以上前に、或いは、食後2時間以降の空腹時です。

Whenever taking a bicarbonate solution internally the soda should be dissolved on cold water.

ソーダ水(重炭酸塩溶液)を飲用するときはいつでもソーダは冷水に溶解すべきです。

This is all very valuable information coming from the horses own mouth, the Arm and Hammer Baking Soda Company, which sells aluminum free baking soda. Clearly they knew what they had in their hands one hundred years ago; and its long use in medicine sustains the companies published medical views:“Besides doing good in respiratory affections, bicarbonate of soda is of inestimable value in the treatment of Alimentary Intoxication, Pyelitis (inflammation of the pelvis of the kidney), Hyper-Acidity of Urine, Uric Acid disturbances, Rheumatism and Burns. An occasional three-day course of Bicarbonate of Soda increases the alkalinity of the blood, assists elimination and increases the resisting power of the body to all Infectious Diseases.”

Baking Soda uses extend much further than even Arm and Hammer were aware of and it’s now been used to help with everything from sunburn, ulcer pain, kidney disease, diabetes, and cancer.

これは、アルミニウムを含まないベーキングソーダを販売するアームアンドハンマー社という、信頼できる情報源からのもので全て非常に貴重な情報です。

明らかに彼らは100年前に彼らが貴重な情報手にしていたことを知っていました。医薬品でのその長い使用は、企業が医療見解を公表するのを支えます:

「消化中毒、腎炎(腎臓骨盤の炎症)、尿中過酸症、尿酸排除、リウマチおよびバーンズの治療では、呼吸器系疾患の治療に加え、ソーダの炭酸水素塩は驚くべき価値があります。 重曹の3日間のコースでは、時には、血液のアルカリ性を高め、排泄を助け、すべての感染症に対する身体の抵抗力を高めます」

ベーキングソーダの使用は、アームアンドハンマー社が認識していたよりもはるかに昔からであり、日焼け、潰瘍の痛み、腎臓の病気、糖尿病、及び癌のすべてを助けるために使用されています。

Magnesium chloride is the only form of magnesium that has been reported to increase immune system strength though all forms of magnesium need to be counted in this regard. When one adds magnesium chloride to ones baths, puts it on the skin like suntan screen, or takes it orally with sodium bicarbonate one supercharges their defensive perimeter or what is called the anti-pathogen factor in Chinese Medicine. Add Iodine, Selenium, Vitamin C and some healthy sun exposure or Vitamin D and we have the heart of army we need to array against viral invaders. Magnesium Bicarbonate – Ultimate Mitochondrial Cocktail is the name of one of my chapters that explains why both these essential mineral ions need to be present in sufficient concentrations.

この点に関して、マグネシウムの全ての形態を数える必要ですが、塩化マグネシウム(註5)は免疫系の強度を高めると報告されている唯一の形態のマグネシウムです。

(註5)塩化マグネシウム(ニガリ)
『突然死対策:マグネシウム』 2018/11/28(水) 
マグネシウム不足は、心臓病による死亡、不整脈、けん怠感、ふくらはぎ等の手足のけいれん、偏頭痛、めまい、喘息(ぜんそく)、高血圧、慢性疲労、便秘、それとメタボリックシンドローム(内臓脂肪型肥満)をもたらします。

入浴に塩化マグネシウムを加えると、日焼け止めの覆いのように皮膚に盛り、またはベーキング(重炭酸ナトリウム)で経口的に服用すると、中国医学では予防線やいわゆる抗病原体因子を過給します。

ヨウ素、セレン、ビタミンC、そして日光浴やビタミンDを加えると、私たちはウィルスの侵入者に対して配列するために必要な軍隊の心臓部を持っています。

重炭酸マグネシウム - 究極のミトコンドリアカクテルは、なぜこれら両方の必須ミネラルイオンが十分な濃度で存在する必要があるのか​​を説明する私の一つの章の名前です。(以下省略)

(ソース)
(画像)横浜市衛生研究所


『重曹でがんは消える』  2018/3/3(土) 

『歯周病や発疹に有効な純粋重曹』 2018/9/14(金) 

『重曹による体内のウラン除去』 2018/10/6(土) 

インフルエンザ様疾患発生報告書(学校欠席者数)2018/厚労省


先日、【第3類医薬品】重炭酸水素ナトリウム(ベーキングソーダ、重曹)500gの残量が極小になったので、調剤薬局に買いに行った。
イメージ 1

棚に置いてある位置は盆明けに見かけた位置と違っており、然も275円と書かれていた値札も無かった。

私は、その500gの一箱を手にし、レジに行き、千円札を出した。
すると、何と、おつりは110円のみ。
つまり、1箱890円ということだ。
僅か3ヶ月の間に、3倍以上値上げしていたのだ。

成程、薬は「九層倍」(くそうばい)と称して、元値の九倍や10倍に吹っ掛けて売る。どうやら、我が町でも重炭酸水素ナトリウムが売れ出したから値上げしたのだ。

このような吹っ掛けられた価格でブログ友も購入したのか!
アマゾンなら、今でも、500g1箱を送料込みの計659円(¥248 + ¥411 配送料)で手に入る。


薬は「九層倍」(くそうばい)の他の例

そういえば、数日前、こんな記事を読んだ。
だが、女性の生理に関する記事なので削除してしまった。
その記事を検索しようとしたけど、遂に再発見できず。
似たような記事は見つかった。

(私が見た過去の記事の内容)
月経困難症の治療薬に使われていた1シート3,000円の「経口避妊薬」の「低用量ピル」は、健保の適用外だった。それが今度健保を使えることとなり、医師に行くと3割負担の1シート900円で手に入ることになった。

そこで医薬品メーカーは、この薬の価格を3倍値上げし、医師の処方でも3割負担で従来の個人購入額と同額負担の約3,000円を支払うようにした。 

つまり、市販価格3,000円の薬を一気に9,000円か1万円に値上げしたのである。健保財政も悪化して当然の事態。                                   
(今回、ようやく検索出来た記事)
健康保険適応の低用量ピル
ルナベルLD・ルナベルULD(富士製薬)、ヤーズフレックス(バイエル薬品)、ヤーズ(バイエル薬品)の場合の個人負担は3割の約2,000円。フリウェルLD(持田製薬)の場合は、3割の約1,600円。

他方、市販の低用量ピルの価格は、1シート2,000円前後で、医師の処方の健保の3割負担とほぼ同額にした。

つまり、医師が処方する薬は、市販の似たような薬価格と違って、定価は約7,000円の高額で、医師や薬屋がたっぷりと儲かることとなっている。ぼろ儲けというよりも、クソ儲けである。

反して、健保は、1シートで7割の5,000円を負担している。



※『重曹による体内のウラン除去』  2018/10/6(土)

※『重曹でがんは消える』  2018/3/3(土) 

※私の体験記
『歯周病や発疹に有効な純粋重曹』 2018/9/14(金) 


米国インフル・ワクチン実態証言 2018/11/6(火)

今回は、米国の元病院看護師がCDC(米国疾病対策予防センター)の諮問委員会で行ったインフルエンザワクチンの実態について語った僅か5分間ですがその証言です。

ここでの彼女は、インフルエンザワクチンの有効率とは、現場とは無関係に、毎年、CDCが勝手に捏造したものであること。

然も、その実態は、全く効果が無く後遺症を発するもので、その接種は常軌を逸している(キチガイ沙汰)とまで述べています。

(前回記事)
『インフル・ワクチンの無効果論』

(本文)

MEDIAA Retired Emergency Room Technician Drops Bombshell “FIu Shot Speech” in Front of CDC Advisory Committee

退職した病院の緊急治療室技術者(看護師)がCDC(米国疾病対策予防センター)諮問委員会の前で爆弾「インフルエンザの予防接種スピーチ」を落とす

Retired Hospital Worker Gives Some Home Truths About Vaccines To CDC Committee (5分04秒)

(以下、一部抜粋)
2018年10月25日、20年間、緊急治療室技術者で最近退職したローリー・シミネリィ(Lori Ciminelli)が、予防接種に関するCDC(米国疾病対策予防センター)諮問委員会でスピーチを行いました。

She begins by explaining that none of her peers believe in flu shots. She said:“I don’t come here with any degree. I come here as the public. I just retired from a local hospital here. No one believes in the flu shots, my colleagues, I didn’t, because the efficacy, and I won’t give you data, you created the data, ten percent one year, eighteen percent the next, forty percent at best.”She continued to explain that the nasal “flu vaccine,” the infamous “flu mist” also isn’t good for people in her 20 years of experience. The nurse said:
“The flu mist you gave to your children from two to eight years, for almost four years it never worked, three percent, oh well.

イメージ 1

彼女は、仲間の誰もインフルエンザの予防接種を信じていないことを説明することから始めます。彼女は言いました:「私はここにはいかなる地位で来たのではありません。私はここに一般人として来ています。

私はここの地元の病院から引退したばかりです。私の同僚も私も、誰もインフルエンザの予防接種を信じていません。CDCが(勝手に)有効性のデータを創造したのはある年で10%、次の年は18%、最高で40%です。

彼女は、鼻に噴霧する "インフルエンザワクチン"、悪評の "インフルエンザの霧"も、20年の経験から効果ないと説明し続けました。看護師は言った:

「CDCが2歳から8歳まで子供に与えたインフルエンザの霧は、ここ4年間のほとんどで、うまくいっていません(無効果)でした。3%でした。まあともかく。

I worked in a hospital where my colleagues, doctors, nurses, medical assistants, and patient care lab, we didn’t believe in that flu shot. We were probably at 40 percent and then came our mandates, and then came your (the CDC’s) recommendations.”
Then, she provided insight into what she was forced to do, to be an emergency room technician while refusing the flu shot. For a while it was customary for people like her or nurses to wear a mask constantly, opt to constantly wear a mask day after day rather than receive the shot.

私は同僚、医師、看護師、医療アシスタント、介護専門職で、インフルエンザの予防接種を信じていなかった病院で働いていました。私たちは恐らく接種率は40%だったので、私たちに命令が来て、CDCの勧告を受けました。

その後、彼女は強制的に何をさせられたのかについての真相を提供し、インフルエンザの予防接種を拒否しながら救急室の技術者になるようにしました。

しばらくの間、彼女や看護師のような人々は予防接種を受けるのではなく、毎日マスクを常に着用することを選択しました。

This year, I retired. I’m grateful for that because my soul was sick at what I saw go on. That flu shot was crazy.”

今年、私は引退しました。私は私の感情が事の成り行きに憤慨していた故に、感謝しています。そのインフルエンザの予防接種は常軌を逸し(クレージー)ていました。

The government keeps a record of people who suffer from vaccine injury, it’s called VAERS (vaccine injury reporting system), so if you type in “VAERS injuries flu shot,” or for any vaccine into a search engine, you’ll find exactly what she is speaking of.

政府はワクチン傷害に苦しむ人々の記録を残しています。これはVAERS(ワクチン傷害報告システム)と呼ばれています。したがって、「“VAERS injuries flu shot,”(VAERSによるインフルエンザの予防接種傷害)」やワクチンの検索エンジンへの入力で、彼女の話していることを正確に見出すでしょう。

To make her experience even more incredible, she never got the flu in seemingly her entire career: while being in contact with people who had it, day in and day out, for such an incredibly long period of time.“How did I survive twenty years and never get the flu in that environment? ER, high volume: was I not on the front lines every flu case, 300 people a day every day, every flu case, it was me.I never had the flu, you know why? I knew how to wash my hands, I knew how to take vitamin D, I knew how to take elderberry syrup.

彼女の経験でさらに驚異的なことは、彼女は彼女のキャリア全体の中でインフルエンザにかかったことはありませんでした。その間、そのように信じられないほど長い間、毎日毎日、インフルエンザ罹患者と接触していました。

"私はどのようにして20年間乗り切り、その環境でインフルエンザになることはなかったのでしょうか?

大量の患者が来るER(集中治療室):私は全てのインフルエンザのケースでの最前線にいませんでしたが、毎日300人、全てインフルエンザの患者を看護したのは私でした。

私はインフルエンザを経験したことはありません。CDCはどうしてか知っていますか?

イメージ 2

私は私の手を洗う方法を知っていたし、ビタミンDを取る方法を知っていたし、エルダーベリーシロップを取る方法を知っていました。

(参考)『太陽光のビタミンDで美しく』 2013/12/10(火)

I don’t approve of your flu shot. Now, you have pharmacists giving it. You bribe us with cards at Target, and you tell us ‘this is free,’ and it’s everywhere. There’s scare tactics that you should be ashamed of. Robert F. Kennedy Jr.: he fights for us, he does. He goes to court for us, for our kids who suffered.”

私はCDCのインフルエンザの予防接種を認めません。今、CDCはそれを薬局に与えています。CDCはTarget(標的)カードで私たちに言うことをきかせようとし、私達に「これは無料です」「どこでも接種できます」と言いました。

イメージ 3

CDCが恥じるべき恐怖の戦術があります。

ロバート・ケネディJr.:彼は私たちのために戦う、彼はしています。彼は私たちのために戦い、彼は実行しています。彼は私たちのために、予防接種で苦しんだ子供達のために訴訟を起こします。

She drew her short yet information packed, 5 minute speech to a close, and her testimony went viral. Do you agree with what she is saying? More research would be great for everybody. Why is a controversial topic controversial?

彼女は短くその上圧縮された情報を表現する5分間のスピーチを終え、そして彼女の証言はソーシャルメディアを使った口コミで素早く広がりました。

彼女が言っていることに同意しますか? より多くの研究は誰にとってもすばらしいことです。論争の的の話題はなぜ物議を醸しているのですか?

(原文)
(参考)
A National Firm Representing Vaccine Injured People Around the Country
ワクチンを代表する国営企業は国中の人を傷つけた



『ワクチンの恐怖:目次』


今夏、米国の裁判で初めて画期的な評決が為された。

それは米国カルフォルニア州裁判所では、モンサント社を相手とする個人の訴訟で、モンサント社に対して2億8900万ドル(約320億円)の支払いを命じたことである。

現在、このモンサント社を相手とする損害賠償請求訴訟は、4000件も起こされている。今回の評決が判例として他の裁判にも適用されるとなると、モンサント社は、凡そ120兆円の損害賠償の支払いの責務を負う。

イメージ 1

翻って日本ではJA全農が2009年より自慢げに積極的に農家に直接販売しているモンサントのラウンドアップ。

今回の米国での評決が判例として統一された場合、日本への影響は多大であり、日本の農家や畑の傍の住民の癌などの罹患によるモンサント社相手の損害賠償請求訴訟に対し、積極的販売者としてのJA全農も、逃れることは出来ないだろう。

農業協同組合新聞(社団法人農協協会)
イメージ 2
ラウンドアップハイロードその勝利の方程式は剤の持つパワーに

(前回記事)
『農家の犯罪:除草剤ラウンドアップ』 2018/6/13(水) 
ラウンドアップに汚染された畑では雑草どころか昆虫さえも生きられない。


米モンサントに2.89億ドルの賠償命令、除草剤の発がん性問題で評決

Joel Rosenblatt、Robert Burnson
ブルームバークニュース 2018年8月13日 2:54 JST

種子開発最大手、米モンサントの除草剤「ラウンドアップ」の使用ががん発症につながったとして、利用者が同社を提訴した件で、米カリフォルニア州の裁判所は10日、モンサントに2億8900万ドル(約320億円)の支払いを命じる評決を下した。

ラウンドアップの発がん性を巡る司法判断が示されたのは今回が初めて。

 モンサントを相手取り訴えを起こしたのは、学校でグラウンドの管理人を務めていたリー・ジョンソン氏。サンフランシスコの州裁判所で陪審員は3日間にわたり評議を行った。ラウンドアップを巡る訴訟は数千件に上り、今回の評決が今後の判例となる。(中略)

ドイツのバイエル社は、6月にモンサントを660億ドルで買収する案を締結した。訴訟がモンサントに対して大きな判決を下した場合、ブルームバーグ・インテリジェンスのアナリスト、クリス・ペレラ氏は、バイエルの収益に重大な影響を及ぼす可能性があると述べた。

ラウンドアップは現代の農業ではどこにでもあるので、それが実現する可能性は非常にはっきりしているが、「潜在的な巨額の責任」がある。ペレイラ氏によると、バイエルの投資家は、同社を扱う多くのアナリストが医薬品に焦点を当てているため、リスクを認識していない可能性があるという。(以下省略)

* - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *

(BBC)
In 2015 the International Agency for Research on Cancer, the World Health Organisation's cancer agency, concluded that it was "probably carcinogenic to humans" .But the US Environmental Protection Agency (EPA) continues to insist that glyphosate is safe when used carefully.
Some Democrats have even called for a Department of Justice investigation into alleged collusion between government officials and Monsanto .

(BBC)
2015年に世界保健機関(WHO)のがん機関である国際がん研究機関は、おそらくヒトに対して発がん性があると結論付けた。

しかし、米国環境保護庁(EPA)は、慎重に使用するとグリホサート(註1)が安全であると主張し続けている。

一部の民主党は、政府関係者とモンサントの間の共謀疑惑について、司法省の調査を要求した。

(註1)グリホサート
除草剤ラウンドアップ(商品名)の主成分

* - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *
Rounding up Glyphosate
グリホサートをまく
(一部抜粋)

Today, glyphosate-tolerant crops include varieties of corn, soybeans, cotton, canola, sugar beet and alfalfa, among others. Over 90% of all soybeans and over 70% of all corn grown in the U.S. are genetically modified, with the majority of these plants specifically possessing glyphosate tolerance. These crops may be treated with much higher levels of glyphosate than those that predate the introduction of genetically modified organisms (GMOs) and consequently, people are being exposed to this herbicide through the food supply. Other non-GMO crops such as oats and wheat are also sprayed with glyphosate to cause the plants to dry faster for harvesting.

現在、グリホサート耐性作物には、トウモロコシ、大豆、綿、キャノーラ、サトウダイコンおよびアルファルファなどが含まれる。 

米国で栽培されているすべての大豆の90%以上が全面的に遺伝子組換えされており、大部分の植物はグリホサート耐性を特有に有しています。 

これらの作物は、遺伝子組み換え生物(GMOs)の導入よりも前にはるかに高いレベルのグリフォセートで処理され、その結果、人々は食料供給を通じてこの除草剤にさらされている。 

オートムギや小麦などの他の非GMO作物にもグリホサートを吹き付けて、収穫のために植物をより速く乾燥させる。

An independent, FDA-approved analytical laboratory (Anresco) tested 29 common food substances in the U.S. diet and found alarming levels of glyphosate in such brands as Cheerios, Ritz Crackers, Oreos and Doritos, among others. Levels found in Cheerios were greater than one part per million (i.e., 1 milligram per kilogram food substance). Glyphosate has also been detected in the urine of cattle at levels up to 146 parts per million and in organ meat of cattle up to 108 parts per million. In this same analysis, it was shown that both humans and animals fed organic (GMO-free) diets excrete substantially lower levels of glyphosate in their urine.

FDA(食品医薬品局)が承認した独立した分析研究所(Anresco)は、米国の食生活で29の一般的な食品物質を試験し、チェリオス(朝食用の穀物加工品)、ナビスコのリッツクラッカー、オレオ(ナビスコのサンドイッチ状のクッキー)、ドリトス(三角形コーンチップのスナック菓子) などのブランドで驚くべきレベルの除草剤グリフォセートを発見した。

 チェリオスで見出されたレベルは、百万分の1(すなわち、食品物質1キログラムあたり1ミリグラム)より大きかった。 

除草剤グリフォセートはまた、牛の尿中で146ppmまで、臓器肉では108ppmまで検出されている。 この同じ分析において、有機(GMOを含まない)食餌を与えたヒトおよび動物の両方が、除草剤グリホサートを同じレベルで尿中に実質的に分泌することが示された。

Human vaccines have also been shown to contain glyphosate. Moms Across America has reported levels as high as 2.6 parts per billion (as determined by independent testing laboratory, Microbe Inotech Laboratories, Inc., St. Louis, MO) in the MMR-II vaccine, with all other vaccines tested showing at least detectable levels of glyphosate. This isn’t unexpected, given that vaccines are manufactured using bovine and pork-based cell culture products derived from livestock that may have consumed grain-based feed with the allowable level of glyphosate at 400 parts per million. Although glyphosate levels in vaccines are up to 1000 times lower than that in food substances, one must consider that vaccines are directly injected into the body, meaning that 100% of the herbicide is directly absorbed into the recipient’s tissues. Additionally, vaccines contain other substances like adjuvants and surfactants which can hasten the uptake of glyphosate into cells.

ヒトのワクチンは、グリホサートを含むことも示されている。

全米の母親たちの市民団体マックス・アメリカ全米は、MMR-II(麻疹、おたふくかぜ、風疹)ワクチンでは10億分の2.6に達していることを報告しており、他のすべてのワクチンは少なくとも検出可能なレベルの除草剤グリホサートを示している。
(独立した試験研究室Microbe Inotech Laboratories、Inc.、St.Louis、MO)

これは、除草剤グリホサートの許容レベル400ppmを含む穀物飼料を摂取した可能性のある家畜であるウシおよび豚をベースとした細胞培養物を用いてワクチンを製造することを考えると、予期しないことではない。

ワクチンのグリホセート濃度は食品中の1000倍まで低いが、体内にワクチンを直接注入することを考慮する必要があり、ワクチンに含む100%の除草剤が直接受容組織に吸収される。

さらに、ワクチンは、グリホサートの細胞への取り込みを早めることができるアジュバント(補助剤)及び界面活性剤のような他の物質を含む。

In a survey of the open literature, there are over 200 scientific papers covering the toxicity of glyphosate in human tissues.

公開された文献の調査では、ヒト組織におけるグリホサートの毒性を取り扱っている200以上の科学論文がある。

Glyphosate at current environmental levels has exhibited an “estrogenic” effect on human breast cancer cells, meaning that it essentially enhanced the growth of certain types of tumor cells (Thongprakaisang et al. 2013). Another publication by Mesnage et al. 2015 revealed that glyphosate levels in the range of the acceptable daily intake causes chronic health effects including teratogenic, tumorigenic, and hepatorenal effects. The authors hypothesize that adjuvants in the pesticide that enhance the toxicity and uptake of glyphosate by plants also augment the toxic effect of glyphosate in humans. This would serve to invalidate any previous safety study completed on glyphosate alone, which would be meaningless unless all the pesticide components were present.

現在の環境レベルでのグリホサートは、ヒト乳癌細胞に「エストロゲン作用(発情を促す作用)」効果を示し、特定のタイプの腫瘍細胞の増殖を本質的に強化することを意味する(Thongprakaisang et al。2013)。

Mesnage(人名)らによる別の刊行物
2015年 許容される1日摂取量の範囲内のグリホセートレベルが、催奇形性(註2)、腫瘍原性および肝臓の影響を含む慢性的な健康影響を引き起こすことを明らかにした。

(註2)催奇形性(サイキケイセイ)
生体に作用して胎児や新生児に奇形を発生させる性質。放射線や催眠薬サリドマイドなどにみられる。

著者らは、植物によるグリホサートの毒性および摂取を増強する農薬中のアジュバント(補強材)がまた、ヒトにおけるグリホサートの毒性効果を増強すると仮定している。

これは、グリホサート単独で完了した以前の安全性試験を無効にするのに役立ち、安全性試験とは農薬成分全てが存在した上でなければ意味がない。

Clear evidence that specific formulations which include glyphosate are toxic to human cells at concentrations deemed safe for human consumption in the U.S. was available as early as 2009 (Gasnier et al. 2009). These formulations were shown to cause endocrine disruption, cellular toxicity, and DNA damage. Another study linked glyphosate exposure to occupational lung disease (Kumar et al. 2014). Perhaps the most impactful study completed to date, termed the “Global Glyphosate Study“, was completed by the Ramazzini Institute in Italy and was published in May 2018 in the journal Environmental Health. Within this study, laboratory rats were fed 1.75 mg of glyphosate per kg body weight each day (the U.S. EPA acceptable daily intake) over a 13-week time period. Changes were seen, as compared to the control group of animals, in biochemical parameters related to sexual development, genotoxicity, and the alteration of the intestinal microbiome.

グリフォサートを含む特定の製剤がヒト細胞にとって有害であるとの明確な証拠は、米国でヒトが摂取することが安全であると考えられる濃度では、2009年早くも有害証拠の入手を可能であった(Gasnier et al。2009)。

これらの製剤は、内分泌攪乱、細胞毒性、およびDNA損傷を引き起こすことが示された。別の研究は、グリホサートの職業性肺疾患(註3)への暴露(さらされる)を関連づけた(Kumar et al。2014)。

(註3)職業性肺疾患
仕事の作業中に有害な粉じん、アレルゲン、化学物質、環境汚染物質などを吸入することで生じ. る呼吸器疾患のこと

おそらく、現在までに完成した「世界的グリホサート研究(Global Glyphosate Study)」と呼ばれる最も影響力のある研究は、イタリアのRamazzini Instituteによって完成され、2018年5月に環境衛生誌に掲載された。

この研究の範囲内で、ラットには、13週間にわたり毎日体重1kgあたり1.75mgのグリホサート(米国EPA許容1日摂取量)を与えた。性的発育、遺伝毒性、および腸内微生物の変化に関連する生化学的パラメータにおいて、対照群と比較して変化が見られた。
(中略)

As a society, our food supply and even our vaccines are awash in glyphosate, which should be of grave concern. One study has shown that 93% of individuals tested in the U.S. show levels of glyphosate in their urine. Average levels of glyphosate in urine of children in this study eclipsed 3.5 parts per billion. This is highly disconcerting given that another study shows glyphosate-related damage to the liver and kidneys of rats at levels as low as 0.05 parts per billion. Despite all this evidence, the U.S. EPA sticks to their claim that glyphosate is safe for consumption. As is the case with vaccines and other medical products, with our food supply, we simply cannot trust our government to tell us what is safe to put in our bodies.

社会全体として、私たちの食糧供給やワクチンさえもグリホサートに溢れている。これは深刻な問題です。ある研究では、米国で試験された93%の人の尿中からグリホサートを検出していることを示している。

この研究における小児の尿中のグリホサート濃度の平均レベルは、1億分の3.5(ppb)を上回っていた。これは、ラットの肝臓や腎臓に0.05ppbという低いレベルでグリホサート関連の損傷を示す別の研究があることを考えると、非常に当惑している。

これらの証拠の全てにかかわらず、米国EPA(環境保護庁)はグリホサートが消費に安全であると主張している。

ワクチンやその他の医療製品の場合と同様に、私たちの食料供給では、私たちの政府が自分たちの体に入れても安全なものを教えてくれるとは全く信じることはできません。

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事