白文鳥ピピme物語

検察と大手メディアの明らかな犯罪

■飲食物のリスクと対策

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

以前はイカナゴなどの不漁は、瀬戸内海の水温が上昇した故とか述べていたが、今度は、海水がきれいすぎるのが原因とうそぶいている。


水質改善しすぎてイカナゴ不漁、ノリの色落ち 全国初、兵庫県が窒素濃度に下限設定

神戸新聞NET 6/3(月) 
兵庫県は県内の瀬戸内海で、水質の環境基準を独自に見直す方針を固めた。瀬戸内海は水質改善が進んだ半面、魚介の栄養素となる窒素などの「栄養塩」が減り、漁獲量の減少やノリの色落ちが問題となっている。

国の現行基準は窒素の濃度を、工場地帯などを除き主に海水1リットル当たり「0・3ミリグラム以下」としているが、県は「同0・2ミリグラム」という下限基準を加え、一定の窒素濃度を保つ考え。県によると、海水の環境基準に下限を設けるのは全国初という。(山路 進)(中略)

県環境審議会の委員会メンバーである藤原建紀・京都大名誉教授(水産学)は「窒素濃度0・2ミリグラム以下はダイビングに適するほどの透明度。瀬戸内海では海藻だけでなく、アサリや小魚などにも影響が出ており対策が急がれる」としている。
(以下省略)
** --- * --- ** --- * --- ** --- * 

つまり兵庫県は、現在の海は窒素濃度不足でノリやイカナゴの生育にはきれいすぎる故、海水浴やダイビングが出来ない程のもっと汚い海に戻そうと言っている。

分かり易く言えば、今の韓国のノリやカキ、貝類の養殖の様に、し尿を海にばら撒けと婉曲的に言っているのだ。韓国産のノリやカキ、貝類、ヒラメはノロウイルスの宝庫だと知ってのことだろうか。

果たして河川や工場からの排水の浄化だけで、ノリの色が落ちたり、イカナゴなどの小魚やアサリなどが減るのだろうか。

日本では公表されたことはないが、外国の例によると、河川から抗生物質や諸々の医薬品が抽出されている。これは主に牛や豚や鶏に投与する薬剤だという。

他方、草木を枯らすのみならず、水中の昆虫まで殺してしまう農薬ラウンドアップが畑やゴルフ場などの芝生から河川に流れている。

即ち、河川から流れてくる海は、これらの医薬品や農薬で、藻やプランクトンの生息が困難になりつゝある状況であり、審議会のメンバーはこのことを隠している。

最大の問題は、放射能であろう。

下の地図は、3.11から1年弱後の瀬戸内海東部の汚染地図。これは、橋下徹大阪市が東日本大震災で発生した岩手県宮古地区の放射能がれきを舞洲で試験焼却(2013年11月29日、30の両日)する1年前のデータである。


2012年1月、大阪湾の激しい放射能汚染

■1月6日グラブ採泥器/淡路島周辺/その3
須磨海釣り公園5Km 沖海底土壌

セシウム134 826Bq/Kg
セシウム137 102Bq/Kg
ストロンチウム90 ND

■1月6日グラブ採泥器/淡路島周辺/その1
淡路岩屋・明石付近

セシウム134 376Bq/Kg
セシウム137 53Bq/Kg
ストロンチウム90 ND

関西での突然死の潜在的リスク 2018/10/19(金)

橋下が2013年舞洲で放射能瓦礫を焼却以降なら、放射能粉塵で福島沖よりも激しく放射能汚染されたであろう。

これでは、太平洋との海流の出入が僅かな大阪・兵庫の沖の海底は放射能汚泥で蓄積され、そこに生息するノリ、カキ、イカナゴ、貝類の稚魚などはまともな成長はできなく、漁獲量は大幅に減少するのが寧ろ当然と言える。

他方、食料生産者の意識は、儲かれば何でも有りとの体質を露呈している例が、牛肉の全国都道府県別放射能汚染度である。

下記の地図をご覧の通り、2013年の調査ではあるが、3.11から2年経過しても北海道、兵庫、鹿児島の牛肉から検出されるはずのない放射能が検出されている。

北海道や兵庫、鹿児島では、福島の牛を叩き値で購入し、一部ではあるが、北海道では「ひらとり和牛」「白老牛」、兵庫では「但馬牛」「神戸ビーフ」、鹿児島では「鹿児島黒牛」とのブランドを名乗り、放射能汚染肉を流通業界に流し全国市民を被爆させた。

イメージ 1

尚、2011年当時福島の牛の価格は、叩き値で1頭5万円と言われていた。その牛を購入し夫々現地で養育するも、牛の身体に一旦浸み込んだ放射能は抜けないことを意味している。

イコール、人も一旦被爆すると身体から抜けきらないことを意味す。


※311から約1年後の全国で販売されている牛肉の放射能汚染度。(下記の牛肉放射能汚染日本地図は、NHKニュースより抜粋)

高濃度の放射能に汚染された牛肉は、政府の「安全宣言」に騙され、地図で赤に塗られている通り、都道府県全てで高濃度に汚染された牛肉が販売された。当に全国津々浦々まで食用となったのである。

『瓦礫焼却で全国土放射能汚染作戦進行中!』 2012/3/10(土) 

肉類|放射能検査地図(2013年)
東京都主体で検査した鹿児島県の牛肉 Cs合計29ベクレル/kgも検出されている。事故後もうすぐ3年になるが、地域で安心というのではなく、検査して安心ということに変えていく必要がある。

情報ソース:厚生労働省の2013年度放射能検査結果
気象庁が熱中症予防策をあれこれ述べていることは当然と言える。
ついでに環境省も述べることは管轄外だが好感をもてる。

環境省が、男性にも日傘をさすように斡旋することは決して悪いことではない。だが、問題がある。原田環境大臣が自らアピールしていることである。

イメージ 1

それも単なるアピールではない。百貨店などと連携し、環境省がコスト負担をし、22日から全国の百貨店で「日傘男子」を推奨する広告を掲示するのである。(註1)

イメージ 2
(画像)日テレニュースより

日傘を推奨するよりも、男女に帽子を推奨するのが筋ではないのか。帽子にはキャップタイプとハットタイプがあるが、カバンやバックに入る折りたたみ式の実物をテレビを通して啓蒙するのが先であり、寧ろこちらの方が多くの市民の熱中症予防に効果を得られるのではないのか。

どうも原田環境大臣が自ら男子用日傘をかざしてのアピールは、腑に落ちない。

全国百貨店での税金を使っての日傘宣伝により、傘業界から原田環境大臣の政治資金(パーテー券)の徴収の意図が見える。

他方、別の視点もある。
環境省は、福一の放射能に関しても領域の主要な業務の一つである。

これまで何度も申してきたが、改めて、国(日本政府)は、国民の健康は無論のこと、命をも守らないのであり、ご多分に漏れず環境省もその一翼を担っている。

環境省は、かっては震災瓦礫を全国市町村の焼却炉で焼かせ、津々浦々まで放射能粉塵をばら撒き被曝させ(註2)、昨年は汚染土を全国農地にばらまいて日本国民を被爆させるシナリオを描いてきた。(註3)

或いは、高濃度の放射能入り焼却灰を、セメントに混入させ、コンクリート使用の建物などの建造物で、全国民に被爆化を実行してきた。実測すると、鉄筋コンクリートの共同住宅は年間2ミシシーベルト(mSv)以上の濃度ではないか!(註4)

今でも都内の水道水から放射能セシウム137が検出されているではないか。(註5)

今でも都内で収穫された柑橘類から放射能セシウム137が検出されているではないか。(註6)

今でも何と乳幼児用乳飲料からセシウム137が検出されているではないか。(註7)

今でも学校給食用牛乳からセシウム137が検出されているではないか。(註8)

今でも福島県産桃も然り。(註9)

このように思考すると、環境省のすることは表面的なことで評価することは出来ない。

環境省のする根本的目的は、日本の市民の罹患・癌死にあるのではないか。この見地から環境省のやってきたことを再度見直すと、寧ろ、当然と言える。

それでは改めて環境省の唱える男子用日傘の目的は何か?
原田環境大臣自ら何故に演じるのか。

それは、市民に太陽光を浴びさせない、太陽光でビタミンDを作らせない、ビタミンD不足にさせ、被爆した市民の身体にがんを発症させることに他ならない。

極論と思えるかもしれないが、あり得ないと思うかもしれないが、震災直後から高濃度汚染の野菜などを『食べて応援』と唱えてきて、更に上記のような市民を被爆させる挙動から鑑みても、寧ろ、当然と言える。

尚、この記事は、ご存知、5日前に『書きかけ』とし、書き始めたものだが、今日、小池都知事が帽子に言及していたので、やはり、日傘よりも、先ずは帽子を斡旋するのが人の道というものであろう。

(註1)

日光浴による体内でのビタミンD醸造を防止する環境省

 「日傘男子」がジワジワ定着 環境省推進
読売テレビニュース 2019.05.22 
環境省は熱中症対策に「男性の日傘」を推進する方針を明らかにした。「日傘男子」はジワジワ定着しつつあるようだ。

 21日、自ら日傘をさして涼しさをアピールした原田環境大臣。昨年、全国各地で記録的な猛暑となったことから、環境省は熱中症対策に百貨店などと連携して男性の日傘を推進することを明らかにした。(中略)

環境省によると日傘をさすと、熱中症の危険性を示す「暑さ指数」が最大3度下がる効果があるという。(※)22日から全国の百貨店で「日傘男子」を推奨するの広告を掲示する。

(註3)

放射能土壌を農地造成に使う環境省の被爆促進策

放射能と白血病との相関関係はないし証明もされていないという記事があり、驚愕しました。日米共同の(財)放射線影響研究所では、低線量放射能が白血病の原因であるとの疫学調査での論文を出しています。

原爆放射線と白血病の病型:
日米共同研究機関 公益財団法人 放射線影響研究所

除染土、農地造成に再利用 環境省方針 日経 2018/6/3 
環境省は3日までに、東京電力福島第1原発事故に伴う除染で生じた土を、園芸作物などを植える農地の造成にも再利用する方針を決めた。(中略)環境省は2016年6月、膨大な量の福島県内の除染土を減らすため、8千ベクレル以下の除染土を道路などの公共工事で再利用する基本方針を示した。昨年4月、想定される用途先に公園を含む緑地の造成を追加し、徐々に増やしている。ただ、周辺住民の反発も予想され、実際に再利用が進むかは見通せない。〔共同〕


Vitamin D and Cancer – Vitamin D Outperforms Pharmaceuticals at Treating Cancer
ビタミンDと癌−−ビタミンDは癌治療での調剤より性能が優れる

Mike Barrett BY MIKE BARRETT
POSTED ON JUNE 1, 2012
One example is showcased with research showing that a relationship between vitamin D and cancer exists; raising vitamin D levels can be more effective and much safer than dangerous pharmaceutical drugs and treatments. It costs a whole lot less as well.

一例は、ビタミンDと癌との間の関係が存在することを示す研究が公表されている。ビタミンDレベルのアップがより効果的で危険な医薬品の薬や治療法よりもはるかに安全だ。

The Swiss Medical Board
Maximize the vitamin D levels
ビタミンDレベルを最大化する
Vitamin D is an important nutrient for the body – it can fight cancer and induce apoptosis in cancer cells, so it makes sense to optimize its levels in your body. The vitamin D levels should be between 70 – 100 ng/ml, and it works great along any cancer treatment. If you aren’t able to get the vitamin from the sun, make sure to eat foods rich in it.

ビタミンDは身体にとって重要な栄養素であり、癌と戦うことができ、癌細胞で細胞自然死(アポトーシス、自殺死)を誘導することができるので、体内でそのレベルを最適化することが理にかなっている。

ビタミンDのレベルは70〜100 ng / mlの間でなければならず、それはどの癌治療にも大きく役立つ。 あなたが日光浴でビタミンDを得ることができない場合は、ビタミンDの豊富な食品を確実に食べて下さい。

The journal Endocrinology(内分泌ジャーナル)
The study, titled “Tumor Autonomous Effects of Vitamin D Deficiency Promote Breast Cancer Mestastasis,” indicates that not only are many breast cancer patients found frequently to have a preexisting deficiency in vitamin D levels (low serum 25-hydroxyvitamin D), but a number of epidemiological studies have found an inverse link between breast cancer risk and vitamin D status. This again outlines the vitamin d-cancer relationship.

「ビタミンD欠乏症の腫瘍自律影響は乳がん転移を促進する」 と題した研究では、多くの乳癌患者は、ビタミンDレベルの既存の欠乏性疾患(低血清25-ヒドロキシビタミンD)を有することが頻繁に発見された。そして、多くの疫学の研究によって、乳ガンリスクとビタミンDの状態との間に逆の関係(反比例)が見つかった。

「骨粗しょう症」の主原因は、カルシウム不足ではなく、ビタミンD不足

太陽光のビタミンDで美しく 2013/12/10(火)

多くの専門家が十分なビタミンDは、毎日10〜15分間の日光にさらされることによって供給することができると考えている。また、油性魚、チーズ、卵、朝食用シリアル(穀物)などの特定の食品に含まれる。

Vitamin D deficiency may be disease indicator
ビタミンDの欠乏は、疾患の指標とすることができる
最近の研究では、高ビタミンDは、パーキンソン病、認知症、癌や炎症性疾患などの非骨関連疾患の抑制に果たすべき役割を果たしている可能性があることを示した。

The truth about sun exposure, sunscreen and skin cancer
日光曝露、日焼け止めクリーム及び皮膚癌に関する真実
日焼け止めクリームは、皮膚がんを促進する。


(註2)2012年 環境省推進 震災瓦礫全国市町村で焼却 民主党細野環境相

瓦礫焼却で全国土放射能汚染作戦進行中! 2012/3/10(土) 

(註4)放射能:壁にリスクあり 2019/3/22(金)
3.11以降、当時の民主党政権は放射能をたんまり含む震災瓦礫焼却灰を積極的にセメントに混入させた結果、新たなコンクリート住居を含むセメントによる構築物では、今でも、無論、幾世代先まで放射線を発し続ける。

(註5)驚愕:都内水道水の放射能汚染 2018/6/29(金) 

(註6)平成29年1月収穫 東京都練馬区 無農薬みかん(非流通品) 
(註7)江崎グリコ㈱ 幼児スポロンカルシウム入り100g

(註8)北海道3.7牛乳 タカナシ牛乳
東京都内のパン屋さんのパンからも137Csが定量された事があった。

(註9)花粉:除染は毎年実施必然 2019/5/15(水) 

福島県産 桃
桃のジュース『桃の恵み』(伊達みらい農業協同組合)
桃 福島県福島市飯坂町産 『ミスピーチもも』 (JA福島みらい)
桃 福島県福島市産『あかつき』 2017年

特集 1 ◆放射能除染の土壌科学 ―森・田・畑から家庭菜園まで―
セシウムの土壌吸着と固定 京都府立大学  中尾 淳

(参考1)
重曹:体内除染 2018/11/29(木) 
Baking Soda Suppresses Cancer Growth Rate
Energy is produced by cancer cells through a process called anaerobic glycolysis which relies on glucose as the primary fuel source. Acidic metabolites such as lactic acid are byproducts of this metabolic pathway. As a result of this biochemical event, studies have found that the extracellular pH in cancerous regions is generally lower than normal tissue.
A highly acidic environment stimulates invasive tumor growth in both primary and metastatic cancer types. Consumption of sodium bicarbonate has been shown to increase the pH of tumors and slow the formation of spontaneous metastases in metastatic breast cancer mouse models. Baking soda was also found to decrease the rate of lymph node involvement and reduce the occurrence that the cancer would spread to the liver.

ベーキングソーダはがんの成長率を抑制する

エネルギーは、主な燃料源としてグルコースに依存する嫌気的解糖と呼ばれるプロセスを介して癌細胞によって生成される。 

乳酸などの酸性代謝産物は、この代謝経路の副産物である。 この生化学的事象の結果として、癌領域の細胞外pH(ペーハー)は一般に正常組織よりも低いことが研究によって分かっている。

高度に酸性の環境は、原発性および転移性癌の両方のタイプにおいて浸潤性腫瘍増殖を刺激する。 

ベーキングソーダ(重曹、重炭酸ナトリウム)の消費は、転移性乳癌マウスモデルにおいて、腫瘍のpH(ペーハー)を上昇させ、自発転移の形成を遅らせることが示されている。 

ベーキングソーダはまた、リンパ節の関与率を低下させ、癌が肝臓に広がることの発生を減少させることも判明した。

(参考2)広島国際学院大学研究報告
除染が容易でない放射能汚染土壌の光合成細菌を用いたバイオ除染
Polluted Soil : Alleviating Biotechnological Radioactivity Removal Difficulties Using Photosynthetic Bacteria

化学処理(硝酸処理)で除染が容易でない土壌の除染を,ビーズ状に固定化した光合成細菌,Rhodobacter sphaeroides SSI株を用いて,福島県農業総合センターにおいて実施した。これらセンターでの放射能汚染土壌の除染率は,光合成細菌と乳酸発酵,及び嫌気消化を組み合わせても,30.1−52.9%であり,福島,浪江や南相馬の腐葉土や有機質を多く含む土壌の除染(59.5−73.0%)と比較して低かった。

酸処理で除染困難な土壌では,放射性セシウムは既に土壌の結晶部分に強く結びついており,ひきはがしは生物化学的処理では容易でないことが示唆された。

光合成細菌での放射能除染は,腐葉土や有機質を多く含む土壌に適していると推定された。


厚労省は、他の先進工業国では販売を禁止されている医薬品のデパートと言われている米国産肉の、然もたっぷりと医薬品を含む2歳半以上の牛肉のあらゆる部位を安全確認したと称し、輸入販売許可とした。

日本の厚労省とは、いかにいゝ加減で日本国民の健康と命を無視した組織であることを改めて実証している。このことは、昨今、日本政府の公表するデータはインチキだらけであると糾弾されていたことからも言える。

換言すれが、日本政府とは、日本国民の健康・生命・財産などを守らない組織である。ここがEU諸国やロシアとの大きな違いでもある。

これで、日本のスーパーや外食産業の『医薬品高濃度の米国産牛肉』の比率はアップする。特に、子供が大好きな牛肉のすき焼きや焼き肉・ホルモンの場合は、米国産を食べさせてはいけない。


厚労省:
米産牛肉、輸入制限を撤廃 BSEの安全確認 
日経 2019/5/17
厚生労働省は17日、米国産牛肉の月齢による輸入規制を同日付で撤廃したと発表した。BSE(牛海綿状脳症)対策で月齢30カ月以下の牛肉しか輸入できなかったが、安全が確認できたため制限をなくした。カナダとアイルランドの牛肉も米国産と同様、月齢による制限を撤廃する。

米国産牛肉はBSEの発生を受けて2003年12月に輸入が禁止された。05年に月齢20カ月以下、13年には同30カ月以下の輸入を再開していた。16年ぶりに月齢の制限がなくなる。

内閣府の食品安全委員会が今年1月、制限を撤廃しても人へのリスクは無視できる程度だとする評価結果を出した。厚労省も現地調査でBSE対策が適切に実施されていることを確認した。(中略)

一方、月齢が高い牛の内臓系の肉には国内で需要があるという。ホルモンを扱う外食店などで食材の輸入の幅が広がりそうだ。内臓系の肉は国内での供給が少なく、農水省は生産者への影響は小さいとみている。(以後省略)


米国産牛肉を認可するための内閣府の偽装組織『食品安全委員会プリオン専門調査会』

米産牛輸入に月齢撤廃案 食品安全委 BSE対策で方針
東京新聞夕刊 2018年11月15日 

食品安全委員会プリオン専門調査会は十五日、牛海綿状脳症(BSE)対策で月齢三十カ月以下となっている米国産牛肉の輸入規制について、月齢制限を撤廃しても人の健康へのリスクはないとする評価案をまとめた。

三十日間の意見公募(パブリックコメント)を経た上で、食品安全委が根本匠厚生労働相に答申する。厚労省は食肉の処理方法などの細部について米国と協議した上で月齢制限撤廃を正式に決定する。

 十二月三十日の環太平洋連携協定(TPP)発効を前に、牛肉の輸入規制緩和は米国が主張し続け、トランプ政権誕生以降は圧力が高まっていた。

 調査会終了後、座長を務める真鍋昇・大阪国際大教授は「安全を担保するため、きちんと米国でのリスク管理ができているか日本政府は積極的に調査してほしい」と述べた。

厚労省からの依頼を受け、食品安全委は今年四月から、月齢制限を撤廃した場合の健康に及ぼす影響を専門調査会で検証。危険部位である脊髄の除去など、米国でのリスク管理を議論してきたが、これまで大きな問題点は指摘されていなかった。(以下省略)


Why Eating Meat in America Is Like Going on a Trip to the Drug Store
なぜアメリカの肉を食べるのが薬局訪問と同じなのか?

米国の食品安全センターによると、米国産に使用する医薬品は450種以上の動物薬であり、医薬品の組み合わせ及びその他の飼料添加物の組み合わせを使用して動物の成長を促進し、密集した監禁飼育が農場動物に及ぼす悪影響を抑制するとしている。

然し、人間用医薬品とは異なり、動物用医薬品について、市民は全く無関心であり、然も普通の検査では検出されない。

Organic Consumers Association
Most of the meat Americans eat is banned in other industrialized countries.

米国人が食べる肉(牛肉・豚肉・七面鳥肉など)の大半は、他の先進工業国で無論のこと、世界の100ヶ国では禁止されている薬剤を使用し飼育している。

欧州委員会の獣医学措置科学委員会は 、日常的に使用されている合成ホルモンであるゼラノール、酢酸トレンボロン、酢酸メレンゲストロールが乳癌と前立腺癌のリスクを高めると主張している。 

抗癌剤ジャーナルの記事によると、「ゼラノール移植牛由来の牛肉の消費は、乳がんのリスク要因となる可能性がある」と述べた。

※ヒトにおける感染症のうち、半数以上が動物からヒトへ伝播する感染症(動物由来感染症)だと推定されている。

薬剤耐性(AMR)菌は、日本では院内感染で問題視されるが、人の医療の2倍以上も抗菌薬を使う畜産現場も耐性菌発生のホットスポットである。拠って、牛のレアやレバ刺しを食べ続けると、病気になった時に薬が効かなくなる。(註1)


(註1)
海にもいる薬剤耐性菌?:?彼らはどこから来て、どこへ行くのか?
愛媛大学沿岸環境科学研究センター教授◆鈴木 聡

 他方、昨今ではこれら耐性菌は、河川や海洋で検出されている。フィリピンでの研究では、首都マニラの東に、巨大な淡水湖ラグナ湖がある。この湖を起点に、パッシグ川を通りマニラ湾までの水を調べたところ、サルファ剤耐性遺伝子のうち、臨床でも知られている2つの主要遺伝子タイプの耐性遺伝子が、ほとんどの地点の「培養できる細菌群」に含まれていた。

その他の資料

Drug use in food animals will get worse, not better
食料動物での薬物使用は悪化するが、改善されることはない

日本における輸入食品中残留動物用医薬品の検出状況 

日本で販売されているアメリカンビーフも同じ
米国のスーパーで販売されているものと同様、検査に引っかからないように、巧妙に化合された飼料で育てられたものである。

米国産の肉は覚悟して食べよ 2016/3/7(月) 
(ロイター)米国では、欧州連合(EU)のどの国でも、中国やロシアにおいてでさえも使用禁止の『ラクトパミン』を牛や豚の飼料に添加している。

牛肉でアルツハイマー病になり易い 2014/11/30(日) 

米国産牛肉、発がん性のホルモン剤残留濃度が国産の6百倍…今後急増の恐れ 2017.02.04

牛肉より怖い牛乳----有害物質を100倍濃縮した飲料
食物連鎖による生体濃縮の原理がある。例えば、牧草のダイオキシン濃度が1だとすると、牛の体内でそれは10倍に濃縮され、その乳では100倍に濃縮される。

切れる子供:牛乳原因説 2017/7/21(金) 

乳牛には、通年搾乳のため、飼料にエストロゲン(女性発情ホルモン)を添加している。小学校低学年の少女の胸が膨らみ早期初潮の原因が、学校給食で出す牛乳にある。他方、熟女がボケる原因も然り。

(他の例)食べ物による日本国民総罹患&白痴 (はくち)化と日本国滅亡の先陣を切った自民政府 今や遺伝子組み換え作物(GMO)の世界消費No.1は日本

** --- * --- ** --- * --- ** --- * 
子供の脳が危ない遺伝子組換え食品 
** --- * --- ** --- * --- ** --- * 
toxicity, The most alarming was the diminished brain size.
Scientists warned that diminished brain size sent out a urgent danger warning for growing children fed `GM food.

最も憂慮すべきことは脳サイズの減少だった。科学者は警告する。遺伝子組換え作物(GMO)を子供に与えると脳サイズが縮小する切迫した危険の警告を発していることを。

他方、特に春はアレルギーと称する花粉症に悩まされる人が多いが、そもそもその原因は遺伝子組み換え作物(GMO)の食品での体質の変化にある。マスメディアは、昨今いかにも殊更杉花粉が舞うと洗脳しているが、杉などの花粉は我等幼少時代の昔から砂煙りの如く舞ったもので、ここ10年そこらのことではない。

各内閣が認可した遺伝子組換え食品一覧
厚生労働省医薬食品局食品安全部

(抜粋)
平成元年(1989年、竹下内閣)

※遺伝子組み換え作物の輸入許可、並びに商業栽培が始まったのが1996年(橋本内閣)

平成16年(2004年、第二次小泉内閣)

※平成23年8月(2011年)民主党菅直人内閣は、遺伝子組換えパパイヤ「レインボー」を認可したが、民主党政権が認可した遺伝子組換え食品一覧表が見当たらない。

平成25年(第二次安倍内閣)
平成26年 (第二次安倍内閣)
http://www.mhlw.go.jp/topics/idenshi/dl/list.pdf
平成30年(第四次安倍内閣)

** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- 
EU諸国の大半はGMO(遺伝子組み換え作物)を禁止
** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- 

* --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** --- *-
ロシアでもGMO(遺伝子組み換え作物)全面禁止
* --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** --- *-
GMO crops totally banned in Russia... powerful nation blocks Monsanto's agricultural imperialism and mass poisoning of the population


諸病はマグネシウム不足:目次

あなたの、そしてあなたのご家族の健康の為に、豆腐に使用されているニガリ(塩化マグネシウム)を薬局で購入し、それと、耳かきをご用意下さい。
イメージ 1

塩化マグネシウムは昨年秋にネットで購入した時は、500gで@500円でしたが、薬は九層倍(くそうばい)。重曹(重炭酸ナトリウム)と同様、約倍になっています。

尚、一日に消費する塩化マグネシウムの量は、大人一人に付き、耳かきで3杯から4杯です。

『突然死対策:マグネシウム』 2018/11/28(水) 
東京都でもベルシーラと同様、セシウムで心臓血管系がやられ突然死へとつながる。朝起きたらご主人が亡くなっていたという現象は、40歳代から顕著になっていく。それも大半(85%)が男性。

『予防と治療のマグネシウム』 2018/12/5(水) 
Magnesium in Prevention and Therapy
アメリカの原子力発電所の稼働率は1981年から2002年の間に40〜50%から92%に増大し、それと比例し、アメリカの糖尿病罹患者は580万から1330万に増加した。日本でも原発稼働以降、糖尿病罹患者は増加している。

放射能による糖尿病のもう一つの理由は、マグネシウム摂取不足。尚、低レベルのマグネシウムは、アルツハイマー病、インスリン抵抗性および2型糖尿病、高血圧、心血管疾患(例えば脳卒中)、片頭痛および注意欠陥多動性障害(ADHD)などの多くの慢性疾患と関連している。

『マグネシウムの腸の吸収過程』 2018/12/7(金) 
欧米の疫学研究によれば、西洋型食事を摂取する人々はマグネシウム含量が低く、すなわちマグネシウムの1日あたりの推奨摂取量(RDA)の30〜50%未満であることが示されている。

尚、欧米人や日本人の肥満に糖尿病が多いことは明らかであるが、痩せている日本人に糖尿病が増えたのは、放射能によるものの他に、玄米、ごま、のり、そばなど、昔ながらの日本食があまり食べられなくなった故に、マグネシウム摂取不足の結果と言える。

『豆腐用ニガリによる脱・糖尿病』 2018/12/25
311以降、増加している糖尿病からいかに守るかの方法として、豆腐を固めるために使用するニガリ(塩化マグネシウム)の継続的摂取の提案です。

最近のマグネシウム研究協会のガイドラインによると糖尿病患者の場合、マグネシウム学会では毎日240〜480 mg(10〜20 mmol)のマグネシウム補給を推奨している。

薬局で市販されている食用塩化マグネシウム粉末(比重は2.32)での補給の場合、耳かき約4杯〜約8杯弱の量となる。

『高血圧症にはマグネシウムを』 2018/12/28
高血圧は心臓病や脳卒中の主要な危険因子。マグネシウムは天然のカルシウム拮抗薬(血管を広げ血圧を下げる)で、血管運動の緊張、血圧、そして末梢血流を調節する。 降圧薬、抗不整脈薬、抗炎症薬および抗凝固薬としてのマグネシウムの作用は、心血管疾患の予防および治療に有益だ。

別な言い方をすると、マグネシウムは、カルシウムの暴走を抑える役割、過剰なカルシウムを排出する役目(拮抗剤)で、マグネシウムが不足すると、筋肉細胞でカルシウムの排出が困難となり、筋肉細胞でカルシウムが過剰となる。結果、筋肉に異常が発生し、震えや痙攣、こむら返りなどが起きる。

更に過剰なカルシウムは、血管や心筋を異常に収縮させ、高血圧や頭痛、さらには狭心症や心筋梗塞、不整脈といった心疾患まで招き、カルシウムが血管を石灰化させて、動脈硬化をひき起こす。

他方、マグネシウムの摂取量が充分と思えても、サプリメントなどによるカルシウム摂取過剰の場合、拮抗剤としてのマグネシウムの消費が激しく、結果、マグネシウム不足に陥る。

もしも医師が骨粗しょう症(骨粗鬆症)対策として、あなたにカルシウムのサプリを処方したなら、それはあなたを突然死や心血管系疾患で殺す意図だ。

『マグネシウムが命を救う』 2018/12/30
降圧剤は最も儲かる薬の一つ。降圧剤は副作用を伴い、飲み続けたらその副作用を抑えるために新たな薬が追加され、その新たな薬の副作用を抑えるために更に別の薬が追加され、やがては10種類もの薬を服用することになる。
マグネシウム摂取量の増加(最大約250 mg /日、耳かき4杯)は、心筋への血液供給の減少によって虚血性心疾患によるリスクの有意な低下と関連していた。心臓不整脈も低マグネシウム血症に関連している。

『マグネシウム:高血圧・心臓病対策』 2019/1/21 (月)
血圧が心配なら下げるのは簡単である。そば茶を毎食後に飲むか、マグネシウムを多く含む食品を意識的に摂取するか、或いは、豆腐に含むニガリ(塩化マグネシウム)の粉末を購入し、サラダやみそ汁にパラパラと振り掛けるだけである。
医薬・医療関係者は、がんや病気を防ぐ重曹(薬局で500g300円弱)と同じく、超安価で儲からないニガリ(塩化マグネシウム、500g500円 )の効用を来院者に知らせることは決してない。

88,375人の女性を対象マグネシウムと突然心臓死との関連で26年間追跡調査した。

この88,375人の女性達を血漿マグネシウム濃度の低い層から高い層へと5分割。結果、最も高い層は、最も低い層と比較し、心臓突然死の相対リスクは77%低かった。最も高い層は、平均の層よりも、相対リスクは37%低かった。

『マグネシウム:子癇・片頭痛・喘息・注意欠陥多動性障害対策』 2019/1/23(水)

子癇(しかん)前症および子癇
マグネシウムは子癇(しかん)の痙攣を予防するのに最適な薬だ。 

片頭痛
群発性頭痛および古典的または一般的な片頭痛、特に月経性片頭痛を有する患者はマグネシウムが低レベルだった。マグネシウムを投与すると片頭痛は改善する。

注意欠陥多動性障害(ADHD)
ADHDの小児のマグネシウムレベルが血清と赤血球で減少している。マグネシウム補給(例えば、1日当たり6mg / kg BW)がADHDの治療に有用である。

アルツハイマー病(AD)
脳、血清およびイオン化マグネシウムのレベルがAD患者において減少している。マグネシウム治療はADの認知機能低下のリスクを減らす。

喘息(ぜんそく)
急性喘息発作に対し、硫酸マグネシウム(1.2gの硫酸マグネシウム)を注入した場合、肺機能が改善し、入院の可能性が減少した。

投与量とサプリメント
多くの栄養学の専門家は、マグネシウムの理想的な摂取量は体重に基づいたものであるべきだと考えている。(例、1kg /日あたり4〜6mg)

塩化マグネシウム粉末の場合
体重40kgの場合は、200mg/日 (0.2g/日) 耳かき3.2杯。
体重60kgの場合は、300mg/日 (0.3g/日) 耳かき4.8杯。

野菜サラダなどに直接振り掛けた場合、苦みでお子様は嫌がるから、味噌汁などに入れます。

(注意事項)
他の医薬品との併用は避けて下さい。特に腎機能不全の患者(クレアチニンクリアランス:毎分30mL(毎秒0.50mL)未満)は、摂取をしないでください。

『健康人の病気は医師がサプリで創る』 2015/12/23(水) 
5 Warning Signs of Magnesium Deficiency

マグネシウム欠乏の5つの警告サイン
1.耳鳴りや難聴 
2.筋肉のけいれんや震え
3.うつ病
4.異常な心機能
5.腎臓結石

(注意事項2)
カルシウムを多くとるほどマグネシウムの排泄量が増えます。 カルシウムとマグネシウムの摂取バランスは2対1が望ましいとされています。

『アルツハイマー・認知症』 目次

マグネシウム:子癇・片頭痛・喘息・注意欠陥多動性障害対策 2019/1/23

今、東日本の、それも40歳代50歳代に急増している突然死対策として最も有効なマグネシウムを取り上げ、今まで意訳してきた論文は、マグネシウムに関する世界の149の研究論文の集約版でした。今回の記事がその最終章です。

今回もややこしい専門用語が頻繁に登場しますが、それらは無視し、軽く読み流すだけで概要は把握できるでしょう。

尚、推奨される豆腐に使われている塩化マグネシウム粉末の成人の摂取量は、竹の耳かき3杯/日です。

(前回記事)
『マグネシウム:高血圧・心臓病対策』 2019/1/21(月) 


Pre-Eclampsia and Eclampsia
子癇(しかん)(註1)前症および子癇

Pre-eclampsia or preeclampsia is a disorder of pregnancy characterized by hypertension, proteinuria, often accompanied by pathological oedema. 

子癇(しかん)前症または妊娠高血圧腎症は、しばしば病的浮腫を伴う高血圧症、タンパク尿症を特徴とする妊娠障害です。

(註1)子癇(しかん)
妊娠中毒症の一種。短時間に反復する全身の間代(かんだい)性痙攣(けいれん)発作(痙攣)を起こし,失神を伴う。妊娠子癇,分娩(ぶんべん)子癇,産褥(さんじょく)子癇などがある。

原因については胎盤・胎児から生ずる毒素が,母体の解毒機能の低下により,自家中毒をひき起こすなど各種の説がある。前駆症状(子癇前症)として一般に浮腫(ふしゅ),タンパク尿,高血圧を併発,頭痛,めまい,眼のちらつき,弱視,胃痛,悪心(おしん)などを自覚。発作は突然意識が消失,全身が激しく痙攣し,顔面蒼白(そうはく)からチアノーゼを呈し,開口不能となり泡(あわ)をふく。発作が終わると昏睡(こんすい)状態になる。慢性腎炎,視力障害など後遺症が起こりやすい。(百科事典マイペディア)

If left untreated, it may result in seizures at which point it is known as eclampsia. This complex disorder is characterized by haemoconcentration, vasoconstriction with increased peripheral resistance and reductions in cardiac output, plasma volume and prostacyclin synthesis. 

未治療のままにされるならば、それが子癇(しかん)として知られるその時点で発作を引き起こすかもしれません。

この複雑な疾患は、血液濃縮、末梢抵抗の増加を伴う血管収縮および心拍出量の減少、血漿量およびプロスタサイクリン(註2)合成によって特徴付けられます。

(註2)プロスタサイクリン
プロスタグランジンの一種。プロスタグランジンI2。毛細血管から分泌され血小板の凝集を防止し、血管を拡張する抗血栓作用がある。

Up until today, magnesium sulfate has remained the most frequently used agent in the management of pre-eclampsia and eclampsia. 
Magnesium is the drug of choice to prevent convulsions in eclampsia . In the Magpie trial, women (n = 5071) allocated magnesium sulfate had a 58% lower risk of eclampsia (95% CI 40–71) than those allocated placebo (n = 5070) . 

今日まで、硫酸マグネシウムは子癇(しかん)前症および子癇の管理において依然と最も頻繁に使用される薬剤でした。

マグネシウムは子癇の痙攣を予防するのに最適な薬です。 Magpie試験(註3)では、硫酸マグネシウムを投与された女性(n = 5071)は、プラセボ(偽薬)を投与された女性(n = 5070)よりも子癇のリスクが58%低かった(95%CI 40〜71)。

(註3)Magpie試験
子癇前症に対する硫酸マグネシウムとプラセボ(偽薬)の比較無作為試験

The specific mechanisms of action remain are unclear, the effects of magnesium sulfate in the prevention of eclampsia are likely multi-factorial. Magnesium sulfate may act as a vasodilator, with actions in the peripheral vasculature or the cerebral vasculature, to decrease peripheral vascular resistance or relieve vasoconstriction. Additionally, magnesium sulfate may also protect the blood–brain barrier and limit cerebral edema formation, or it may act through a central anticonvulsant action . Notably, nimodipine, a selective cerebral vasodilator, and also the antiepileptic phenytoine were not found to be as effective in eclampsia as magnesium

具体的な作用機序は依然として不明であり、子癇の予防における硫酸マグネシウムの効果は多因子性(註4)である可能性が高い。

(註4)多因子性
環境因子だけでなく,遺伝要因も深く関係する

硫酸マグネシウムは、末梢血管系または脳血管系における作用と共に血管拡張剤として作用し、末梢血管抵抗を低下させるかまたは血管収縮を軽減することができます。

さらに、硫酸マグネシウムは血液脳障害を保護し、脳浮腫の形成を制限する可能性があります。あるいはそれは主要なけいれん止めを通して作用するのかもしれません。

特に、ニモジピン(註5)、選択的脳血管拡張薬、そしてまた抗てんかん性(註6)フェニトインも、子癇にマグネシウムと同じくらい効果的であることがわかっていませんでした。(注)硫酸マグネシウムの方が有効であるということ。

(註5)ニモジピン
特異的な脳血管拡張活性をもつカルシウム拮抗薬(細胞内へのカルシウムイオンの流入を抑制する薬)。

(註6)フェニトイン
抗てんかん剤。脳の中枢に作用してけいれんを抑制するので、てんかんのけいれん発作を抑える。


Migraine Headaches
片頭痛

Studies have found that patients with cluster headaches and classic or common migraine, especially menstrual migraine, have low levels of magnesium . In order to evaluate the prophylactic effect of oral magnesium, 81 patients aged 18–65 years with migraine according to the International Headache Society criteria (mean attack frequency 3.6 per month) were examined . 
After a prospective baseline period of 4 weeks they received oral 600 mg (24 mmol) magnesium (trimagnesium dicitrate) daily for 12 weeks or placebo. In weeks 9–12 the attack frequency was reduced by 41.6% in the magnesium group and by 15.8% in the placebo group compared to the baseline (p < 0.05). 

研究により、群発性頭痛および古典的または一般的な片頭痛、特に月経性片頭痛を有する患者はマグネシウムが低レベルであることが見いだされました。

経口マグネシウムの予防効果を評価するために、国際頭痛学会の基準(月あたりの平均発作頻度3.6)に従って片頭痛を有する18〜65歳の81人の患者を調べました。

予想される基準値4週間の期間の後、彼らは経口で600mg(24mmol)のマグネシウム(二マグネシウムジシトレート)を12週間またはプラセボ(偽薬)を投与されました。 9〜12週目に、発作頻度はベースラインと比較してマグネシウム群で41.6%、プラセボ群で15.8%減少しました(p <0.05)。

 In weeks 9–12 the attack frequency was reduced by 41.6% in the magnesium group and by 15.8% in the placebo group compared to the baseline (p < 0.05). The number of days with migraine and the drug consumption for symptomatic treatment per patient also decreased significantly in the magnesium group .

9〜12週目に、発作頻度は基準値と比較してマグネシウム群で41.6%、プラセボ(偽薬)群で15.8%減少しました(p <0.05)。

片頭痛を伴う日数および患者あたりの対症療法のための薬物消費量もマグネシウム群で有意に減少しました。

For acute treatment of migraine, intravenous magnesium sulfate (1000 mg magnesium intravenously) showed a statistically significant improvement in the treatment of all symptoms in patients with aura, or as an adjuvant therapy for associated symptoms in patients without aura . According to recent studies, magnesium sulfate is as effective and a fast-acting medication compared to a combination of dexamethasone/metoclopramide for the treatment of acute migraine headaches .

片頭痛の急性治療では、硫酸マグネシウムの静脈内投与(1000mgのマグネシウムの静脈内投与)は、前兆のある患者の全ての症状の治療において、または前兆のない患者の関連症状に対する補助療法として統計的に有意な改善を示しました。

最近の研究によれば、硫酸マグネシウムは急性片頭痛の治療のためのデキサメタゾン/メトクロプラミドの組み合わせ(註7)と比較して同じくらい効果的で即効性の薬です。

(註7)デキサメタゾン/メトクロプラミドの組み合わせ
この二種の薬剤の併用療法で嘔気(おうき、吐き気)・嘔吐(おうと)を抑制する作用をもつ。


ADHD
注意欠陥多動性障害(註8)

(註8)注意欠陥多動性障害
自分をコントロールする力が弱く、それが行動面の問題となってあらわれる障害。不注意(集中力がない・気が散りやすい)、多動性(じっとしていられない・落ち着きがない)、衝動性 (順番を待てない・考える前に実行してしまう)の3つの要素がみられる発達障害のひとつ。

Attention deficit hyperactivity disorder (ADHD) is the most common psychiatric disorder in clinical samples of children and adolescents referring to child psychiatric clinics. Dietary factors can play a significant role in the etiology of attention deficit hyperactivity disorder (ADHD). Several studies reported that the magnesium level in children with ADHD is decreased in serum and erythrocytes and the Mg2+-ATPase activity is reduced . 

児童精神科クリニックを見ると小児および思春期の臨床サンプル中、注意欠陥多動性障害(ADHD)は最も一般的な精神障害です。

食事要因は注意欠陥多動性障害(ADHD)の病因に重要な役割を果たすことができます。いくつかの研究では、ADHDの小児のマグネシウムレベルが血清と赤血球で減少し、そしてMg 2+ -ATPase(註9)活性が減少することを報告しました。

(註9)ATPase(ATPアーゼ)
アデノシン三リン酸 (ATP) の末端高エネルギーリン酸結合を加水分解する酵素群の総称。アデノシン三リン酸(ATP)→ アデノシン二リン酸(ADP) + リン酸 (P)
ATPアーゼの役割はエネルギーの関与する全ての反応に寄与していると言ってよい。

Treatment of magnesium deficiency can help in revealing hyperactivity in children . Current treatments for ADHD, such as atomoxetine and stimulants, act through adrenergic and dopaminergic receptors. Magnesium interacts with the ADHD-related neurotransmitters (e.g., dopamine, serotonin) and inhibits N-methyl-d-aspartate (NMDA)-induced norepinephrine release. 

マグネシウム欠乏症の治療は、子供の多動性(過剰活動)を明らかにするのに役立ちます。(以下、ここの項目の意訳省略)

The results of several studies are promising that magnesium supplementation (e.g. 6 mg/kg BW per day) may be helpful in the treatment of ADHD . Unfortunately, until now there is still no double-blind randomized controlled clinical trial investigating the efficacy and safety of magnesium for treating ADHD.

いくつかの研究の結果は、マグネシウム補給(例えば、1日当たり6mg / kg BW)がADHDの治療に有用であり得ることを約束しています。

残念ながら、これまでのところ、ADHDを治療するためのマグネシウムの有効性と安全性を調査するダブル・ブラインド・テスト(註10)はまだありません。

(註10)ダブル・ブラインド・テスト
試験デザインの一種で、治験実施に関わるすべての人間が、どんな薬を投与するのか一切知らずに行われる治験方法。 

新薬(被験薬)の治療効果・有効性を確かめるための比較試験として最も一般的な方法であり、二重盲検比較試験、DBTともいわれる。 ダブル・ブラインド・テストは、治験の被験者群をA群とB群に二分し、A群には被験薬を、B群には対照薬(プラセボなど)を投与して比較を行う。ダブル・ブラインド・テストの特徴は、どちらのグループにどちらの薬を投与しているか、誰も知らない点にある。


Alzheimer’s Disease
アルツハイマー病

Alzheimer’s disease (AD) is the most widespread reason for dementia. AD is characterized by profound synapse loss and impairments of learning and memory. Recent studies have demonstrated that the brain, serum and ionized magnesium levels are decreased in AD patients; however, the exact role of magnesium in AD pathogenesis remains unclear.

アルツハイマー病(AD)が認知症の最も広範な原因です。 ADは、深刻なシナプス(神経伝達物質)(註11)喪失ならびに学習および記憶の障害によって特徴付けられます。最近の研究は、脳、血清およびイオン化マグネシウムのレベルがAD患者において減少することを示しました。但し、ADの病因におけるマグネシウムの正確な役割は不明です。

(註11)シナプス(神経伝達物質)
アルツハイマーや認知症のメカニズム

 In mice a chronic reduction in dietary magnesium impairs memory , and the treatment of dementia patients with nutritional magnesium improves memory . 
Magnesium depletion, particularly in the hippocampus, appears to represent an important pathogenic factor in AD . Magnesium affects many biochemical mechanisms that are vital for neuronal properties and synaptic plasticity. 

マウスでは、食べ物でのマグネシウムの慢性的な減少は記憶を損ない、栄養としてのマグネシウムによる認知症患者の治療は記憶を改善します。

特に海馬におけるマグネシウムの枯渇は、ADにおける重要な病原因子を表すと思われます。 マグネシウムは、 脳神経細胞ニューロンの性質とシナプス可塑性に不可欠な多くの生化学的メカニズムに影響を与えます。

Magnesium treatment reduced Aβ plaque and prevented synapse loss and memory decline in a transgenic mouse model of AD . A decreased magnesium level is found in various tissues of AD patients in clinical and laboratory studies . New findings in animal studies are promising and provide novel insights in the neuroprotective effects of magnesium suggesting that magnesium treatment at the early stage may decrease the risk for cognitive decline in AD .

マグネシウム治療は、ADの遺伝子導入モデルにおいてAβ斑(註12)を減少させ、シナプス消失および記憶衰退を予防しました。

(註12)Aβ斑
Aβはアミロイドβ蛋白(Aβ)はアミノ酸からなるペプチド。神経細胞毒性の強いAβ蛋白が神経細胞外に沈着したものがAβ斑又は老人斑。

臨床的および実験的研究において、マグネシウムレベルの低下がAD患者のさまざまな組織に見られます。

動物実験での新しい知見(実際に見て知ること)は有望であり、マグネシウムの神経保護効果についての新たな洞察を提供し、早期段階でのマグネシウム治療はADの認知機能低下のリスクを減らす可能性があることを示唆しています。


Asthma
喘息

Several clinical trials examined the effect of intravenous magnesium infusions on acute asthma attacks. A double-blind placebo-controlled trial in 38 adults who did not respond to initial treatment (beta agonist) in the emergency room found improved lung function and decreased likelihood of hospitalization when magnesium sulfate (1.2 g of magnesium sulfate) was infused compared with a placebo. 

いくつかの臨床試験は、急性喘息発作に対する静脈内マグネシウム注入の効果を調べました。 緊急治療室で初回治療に反応しなかった成人38人を対象とした二重盲検プラセボ対照試験では、硫酸マグネシウム(1.2gの硫酸マグネシウム)を注入した場合と比較して肺機能が改善し入院の可能性が減少しました。(この項、以下省略)

(中略)

Dosage and Supplements
投与量とサプリメント

Many nutritional experts feel the ideal intake for magnesium should be based on the body weight (e.g., 4–6 mg per kg/day). Magnesium supplements are available as magnesium oxide, magnesium chloride, magnesium citrate, magnesium taurate, magnesium orotate, as well as other amino acid chelates. In the treatment of magnesium deficiency we would recommend, because of their high bioavailability, organic bound magnesium salts, such as magnesium citrate, gluconate, orotate, or aspartate .

多くの栄養学の専門家は、マグネシウムの理想的な摂取量は体重に基づいたものであるべきだと考えています(例、1kg /日あたり4〜6mg)(註13)。

 マグネシウムサプリメントは、酸化マグネシウム、塩化マグネシウム、クエン酸マグネシウム、タウ酸マグネシウム、オロチン酸マグネシウム、ならびに他のアミノ酸キレートとして入手可能です。 マグネシウム欠乏症の治療には、それらの高い生物学的利用能のために、クエン酸マグネシウム、グルコン酸塩、オロチン酸塩、またはアスパラギン酸塩のような有機結合マグネシウム塩が推奨されます。

(註13)体重1kg /日あたり4〜6mg(平均5mg)

体重40kgの場合は、200mg/日 (0.2g/日) 耳かき3.2杯。
体重60kgの場合は、300mg/日 (0.3g/日) 耳かき4.8杯。

➀目安としては、大人一人分は竹の耳かき3杯強/日です。

(算出)耳かき一杯は、水などの比重1の場合は27ミリグラム、27/1000cc。塩化マグネシウムは比重2.32だから、耳かき一杯で62.64ミリグラム。 

②お子様2人の家族4人の場合、一日一回、例えば、夕食の味噌汁に耳かき7杯/日。

➂野菜サラダなどに直接振り掛けた場合、苦みでお子様は嫌がります。
④一度開封したら湿気を吸いますから直ぐに再度密閉し保管する必要があります。コショウなどの容器に小分けした場合でも、湿気で目詰まりを起こしますから、完全密閉出来るジャムなどのガラス容器に小分けして使います。
⑤通販の薬局では塩化マグネシウム粉末500g500円です。
⑥摂りすぎには注意しましょう。
(参考)小さじ1杯 5cc 4g(4000mg)


Adverse Effects and Interactions
有害作用と相互作用

Magnesium supplementation is well tolerated, but it can cause gastrointestinal symptoms, including diarrhea, nausea, and vomiting. An overdose of intravenous magnesium may cause thirst, hypotension, drowsiness, muscle weakness, respiratory depression, cardiac arrhythmia, coma, and death. 

マグネシウムの補給はおおざっぱでいいですが、下痢、吐き気、嘔吐などの胃腸症状を引き起こす可能性があります。 静脈内マグネシウムの過剰摂取はのどの渇き、低血圧、眠気、筋力低下、呼吸抑制、心不整脈、昏睡、および死を引き起こす可能性があります。

(この項の以降の要約)
他の医薬品との併用は避けて下さい。特に腎機能不全の患者(クレアチニンクリアランス:毎分30mL(毎秒0.50mL)未満)は、摂取をしないでください。


Conclusions
結論

Magnesium is an essential electrolyte for living organisms. Magnesium intoxication is rare. A magnesium deficiency is associated with a variety of diseases. In humans, a magnesium deficiency is associated with cardiovascular diseases, e.g., hypertension, pre-eclampsia, arrhythmias, heart failure. Arteriosclerosis, diabetes mellitus, and metabolic syndrome often occur in magnesium deficient humans. Furthermore, neurological symptoms are strengthened in magnesium deficient patients. Magnesium supplementation in those patients can be of benefit in most cases.

マグネシウムは生物にとって必須の電解質です。 マグネシウム中毒はまれです。 マグネシウム欠乏症はさまざまな病気に関連しています。 

ヒトでは、マグネシウム欠乏症は心血管疾患、例えば高血圧、子癇前症、不整脈、心不全と関連しています。 動脈硬化症、真性糖尿病、およびメタボリックシンドローム(註14)は、マグネシウム欠乏のヒトでしばしば起こります。

(註14)メタボリックシンドローム
内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)に高血糖・高血圧・脂質異常症のうち2つ以上の症状が一度に出ている状態をいう。

 さらに、神経学的症状はマグネシウム欠乏患者で強化されています。 これらの患者さんへのマグネシウム補給は、ほとんどの場合有益です。
(以下省略)

(ソース)



『突然死対策:マグネシウム』 2018/11/28(水) 
『予防と治療のマグネシウム』 2018/12/5(水) 
Magnesium in Prevention and Therapy





.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事