白文鳥ピピme物語

検察と大手メディアの明らかな犯罪

■飲食物のリスクと対策

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

『有機野菜はがん(真菌)を殺す』

(今回の要点)
果物や野菜はがん(真菌)に罹患しない。それは、真菌の出現に対してのみ出来るある特殊な酵素が真菌を殺すからだ。故に、農薬で真菌を殺してしまったら、この特殊酵素は出来ない。

生野菜や果物を食べる価値はここにある。この抗がん酵素を食べることになるからだ。但し、農薬を使用しない有機栽培だけだが。

トゥリオ・シモンチーニ(Tullio Simoncini)の研究(1)
『癌は真菌であり治癒する』 2018/6/27(水) 

トゥリオ・シモンチーニ(Tullio Simoncini)の研究(2)
『がん:化学療法は患者を殺す』 2018/7/4(水)
Chemotherapy is killing the people it is supposed to be curing. 

今回は、(2)の続編です。
トゥリオ・シモンチーニ(Tullio Simoncini)の研究(3)
** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** 
I wrote a newsletter last April about the fact that cancer is a fungus in an article about the findings of two British scientists and researchers, Professor Gerry Potter of the Cancer Drug Discovery Group and Professor Dan Burke. Their combined findings reveal the following ...
The CYP1B1 alters the chemical structure of something called salvestrols that are found naturally in many fruit and vegetables. This chemical change turns the salvestrols into an agent that kills cancer cells, but does no harm to healthy cells.
The synchronicity is perfect. The CYP1B1 enzyme appears only in cancer cells and it reacts with salvestrols in fruit and vegetables to create a chemical substance that kills only cancer cells.

私は、4月最後の週末に、がん治療薬発見グループのジェリー・ポッター教授とダン・バーク教授の2人の英国の科学者と研究者に関する記事で、がんが真菌であるという事実について会報に書きました。彼らの共同研究結果は、以下を明らかにします...

CYP1B1は多くの果物や野菜に自然に見出されるサルベストロールと呼ばれるものの化学構造を変化させます。この化学変化は、サルベストロールを、がん細胞を殺す化学薬品に変えますが、健康な細胞には害はありません。

CYP1B1酵素は癌細胞にのみ現れ、果物や野菜のサルベストロールと反応して、癌細胞のみを殺す化学物質を作り出します。

But here's the point with regard to cancer being a fungus. Salvestrols are the natural defence system in fruit and vegetables against fungal attacks and that's why you only find them in those species subject to fungus damage, like strawberries, blueberries, raspberries, grapes, blackcurrants, redcurrants, blackberries, cranberries, apples, pears, green vegetables (especially broccoli and the cabbage family), artichokes, red and yellow peppers, avocados, watercress, asparagus and aubergines.

しかし、ここでは、癌が菌類であるという点について言及しています。サルベストロールは、真菌の攻撃に対する果物および野菜の自然防御システムです。

それが真菌の被害を受けている種にしか見つからない理由です。それはブルーベリー、ラズベリー、ブドウ、ブラックカラント、レッドクレーン、ブラックベリー、クランベリー、リンゴ、梨、緑色野菜(特にブロッコリーとキャベツ科)、チョウセンアザミ、赤と黄色のピーマン、アボカド、ミズガラシ、アスパラガス、ナスなどです。

What's more, the Big Pharma/Big Biotech cartels know all this and they have done two major things to undermine this natural defence from the fungal attack that is cancer. 
1.The chemical fungicide sprays used in modern farming kill fungus artificially and this means the plants and crops do not have to trigger their own defence - salvestrols. You only find them in any amount today in organically grown food.
2.The most widely-used fungicides are very powerful blockers of CYP1B1 and so if you eat enough chemically-produced food it wouldn't matter how many salvestrols you consumed they would not be activated into the cancer-destroying agent they are designed to be.

さらに、巨大製薬/バイオテクノロジー企業のカルテルはこれを全て知っていて、がんである真菌の攻撃からこの自然防御を弱める2つの主要なことを行っています。

1.現代農業で使用されている化学殺菌剤(農薬)スプレーは、人工的に真菌を殺します。これは、植物や作物が自分自身を防衛するサルベストロール(食物繊維化学物質)を引き起こす必要がないことを意味します。反して有機栽培された食べ物の中では、今日、どんな量でもそれを見つけられます。

2.最も広く使用されている殺菌剤(農薬)はCYP1B1の非常に強力なブロッカーであるため、化学的に生産された食品(野菜)を充分に食べても、摂取したサルベストロールの量はほとんどありません。

This is not by accident, but by calculated design, as were, and are, the attempts by the establishment to destroy Tullio Simoncini. The families want people to die of cancer, not be cured of it. They are mentally and emotionally as sick as you can imagine and see humans as sheep and cattle. 
They don't care how much distress, suffering and death their manipulation and suppression will cause - the more the better from their insane perspective. And that is what these people are ... insane. 

この農業での農薬の使用は、偶然ではなく、トゥリオ・シモンチーニの信用を失わせるための支配者層の企てと同様に、計算された陰謀によるものです。

ロックヘラー一族は人々ががんで死ぬことを願っています。あなたが想像しているように、彼らは精神的にも感情的にも病んでいて、人間を羊や牛(家畜・ゴイム)のように見ます。

彼らは、人々の、彼らの操作と抑圧が原因の苦痛、苦しみと死がどれ程多くても気にしません。彼らの狂った視点からすれば、多ければ多い程より良いものなのです。そして、これらの人々とは...精神異常者と言うことです。

But Simoncini refuses to buckle and continues to campaign for what has seen is an effective treatment for cancer, while, in the 'real' world, the number of cancer deaths goes on rising incessantly because of treatments that don't work based on assumptions that aren't true. 
It is indeed a crazy, crazy society, but then, from the perspective of the bloodline families, it's meant to be. Thank goodness for courageous and committed people like Tullio Simoncini. We need more like him - and quick. 

しかし、サイモンチーニは屈服を拒否し、分かっているがんの有効な治療法の運動を続けています。一方、「現実」の世界では、真実でない仮定に基づいての機能しない治療法のために、がん死亡者の数は絶え間なく上昇しています

それは確かに狂いに狂った社会ですが、ロスチャイルド血族の視点から見ると、それは目的としたものです。トゥリオ・シモンチーニのような勇敢で献身的な人々に感謝しましょう。私たちはもっと彼のような人物が必要です。至急に。

What a stark contrast he is to those who serve the medical establishment. When Simoncini spoke at the Shen Clinic a few weeks ago some local doctors dismissed him before he arrived and ridiculed his views. 
They were invited along to his talk, which would have been of enormous potential benefit to their patients. Chairs were reserved for them to hear what Simoncini was saying first hand and give them the chance to ask any questions. http://www.davidicke.com/articles/medicalhealth-mainmenu-37/29121

What happened?
They never came. 

医学界に奉仕する人たちとは何と全く対照的なことか。シモンチーニが数週間前にシェンクリニックで講演する際、一部の地元の医師は彼が到着する前に彼を退去させ、彼の見解を嘲笑しました。

他方、彼らはシモンチーニの講演に招待されていました。彼の講演は患者にとって大きな潜在的利益となるはずでした。シモンチーニが最初に何を言っていたかを聞き、質問をするチャンスを与えるために彼らの席も用意されていました。

何が起こったって?
彼らは決して来ませんでした。

** --- * --- ** --- * --- **
Rockefeller said his 60-year-old wife will be undergoing chemotherapy and radiation treatment for the next three months. "Sharon is a fighter, and I know she's going to beat this," Jay Rockefeller said in a statement. "She is a strong and loving person, and we are fortunate to be surrounded by so many supportive friends and relatives." 

ジェィ・ロックフェラーは、60歳の妻が今後3ヶ月間化学療法と放射線治療を受けると語りました。ジェイ・ロックフェラーは声明の中で「シャロン(妻の名前)は闘士であり、彼女は病気打ち負かすだろう」と述べました。「彼女は強くて愛情のある人です。私たちは多くの頼りになる友人や親戚に囲まれて幸運です。」

There's your answer ladies, Jay wants her to suffer with chemo knowing full well it won't work and he can cure her right now if he wanted to. Sick bastards huh? Be looking for his new playmate real soon once he kills off his wife! (以下省略)

あなた方の女性対処法があります。それはジェイ・ロックフェラーは妻が完全に効果の無い化学療法で苦しむことを望んでいることです。だけどもしも彼が望むなら、彼は今すぐに妻を治すことができます。

病気なんて糞くらえって、そう?
彼の妻を殺した時点で、すぐに新しい遊び相手の女性を探してください!
(以下省略)
** --- * --- ** --- * --- **
(ソース)

『太陽光のビタミンDで美しく』 2013/12/10
『風邪予防のビタミンDと伊吹のいかなご』  2015/11/12
『ビタミンDとがん予防:いかなご効果』 2016/03/28
『乳がん防止:魚・きのこ・太陽』 2018/6/21(木) 

『がんはイソギンチャク型真菌』 2018/6/29(金)



厚労省は、生涯のうちにがんにかかる可能性は、男性の2人に1人、女性の3人に1人と推測しています。

そしてがんの主原因を喫煙になすりつけていますが、本当の主原因は、放射能で、このことを隠蔽するために罪を煙草になすりつけているのは明白です。

戦後の核実験により、放射能は世界をめぐり世界的にがんは急増しました。他方、その後の核の地下実験と大幅実験数の減少により、それと、欧米の和食化や乳製品摂取の減少などの食生活の変化により、欧米ではがんの減少傾向にありますが、日本は更なる食生活の欧米化で依然として増加の一途をたどっています。


イメージ 1

更に日本で今後がんの拡大が予想されるのは福一が全国に播き散らかした放射能です。この実態は次の記事に譲るとして、今回もイタリアの医師・トゥリオ・シモンチーニ(Tullio Simoncini)の研究と労苦について記述したいと思います。

然し、がんの化学療法を否定したら、多方面から非難を浴びせられたのは、昨日のプラント教授と同じです。
『プラント教授の脱乳がん物語』

『癌は真菌であり治癒する』 2018/6/27(水) の続編です。

** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** --- * 
Chemotherapy is killing the people it is supposed to be curing. 
化学療法は治癒すると思われる人々を殺している
** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** --- * 
イメージ 2

Of course, it can never 'cure' anyone of anything, except life. It is a poison destroying the very system that we need to be healthy and strong if we are to be cured. 
When Simoncini realised that cancer is a fungal infection, or infestation, he went in search of something that would kill the fungus and so remove the cancer. He realised that anti-fungal drugs don't work because the fungus quickly mutates to defend itself and then even starts to feed off the drugs that are prescribed to kill it. 

もちろん、それは延命を除いて誰の何をも "治す"ことはできません。もしも私たちが治癒するとすれば、健康で強くなければならないのだが、化学療法はこのシステムそのものを破壊する毒です。

シモンチーニ(Simoncini)が癌が真菌感染症または感染症であることを認識したとき、彼は真菌を殺して癌を取り除く何かを探しに行きました。彼は、真菌が急速に突然変異して自分自身を守り、それを殺すために処方されている薬を食べ始めているため、抗真菌薬は機能しないことに気付きました。

Instead, Simoncini found something much, much simpler - sodium bicarbonate. Yes, the main ingredient in good old baking soda (but I stress not the same as baking soda, which has other ingredients). 
He used this because it is a powerful destroyer of fungus and, unlike the drugs, the Candida cannot 'adapt' to it. The patient is given sodium bicarbonate orally and through internal means like an endoscope, a long thin tube that doctors use to see inside the body without surgery. This allows the sodium bicarbonate to be placed directly on the cancer - the fungus. 

代わりにシモンチーニは何かもっと簡単なもの、重炭酸ナトリウムを見つけました。 そうです、良き古き重曹の主成分です(しかし、彼はは不純物の入っている重曹と同じではないことを重視する)。彼は、純粋な重炭酸ナトリウムは真菌の強力な破壊者であり、薬物とは異なり、カンジダは重炭酸ナトリウムに「適応」することができないため、これを使用しました。

患者は重炭酸ナトリウムを経口で、内視鏡のような内的の手段を介して、すなわち医師が外科手術なしで体内を見るために使用する細長い管を通して投与される。これにより重炭酸ナトリウムを癌(真菌)に直接かけることができます。

The ancient Egyptians knew about the healing properties of anti-fungal substances and Indian books going back a thousand years actually recommend 'alkaline of strong potency' for treating cancer.
In 1983, Simoncini treated an Italian man, Gennaro Sangermano, who had been given months to live with lung cancer. A few months later he wasn't dead, he was back to health and the cancer was gone. 
More success followed and Simoncini presented his findings to the Italian Department of Health in the hope that they would begin scientifically-approved trials to show that it worked. But he was to learn the true scale of medical manipulation and deceit. 
The authorities not only ignored his documentation, he was disbarred from the Italian Medical Order for prescribing cures that had not been approved. Yep, I really said that - for prescribing cures that had not been approved. 

古代エジプト人は、抗真菌物質の治癒特性について知っていた。1000年も前のインドの書籍は、癌を治療するために、「強力な効力のアルカリ性」を実際に推奨しています。

1983年、シモンチーニは、肺癌に罹患し余命幾月かのイタリアのある男性(Gennaro Sangermano)を治療した。数ヶ月後、彼は死ぬことなく、健康体に戻って癌が消えていた。

更なる多くの成功が続き、シモンチーニは自分の研究結果が有効だったことを示すために、科学的見地から公認された治験が開始されることを願って、イタリア保健省にそれを提出した。しかし、彼は医療の不正操作とペテンの本当の規模を知ることになった。

当局は彼の文書を無視しただけでなく、彼は承認されていない治療法を処方したために、イタリア医療組合(Italian Medical Order)から除名された。そう、私は確かにこう言った。承認されていない治療法を処方したため、と。

He was subjected to a vicious campaign of ridicule and condemnation by the pathetic media and then jailed for three years for causing 'wrongful death' to patients he had treated. From all angles the word was out - get Simoncini.
The medical establishment said that his claims about sodium bicarbonate were 'crazy' and 'dangerous'. One 'leading doctor' even ludicrously referred to sodium bicarbonate as a 'drug'. 
All the time millions of people were dying from cancers that could have been treated effectively. These people don't give a shit. 

彼は、情緒的なマスコミによる猛烈な嘲笑と非難のキャンペーンにさらされた。そのうえ、彼が治療にあたっていた患者を「不法死亡」させたとして三年間投獄された。あらゆる方向から、「シモンチーニを捕まえろ。」という声が聞こえてきた。

医療の体制派は、彼の重炭酸ナトリウムについての主張は「狂っている」とか「危険だ」と言い、ある「一流の医師」でさえ、馬鹿にした様子で重炭酸ナトリウムは「麻薬」であるとした。

常に何百万もの人々が、効果的な処置を受けられたはずのガンで死んでいるが、体制派はまったく意に介さない。

Tullio Simoncini is, thankfully, no quitter and he has continued to circulate his work on the Internet and in public talks. I heard of him through Mike Lambert at the Shen Clinic and Simoncini spoke there while I was away in the United States.
I know that he is having remarkable success in dramatically reducing and removing altogether even some real late stage cancers using sodium bicarbonate. This can take months in some cases, but in others, like breast cancer where the tumour is easily accessible, it can be days before it is no more. 
People are also curing themselves under Simoncini's guidance and at the end of this article I have linked to some videos in which you can hear people talk about their experiences and cures. 

ありがたいことに、トゥリオ・シモンチーニは腰抜けではなかったため、自身の仕事をインターネットと講演によって広め続けている。私は、シェン・クリニックのマイク・ランバートを通して彼のことを聞いた。私がアメリカにいる時に、彼はそこで演説した。

シモンチーニは、重炭酸ナトリウムを使って、いくつかの本物の後期過程のガンでさえ激減させ、すべて除去することに大成功をしていることを私は知っている。いくつかの症例では、この治療法は何カ月も掛かることがあるが、簡単に腫瘍に到達できる乳がんのような他の症例では、数日あればもう十分ということはありうる。

シモンチーニの手引きによって、人々は自分でも治療していて、この記事の最後にいくつかの動画へのリンクを貼っている。そこでは、人々の経験談や治療法を聞くことが出来る。
               つづく
(ソース)
** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- **

『重曹でがんは消える』 2018/03/03

『がんはイソギンチャク型真菌』 2018/6/29(金)

* - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * 
(借用画像)
Tullio Simoncini
社会実情データ図解


私が乳がんにこだわるのには理由があります。それは、以前に申し上げたように、私の知人が私に言わせれば医師に騙され、20歳代前半に乳がんと診断され、都度重なるマンモグラフィで放射線を浴びせられ、5年ごとに3回の乳房手術をされ、更に抗がん剤まで処方されてきたからです。大半の女性は医師を神の如く信じているのですから当然の所作と言えばそれまでなのですが。。。。。

然し、子供のおやつを含む家庭の食生活のカギを握るのは女性です。それ故に、盲目的に医師を信じることが、自分のみならず家族の健康にどんな危険なものであることを知って欲しいからです。

以前、ジェイン・プラント教授の乳がん克服について垣間見る程度に書きましたが、今回は、彼女の体験記の概略を述べます。
** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** 
(以前の記事)
「牛乳は飲むな飲ますな その③」
乳がんと自閉症の原因とは!
2012/4/26(木) 
乳がんとの熾烈な戦いの後に手にした勝利の実話です。
 【「乳がんと牛乳」〜乳がんはなぜ消えたのか〜】
イメージ 3

乳製品を完全に断ち切ることで再々発・転移を繰り返す乳癌を克服した本。著者:ジェイン・プラント教授 女性 1945年生れ 英国
 
1987年42歳で乳癌。乳房切除。
以後4回再発。1993年鎖骨上リンパ節に転移。
一切の乳製品を断ち切り完治。

この本は、15カ国に翻訳され、400万部販売。

When Prof Jane Plant began to spread her message about how dairy products were a causal dietary factor in breast cancer in the Western world, she says she was treated as "the wicked witch of the West".

ジェーン・プラント教授が、乳製品が乳がんの原因となっている要因についてのメッセージを西欧諸国に広め始めたとき、彼女は「西洋の邪悪な魔女」として扱われたと言います。

即ち、多くの科学者や医療・医薬品業界や酪農・乳製品製造業界から猛反発を食らったのでした。然し、彼女の理論を誰も否定できず、やがて批判や罵倒は鎮静化していきました。

後、医師ではないプラント教授は、医学の発展に貢献したとして英国王立医学協会の終身会員となりました。

** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** 

(以下シナリオ略解)
牛乳などの乳製品の消費量と乳がんの発生率にも、強い相関関係がある。

イメージ 1

つまり、乳製品の消費量が多い国は乳がんの発生率が高く、消費量が少ない国は発生率も低いというはっきりとした関係がある故に、牛乳と乳製品を摂取しなければ、乳がんにかかる確率を下げることができ、増やせば、かかりやすくなる、ということになる。

乳がんの罹患率は遺伝的特性(人種)(註1)ではなく、生活習慣の違いが、発生率の差の原因です。海外に移住した日本人の大腸がんの発生率が、外国人並に高まることから、人種ではなく、肉食が原因であることが明らかになったケースと同じです。

(註1)コホート研究によると、遺伝的要素は、せいぜい20%(5%〜10%)に過ぎないとしている。

さらに、日本でも、厚生労働省研究班が2008年に発表した調査結果によれば、45歳〜74歳の男性4万3000人を乳製品の摂取量に基づいて四つのグループに分けると、乳製品摂取量が最も多かったグループの人たちが前立腺がんにかかるリスクは、摂取量が最も少なかったグループの人たちの1.63倍だったそうです(153〜154ページ)。

イメージ 2
Your Life in Your Hands: Understand, Prevent and Overcome Breast Cancer and Ovarian Cancer
「あなたの命はあなたの手に委ねられている」:乳癌と卵巣癌を理解し、予防し、克服する
Professor Jane Plant
ジェーン・プラント教授

『牛乳と乳製品の摂取をやめることによって乳がんを克服』

プラント教授は、42歳だった1987年9月に金鉱の調査のためにカナダ北部を訪問していました。

宿泊していたホテルの部屋で、乳がんの自己検診をしたところ、左乳房にえんどう豆ほどの大きさの硬いしこりをみつけました。

すぐに、ホームドクターであるロンドンのカマック医師に電話をして症状を説明したところ、乳がんの確率が高いが、病変は広がっていないため、ロンドンに戻ってからしこりを摘出すればいいというアドバイスを受けました。

その後トロントで開かれた学会にも参加しましたが、同時に有名なプリンセス・マーガレット病院(トロント大学付属病院)の乳がん専門クリニックで、多くの検査と生検(バイオプシー、病変組織の一部を採取して行う病理学的検査)を受けた結果、乳がんであることが確定しました。

〇左乳房の全切除のあと再発し、放射線治療を開始

治療は、ロンドンの一流病院であるチャリング・クロス病院の乳がんクリニックで行われ、最初の治療は左乳房の全切除でした。

その後教授は自分でしこりの大きさを測り続け、5年後の1993年の始めに、チャリング・クロス病院に、1年間でしこりが2ミリほど大きくなったことを報告したところ、数日のうちにしこりは切除されました。

ところが、その2週間後に、教授は別の場所にもしこりができていることを発見しました。つまり、3回連続で自分で乳がんを発見し、治療に結びつけることができました。

このしこりを取り除いてから、放射線治療が開始されました。放射線治療では7週間かけて35回の照射が行われ、治療の直後と6週間後に、全身の詳しい身体検査が行われ、がん細胞はなくなったと診断されました。

〇4回目の転移発見のあと放射線による卵巣摘除術を受けた

しかし、その診断の6週間後に、教授は鎖骨の上のリンパ節にしこりがあることを発見し、再び針生検(針を刺して組織を採取する生検)で病理検査が行われ、リンパ節転移が確認されたため、リンパ節は日帰り手術で摘出されました。

医師は、乳がんの発生と関係があるとみられているのはエストロジェン(女性ホルモンの一つで卵胞ホルモンともいう)だと言います。

思春期の女性の胸の膨らみは主としてこのホルモンの影響だそうです。

医師は血中濃度を下げるために、坑エストロジェン作用のあるタモキシフェンを使うことを勧めましたが、タモキシフェンは子宮体部がんのような他の部位のがんを誘発することを教授は知っていたため、この治療を断り、放射線による卵巣摘除術(放射線照射によって人工的に更年期状態をつくりだし、エストロジェンの分泌を抑える)を受けることにしました。

訳者注によれば、最近ではLH-RHアゴニストという薬剤による機能的卵巣摘除が一般的になっているそうです。

〇卵巣摘除術の数日後に首に大きな腫れ物ができたため抗がん剤治療を開始

鎖骨上のリンパ節を摘出してから2週間後に抜糸が行われ、その数日後から卵巣摘除が行われました。

ところが、卵巣摘除を受けてから数日後に、首の手術痕に鶏卵の半分くらいの、大きな痒(かゆ)い腫れ物が出現しました。この腫れ物もがんであることが分かったため、教授は抗がん剤治療を受けることにしました。

教授は、メソトレキセート、フルオロウラシル、シクロホスファミドという3種類の抗がん剤を、2週連続木曜日に点滴注射を受け、その後3週間休んでまた同じサイクルを繰り返して、6カ月間に合計で12回点滴注射を受けるという治療(レジメン)を受けました。

〇余命はおそらく3カ月、運がよくて6カ月と宣告される

「治療スタッフは、私の不安と苦痛を軽減するためならなんでもしてくれた。それでも現実は冷厳であった。もし自分になにかあったら子どもたちの将来のために準備しておきたいから、あとどのくらいの時間が残されているのか正直に教えてほしいと頼んだ。私に残された時間はおそらく3カ月、運がよくて6カ月ということであった!」

〇乳製品を完全に避けることによってがんが消え、その後6年間再発していない

教授は首にできたリンパ節のかたまりの大きさをはさみ尺(ノギス)で測ってグラフにつけましたが、最初の抗がん剤治療はなんの効果ももたらさず、かたまりの大きさはまったく変わらなかったそうです。そこで乳製品を完全に避けることにされたそうです。(註2)

(註2)
According to figures from the World Health Organization, the number of men contracting prostate cancer in rural China is negligible, only 0.5 men in every 100,000.In England, Scotland and Wales, however, this figure is 70 times higher.Then one day something rather special happened.Peter and I have worked together so closely over the years that I am not sure which one of us first said: 'The Chinese don't eat dairy produce!'

世界保健機関(WHO)の発表によると、中国の田舎で前立腺がんに罹患している男性の数はごくわずかです。しかし、イングランド、スコットランド、ウェールズでは、この数字は70倍です。それから、ある日、かなり特別なことが起きました。ピーターと私は何年にもわたって緊密に協力してきました。私たちのどちらかが最初に言ったか分からないけど「中国人は乳製品を食べていない。」と。

Recently, I discovered that way back in 1989 yoghurt had been implicated in ovarian cancer.Dr Daniel Cramer of Harvard University studied hundreds of women with ovarian cancer, and had them record in detail what they normally ate.I wish I'd been made aware of his findings when he had first discovered them.Following Peter's and my insight into the Chinese diet, I decided to give up not just yoghurt but all dairy produce immediately.Cheese, butter, milk and yoghurt and anything else that contained dairy produce - it went down the sink or in the rubbish.

最近、私は、1989年、ヨーグルトが卵巣癌に関係していたことを発見しました。ハーバード大学のダニエル・クレーマー博士は、卵巣癌の女性数百人を研究し、彼らが通常食べたことを詳細に記録していました。

ピーターと私の中国の食生活への洞察から、私はヨーグルトだけでなく全ての乳製品を直ぐにあきらめることにしました。チーズ、バター、ミルク、ヨーグルト、 乳製品が含まれていたものは何もない - それは流し台の下またはごみ箱に捨てました。

〇(乳製品を避け始めてから)数日のうちにかたまりが縮退し始めた。

2回目の抗がん剤治療が終わって2週間ほど経ち、乳製品を絶って1週間経つと、首のかたまりが痒(かゆ)くなり、硬さが減りました。グラフ上の線も下方に向かい、かたまりがだんだん小さくなっていきました。その線の下がり方は横軸に平行になるようなものではなく、直線的にゼロに向かっていました。

このことは私の転移乳がんが、単に抑制されたとか緩和したというのではなく、完全治癒に向かっていることを示すものでした。

・・・・乳製品を完全に絶ってから約6週間経ったある土曜日の午後、1時間ほど瞑想を行っていました。そのとき、かたまりが少しでも残っているかどうか首に触れてみました。かたまりは完全に消失していました。

階下に降りていって、夫のピーターに首をさわってもらったが、彼もかたまりらしきものには全く触れることができませんでした。

翌週の木曜日、チャリング・クロス病院でがん専門医の診察を受けました。医師は最初、困惑して首のあたりを触診していたが、「なにもありませんね」と言って喜んでくれました。

ごく最近(1999年)この医師の診察を受けたとき、彼は私が受けた抗がん剤治療は過去20年間行われてきた、ごく基礎的なものだったと教えてくれました。

どの医師も、乳がんが首のリンパ節に転移した段階で、私が抗がん剤治療で元気になることはもちろん、生き延びることすら思っていませんでした。

・・・・・私が最初、この医師に「乳製品を止める」という考えを相談したとき、当然のことながら彼はその効果を疑いました。しかし今では、彼は「中華人民共和国がん死亡率図譜」を講義に使い、自分の乳がん患者に乳製品を止めることを勧めています。

(ソース)
* - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *

『がんはイソギンチャク型真菌』   2018/6/29(金)

『日米:マンモグラフィ詐欺横行』 2018/6/21(木) 

『重曹でがんは消える』 2018/03/03

『牛乳は飲むな飲ますな その①』 2012/3/8(木) 
牛乳には女性ホルモンが入っている

被爆被害これから本番


被爆被害これから本番

前回記事のコメで、福一の放射能により都内の出産児の奇形や脳異常が深刻との指摘がありましたので、改めて記事にしました。
(前回記事)『喉元過ぎても消えない放射能』 2018/6/17(日) 

先ずは、
* - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *
2012年、日本生態系協会の池谷奉文会長(70)は、東京で開かれた講演会で以下の発言をし、根拠が無いなどとマスメディアなどで大批判されました。

「福島の人とは結婚しない方がいい」「今後福島では発がん率が上がり奇形児が発生する懸念がある」「福島ばかりじゃございませんで栃木だとか、埼玉、東京、神奈川あたり、あそこにいた方々はこれから極力、結婚をしない方がいいだろう」「結婚をして子どもを産むとですね、奇形発生率がどーんと上がることになる」
* - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *

(上記池谷会長講演への裏付け)

膵臓がん死亡率爆増(日本男性)
日本の疫学調査が低線量被ばくの影響を証明。
ご覧のように、1930年から1945年の間、化学物質による公害が最悪状態の期間だが全く上昇してない。だが、原爆から2,3年で1,200%も急増している。

縦軸左:死亡率/100,000人)、縦軸右:相対死亡率(1937年〜43年=100)、横軸:年(1940年〜1970年)。上昇線左側の事件(下から順に):第1回原子爆弾、第1回ソ連原爆実験、第1回ソ連水爆実験、第1回シリーズの最後、モラトリアム。上昇線右側の事件(下から順に):米ソ第2回素麦実験シリーズ[開始]、第1回中国原爆実験
* ――― * 

原水爆実験から5年後に始まった日本の小児がん死亡率上昇。何と実験前の600倍。尚、これは死亡率のみで、奇形率の統計は出ていない。

* ――― * 

1986年のチェルノブイリに当てはめると、昨年の2017年から原因不明の諸病の多発が始まったことを意味している。イコール、DNAの損傷を意味す。これでは子宮がまともな胎児を作れない。
* ――― * 

同じく、甲状腺がんで当てはめると、福一で被爆した当時0〜9歳児は今年がピーク。10〜19歳の思春期だった人は、10年後の2021年がピーク。20〜29歳の場合のピークは17年後か、それとも20年後以降か。

イメージ 6
* ――― * 

チェルノブイリから10年後、突然、乳がんが急上昇する。
* ――― * 

1953年にネバダで行われた原子爆弾実験での放射性降下物下、砂塵吹き巻くアリゾナ州で撮影された映画「大砂塵」のジョン・ウェインや主演を務めたジョージ・クロフォードもまた癌で死去。

共演者のスーザン・ヘイワード、ディック・パウエル、アグネス・ムーアヘッドとと撮影班の多くは10年後の同時期に死亡。


その他、これらのエリアで映画出演したゲイリー・クーパー、ロバート・テイラー、スティーブ・マックィーン、ヘンリ・フォンダ、みんなガンで死亡。

* ――― * 

米国:1960年代原発施設エリア 白血病600%台 流産200%台 障害幼児300%台アップ。1970年代 白血病400%、乳児死亡率448%、先天性欠陥230%アップ。

オーストラリア白血病の年間発病率:1930年百万分の2例から、1970年で百万あたり57例(28・5倍)

** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** 
東日本の最近の放射能汚染状況
** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** 
喉元過ぎれば熱さ忘れ!
今も被爆し続けている。
このようにDNAは更に破壊され続けている。
イメージ 3


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 4


イメージ 5

** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** 
全国に放射能に汚染された野菜や牛乳がばらまかれ、今も然り
** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** 
栃木県の農林業 平成26年5月農林水産省統計部
福一からしっかりと放射能を浴びた栃木県の山野や田畑。
特に畑は除染が必要と言われながらも、野菜の出荷量は変わらず。
翌年には寧ろ増えている。

これらの汚染された野菜は何処にいったのか。
大消費地の関東圏の野菜市場へ。
それと、産地偽装されて全国の野菜市場へ。特に全国の学校給食と全国の外食産業・スーパー・コンビニ(弁当・総菜等)で販売・消費された。

明らかなのは、北海道産と称する牛乳と、ヤマザキパンから放射能が検出されていることである。つまり、全国の児童は、間違いなく放射能を取り込み、将来の癌を初めとする病気で苦しむことになる。

現在、関東・東北はもとより、空気の放射能汚染がほとんどない北海道や関西まで健康被害が拡がっているが、これは事故前の数百から数千倍も汚染された食べ物が全国に流通していることが原因であることは確実である。(註1)(註2)(註3)
飲食による放射性物質の摂取が極めて深刻な影響を与えることは明らかだ。

(註1)2011年3月11日福一が爆破された春以降、福島産や栃木産の腐葉土が全国的に直接、或いは農協やホームセンター経由で販売された。全国の野菜生産地と称する農家では、トン(t)買いをし、京都は無論のこと、沖縄でも2万ベクレル以上もの高濃度の放射能に汚染された腐葉土が畑に撒かれた。その畑で育てられた野菜を、地元のみならず全国の消費者が食べた。

(註2)南東北や北関東の高濃度に汚染された野菜を、仲買人や食べて応援と称するスーパーなどは一束10円で買い叩き、全国の学校給食、外食産業や一般消費者に通常値近くで販売し、大儲けした。

(註3)関西の業者は、汚染された牛一頭につき5万円で買い叩き、頃合いを見計らって通常価格近くで販売したと言われている。

** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** 
All Levels of Radiation Confirmed to Cause Cancer.
放射線のすべてのレベルで、がんを引き起こすことを確認
** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** 

The BEIR VII or seventh Biological Effects of Ionizing Radiation report on "Health Risks from Exposure to Low Levels of Ionizing Radiation" reconfirmed the previous knowledge that there is no safe level of exposure to radiation―that even very low doses can cause cancer.

BEIR VII(被曝による生涯発癌率・癌死亡率報告書)や 「電離放射線の低レベル被爆による健康リスク」の7番目の予備知識の中での生物学的影響電離放射線レポートでは、非常に低線量でさえ、がんを引き起こす可能性があり、放射線の被爆のない安全なレベルが存在しないことを再確認する。

** --- * --- ** --- * --- ** 
体内の残存放射能のリスク
** --- * --- ** --- * --- ** 
「ベクレル」
1ベクレルとは、放射性物質から1秒間に1本の放射線ビームが発せられる単位
例えば10ベクレルのセシウムが含まれた食品を食べるとすると、一日では864000本の放射線ビームが体を貫くことになる。

約70日というセシウム137の生物学的半減期を考慮しても、500日後には1400ベクレル残存しているから、そうなれば1日で120960000本、約1億2千万ビームが体に穴を開けている状態だ。

脳は心臓等と共に、放射能が蓄積されやすい部位の一つですが、怖いことに中枢神経系は再生されませんし、ベラルーシの人々が集中出来ないのは、放射能汚染による脳障害だという研究結果もあります。

チェルノブイリの原発作業員達の脳スキャンでは、彼らの脳は脳細胞が死滅して空洞になっていたそうです。

一度こういったダメージがあると、残念ながら取り返しがつきません。放射能汚染による障害で最も多いのは、実は癌や白血病ではなく、知能障害なのです。 

放射性物質は長期にわたり摂取すると、体内に蓄積されて行くという特徴があります。例えば一度に1000ベクレル摂取しても、約2年後には僅かしか体内に残らないのに比べ、1ベクレルを毎日摂取すれば、2年後には約200ベクレルも残存するそうです。

200ベクレルでしたら、一日に1728000000本もの放射線、つまり17億本以上の放射線ビームが体を貫いている計算になります。

人間の体細胞数は確か約60兆位だったと思いますが、一日に17億ビームで傷付く細胞の数は一体どれ位の数に上るのでしょうか。

何れにしろ、細胞の修復には限界があるのも事実です。にも拘らず、政府の食品汚染基準値はあくまでセシウムのみでの換算ですし、食品の検査体制も本当にお粗末です。

また、ガンマ線に比べてずっと短距離しか飛ばないアルファ線やベータ線による内部被曝のダメージは、細胞の直近から遥かに強烈な放射能を浴びせる為、比べ物にならない位危険です。 

** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** 

※放射能からの防御:目次(1)
記事投稿期間:2010/9/28(自)〜2011/11/1(至)

※放射能からの防御:目次(3)
記事投稿期間:2012/5/22(自)〜2012/7/23(至)

* - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * 

(東日本汚染画像)
WHITEFOOD
ホワイトフード株式会社
〒003-0005 札幌市白石区東札幌5条1丁目1-1
TEL:011-376-5980 (受付時間:10:00-17:00 日曜定休)
FAX:011-351-2733
E-Mail:info@whitefood.co.jp
2018年4月カテゴリー別放射能汚染について
食品の放射能検査地図
2017年まとめ|放射能検査地図
2017年シイタケ|放射能検査地図



北欧での乳がん減少の理由

乳がんの80%は朝食にパンを食べている人に発生するということをご存じだろうか。この件はさて置き、北欧での乳がんの減少は、乳がん検診ではなく、乳製品の消費を減らしたからである。日本政府はこのことを隠し、盛んに「乳がん検診!乳がん検診!」とわめく。

* - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *
改めて申し上げると、バターなどの乳製品の消費を減らしたら、乳がんが自然に減る。この実例の記事があったので、それを掲載する。
* - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *
バターやチーズに「脂肪税」
乳がんとバター

2000年ごろから北欧で乳がんの死亡率が減っている。たとえば、1987〜9年のスウェーデンの乳がん死亡率(ヨーロッパ標準人口10万対)は25・6であったが、2004〜6年には22・0へと16%減った。

この減少はスウェーデンがいち早く取りいれたマンモグラフィ検診の効果であると喧伝されている。しかし、オ―ティエ(Autier)ら*によると、スウェーデンでの死亡率はマンモ検診が導入される以前の1972年ごろから低下し始め、その傾向は検診の普及によって何ら影響を受けなかった。

また、スウェーデンより10年以上遅れてマンモ検診を導入したノルウェイでも検診の影響を受けることなく乳がん死亡率は低下している。つまり、北欧で見られた乳がん死亡の減少は乳がん検診によるものではない。

*Autier P, Boniol M, Gavin A, Vatten LJ. Breast cancer mortality in neighbouring European countries with different levels of screening but similar access to treatment: trend analysis of WHO mortality database. BMJ 2011; 343:d4411. doi: 10.1136/bmj.d4411.

では、何が北欧の乳がん死亡を減少させたのか。

1980年代以降に北欧人の生活に起った大きな変化は、彼らがバターの消費量を大幅に減らしたことにある。たとえば、国連食糧農業機関(FAO)の資料によると、スウェーデンのバター消費量は1980〜9年には年間一人当たり平均6・7kgであったが、2003〜7年には3・0kgと半減している(下図)。

ノルウェイ、デンマーク、フィンランド(図示せず)のバター消費量も同様である。飽和脂肪酸の多い動物脂肪が北欧人の死亡の中核を占める心筋梗塞(冠動脈硬化)の原因とみなされるようになって、北欧人は乳脂肪(バター)を食べなくなった。このことが幸いして乳がん死亡も減るようになったのである。

イメージ 1

妊娠しているメス牛が分泌するミルクには大量の女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)が含まれている。とくにバターは脂溶性の女性ホルモンの宝庫である。

北欧人がバターを食べなくなったことが北欧における乳がん死亡減少の背景にある。

日本人のバター消費量は北欧に比べて少ないが、上図のように減少することなく推移している。日本女性の乳がん死亡が一向に減らない理由がお解りいただけるだろう。

なお、日本経済新聞のウェブ版(2011年10月3日)は、デンマーク政府が2011年10月1日からバター・チーズなどの飽和脂肪の多い食品に「脂肪税」を課すことになったとして、次のように伝えている。

〇デンマーク、バターなどに「脂肪税」 健康増進狙う

【ロンドン=共同】デンマーク政府は国民の平均寿命を延ばすため、バターなどの動物性脂肪に多く含まれる飽和脂肪酸を一定以上含む食品に対する課税を1日から開始した。英メディアなどが2日までに伝えた。英BBC放送は、脂肪への課税は世界で初とみられると伝えた。 (註1)

(註1)
Denmark introduced a fat tax in 2011 but repealed it by 2013 when it found consumers shopping across the border for high fat goods. BBC News 2016/07/13

デンマークは2011年に脂肪税を導入しましたが、消費者が高脂肪食品のために国境を越えて買い物をしていることを発見した2013年までにそれを廃止しました。

飽和脂肪酸を多く摂取すると、動脈硬化などを引き起こす悪玉コレステロールが増加するとされている。課税によって肥満の原因となる食品の消費を減らすことで、国民の健康を守る狙いがある。 

英メディアなどによると、2.3%以上の飽和脂肪を含むバター、チーズ、加工食品などが課税対象で、飽和脂肪1キロあたり16クローネ(約220円)の税金がかかる。 

課税によって、約22億クローネの税収が見込まれており、バターの消費量は約15%減少するとみられている。 

欧州ではハンガリー政府が先月、肥満防止のため、スナック菓子や清涼飲料水など塩分や糖分が特に高い食品に対する課税策を導入した。

脂肪税が課されるのは「2・3%以上の飽和脂肪を含む食品」である。2・3%という半端な数字が面白い。なぜ、2%あるいは2・5%でなく、2・3%なのか? 

五訂増補・日本食品分析表によると、デンマークや日本で搾られているホルスタイン牛乳の乳脂肪は3・7%で、飽和脂肪は2・36%である。すなわち、デンマーク政府は牛乳を課税対象とするために2・3%という数字を選んだのである。デンマークの脂肪税(fat tax)は牛乳税(milk taxあるいはdairy tax)である。

なぜ、牛乳に税金? 牛乳が多量の女性ホルモンを含んでいるからである。 
(註)日本の現状
学校給食にパンと牛乳がつきもの。パンをご飯類に変えた学校でも、牛乳は必ず児童に飲ませる。将来の乳がんや諸々の病人の創造である。ご存知、北欧諸国と違って、日本政府、並びに、高槻市の寿栄(じゅえい)小学校のブロック塀が倒れ、4年生の三宅璃奈(りな)さん(9)が亡くなったことで改めて明らかになったように、教育委員会は子供たちの健康や安全などは考えていない。

(ソース)

** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** 

「牛乳は飲むな 飲ますな その①」 
牛乳には女性ホルモンが入っている

「牛乳は飲むな 飲ますな その②」 
成人病の元凶は牛乳・乳製品 

「牛乳は飲むな飲ますな その③」 
乳がんと自閉症の原因とは!
乳がん克服:ジェイン・プラント教授 女性 1945年生れ 英国
乳製品を完全に断ち切ることで再々発・転移を繰り返す乳癌を克服した。

『ニンジン生ジュースで乳ガンは消える』 2014/10/15(水) 
アンキャメロン(Ann Cameron )婦人が、乳がんを発症し、それがステージ4の肺や大腸に転移。そこで彼女は全ての治療や抗がん剤の服用を拒否。普段通りの食生活にプラス毎日2kgのニンジンを1Lの生ジュースにして飲用し続けた。結果、ニンジンの生ジュースを飲み始めてから2ヶ月(8週間)で腫瘍は減少し、飲用してから10ヶ月後、ガンは完治。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事