全体表示

[ リスト ]

0911 最終報告会



1か月前の8月11日。
参加者全員が塩竃神社202段を上り、
100kmを完歩することができました。

日差しの照り付ける炎天下、
達成感にあふれていた皆の顔を忘れることができません。

今では涼しい風が吹きはじめ、
秋が近づいてきていることが感じられます。
9月11日日曜日、東北歴史博物館にて、
第11回みなとのまち100km徒歩の旅
最終報告会が行われました!
本日のブログは広報記録班のもなかがお送りします(^^)

イメージ 1

生活給水輸送班による受付を終えたあと会場に入り、
同じ班のメンバーらとの1か月ぶりの再会を喜んで
参加者同士が笑顔で会話している姿を
あちらこちらで見ることができました。

まずは綱領・心得の唱和。
7月の事前研修でも行われたプログラムですが
本番中何度も声を合わせてきた成果でしょうか、
そのときとは比べ物にならないくらいの
声量と一体感があるように感じられました。
イメージ 2

団長によるあいさつのあとに、歩行班リーダーの学生スタッフから
班ごとの紹介が行われました。
班員の名前が読み上げられ、
大きな声で返事をしている姿が印象的でした。

5日間を通しての様子はどうだったのか、
班として活動する中でどのような力を身に着けることができたのかなど
各班それぞれの色がよくわかる紹介となっていました。

そして班紹介の最後には…
イメージ 3

班ごとの個性あふれるコーリング!
ステージ上の盛り上がりに客席も大喝采でした。

広報記録班制作のスライドショー上映。
参加者や学生スタッフの皆さん、
熱い5日間を振り返ることはできたでしょうか。
ご来場いただいた保護者の皆様にも
子どもたちの思い出を切り取った何枚もの写真に、
少しでもその場の雰囲気や熱気を感じ取っていただけていれば幸いです。

感想文発表では、参加者、保護者、中学生ボランティア、
学生スタッフの代表がこの事業を終えての感想を発表しました。
今年のみなとのまち100km徒歩の旅を終えて考えたこと、そして
来年以降を見据えた声も多く聞こえ、感慨深く思えました。

続いてのプログラムは団長総括。
自分の可能性を信じ、自分の価値を考えること、
誰かから受けた恩は返すものではなく、
ほかの誰かに送るものだという「恩送り」。
多くの大切なお話に子どもたちも真剣に耳を傾けていました。

このメンバーで行う最後のチクサクコール。
イメージ 4
全員の本気を感じ取ることができる素晴らしいコールでした。

最終報告会をもって第11回みなとのまち100km徒歩の旅は終了しました。
本当に本当に熱い夏でしたね。
皆さんにとって素晴らしい思い出のひとつに
なったのではないでしょうか。

この事業で出会った仲間への感謝を忘れず、
今まで培ってきた力をさらに伸ばし、足りなかった部分は補い、
今後も様々なことに挑戦していきましょう。
そしてまた、一回り大きく成長した皆さんと
再会できることを楽しみにしています。

第11回みなとのまち100km徒歩の旅に
関わったすべての皆さんに心から感謝しています。
本当にありがとうございました!


DVDの完成をお楽しみに(^^)
広報記録班

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事