ここから本文です
登山犬 赤柴 湖六助
日光の山を中心に、犬連れ登山を専門でしています。
4/22(土) 久々の山行です。

フルマラソンのダメージが想像以上に残り、やっと山に登れました。

イメージ 1
 湯元温泉からのスタートです。

イメージ 2

湯元スキー場から登ります。

イメージ 3

ゲレンデを地味に登ります。

イメージ 4

登山道脇の白根沢は雪崩の跡がありました。
尾根の急登を登ります。

イメージ 5

所々、アイスバーン急斜面を登ります。

イメージ 6

程なく、外山鞍部到着です。

イメージ 7

外山鞍部からは、尾根上の冬道から行きました。

イメージ 8

前白根山到着しました。

4時間かかってしまいました。

風も出てきたので無理せずに、ここで折り返します。


イメージ 9

いつまでも見ていたいですね。
イメージ 10

帰りの景色も最高です。

イメージ 11

名残惜しいですが、外山鞍部まで戻ります。

イメージ 12

外山鞍部でこれからの激下りに備えて、1時間以上のんびりしました。

イメージ 14


慎重に下り、スキー場に着きました。

イメージ 13

とても楽しい山行になりました。

この記事に

ミヤラン2017

ミヤラン2017
宇都宮環状線一周ランニングの42キロの部に参加しました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

信号を守り、歩道を走り給水所でスイーツを食べる順位のない大会です。

制限時間も素人にはありがたい、最大7時間半あります。

それにしても、二ヶ月前は走ったこともなく、中性脂肪600を減らす為に始めた
スローランニングがどうしてフルマラソンになったんでしょうね(笑)


8:38  犬連れ登山で一緒の颯太君の母さんと生憎の雨の中スタートしました。

イメージ 4

宇都宮の大通りを通り、環状線を目指します。
イメージ 5

イメージ 6

環状線に出ました。長い一周がやっと始まります。雨足も強まります。

イメージ 7

6.3キロ地点   初めての給スイーツです。
その後も給スイーツを食べ、犬連れ登山仲間のリンクぱぱの応援ありで元気に
第1関門目指します。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10


走ること2時間40分で第1関門クリアです。
イメージ 11

しかし、19キロ辺りから膝にきて思うように速度が上がらなくなって来ました。

イメージ 12

マラソンランナーに人気のサプリ投入しました。とてもスッキリして元気は出ましたが、膝の痛さは無理ですね(笑)
(ロングの山行でスタミナが無くなった時に役立ちそうです)
イメージ 13

いちごも食べましたが、完全に足は終わりましたね〜。

イメージ 14

もうすぐ還暦の颯太君母さんも、膝が爆破〜。

イメージ 15

歩道橋辛い〜。

なんとか騙し騙し、13:40  第2関門クリア〜

イメージ 16

16:00に間に合うように、急ぎたいのに進まない〜
イメージ 17

あと3キロ〜、もう勘弁してくれ〜(笑)

イメージ 18

オリオン通りのアーケードを通り

城址公園が見えた〜

イメージ 19


6時間38分、なんとか二人揃い時間内完走しました。

イメージ 20

ジャンボ餃子美味かった〜!

二ヶ月の準備期間に走った総距離は100キロに満たない練習量でしたので、やはり足にきましたね。もっと走り込まないとダメですね〜、完全にフルマラソン舐めてましたね〜(笑)

とてもいい経験になりました。今後の山行にきっと役立つでしょう!?

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

イメージ 21



この記事に

開くトラックバック(0)

フルマラソンに初挑戦しました。
想像以上に過酷なものでした。
これからの山行に役立てればと思います。



この記事に

開くトラックバック(0)

犬連れ山歩会

2017 第一回犬連れ山歩会(通算7回目)

3/15(日)  新たなメンバーJRTのBOOちゃん4歳を迎え4頭になりました。

BOOちゃんは、登山が初めてでしたが、問題なく登れました。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3

今後の山行が楽しみです。




この記事に

犬連れ 山王帽子山

3/12(日)太郎山(日本三百名山)の途中の山王帽子山です。

光徳牧場駐車場からのスタートです。

イメージ 1

戦場ヶ原と男体山 放射冷却で冷え込み、キラキラ綺麗でした。-8度でした。

イメージ 2

これから登る山王帽子山。(右 太郎山)

イメージ 3

行きは、奥鬼怒林道から

イメージ 4

イメージ 5

スノーモービルの跡で、よく固められていました。

つづら折りの林道も飽きたので、ショートカット。
イメージ 6


イメージ 7

もうじき、太郎山登山口。男体山が綺麗に見えます。

イメージ 8

金曜の雪と風で、ここから一部ノートレース。

初心者なので、正直ノートレースは不安なんです。

コンパス、GPSアプリ、目印、わずかなトレース、案内犬と全てを駆使して慎重に登ります。

イメージ 9

イメージ 10

日光山系の目印。これ見ると安心します。

イメージ 11

ここから、コメツガの森の急登。

上のほうは、雪の深さでコメツガの枝地獄。

イメージ 13


イメージ 12

急登も終わり、奥白根山も良く見えます。

光徳牧場駐車場から、3時間 山王帽子山到着。

イメージ 14

山頂からの男体山。

イメージ 15

名残惜しいですが、とっとと下山。

イメージ 16

帰りは、林道ではなく山王峠から登山道で帰ります。

イメージ 17

スノーシューのトレランの大会やっていたので、邪魔にならないように降りました。

イメージ 18

9.1km  5時間の山行でした。

コロ助も満足のようでした。

イメージ 19

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事