全体表示

[ リスト ]

最近はヤフオクあたりでポロのパーツを落とし、チョコチョコと自分好みに部品交換をしてるのだが、特にインテリアパーツをメッキ化することに凝ってしまい結構室内のイメージが変わってきた。
VWの純正品だと上級車種のパーツがポン付けできることも多いので、加工等であまり苦労することがないのがよろしいのだ。

イメージ 1

さて画像の商品は運転席ドアにあるミラースイッチである。
どうやら海外版の純正品らしいが、純正だと黒く素っ気のないノブ部分がクロームメッキでドレスアップしてある。
ネットショップにはノブにリングを被せるパーツも販売されていて、ソイツを購入しようかとも考えていたのだが結構無意味に高いのよ・・・
実はこの商品を入手する前に同じ出品者の方から別の商品を購入していて、その際のやり取りで近々ポロ用のミラースイッチを出品することを知らされていたので楽しみにしていたのである。

イメージ 2


いよいよ出品されているのを見つけてポチっといったところで問題が発生!
当初出品者の方も気付いていなかったようだが、このスイッチにはミラーを折りたたむ機能が付いていない・・・orz
日本仕様だと当たり前のように折りたたみ機能が付いてるが、海外だとさほどその必要性がないのだろう。
しかしながらこのままスイッチごと交換すると不具合がでる確立が高いので、先方よりキャンセルの打診があったのだが、そのまま落札することにした。
そう、ノブさえ交換することができたら問題なしと判断したわけだが、そういうことならと出品者の方のご好意で無償で頂戴することになったのだ。

イメージ 3

前置きが長くなってしまったが、以下は「人柱」渾身リポートなので心して読むように。(笑)
商品が届いて早速取り付け作業に取り掛かる・・・ノブ部分が外れるのは確認していただいたので問題ないが、車両側の取り外しに不安が残る。
画像のように「・」マークをミラーヒーターの位置にセットして、ビニテを巻き付けたマイナスドライバーで左右から少しずつこじ開けるが、やや浮き上がるもののなかなか外れない・・・ここでポキっとやってしまうと涙だな〜。(汗)だが意を決して力を入れてやると何とか無事に取り外しに成功した。

イメージ 4

お次はメッキノブの取り付けだが、車両側の受け部分が結構硬いので力を入れて押さえつけないと嵌らないのでご注意を・・・これで無事に取り付けは完了して動作にもまったく問題はないし、ライトオンで綺麗にイルミが点灯する。

イメージ 5

両方の部品を比較してみると同じポロ用でも微妙に雰囲気が違うようでジャストフィットとはいかないけども、純正品の質感は違和感がなくて整合性があるのが良いね。

ちなみにゴルフ用の
ミラースイッチは真円形ではなく円形+台形の複合型なので流用ができない。

イメージ 7

唯一ネガな部分は元のノブよりも僅かに浮き気味であることで、気になる方は冒険をお勧めしないが、私的には全くの許容範囲。
順番からいうと他のメッキパーツの話題が先なのだが、無償での商品提供に敬意を表して「開幕投手役」をお任せしよう。

イメージ 6

あとはこの記事がフォロワーの参考になれば幸いである・・・細かい作業だったが久しぶりに緊張したな〜。笑

この記事は出品者の方の同意の上で書き込みしています。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事