うたかたばなし ―雄峯閣別棟―

ブログ復興。ぼちぼちやっていきます。

全体表示

[ リスト ]

妙義神社本社の装飾彫刻の続きです。
大雑把にいうと、拝殿には獅子が、本殿には鳳凰がここではよくいます。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
なぜ獅子と鳳凰で棲み分けしているか?となると一概には言えません。ただ、妙義神社の場合は見事に棲み分けしています(本殿木鼻に獅子はいますが)。
そういえば、神饌所の入口唐破風には麒麟がいます。
イメージ 6
それから龍はというと、海老虹梁(紹介済み)と、こんなところに。

イメージ 7
関東ではよく見るパターンですが、ここでは龍と波のみ。獅子もいます。
それから、ちょっと不遇な霊獣が。
イメージ 8
犀です。関東ではこのように、基礎部分にまで彫刻をめぐらすことがあり、そこにいました。透塀から覗きこまないと、見られません。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事