うたかたばなし ―雄峯閣別棟―

ブログ復興。ぼちぼちやっていきます。

全体表示

[ リスト ]

気多神社の装飾彫刻

石川県羽咋市能登一宮気多大社は縁結びのパワースポットとして有名ですが、装飾彫刻もいいところです。
神域なので近くで見れませんが、なかなかです。

イメージ 1
拝殿は装飾が一切ありませんが、後ろの本殿に目をやると、

イメージ 2
画角はこれが限界なのですが、神のいます所を示すかのごとく、雲の彫刻が。蟇股は角度が悪く、大きさ関係なしで見ると蝶の可能性。

イメージ 3
こちらも雲がはっきりと。天明7(1787)年、加賀藩お抱え大工清水多四郎によるもの。

イメージ 4
蟇股が見づらいですが、葡萄に栗鼠、装飾では定番の組合せ。木鼻の鳳凰も注目。

イメージ 5
こちらは摂社白山神社。気多神社本殿と同じく天明7(1787)年の建立。
イメージ 6
イメージ 7
摂社とはいえ、装飾彫刻は侮れません。

イメージ 8
こちらも同じく摂社、若宮神社。建立は永禄12(1569)年なので、気多神社本殿より200年余り古く、石川県内の建築でも古い部類になります。

イメージ 9
蟇股の古式さ。足にあたる部分といい、彫刻(獅子に牡丹)の収まり、素朴さ。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事