うたかたばなし ―雄峯閣別棟―

ブログ復興。ぼちぼちやっていきます。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全186ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

気多神社の装飾彫刻

石川県羽咋市能登一宮気多大社は縁結びのパワースポットとして有名ですが、装飾彫刻もいいところです。
神域なので近くで見れませんが、なかなかです。

イメージ 1
拝殿は装飾が一切ありませんが、後ろの本殿に目をやると、

イメージ 2
画角はこれが限界なのですが、神のいます所を示すかのごとく、雲の彫刻が。蟇股は角度が悪く、大きさ関係なしで見ると蝶の可能性。

イメージ 3
こちらも雲がはっきりと。天明7(1787)年、加賀藩お抱え大工清水多四郎によるもの。

イメージ 4
蟇股が見づらいですが、葡萄に栗鼠、装飾では定番の組合せ。木鼻の鳳凰も注目。

イメージ 5
こちらは摂社白山神社。気多神社本殿と同じく天明7(1787)年の建立。
イメージ 6
イメージ 7
摂社とはいえ、装飾彫刻は侮れません。

イメージ 8
こちらも同じく摂社、若宮神社。建立は永禄12(1569)年なので、気多神社本殿より200年余り古く、石川県内の建築でも古い部類になります。

イメージ 9
蟇股の古式さ。足にあたる部分といい、彫刻(獅子に牡丹)の収まり、素朴さ。
13年ぶりに富山県高岡市伏木勝興寺へ参りました。近世真宗寺院の貴重な遺構で、しかも地方寺院としては破格の規模です。

イメージ 1
唐門ですがまるで京都の寺院のよう。実はその錯覚はおかしくなく、京都の興正寺から移築されたもの。

イメージ 2

イメージ 3
私はいつも気になるのですが、真宗寺院にはなぜか孔雀が多い。西本願寺の唐門は言うまでもなく。

イメージ 4
龍もいますが、この唐門においては孔雀にはかないません。これらの彫刻は寛政年間のモノといわれています。勝興寺の装飾彫刻はほとんどが明治時代のモノなので、貴重な遺構です。


妙義神社本社扇の装飾

イメージ 1
妙義神社本殿部分は透塀に囲まれてよく見えませんが、羽目の部分にはこのような装飾がされています。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
これが不思議です。実は社殿内でも扇の装飾がされているようですが、他所ではまず見ない装飾です。
これには何らかの意味があって、施しているのだと思うのですが、読み取れない。
妙義神社に祀られる神との関連か、それとも…。
妙義神社本社の装飾彫刻のうち、蟇股には主に水鳥や花鳥がいるのですが、それよりも目立つ動物に
兎がいます。

イメージ 1

イメージ 2
イメージ 3

イメージ 4
しかも、兎との組み合わせで典型的なパターンである「波と兎」は一切いません。
当然のことながら、兎と植物を合わせたパターンはあるわけですが、ここまで同一のところで見ません。
ちなみに埼玉の調神社は兎がむちゃくちゃいますが、月と絡めての兎なので、ちょっと事情が違う。

そういえば、ここ妙義神社にはもう一つ不思議なものがあるのです。

妙義神社本社の装飾彫刻の続きです。
大雑把にいうと、拝殿には獅子が、本殿には鳳凰がここではよくいます。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
なぜ獅子と鳳凰で棲み分けしているか?となると一概には言えません。ただ、妙義神社の場合は見事に棲み分けしています(本殿木鼻に獅子はいますが)。
そういえば、神饌所の入口唐破風には麒麟がいます。
イメージ 6
それから龍はというと、海老虹梁(紹介済み)と、こんなところに。

イメージ 7
関東ではよく見るパターンですが、ここでは龍と波のみ。獅子もいます。
それから、ちょっと不遇な霊獣が。
イメージ 8
犀です。関東ではこのように、基礎部分にまで彫刻をめぐらすことがあり、そこにいました。透塀から覗きこまないと、見られません。

全186ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事