ここから本文です
アンモナイト王国〜北海道の石たち〜
どんな前の記事でもコメント歓迎いたします!

韓国留学〜総括〜

こんばんは。モホロビチッチです。
韓国から今日の夕方、無事帰ってきました。

今回の研修は一週間という短い間でしたが、私の中ではとても大きな意味を持つものになりました。

突然ですが韓国ってどんなイメージですか??
(抽象的に)

どんな人柄? 反日? 親日?
ニュースを見ていると、最近は反日の方が多いのかなって思ったりするかもしれません。

しかし
少なくとも私が感じたのは、
日本人だから嫌いとか、そういうのは一切なかったっていうのが本心です。
みんな日本人としてではなくその人個人として優しく接してくれましたよ。

道を歩いているとたまに反日の人がいたりしますが、

少なくとも親日の人がいっぱいいるんだなと言うように感じました。

特に現地の高校では、第三言語として日本語をしている人が多く、カタコトの日本語でフレンドリーに誰もが話しかけてくる...

日本人と韓国人って心の底に認識の違いがあるような気がします。
日本人にも韓国人にも、遠慮の精神がある。
日本の遠慮は、いい方向に働くと他人を敬うことを助長させる
でも悪い方向に働くと他人任せになってしまう。だから意見があんまりでない傾向になったりしてしまう。

一方韓国では、強い積極性が感じられる。

こういう意識の差を認識し理解したうえで話し合わないと、意見がぶつかったときいい方向に働かない気がします。

人ってものを考えるときにどうしても自分の主観が入ってきてしまいますよね。
この主観が対立する相手の主観と真逆だったら...
絶対解決なんてしませんね。

でもこの対立する主観の存在を意識していれば
それらをすり抜ける方策が見つかるかもしれない

あくまで個人の意見ですが、そんなことを感じました。

また、北と南の問題。
今でも緊張状態が続く北と南の問題。
非武装地帯(DMZ)は、非武装、といいつつも立ち入り禁止区域には今でも地雷が残っている...
北の軍の秘密トンネルを見て、思いました。
<このトンネルを通ってた軍人はどんな気持ちだったんだろう>と。
第三トンネルは、思わぬほど人(観光客)であふれていました。

でも地上からトンネルに入る時、まさかあんなに人がいるなんて想像してなかった。

人々の純粋な生活の地下で暗黙に行われている...

そしてそれを行ってる軍人たち。

ダイナマイトの跡や
地雷の埋まった土地
足が一本しかない野生動物の話

みじめな気持ちになります。

過去を忘れず
とか
過去に捉われない生き方

とか言ってるけど

結局は
過去に学べ
これに尽きるのでは?

地雷の歴史は私たちに何を教えてくれるのだろう
そして非武装地帯というものの存在意義

南と北の問題は
日本にも深く深く関わっています

そもそも日本と朝鮮半島は切っても切れない縁。

地雷の歴史
統治の歴史
戦争の歴史

過去に学んで

自分の考えを持とう

数年数十年後を決めるのは

私たちなんだから

この記事に

韓国留学〜完〜

おはようございます。モホロビチッチです。
毎日毎日が思いの外忙しく、全然ブログを書けませんでした。すみません。
今日日本に帰国しますので、一気に数日分をブログにします。

イメージ 1


夜の韓国の商店街を歩いたり(もちろん複数で!)

イメージ 2


イメージ 3


景福宮を訪問したり

イメージ 4


夕食時の石材に驚いたり

イメージ 5


DMZ非武装地帯から北の生活を垣間見たり...

写真には取れませんでしたが、他にもNANTAの公演を見たり、DMZの第三トンネルを見学したり。

そういえば韓国の庭石って片麻岩とか花崗岩とかが多くて、さすが大陸だなぁ と思いました。

こんな切手も見つけましたよ

イメージ 6


韓国、なかなかやりますねぇ。化石は世界共通ですな 笑

一週間を通してたくさんの貴重な経験をさせて頂きました。この場を借りて関係者全員に御礼申し上げます。

この記事に

韓国留学~二日目~

こんばんは。モホロビチッチです。
韓屋留学2日目!

イメージ 3



今日は歓迎式の後、韓国についての講義を聞き、その後南山(ナムサン)にあるNソウルタワーに登りました。

イメージ 1


Nソウルタワーは、ソウル郊外の南山というちょっとした山にあります。

この山、ただの山じゃないんです...

論文が韓国語なのですべては読めていないのですが、どうやらこの山、中生代の花崗岩とカンブリア紀の片麻岩からなるんです。古いふるーい歴史があるんです。

イメージ 2


団体行動なので観察はできませんでしたが、片麻岩の露頭。結構面白そう...最初片岩かとおもいましたが、うん。これは片麻岩で良さそう。

花崗岩の露頭は、発見できませんでした。

ですが転石があったので観察。黒雲母花崗岩のようです。

あぁ、また趣旨が違った記事になりました 笑

この記事に

韓国留学〜ー日目〜

こんばんは。モホロビチッチです。

イメージ 1


無事韓国に到着しました〜!!
明日から、Jenesys 日本青少年訪韓団のプログラムに従い、韓国の様々なところを訪問します。
プログラムの目的は、
[日本の皆さんに韓国の素晴らしさを知ってもらいSNSで発信する]
こと。

なので私も、この場を借りて帰国までの6日間、韓国での出来事をブログにしようと思います。

化石ファン・石ファンの皆様、どうか一週間石とは縁のない話ですが、お付き合いくださいませ。

イメージ 2

えー、韓国で見つけた石材です。どうでもいい笑
花崗岩質ですがちょっと細粒ですね~

今日はこんなもんしか写真撮ってないです 爆

明日からはもっと真面目にやっていきまーす

この記事に

こんばんは!モホロビチッチです。

渡航する前に、前の記事のアサヒガニのクリーニングの結果です↓↓



イメージ 1
私にしては珍しく、母岩付きクリーニングにしてみました。
イメージ 2
ちょっと上下半分に割れているの、分かりますかね〜?実はこんなんになります
イメージ 5
まあいいや笑 シンプル イズ ザ ベスト。母岩付きクリーニングはあんまりしないです。こっちの方が研究しやすいし 笑
イメージ 3

イメージ 4
ふーん、こんな立体構造になってるんだ〜
左側のトゲをうまく残せなかったのは残念です。

種名は、Notopocorystes japonicusだと思いますが、いかかでしょうか?
そもそもこの種名は今も有効?
50年ぐらい前の論文には載ってたんですが笑
今泉力蔵,1958 進化の諸側面:中生代カニ化石Notopocorystesの進化 地球科学 1958(36), 14-18, 1958  地学団体研究会   
と言う論文です。CiNiiから無料でダウンロードできます。日本語です(これは結構重要 笑)

それでは、明日から一週間韓国行ってきます〜
(もしかしたら返信できるかもしれません...っというか韓国からブログ更新するかも笑)

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事