ここから本文です
のえまろ
ぼく、のえるちゃんのところに行ってん。幸せや♪

書庫全体表示

記事検索
検索

全226ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


◆2018年5月12日(土)

疲れた・・・今日はランチを抜いてることに気づいた。
10:00のおやつ(カキとあげまき貝)のみで頑張るのえまろ。

今日の宿は、長崎県佐世保。
佐世保で佐世保バーガーを食べようと、頑張ったのだが・・・
バーガー屋に到達したが、駐車場がないっ!!
Oh my God!
意外と車の通りも激しく、バーガーを断念!!

九十九島の風景を見ようと展望台巡りに。お腹空いてふらふらする


◆展海峰展望台

こんなに島々が!!九十九島とは良くいったものだ。

イメージ 1


佐世保の街並みも見える。

イメージ 2


でも、この風景、なんだかピンとこないんだよなぁ・・・

イメージ 3


次の展望台に行ってみる。

◆石岳展望台

ほんの少しだけ、夕陽となってきた。
きれいなんだけど・・・なんかピンとこない。

イメージ 4


ん〜・・・

イメージ 5


夕陽が少しだけ。(ホワイトバランスをいじって夕焼けにしてます)
素敵なんだけどねぇ・・・

イメージ 6


やっぱり、のえまろは、棚田が好きなんだと、再認識。
素敵な景色だけど、昂揚感がいまひとつ・・・
だって・・・昼間の島々はステキだけどさ〜

シルエットで夕陽と撮ると、 『なまこ』 に見えるんだもん!!!
↑地元の方々、失礼なのえまろをお許し下さいまし〜!!


イメージ 7


学生時代、横浜で過ごしたのえまろ。
”そうだ!佐世保は横浜に雰囲気似てるし、工場萌えの夜景を撮ろう!!”
我ながら、いい考え♪ と思い、工場地帯をめざし、道を急いだ。
佐世保は車線も多く、車も多い。あっちに行きたいのに、車線変更が大変。
左車線から、車線変更できずに、そのまま左に曲がったら・・・
高速入り口〜?! 
あ〜れ〜〜〜!!!そのまま、佐賀方面の高速に乗ってもた!!

次でおりれば、佐世保の港町あたりだから、ちょうどいい!
と思ったら、このインター、乗り専用で降りられない!

Oh my God!

工場萌えを諦め、お腹も空いて、のえまろは悲しみに暮れる・・・
きれいな島々を『なまこ』なんて言う罰当たりなのえまろに、天罰が下った(笑)

つづく


◆2018年5月12日(土)

九州は、神社が多い。パワースポットには寄らねば〜♪

◆祐徳稲荷神社

今日は天気がいいし、駐車場はガラガラでストレスフリー。
参道の仲見世を通って、第一の鳥居をくぐる。

イメージ 2


なかなか、神社まで距離があったけど、広い仲見世を通って、雰囲気を満喫。

やっと着いた!
ここは、たくさんの鳥居のある神社。
鳥居がたくさんあるところがのえまろは大好き!
とても華やかだなぁ。日光東照宮を思い出す、艶やかな山門を通る。

イメージ 1


中に入ると、おお! 噂通り、高いところにお堂が!
(ん〜、縮小したら、画像が荒れてる。ご勘弁を)

イメージ 3


ここはエレベータもあるけど、まずは登ろう。よいしょ、よいしょ。

イメージ 4

華やかな本殿神社。見晴らしも良く、上機嫌。ここから、奥の院まで頑張る予定。
往復で1時間弱かかかると聞いているが・・・

イメージ 5


京都の伏見稲荷のように鳥居が続く。鳥居は思ったより少し小さいね。

イメージ 6


順調に鳥居をくぐり・・・けっこう楽勝?!なんて思っていたら・・・
ここから、さらなる階段。しかも足元、悪そう。
でも、のえまろは進む!!

イメージ 7


ここから、足元悪いのもあって、スマホ撮影。
かなり登って来たけど・・・ゼイゼイ、はあはあ。

イメージ 8



  あと100m?!
  まだまだ・・・続くのか・・・はぁはぁ
  先が見えない

イメージ 9



















無言で登る。
けっこう ハードだ・・・
まだ着かない、って、あと50m?!

イメージ 10



   
   まーだーなーのーかーな〜

 イメージ 11
  






















ゴ、ゴール・・・Hardな奥の院。景色を眺めて息を整える。
いい景色!!

イメージ 12


「奥の院命婦社」にお参り完了。
稲荷大神の神令使(お使い)である白狐の霊で、稲荷大神の使いであり、命婦に稲荷大神への願いを取り次いでもらえるという。つまり、祐徳稲荷神社でお願いしたことを、命婦社でもお願いすることによって、祈願を確実に稲荷大神へと届けることができるらしい。のえまろのおねがい、無事に取り次いでください!
でも、パワースポットでパワーをもらうはずが、パワーを使い果たした(笑)


イメージ 13


でも、あとは下るだけ♪とりあえず、早めに戻ろう。
帰り道はこっちらしい。この先難所あり・・・?!
ん?! なんか嫌な予感・・・

イメージ 14


   わ〜!!階段が曲がってる〜!
   デジイチの危機を感じ、
   首からかける。

 イメージ 15























ひえ〜!! 摩耗して階段じゃねーし
スマホも落とさぬように、
首にかける。

イメージ 16

   もう、ガケだし
   足元悪くてヤバイし

  イメージ 17
 





















命の危機を感じたのえまろだった。ある意味、行きよりハード!!
疲れぶっとんだわ
平穏な来た道に帰ってきた。パンプスはいたねーちゃんをすれ違った。
なめてると死ぬぞ・・・心の中でつぶやいたのえまろ(笑)

イメージ 18



のえまろ、無事、帰還しました〜!! 
恐るべし!祐徳稲荷神社!!

でも、ここは、伏見稲荷、笠間稲荷とともに、日本三大稲荷のひとつらしい。
のえまろ、日本三大稲荷へのお参りコンプリート


イメージ 19

おまけ

 ↑ここに登るためのエレベータ。300円、お守り付き。奥の院までつけてくれ!!
  つか、とりあえず、お守りいらないから、安全な道にしてください(笑)

イメージ 20


つづく



◆2018年5月12日(土)

今日もいい天気! 
明日は雨の予報なので、いい景色に出会えるよう朝から頑張るのえまろ。

太良町にある『海中鳥居』を目指す。
ここは、潮の満ち引きで鳥居が見え隠れするところ。
干潮時間が13:30過ぎだったので、午前中に!と、急いで太良町まで。
まだ海は残ってると思っていたら・・・

ん? あれ? あれ? OH! mistake?!
海はすっからかんに、干上がってた(笑)
干潮時間はしっかり調べたけど、干潮と満潮の周期がよくわかっていなかった(笑)

◆大魚神社(おおうおじんじゃ)海中鳥居

イメージ 2



ここでは、水に浸かる鳥居が、インスタ映えするスポットだったのだ。
(せっかくだから、水に浸かる鳥居はこちらで見てね↓)

ま、いっか〜
水があったら、鳥居くぐれないしね〜(≧∇≦)/ ハハハ

イメージ 1


看板に鳥居の説明。
約300年前(1693年頃)悪代官に手を焼いた地区民が示し合せて沖ノ島に誘い酒盛りをした。酔った代官を島に置き去りにした。満ちてくる潮で島は沈みかけ、驚いた代官は竜神様に助けを求めた。すると、大魚(ナミノウオ)が出てきて代官は魚の背中に乗って生還した。感激した代官は魚の名を取って「大魚神社」を建て、岸から約2丁(約200m)の海中に鳥居も建てた。以後、海の安全と豊漁祈願が行われ、地区民の暮らしも豊かになった。この鳥居は沖ノ島との間の鳥居であり、30年毎に建立する習わしが今も伝えられている。

そして、多良岳と、沖ノ島との直線上に鳥居があるらしい。
(注:福岡県の沖ノ島と同じ名前)

どれどれ、新しいレンズで望遠してみよう・・・と、ネタでやってみたのえまろ。
あ!!! ほんとに見えるーーーーー!!! これが沖ノ島だ! びっくり〜!
水平線、曲がってるけど(笑)
ちゃんと、鳥居の延長線上にあることがわかる。曲がってるけど!!

イメージ 3



この鳥居のある太良町は「月の引力が見える町」といわれ、最大6mという日本最大級の干満差が見られる。なのに干潮見ちゃったのえまろ(笑)
でもね、その自然の力は、海の幸をもたらす!!(* ̄∇ ̄*)

手前は岩ガキ、奥は初めて食べるあげまき貝。10:00のおやつ(笑)

◆竹崎海産

イメージ 4


初!!あげまき貝を食す。うまいっ!!やっぱり、ビール飲みたいなぁ・・・

イメージ 5


おひとりさま用に量を調整してくれた、竹崎海産の親切対応に感謝!!
干潮の鳥居しか見られなかったけど、おいしいものを食べて、元気出たのえまろ。
今日も頑張れそうだな


☆おまけ
ここにも海中(になるはずの)電柱があった。千葉の江川海岸と似てる〜!

イメージ 6


つづく



◆2018年5月11日(金)


素敵な棚田を2日間撮影した。天気も良く、本当に充実した時間だった。

のえまろの九州旅行の大きな目的はクリア!!
もう、すぐにでも飲みたい(笑)

ホテルにチェックインし、ホテルの目の前の居酒屋があった。
もうそこの居酒屋しか目に入らん(笑)
のえまろの宿泊ホテルで5%引き券をもらったのでそこに即決。

きら・柊                     

のえまろの頑張りとステキな棚田に、ひとりでCheers!!
やっと刺身とビールだ!!  おいしいぃぃ

九州のしょうゆは甘い。以前に行ったとき、関東のしょうゆで食べたい〜!
って思ったものだ。
でも、今回は、甘いしょうゆがとってもおいしい。
白身の魚やイカはこの甘いしょうゆが合う! 
でも赤身のマグロとかには、まだなれない(笑)

イメージ 1



なぜか串揚げを頼んでみた。
えびがプリプリで、超おいしい。やっぱり海鮮が栃木とは違うのか?!

イメージ 2



『特選伊万里牛のレモンステーキ』
ほんとは、佐世保名物なんだけど。
伊万里にもかなりレモンステーキを出す店がある。
レモンステーキは食べようと思っていた一品。しかも伊万里牛だ!
やばい! うまい! うまいぞ〜♪ 

イメージ 3


棚田を思い出し、ほくそえみ、電動自転車を思いだしては、またウキウキし。
ひとり晩酌は、けっこう楽しい。
九州に来たんだから・・・久しぶりに、芋ロック。
なんていいつつ、本州でも飲める、赤霧島(笑) 

イメージ 4



本当は、3日間、夜は棚田の撮影にしようと思っていたのだけど、スケジュールと天気で急遽、2日に。土谷の棚田と大浦の棚田のどちらにしようかと迷っていた。
でも1日目の浜野浦の棚田で、カメラマンさんに聞いて土谷の棚田に。
土谷の棚田にして良かった。生の情報って貴重(笑)

九州ひとり旅、2日目。
棚田でのいい景色も堪能し、やっと九州のおいしいもので一杯やれた。
九州の夜と、のえまろの頑張りに・・・Cheers!

つづく


◆2018年5月11日(金)

平戸から、再び佐賀に戻る。
ほんとは平戸島と生月島まで行きたかったけど・・・・棚田優先

覚えていた道を戻り、ナビにはない無料高速を駆使!
福島大橋を渡り、しばし進む。あった!夕焼けに余裕で間に合った!!
ここは福島というところにある棚田。

◆土谷の棚田

ここは、浜野浦の棚田ほど有名ではないため、観光客はほとんどいない。
カメラマンが並んでいるだけ。展望台の駐車場もギリ空いてた。

海と島をバックに棚田が広がっている風景。ステキだわ〜・・・
でも、今日は雲がやっぱり厚いからなぁ・・・
でものえまろは、この棚田が輝く時間が大好き! fantastic!

イメージ 1


真っ赤な夕焼けは期待できないので、ホワイトバランスいじって撮影することに。
(実は昨日もWBはいじっていた)
太陽が雲の下から出てきた。
夕焼けになった!! この風景が見たかった! fantastic!

イメージ 2



遠くの島々に太陽が沈むことになりそうだけど、いい感じの夕焼け。漁船もいい♪
のえまろ、今回、レンズを新調し、200mmから、300mmに。
やっぱり大きく写るわぁ。(←当たり前だが) 望遠を堪能中

イメージ 3



太陽がもう少し左だったら、もっと棚田に映るのかな〜と少し残念な思い。
のえまろの中では、いつでも棚田が主役(笑)

イメージ 4


結局、太陽は島ではなく、雲に隠れた。 でも、少し空が焼けている。
ん?! これは?!
雲が映って、棚田が2色になっている!! 
初めて見た! すごいキレイ〜!! fantastic−−−−−!

イメージ 5



夕焼け終焉。蒼い時。
周りの灯り、ヘッドライトが明るくなる時間。
今日は、カメラマンが多いせいか、粘る人もけっこういた。のえまろも粘る。

イメージ 6



蒼い棚田。そして、今日も金星とこんばんは〜(笑)
今日は棚田に映ってない。

イメージ 7



すっかり暗い。あちらに見えるのは、松浦市の街灯かり・・・かな?
まわりは明るいけど、棚田にあかりが入らず、ちょっと暗くなってしまう。
とりあえず、今日もオートフォーカスがきかなくなるまで、頑張った!!
さすがにマニュアルフォーカスで頑張るところまでは気力も技術も・・・(笑)
しかも・・・おなかもすいたーーーー。

イメージ 8


今日も、20:00すぎ。そして、今日は大阪から来た兄さんと粘った(笑)

宿泊は、伊万里市なので、なんとか食べるところはある予定。
今日こそは、おいしいものでおいしいお酒を!!
ビールにGO!じゃなかったホテルにGO!

つづく

全226ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事