ギャラリー・ベガサポ

柏にゼロ封勝利0−2!守備が安定した。湘南戦で4月の東京戦以来のホーム勝利を!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1


余剰キャベツを廃棄させる「経済学」というもの

余剰キャベツ 25トン廃棄「さみしい」 北海道・南幌

9月20日1時47分配信 毎日新聞

廃棄処分のためキャベツを踏みつぶすトラクター=北海道南幌町で2008年9月19日午後1時15分、吉田競撮影
 
 北海道内有数のキャベツ産地として知られる空知管内南幌町で19日、過剰生産による価格低下を防ぐため収穫目前のキャベツ25トンが廃棄処分された。農水省が決定した緊急需給調整の一環で、道内では十勝管内鹿追町でも25トンが廃棄される。

 南幌農協によると、今年のキャベツは全国的に豊作で、1ケース(8キロ)700円台を見込んでいた市場価格が400円台に落ち込んでいる。廃棄したキャベツ1キロ当たり32円が支給されるという。

 南幌町南15線西2の農業生産法人「ライフ」=本間秀正社長(53)=のキャベツ畑では、青々とした葉をつけた直径30センチ前後のキャベツが約50アール分、トラクターで踏みつぶされ、本間さんは「さみしいけど、仕方がない」と厳しい表情で見守った。土に戻されたキャベツは畑の肥料となり、この後、小麦がまかれる。【吉田競】 


 今年はキャベツが豊作で、余剰キャベツを25トンも廃棄させるのだという。

 過剰生産による価格低下を防ぐことで、生産者の利益を守るための処置である。
 生産量を上げようと日々励んでいる生産者は、「さみしい」と嘆きの声を上げている。

 この生産調整に協力した生産者には、廃棄したキャベツ1キロ当たり32円が「農水省」から支給されるというおまけが付いている。

 しかし、何かがおかしい気がする。

 過剰生産による価格低下を防ぐというのは、「経済学」からの処置である。
 過剰生産によってキャベツの価格が暴落すれば、生産者の利益が大きく損なわれる。
 つまり、作れば作る程に「損」をするから、生産調整をするのである。

 でも、単純に、何かがおかしい感じがするのである。

 果たして、「経済学」が無かった「原始時代」だったらどうだっただろうか?
 恐らく、否、絶対に、・・・捨てたりはしなかったであろう。

 皆で分け与えて、神様に感謝して、全部を食べたであろう。
 これが、「自然」なのではないだろうか。

 経済学とは、「有限な事物の分配・生産を対象にし、如何に価値を生産し分配していくかを研究する学問」である。
 ところが、この「経済学」の市場原理の理論は、生産過剰なキャベツを廃棄させるのである。

 誰が考えても「もったいない」と思えることが、経済学ではムダだという事になってしまうのだろうか。
 廃棄したキャベツ1キロ当たり32円の「奨励金」は、二重のムダにはならないのであろうか。

 世界中には、日々の食料が行き渡らない貧しい国々の人々が大勢いる。
 また、この日本も、食糧自給率が40%とかなり低く問題になっている。

 このような状況の中で、豊作のキャベツを「廃棄」し、それに「奨励金」まで支給するという政策は正しいのであろうか?

 例えばである、奨励金のキロ32円で国が買い上げて、全国の「学校給食」で消費するとかは出来ないのであろうか。
 或いは、貧困に喘いでいる国々に無償で提供しても良いだろう。その方が、ムダでは無い筈である。感謝さえされる。

 昨今、「農水省」では「事故米の不正流出」が問題になっている。太田大臣が辞任し、事務次官が更迭された。
 こうした農水省の「生産調整」という農業政策、特に主食の米について、問題は無いのだろうか。

 米国ではサブプライムローン問題の拡大で、世界最大級の投資銀行が次々と倒産したり買収されたりして消えて行っている。
 レーガン大統領以来のシカゴ経済学による小さな政府が行き詰って来たとか、米国のレバレッジ金融モデルが破綻したとか言われている。
 一つの「経済学」が消えて行くのを見ている感じすらするのである。

 「経済学」とは科学の一つなのだが、自然界に存在するものでは無く、人間が頭で考え出したもので合理性を追求して行くものである。

 そこへ来て、今回の「キャベツの大量廃棄」なのである。

 やっぱり、何かがおかしいと、素朴に思うのである。

 「経済学」というのは、完全な人工物(理論)であるから、根本的に、どんなものでも構築が可能である。
 今回思った「もったいない」という概念を組み込むことも可能な筈である。
 そうしたとき、こうした「もったいない経済学」というのは、非合理的な経済学ということになってしまうのであろうか。


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事