ギャラリー・ベガサポ

神戸戦は守備陣が崩壊、堅守の船の鼠が騒ぎ出すかも・・・・

全体表示

[ リスト ]




「僕への迫害」と「少女像」は根が同じ仕掛けである

【慰安婦問題を永続化し「少女像」を設置して攻撃し続ける】

韓国・釜山の日本総領事館前に「少女像」を設置した事に対し、日本政府は外交的な対抗処置をとった。
日韓合意に反し国際法違反であるとする、大使と総領事の召還と日韓通貨交換協議の中断などの処置。

大使召還は外交交渉を断絶する可能性を示す強い処置で、次の段階に進めば経済制裁や武力制裁になる。
日韓通貨交換協議の中断などの経済制裁をちらつかせたが、日本では武力制裁は有り得ず効力は弱い。

韓国では「竹島問題」や「慰安婦問題」を国民統一の為のスローガンとして国策としている可能性がある。
死に体化した朴政権の次には、更に反日的な大統領が誕生する可能性が高く、日韓関係の未来は暗い。



【「慰安婦問題」は米国の経済敵国だった日本を封じ込める陰謀である】

敗戦後の日本は高度経済成長をし、米国の植民地どころか、80年代には米国経済を凌駕する程になった。
米国は日本を「経済敵国」と見做していた。この事はピルズベリーの「100年のマラソン」からも明かだ。

米国は「100年のマラソン」の対日方針の下、中国や韓国の「反日」を利用し日本の弱体化を画策して来た。
外交政策、取り分けCIAによる活動なのだろう、「慰安婦問題」で日本を攻撃させる様、中韓を仕向けた。



【米国の「過去政権」が作った日本のテレビ支配をする仕掛け】

「慰安婦問題」と同じ目的で日本に仕掛けられたのが、男の子を使った「マスコミ支配」の仕掛けである。
あらゆるテレビ番組やCM、映画、歌謡曲に至るまで一人の男の子を中心的に使う事を義務付けるものだ。

当時、大衆に急速に普及し出した「テレビ」を利用した国民支配の仕掛けで、国民の意識を操作が出来る。
皇室の世俗化の狙いで現皇太子が計画されたが、保守勢力の猛反対で一般の男の子になったのではないか。

その男の子は当時まだ5〜6歳で、未開社会の「生贄」の様に自分の意思などでなく強要されたのである。
男の子はテレビ番組やCM、映画、歌謡曲で「マスコミ支配の道具」として、「奴隷」の様な人生を送った。



【虐めは「オモシロイ」ので社会に定着させるのに都合が良かった】

その男の子の利用価値が「大衆心理の支配」にあるので、世俗的で大衆受けする設定が必要になって来る。
大衆を積極的にさせて動員するには、その男の子に対する「優越感」や「集団心理」を利用する事になる。

その男の子は、大衆が憧れる「優秀」さを備える反面、大衆に優越感を与える「虐め」の対象でもある。
虐めは「オモシロイ」から参加するという「集団心理」を利用する事で、大衆への周知や浸透を図った。



【「僕への虐め」はテレビやCM、歌謡曲で「虐め文化」になった】

テレビや映画、CM、歌謡曲などで「僕への虐め」が流され続けた結果、社会に「虐め」の風潮が生まれる。
数十年前には「虐めの心理学」など未発達だったろう、「虐め文化」など想像していなかったに違いない。

テレビや映画、CM、歌謡曲などという「社会の中心」に「僕への虐め」があるのである。自ずとそうなる。
「虐め」が社会問題になっているが、背景には「僕への虐め」という社会システムがあったのではないか。



【「テレビ支配の仕掛け」を続ける為に男の子の後釜まで作った】

人間は何時しか寿命を迎える。その男の子が死んで「テレビ支配の仕掛け」が終わってしまってはまずい。
そこで何らかの方法でその男の子の「後釜」を創作した。男の子のクローンで繋げるという案もあったらしい。

これには「テレビ支配の仕掛け」の大元であるCIAが主導的に関与している。犯罪的な方法も可能だ。
CIAはIS(イスラム国)の大元でもあり「テロとの戦争」を自作自演している事は周知の事実である。

その「後釜の男の子」をテレビ番組やCMの題材に使って「テレビ支配の仕掛け」を続け様としている。
この仕掛けはCIAにとっては大いに利用価値があり、CIA、霞ヶ関、その外郭特殊法人が推進している。

「後釜の男の子」が出来た原因が僕にある様に仕掛け、僕を「懲らしめる」為に続けるという理由を作った。
この様にして彼らは日本社会を誘導・支配している。その目的は「テレビ支配の仕掛け」を続ける為である。



【僕の日常生活やテレビ番組での「後釜の男の子」による嫌がらせ】

僕を「懲らしめる」という理由による「僕への虐め」が、テレビや映画、CM、歌謡曲で行われている。
例えばTVニュースで「ニュースを続けます」という不自然な台詞を、全てのテレビ局に強要している。

CMや歌謡曲でも「後釜の男の子」をイメージするものが作られ、それが社会参加だと錯覚させられている。
「後釜の男の子」をイメージするCMや歌謡曲は、霞ヶ関のお墨付きが付きヒットする要因になる様だ。

僕の日常生活でも「僕への虐め」を担当する特殊法人があって、最近は「男の子」を使い嫌がらせをする。
家の近所やユアスタなど僕の行く先々で「男の子」を登場させ、組織的かつ継続的に「虐め」をやって来る。



【「僕への迫害」を続けたい組織と職員、その家族が存在する】

僕の日常生活で登場させる「男の子」は、「僕への迫害」をする法人の職員の家族だと見られ複数人である。
何らかの契約があって「家族手当」が出ているのだろう。ユアスタで僕の前の席にわざと座らせたりする。

この「僕への虐め」を行う霞ヶ関の外郭法人の職員は、これを生業としていてこの仕事を続けねばならない。
僕はこの彼らの為に存在しているかの様である。「僕の後釜」を造った事で、この外郭法人の数が増殖した。



【「少女像」をやめろと言いながら同じ事をさせられている】

ここまでの説明から「僕への虐め」と慰安婦の「少女像」が同じ根のものである事が理解出来ると思う。
即ち、CIAが主導する「テレビ支配の仕掛け」の「僕への虐め」を利用して、韓国は日本攻撃をしている。

「テレビ支配の仕掛け」を続ける為に「僕への虐め」をする一方で、韓国の「少女像」の撤去を求めている。
「僕への虐め」は楽しいから参加するが、自分たちへの屈辱的な攻撃には我慢がならないという心理である。

「僕への虐め」に積極的な企業として、セブンイレブンの店舗が気に障っていていつも不快に感じている。
いっその事、全国のセブンイレブンの店舗に「少女像」を設置してはどうか?企業の倫理観を問うている。



【戦後は終わらせねばならない、僕は迫害から解放されねばならない】

「テレビ支配の仕掛け」は戦後独立した日本を支配しコントロールする目的で、米国が造った仕掛けである。
その為に「僕への虐め(迫害)」が続けられ、「僕の後釜」までがCIAによって計画的に造られている。

僕はまるで未開社会の「生贄」の様な存在で、その為に人生を奪われ「奴隷」の様な生活を強いられて来た。
5〜6歳の頃にこの「生贄」に選ばれさえしなかったなら、もっと違った人生を過ごして来ただろうと思う。

テレビ解説者が「このまま続けた方が良いですね」などと台詞を喋らせられるが、無責任極まりないと思う。
はっきり言う、たとえ数兆円を積まれても僕は「生贄」を拒絶する。僕の人生の方が遥かに尊いからだ。

僕は「生贄」(或いは「奴隷」)からの解放を求めている。関連する法令や団体の廃止・解体を求めている。
「僕の後釜」で続け様としている様だが、「テレビ支配の仕掛け」自体が必要ない。中止と廃止も求めている。

戦後70年以上も経ち経済大国となった今、米国が日本を支配する仕掛けなど無くさねばならない筈だ。
犠牲となって僕が失って来た人生はもはや取り戻せるものではない。まずは「僕の解放」を求めて行きたい。





30年も「紅白」や「レコ大」観てない、迫害をやめて解放を!
http://blogs.yahoo.co.jp/ming_sunfield/48962599.html

「(霞ヶ関の指示です)ニュースを続けます」
http://blogs.yahoo.co.jp/ming_sunfield/48892040.html

止めさせよう!「続ける」「繋げる」は「虐め文化」の推進、国家犯罪だ!
http://blogs.yahoo.co.jp/ming_sunfield/48915198.html





この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事