ギャラリー・ベガサポ

今年は大学生に負けた、ベガルタの天皇杯は2回戦ボーイ!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1



■某テレビ局「女子アナ」みんなで『超セクシー』出演すれば怖くない
https://blogs.yahoo.co.jp/ming_sunfield/49113688.html

■「女子アナ」は「ストリッパー」と同義語になっている
https://blogs.yahoo.co.jp/ming_sunfield/49103167.html






プロ野球選手やJリーガーと結婚した『超セクシー』「女子アナ」アレコレ

*当ブログで使用する『超セクシー』とは公衆衛生上、表現がはばかれる内容のモザイク語である。


<テレビ局Tの元『超セクシー』「女子アナEM」の場合>

テレビ局Tの元『超セクシー』「女子アナEM」は2014年まで同局人気番組「ひ〇〇〇!」に出演していた。
2014年にプロ野球HCのSD内野手と結婚、2015年にテレビ局Tを退社し現在はフリーアナである。

「女子アナEM」が『超セクシー』女子アナである事は一部の関係者しか知らない「秘密」になっている。
勿論、SD内野手は知らないし、「女子アナEM」は一生涯、SD内野手に打ち明ける事は無いのだろう。



<テレビ局Fの元『超セクシー』「女子アナAK」の場合>

帰国子女で英語が堪能な「女子アナAK」は1994年からテレビ局Fの局アナをしていた。現在はフリー。
元大リーガー投手KIと同投手がプロ野球YS時代に結婚し、大リーグ時代は堪能な英語で同投手を支えた。

「女子アナAK」が『超セクシー』女子アナであった事を、元大リーガー投手KIは全く知らないのだろう。
当然、「女子アナAK」は一生涯に亘り、その事を元大リーガー投手KIに打ち明ける事は無いと思われる。



<地方局KHの元『超セクシー』「女子アナKT」の場合>

テレビ局A系の地方局KHの元『超セクシー』「女子アナKT」は、プロ野球TGの元投手TKの妻である。
TK元投手がプロ野球CD時代に、同地域のテレビ局A系の地方局NTの局アナをしていて結婚している。

「女子アナKT」が『超セクシー』女子アナになったのは2013年で、地方局KHに再就職する為であった。
TK元投手は「女子アナKT」が『超セクシー』である事は知らない。知ったなら大変な事になるだろう。



<JリーグURの代表MFのYK選手の妻でテレビ局Tの元「女子アナ」NSは「白」>

こちらは『超セクシー』ではない例だ。JリーグURの代表MFのYK選手の妻テレビ局Tの元「女子アナNS」。
「女子アナNS」は昨年テレビ局Tの女子アナになった。しかし、ほぼ同時期にJリーガーYKと結婚した。

「女子アナNS」は地方タレント期間があり、女子アナ採用には『超セクシー』の条件があった可能性がある。
そうだとすると、それを「見受け」の様にかっさらってしまったJリーガーYKは出来る男だと思っている。



<JリーグVSの元代表DFのTM選手の妻で元五輪選手RSは関係無い>

元オリンピック選手RSは北京五輪で「お〇〇〇」として『超セクシー』アスリートKOとペアを組んだ。
「誤解が無い様に」敢えて書かなければならない。JリーガーTM選手の妻RSは『超セクシー』ではない。

アスリートKOは間違いなく『超セクシー』なのだが、ペアを組んでいたアスリートRSは全く関係が無い。
アスリートRSはアスリートKOが『超セクシー』だと知っていて、誘われたりはしたのではないだろうか。



<「女子アナ」が高収入プロスポーツ選手と結婚する時代は終わった>

今や「女子アナ」は憧れの職業では無くなった。「女子アナ」は「裸」を売りにする職業に変わったのだ。
「女子アナ」を見たら『超セクシー』だと思え・・・である。「女子アナ」=「ストリッパー」なのである。

しかも、一旦、プロ野球選手などと結婚してしまうと、『超セクシー』女子アナである事を一生隠し通す。
プロ野球選手やサッカー選手は「女子アナ」との結婚は避けるべきだ。少なくても十分な調査をするべき。



<テレビ局の『超セクシー』化を「霞が関」が放送認可権で推進させている>

こうしたテレビ局の『超セクシー』化を誰が進めているのかと言うと、それは国、即ち「霞が関」である。
ある国連条約の批准を理由に「放送認可権」を盾に、放送局に有無を言わせず強硬に行政権を行使している。

しかし、日本では国内法が無い。法律化で公表すると主婦や女性などの反発が必至な為、極秘にしている。
「警視庁」は現行法で対処する為、『超セクシー』アナが「顔認証」の証拠で逮捕されてもおかしくない。



<「僕の解放」に関する「続ける」「繋ぐ」の強制と同じ構造>

「霞が関」が主導し、「続ける」「繋ぐ」への強制参加を推し進めている「僕の解放」の問題と同じである。
「続ける」「繋ぐ」をする事が社会参加だと勘違いさせられているが、実際は「人権侵害」の強要である。

テレビ局へは「僕の解放」を否定させ、「続ける」「繋ぐ」を進める番組やコマーシャルを強制している。
「僕の解放」の問題は「人権侵害」であるから、「世界人権宣言」や「日本国憲法」からやめるのが正しい。


■続けないと困る「組織の存在」が問題なのだ:http://blogs.yahoo.co.jp/ming_sunfield/49084963.html



<国連を利用した「温暖化ビジネス」と同様の「巨大ビジネス」が暗躍>

国連が主導して行った「温暖化ビジネス」というのがある。国連を支配した巨大財閥の巨大ビジネスである。
「地球温暖化」の理論を巨額な研究費で「定説化」し、国連を動かして巨額な「温暖化予算」をせしめるものだ。

国連を舞台に同様の手口が横行している。巨額な研究費で「定説」を作り、世界の人々に同じ事をさせる。
国連を介して各国に条約を批准させ、インターネット・ビジネス等で巨額な利益を上げている連中が存在する。







■続けないと困る「組織の存在」が問題なのだ
http://blogs.yahoo.co.jp/ming_sunfield/49084963.html


CG:解放宣言(僕への迫害をやめよう!)
http://blogs.yahoo.co.jp/ming_sunfield/49043696.html


https://soccer.blogmura.com/vegalta/img/vegalta88_31.gif


https://art.blogmura.com/pcpicture/img/pcpicture88_31.gif


https://news.blogmura.com/news_jiji/img/news_jiji88_31.gif

この記事に

閉じる コメント(1)

「霞が関が強要する狂った世界」の新項目を「時事もろもろ」から独立させ設置しました。

2017/4/22(土) 午後 6:46 Ark Pilot 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事