ギャラリー・ベガサポ

大岩弾で日産スタ9年負け無しを記録、中野が復帰。ルヴァン杯予選突破しよう!

全体表示

[ リスト ]



イメージ 1
Crazy world "Female Announcer = Stripteaser"





CG「狂った世界:女子アナ=ストリッパー」

<それは、僕が撮った「一枚の写真」から始まった>

下の写真、「2016年ベガルタ仙台選手激励会」でベガッ太と並んだ女子アナの渋佐和佳奈さんである。
渋佐アナはKHB東日本放送のアナウンサーで、この新年の晴れの式典での司会を務めていたのだった。

ところがこの年の9月、突然、渋佐アナはKHB東日本放送を理由不明の退社をしてしまったのである。
どうも普通の辞め方ではない、これには何か特別な理由があるに違いないと考え、僕の調査が始まった。


イメージ 2


(上の写真)「2016年ベガルタ仙台選手激励会」での渋佐和佳奈さん



<渋佐和佳奈さんは「クビ」だったというのが僕の結論>

渋佐アナには同期入局の高山香織アナが居て、何とこの高山アナも今年3月で同局を退社したのだ。
高山アナはプロ野球「楽天」の川岸強元投手の奥さんで、同投手が「中日」時代にメ〜テレの局アナだった。

KHB東日本放送の局アナが2人も同年度に辞めるのは尋常でない。何か共通する理由があるに違いない。
非常に残念なのだが、調査の結論は渋佐アナは「クビ」だったという事、高山アナの件も同じ理由だった。



<『超セクシー』*ビデオに出演していた過去があった>

*当ブログで使用する『超セクシー』とは公衆衛生上、表現がはばかれる内容のモザイク語である。

渋佐アナには慶応大の同級生でメ〜テレ(名古屋)に局アナとして就職した親友の田中麻耶アナがいる。
この3人、渋佐アナと高山アナ、田中アナに共通する『超セクシー』ビデオを僕は発見してしまったのだ。

何れも2013年頃のもので、渋佐アナと田中アナは大学生、高山アナは「楽天」のある仙台へ移った頃。
何らかのきっかけでKHB東日本放送が内部調査でこの事実が発覚、渋佐アナと高山アナは「クビ」になった。



イメージ 3


(上の写真)渋佐アナの過去(2013年)の写真と昨年の写真



<『超セクシー』ビデオ出演で「女子アナ」になれる裏リクルート>

上左の写真は渋佐アナが出演した『超セクシー』ビデオの写真。同じピースポーズで「指紋照合」が可能。
また、ビデオで「顔認証」や「声認証」、「動作認証」が出来、「私ではない」の言い逃れは不可能だろう。

高山アナは『超セクシー』ビデオの中で「社長、宜しくお願いします」と就職を懇願する場面まであった。
上述3人の他にも「女子アナ」が出演する多数の『超セクシー』ビデオがあり「裏リクルート」が疑われた。



<「スーパーJチャンネル」は『超セクシー』なニュース番組>

テレビ朝日で平日夕方4時50分から放送している「スーパーJチャンネル」というニュース番組がある。
実はこの番組、かなり『超セクシー』なのだ。出演している「女子アナ」が全員『超セクシー』出演である。

MC竹内由恵アナをはじめ、加藤真輝子アナと林美沙希アナは何れも『超セクシー』アナだという事実がある。
それだけではない、同番組で過去に担当した宇賀なつみアナや小川彩花アナも『超セクシー』アナなのである。
(4月から出演者の改編あり)


<「報道ステーション」も「グッドモーニング」も『超セクシー』>

過去に宇賀なつみアナや現役の小川彩花アナが出演している「報道ステーション」も『超セクシー』なのだ。
能面の様な無表情で原稿を読む小川彩花アナは『超セクシー』では赤ん坊の様な甘えん坊ぶりを魅せている。

テレ朝、朝のニュース番組「グッドモーニング」も島本真衣アナ、過去の田中萌アナが『超セクシー』だ。
驚くべきは、同番組では女子アナだけでなく、太田景子・気象予報士までが『超セクシー』さを披露している。



<「紅白」や「朝ドラ」、「ニュース7」、「ブラタモリ」も『超セクシー』>

NHKも例外ではない。紅白の司会や朝ドラ主役の有村架純も、過去の堀北真希も『超セクシー』なのだ。
「ニュース7」や「ブラタモリ」を担当した桑子真帆や後任の近江友里恵も『超セクシー』「女子アナ」だ。

ブラジルW杯で現地レポートをした杉浦友紀アナや、「ニュース7」の井上あさひアナもそうなのである。
過去には久保純子アナも『超セクシー』アナであった。実は、半井小絵・気象予報士もそうなのであった。



<サッカー関係では「やべっちFC」や「Jリーグタイム」が『超セクシー』>

既述の様に、竹内由恵アナは『超セクシー』アナであるから出演している「やべっちFC」もそうだという事だ。
また、昨年まで「Jリーグタイム」を担当していたタレントの宮崎瑠依さんも『超セクシー』なのである。

DZONのJリーグ中継で、リポーターとして活躍している日比野真理さんも『超セクシー』女子アナだ。
「やべっちFC」番組中で実質ポロポーズした代表Jリーガーが居るが、AKB48は『超セクシー』の宝庫だ。



<「TBS」や「日本テレビ」、「フジテレビ」も『超セクシー』で汚染>

テレ朝やNHKの『超セクシー』さを紹介して来たが、「TBS」や「日本テレビ」、「フジテレビ」も同じである。
「フジ」は藤村さおりアナ、木佐彩子アナ、生野陽子アナ、大島由香里アナ、秋元優里アナを擁している。

「TBS」と「日テレ」は消極的で、「日テレ」は「日テレNEWS24」に『超セクシー』アナを起用している。
「TBS」は木村郁美アナが居て、枡田絵理奈アナが寿退社したので、ADだった笹川友里アナを抜擢起用した。



<『超セクシー』化した「女子アナ」は尊敬や憧れの対象では有り得ない>

かつてはエリートが就く狭き門だった「女子アナ」は『超セクシー』路線によって地に落ちてしまった。
「女子アナ」は『超セクシー』化によって、もはや「ストリッパー」と同種の職業だと言って過言ではない。

ネットニュース番組に「Naked News」というのがあるが、あの素っ裸でニュースを読む番組と変わらない。
それでも「女子アナ」になりたい最近の女子大生は「就活」で『超セクシー』を体験するという異常ぶりだ。



<女性タレントやAKB48は『超セクシー』の宝庫だ>

AKB48の前田敦子、大島優子、板野友美、篠田麻里子、最近では田名部生来が『超セクシー』歌手だ。
「2020 TOKYO」や「おもてなし」で有名になった元フジアナの滝川クリステルも『超セクシー』である。

「のだめカンタービレ」で一世を風靡した上野樹里や水川あさみ、岩佐あゆみも『超セクシー』女優である。
「のりピー」酒井法子、壇蜜、木村多江、橋本愛、ニコンのイメージキャラクター本田翼も『超セクシー』だ。



<『超セクシー』化は女優や歌手、モデル、アスリートなどに蔓延している>

『超セクシー』になるとテレビや番組などへ優先的に出してもらえるという「裏の採用基準」があるらしい。
今や大物女優の北川景子も『超セクシー』女優である。ソニーのイメージキャラクターにもなっている。

モデルの杏や菜々緒愛、香里奈、富永愛もそうで、歌手やアスリート等『超セクシー』は枚挙に暇が無い。
アスリートではバトミントンの小椋久美子や卓球の福原愛、ゴルフの上田桃子も『超セクシー』なのである。



<テレビ局の『超セクシー』化を「霞が関」が放送認可権で推進させている>

こうしたテレビ局の『超セクシー』化を誰が進めているのかと言うと、それは国、即ち「霞が関」である。
ある国連条約の批准を理由に「放送認可権」を盾に、放送局に有無を言わせず強硬に行政権を行使している。

しかし、日本では国内法が無い。法律化で公表すると主婦や女性などの反発が必至な為、極秘にしている。
「警視庁」は現行法で対処する為、『超セクシー』の容疑で小川彩花アナが逮捕されてもおかしくはない。



<やがて「地方放送局」へも『超セクシー』化を強制して来る>

今のところ、「霞が関」が『超セクシー』化を推し進めているのは全国区の「キー局」に留まっている。
しかし、やがて「地方局」へも波及して来る事は必至で、実際に放映しているのは「地方局」なのである。

「キー局」で不採用になった『超セクシー』アナが「地方局」のアナに回されている例も出始めている。
「キー局」と「地方局」とで摩擦も起きているので、「霞が関」は講習会で地方局を洗脳するとみられる。



<「僕の解放」に関する「続ける」「繋ぐ」の強制と同じ構造>

「霞が関」が主導し、「続ける」「繋ぐ」への強制参加を推し進めている「僕の解放」の問題と同じである。
「続ける」「繋ぐ」をする事が社会参加だと勘違いさせられているが、実際は「人権侵害」の強要である。

テレビ局へは「僕の解放」を否定させ、「続ける」「繋ぐ」を進める番組やコマーシャルを強制している。
「僕の解放」の問題は「人権侵害」であるから、「世界人権宣言」や「日本国憲法」からやめるのが正しい。


■続けないと困る「組織の存在」が問題なのだ:http://blogs.yahoo.co.jp/ming_sunfield/49084963.html



<国連を利用した「温暖化ビジネス」と同様の「巨大ビジネス」が暗躍>

国連が主導して行った「温暖化ビジネス」というのがある。国連を支配した巨大財閥の巨大ビジネスである。
「地球温暖化」の理論を巨額な研究費で「定説化」し、国連を動かして巨額な「温暖化予算」をせしめるものだ。

国連を舞台に同様の手口が横行している。巨額な研究費で「定説」を作り、世界の人々に同じ事をさせる。
国連を介して各国に条約を批准させ、インターネット・ビジネス等で巨額な利益を上げている連中が存在する。



■プロ野球選手やJリーガーと結婚した『超セクシー』「女子アナ」アレコレ
https://blogs.yahoo.co.jp/ming_sunfield/49115007.html

■NHK近江友里恵アナ、実は「美少女」だった!
https://blogs.yahoo.co.jp/ming_sunfield/49112607.html

■某テレビ局「女子アナ」みんなで『超セクシー』出演すれば怖くない
https://blogs.yahoo.co.jp/ming_sunfield/49113688.html

■NHKニュース7「井上あさひ」アナの場合
https://blogs.yahoo.co.jp/ming_sunfield/49106889.html





https://soccer.blogmura.com/vegalta/img/vegalta88_31.gif


https://art.blogmura.com/pcpicture/img/pcpicture88_31.gif


https://news.blogmura.com/news_jiji/img/news_jiji88_31.gif

この記事に

閉じる コメント(1)

こんなバカバカしい事をやらされている。
人類よ、いい加減、気がついたらどうだ!?

2017/4/27(木) 午後 9:33 Ark Pilot 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事