ここから本文です
MINI RALLY STYLE ミニラリースタイル
BMC Parts and Works Rally Parts

書庫全体表示

記事検索
検索

LUCAS スイッチ 当時物

イメージ 1

イメージ 2

64年製 & 65年製 のスイッチ入荷しました。
(↑2ポジ ↑3ポジ)



最近のリプロトグルスイッチは謎の原因=接点がすぐに焼けてしまうがある様です。
(3ヵ月も、もたないなんて場合もあるそうです。)

わざわざ60年代、70年代のスイッチをリクエスト頂く場合があるのですが、

なかなか60年代の綺麗なスイッチがありません。

年代的にMk‐1にぴったりですので、お薦めスイッチです!

共に1個のみになります。

ブログ紹介品の逸品です。
(ヤフオクには出ないでしょう。)


ご連絡お待ちしております。

PRICE:SOLD OUT
※ASKだからと言って=高額ではありませんので!
聞いて下さいの事ですからね。笑 ヨロシクです。





ドアバッファー

昔に私が目を付けて仕入れたドアバッファー達。

以来多くのミニに装着されています。

流行ではなくすでに定番アイテムですね。

加工なしで簡単装着、低価格、実用性と三拍子揃っています!

各種取り揃えております。

PRICE:ASK

イメージ 1

今年も参加します!

ミニで行きますのであまり沢山は持って行けませんが、がんばります!



皆さん梅雨前、夏前のミニにとっては良い季節です。
お天気良さそうなので、ツーリング気分で是非お越し下さい〜

イメージ 1

詳しくは:http://レトロスタイル.com/ 
↑HPをご確認下さい。




今回は作業です。

ヘッドライト接続ソケットの交換です。
イメージ 1
まずは工具と英国製端子を用意します。
見えない端子に拘ってみました。
(意外にこれが流行りの始まりです。笑)
アウターリムのビスを1本、インナーリムのビスを3本は外して、
ライトレンズを「かぽっ」。この作業は超簡単です。






イメージ 2
LUCSAヨーロピアン(当時物 スモール穴なし)オリジナルソケットですが、
劣化が激しく、端子部分がむき出し状態に(涙)
たまに消えたりした時があったのは、もしやこのソケットの仕業?
やばい感じに、ぼそぼそになっています。




イメージ 3

今回使用するソケットはなんと!セラミック製ソケット。(右端の黒い物体)
耐熱性に優れているセラミックはまさにソケットに持ってこいの素材。
小さな部品なのでとても軽く衝撃を受ける場所でもないので、
割れる恐れはないでしょう。





イメージ 4
専用カシメツールで英国製端子に交換して、端子を合体。
この端子の雰囲気がいいぃ〜〜。




イメージ 5
その間にインナーリムの防錆処理を亜鉛メッキ塗料で行い、錆を防いでおきます。



イメージ 6
はい、完成です。 作業時間はわずか30分程度です。





皆さんもたまにはおもむろにヘッドライト点検でもしてみて下さい。
きっとヤバイ所、隠れていますよ。(笑)

※ヨーロピアンヘッドライトのセラミックソケット、お取り寄せ可能です。
 むむっこれは!!と思った方は是非お問い合わせください!




新入荷

LUCAS製 当時物 ポイントセット

5セット限定入荷

バックオーダー分を除いてこれで終わりです。

お早めに!!!

残り2個です。

PRICE:ASK
イメージ 1

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事