ここから本文です
D&Dとスターウォーズのミニチュアゲームを紹介してます
イメージ 1
えっと6年ぶりのウォーバンド紹介になりますw

今度遊ぶ予定で組んでみました。
久しぶりなんでとりあえずDDM1.0から遊んでみようということになっていて1.0でのウォーバンドです。

ルールの記憶がだいぶ怪しくなっているので、シンプルにただ殴るだけのバンドですw
友人とルールの確認、リハビリがてらに遊ぶ予定のバンドなので複雑なルールや呪文はあえて避けてみました。

Champion of Eilistraee(真ん中で剣もって踊ってるダークエルフさんです)を意識して組んでみた200ptウォーバンド。

Champion of Eilistraeeは剣を持っている味方のAttackとACを+2するという指揮官効果を持つ指揮官です。
これでAspect of Kord(後列の半裸のおっさん)とRikka, Angelic Avenger(天使っぽい人)をなんとなく強化して、
みんなでがんばろうって感じかなw

NebbinとEberk, Adventurer、Healerはディフェンシブな呪文で主力をバックアップします。
あっ主力はChampion of Eilistraee、Aspect of Kord、Rikka, Angelic Avengerの3人です。

ユニットの紹介を忘れてました^^;
前列左から
・Eberk, Adventurer
・Rikka, Angelic Avenger
・Champion of Eilistraee
・Nebbin
・Devis
後列左から
・Healer
・Aspect of Kord
・Jozan
という編成です。

と、組んではみたもののRikkaとJozanのStatsカードが見当たらない^^;
まぁ何とかなるか。

しかしChampion of Eilistraeeの造詣はほんと良く出来てるなぁと感心させられる。
遊んでない間も本棚に飾ってたんですけど、時々いじってました。

DDMの中でも屈指の出来のよさだと思う。ゲーム的に強いかといわれると、う〜ん...^^; 1.0後半はちと厳しそうですが。

とりあえず復活です!!

すごい久しぶりですが復活です。
とりあえず生きてますw

DDM終了のアナウンスでミニチュアゲーム熱がすっかり覚めたはずだったんですけどねw
実はその後もちょこちょこ遊びた気分になってはいたんだけど...
行動までには移せませんでした。

今回の発作はとうとう行動までに至りそうです。

一応友人たちに話をつけて、DDM,SWM両方遊ぶつもりです。
ゴールデンウィークまでには遊びたい!

そんな感じでブログ更新もぼちぼち復活していければと。


イメージ 1

今回のウォーバンドはオススメユニット紹介の記事で取り上げたDeath Knightを中心に組んだウォーバンドです。一応Undeadウォーバンドといえるのではないでしょうか?^^;
生きてるのも結構いますが...

各ユニットは以下のとおりです。

・Death Knight
・Warrior wight
・Drider
・Skeletal Reaper
・Orc Wardrummer
・Merchant Guard×4
・Boneshard Skeleton

戦い方は主力のDeath Knight、Warrior wight、Skeletal Reaperが前衛となり前線を構築します。
Warrior wight、Skeletal ReaperはDeath Knightの10マス以内なら、
Death's Right Handの能力によりAttack+2のボーナスを得ることができるのでうまくユニットを動かしていきたいところです。
またSkeletal Reaperは貴重なFlightユニットです。挟撃したり、相手のFlightユニットの移動の妨害をしたりと活躍が期待できそうです。
あとDeath Knightについてですが、Unholy Flameの範囲攻撃があるので、全力で前にしゃしゃり出ずに、これを撃ってから最前線に出るのがいいと思います。ケースバイケースでしょうけど。

DriderはLightning Boltの範囲攻撃とSlashing Darknessで後方から攻撃したりと前衛の支援を行います。
またDriderは相手にConcealを持ったユニットがいる場合には、前線に出てFaerie Fireの能力で、
Concealを打ち消すといった役割も持っています。

MerchantguardはおなじみのBodyguard要員です。前線に出ているユニットを状態異常やHPの面から支援します。

Boneshard Skeletonは低コストながらDeath's Right Handのボーナスを受けることができるUndeadです。
自爆能力も持っていて、高コストユニットに対しても最後っ屁をかませる優秀なユニットです。
このウォーバンドでは主に相手のアクティベーションの排除と、
Speed6の足を生かしてのヴィクトリーポイント確保要員としての活躍を期待して入れています。

Orc WardrummerはDEFに対する攻撃への耐性を持たせる意味で入れています。
でも最近は面倒な攻撃はMerchantguardで身代りにすると考えれば、いなくてもいいのかな?とか思ったりしてます^^;
個人的には1.0の頃からの愛用ユニットなので信頼度は抜群なんですけどね...

今回のウォーバンドは範囲攻撃あり、射撃攻撃ありと攻撃手段に幅があり、またDEFに対しても耐性があるし、
Cocealに対しても一応対策がされているのでそれなりにバランスが取れたバンドに仕上がっているのではないかと思います。

Radiantダメージには追加のダメージを食らう恐れがりますが、
ダメージはMerchantguardが受けてもらえば、追加のダメージはないのでさほど脅威ではない気がしています。

Undeadなので足が遅いのが気にかかるところですが、こちらもうまくChargeを利用して移動を稼げば大丈夫かも...

この前リリースされたDemonwebのセットでもSkull Lordなどの新しいUndeadユニットが追加されたり、
Blood Warのセットで今回僕が使ったSkeletal Reaperが帰ってきたりと
Undeadバンドもかなり多くのバリエーションが組めるようになりましたね。
UndeadのChampionはなぜかUndeadのウォーバンド・ビルディングを持っていることが多く、
勢力を超えて組めるのもまたバリエーションが多い要因ではないでしょうか?

開くトラックバック(5)

イメージ 1

今回のスコードはRepublicの勢力で組んだ100ptスコードです。
構成ユニットは以下のとおり

・General Obi-Wan Kenobi
・Lando Calrissian, Dashing Scoundrel
・R2-D2,Astromech Droid
・Polis Massa Medic
・Ugnaught Demolitionist×3

新しいスターター限定ユニットのGeneral Obi-Wan Kenobiを中心に組んだスコードです。
General Obi-Wan Kenobiは今までに出たジェダイユニットの中で最も強いジェダイといっても過言ではないと思います。
コスト80オーバーの大型ジェダイに対しても無傷で勝てそうな感じすらしますねw

個人的には以下の5点が特にオススメです。
ヾ靄楡能が非常に高い(中でもAttack15,Defence22は素晴らしい!)、
△垢戮討旅況發50%の確率でかわせるSaresu Style Masteryの能力(はっきり言って死にませんw)
射撃ユニットとの間合いを一気に詰めるForce技、Knight Speedの能力(これについてはスコード紹介12の記事を参照してください)
Force Renewwalを持っている
ヌJの6マス以内に他の味方がいるとその味方はAttack+4、Defence+4という指揮官効果
(例えば味方Aの6マス以内に味方Bがいれば味方AはAttack+4、Defence+4ということです。この場合基本的にBの方も同じように+4されます。
ただ指揮官効果を受けられないDroidユニットだとDroidの方は受けられなかったりします)

Obi-Wanの弱点というか他のユニット並みのところは、
ダイスロール不要の確定ダメージであるFlamethrowerやDefence無視のミサイルといった能力に対して特別な耐性がない点でしょう。
ミサイルに対してはMettleの能力を使ってのダイスロール振りなおしがあるので、さほど気にすることはないのかもしれませんが。

今回のスコードでは隣接した味方をFlight扱いで運べるR2-D2,Astromech DroidとObi-WanのKnight Speedを使い一気に間合いを詰めて近接戦闘に持ち込む戦術を意識してみました。
R2-D2,Astromech DroidはOverrideの能力もあるのでドアコントロールも兼ねられて非常に便利です。コストも9ptと軽くRepublicの勢力では是非使いたいユニットですね。
比較的古いセットであるリベンジオブザシスのベリーレアなので入手はけっこう面倒なんですけどね^^;

Lando Calrissian, Dashing Scoundrelは射撃要員です。主要なダメージ源はもちろんObi-Wanですが、
相手のアクティベーションを減らしたり、序盤から視線が合えば攻撃していけるので入れてみました。
指揮官効果を受けられるような配置で戦いたいですね。

Polis Massa Medicは回復要員です。ダイスロール不要の確定ダメージであるFlamethrower等に対してはObi-Wanもつらいところがあるので、
一応回復要員を入れてみました。10づつしか回復できないので焼け石に水の気がしないでもないですが、9ptと軽く代わりも思いつかなかったので
入れてみました。Nom Anorスコードのように自爆ユニット入りのスコード対策にもなっていいかもしれません。

おなじみのUgnaught Demolitionist×3はアクティベーションとドアコントロール要員です。

戦い方で気をつけたいところは序盤ですね。
序盤から一気にForceを使って間合いを詰めて切り込むようなことはせずに
Force RenewalでForceを5くらいになるまではゆっくりと近づくのがいいでしょう。
それまではLandoの射撃で相手の動きを牽制しつつ
やり過ごすというのがいいと思います。
相手がBoba入りの射撃スコードの際にはアクティベーションを減らさないようにするのが最大の課題です。
このスコードは7体と100ptスコードにしては比較的アクティベーションは多いほうですが、それでも気をつけたいですね。
Bobaの中でもFlightで12マス移動して射撃してくるBoba Fet,Mercenaryに対しては特に注意です。

今回のスコードではGeneral Obi-Wan Kenobi以外にもレアやベリーレアを使っていますが、
General Obi-Wan Kenobi+ありあわせの低コスト射撃ユニットの詰め合わせでも十分戦えると思います。
初心者にもかなりオススメのユニットです。
スターター限定ユニットなのでこの機会にスターターを購入してみてはいかがでしょう?
アマゾンではこちらです^^
http://www.amazon.co.jp/Clone-Wars-Starter-Star-Miniatures/dp/078694742X/ref=sr_1
_3?ie=UTF8&s=english-books&qid=1229825255&sr=1-3

イメージ 1

今回は射撃に特化したウォーバンドを組んでみました。
構成ユニットは以下のとおりです。

・Bralani
・Elf Arcane Archer
・Yuan-Ti Malison×2
・Rot Scarab Swarm×2
・Elf Archer×4

主力はElf Arcane Archer、Yuan-Ti Malison×2あたりですね。Elf Archer×4も相手のアクティベーションくらいなら
倒すことが出来ると思います。Yuan-Ti Malisonの持つSnake Charmerの能力ですが、
2体以上いないとAttack+2の恩恵を双方が受けられないのでちょっと注意ですね。

ChampionはAttackを上げることのできるBralaniを選んでみました。無条件にAttackを上げることはできず、Attackロールで16以上を出さないといけないですが、
射撃できるユニットはたくさんいるので、手数が多くさほど難しい条件ではないと思います。

射撃バンドの最大の悩みは、いかに敵ユニットに近寄られずに射撃を続けられるか、だと思います。
とにかく前には出ずに引いて戦うことが大事かなぁって思います。

このウォーバンドでは足止め要員として交流会でも評判が高いRot Scarab Swarm×2を選びました。
対戦相手はこのような射撃ウォーバンドに対しては、
とにかく早く近接戦闘に持っていこうと考えるでしょう。
そんなときに必ずStun状態にさせられるSwarm Attackは時間稼ぎには非常に有効です。
僕も使われて痛い目に合わされました^^; そこそこに低コストながら使えるユニットですね。

ウォーバンドを組んでおいてなんですが、
見えない相手でも撃てるElf Arcane ArcherのPhase Arrowを真面目に使うのなら、
このウォーバンドのように一体だけで入れて使ってもあまり効果はないかもしれません^^;
20ダメージを1ターンおきに飛ばせても脅威と呼べるほどのダメージではないですからね...
どうせなら、Elf Arcane Archerを2体、3体使って見えない場所からまとめて大ダメージを与える、
といった使い方のほうがよさそうな感じがします。1体しか持ってないのでこうなっちゃいましたがw

射撃バンドの際はマップ選びもけっこう大事だと思います。マップの中央にヴィクトリーエリアのあるマップではなく、両端にあるようなマップの方が、V.P.を取られ難く射撃バンドには向いていると思います。

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事