ここから本文です
超新米かぁさんブログ(^・^)Chu♪
2007年4月3日に36歳で出産っ!誕生した姫は、9歳(*゜▽゜*)&新入りクン(柴犬♂)のブログです∪・ω・∪

書庫全体表示

 ☆『クライム・マム/ある主婦の殺人』 / 2006年・アメリカ / 2008.01.22鑑賞

 【ストーリー】
  1981年、ホノルル。夫と二人の息子と暮らすサンテ・カイムズは誰もが目を奪われるゴージャスな美女。愛情深く社交的な普通の主婦に見える彼女だったが、実は病的なまでに欲の深い女だった。試乗すると言って高級車を盗み、デパートでは片っ端から万引きし、捕まってもシラを切り通す。そして息子のケニーには「嘘は悪ではない」と教育する始末。やがて、メキシコ人メイドを監禁し酷使していたことが隣人に発覚してラスベガスに引っ越すが、そこでも同じような事件を起こして、ついにサンテは4年間服役することになる。しかし、刑務所で更正するどころかますます自己中心的になった彼女は、出所するや、警察に協力した弁護士をあっさり殺害し…。

 【出演者】 ジュディ・デイヴィス/ジョナサン・ジャクソン


 【みにか的評価(5段階評価)】☆

 【感 想】
  ビデオ未発売だそうです…発売しなくていいかも(ボソッ)。
  あそこまで激しい人格の人はいないんぢゃないか?と思いつつも見入ってしまい、最後にため息が出た映画でありました…なんでこんな映画に1時間半も費やしてしまったんだろ?って感じ(苦笑)。ま、激しい人格の人が世の中に全くいないワケぢゃないと思うけど…過激すぎるよなぁ、この母さん…。
  ただ、一つ学んだのは…我が子を『愛』という言葉で縛り付けちゃダメだということ。確かに我が子を愛しているのだけど、愛してるが故に教育もきちんとしなきゃダメなんだってこと…かなぁ?(笑)。
  思い通りにいかないと、後先考えず行動する…そういうのってあまりよろしくないというのを目の当たりにさせられる映画でした。あたしは好きぢゃない映画でした、残念。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事