私とゆかいな仲間たち

車好き!玩具好き!親父猫の話です。

ダイハツコペン

すべて表示

C11159形蒸気機関車2002KATO

猫の秘密基地の机の上の C11159形蒸気機関車2002メーカーは、KATOです親父猫は、SLだいすきですにゃ〜中でもC11が、好きです。小さくてかわいくて、たまりませんえね。

動輪3軸に先輪1軸・従輪2軸(1C2)という軸配置を持つC11は、わが国のタンク式蒸気機関車を代表する車両で、昭和722(19321947)381両が製造されました。
国鉄時代は小形で客貨両用に使用できるために重用され、全国で活躍しました。現在でもJR北海道、JR東日本、真岡鉄道、大井川鉄道などで運転が行われております。行きたいです〜う!乗りたいです〜う。人気を博しています。
知名度・人気ともに高い形式、KATOのベストセラーC11を、1/150リアルサイズ、最新の動力でリニューアル?買いました。
C11
は昭和7(1932)年から昭和22(1947)年にかけて381両も製造された「1C2」の軸配置を持つタンク式蒸気機関車です。全国各地で活躍し、本線での旅客列車、貨物列車の牽引から構内での入換までをこなしました。佐世保線で20系「さくら」を牽引したのは有名な話です。現在も日本の各地で動態保存されています。大事にされとるにや〜

イメージ 1
2車両並べてみました。早くオハ31系・61系35系が欲しいところですにゃ〜と思う親父猫でした。

イメージ 2
町並みにも合いますね(笑)
イメージ 3

イメージ 4

リニューアルに伴い車体の大きさを見直し、より忠実なスケールになりました。
小振りな車体は小形レイアウトや小スペースでの運転に適し、タンク機ならではのバック運転や小編成での運転を楽しめますにゃ、同時発売のオハ61系客車と合わルと面白いと思います。 昭和15(1940)18(1943)に製造された、三次形がプロトタイプ。昭和40年半ば以降に見られた形態を製品化。LP42形前灯/スポーク先輪・従輪/ATS発電機装備/増炭改造なし/回転式火の粉止めなし/バイパス弁点検窓なし/CP排気管・マフラーは煙突の後部に搭載。最少通過半径はR216で設定。今日も、奥さんに怒られない程度に走らせるにゃ〜!!


https://car.blogmura.com/ranking.htmlここをクリックお願いします

.


みんなの更新記事