ここから本文です
徒然トミカ
3吋ミニカーとクルマ趣味

書庫全体表示

幸手クラシック2017

毎年行くことがほぼ恒例となった幸手クラシックカーフェスティバル
固定のメンバーが多くてマンネリ化しそうで、今年も行こうかと迷っていましたが結果的に正解
まだ見たことのない新鮮な車が参加してきますのでまだ見学は続けるかも…













イメージ 4


まず目に留まったのがこちら


輸出用のパーツを多く身に纏った2+2
実はこのパーツ、実際に輸出される筈だった解体車から…
というのも、輸出する際にキズや凹みが出来てしまった場合、海外に持っていくことができず、また国内でも型式認定がされていないので中古車としての価値もなく。
そういった車を解体する業者がいたようで、そこから調達していたそうな

一度ガレージを拝見させていただいたことがありますが、ほぼ新品の輸出用パーツ(Z以外も含む)がズラリと並んでいました




ドアも延長されているせいかあまり感じませんが、ホイールベースは300mmも延長されているそうですね














イメージ 1


会場内、一際目立つ色が一台
二度と追突事故を起こされないようにする為、ライトグリーンで塗装されたホンモノのGT-Rです。

2年前にも紹介しました……
というかまだ2年しか経ってないんですね
ロクな写真が残っておらず…その強いインパクトもあり、また一度見ておきたい車でした。

自動車としての経済価値が非常に高く、多くのマニアがいる中、全塗装をして純正(または純正に近い)色に戻さず、当時のありのままの姿で乗っていることに尊敬します













イメージ 3


3年半振りのマスターラインのピックアップ

プクプクまるまるしたボディは深海魚
でも曲面ガラスの技術がまだ発達していなかったせいか、フロントガラスはまるまるボディに似合わずただの平面

見ていると伝わってくる分厚い雰囲気が'50年代の車である事を感じさせます




イメージ 5


やっぱり商用車には荷物を載せないとねっ!
スワップミートの方がに出展していたので、あまり目立たずの存在でした














イメージ 2


うわー……
現存数3台(うち1台はデルダンディツーリング)だったかのコンテッサクーペLです

様々なイベントに出てはいるようですが、僕は今回で初めてになります


エンジンはクーペと同じノーマルを載せていたようですが、車体を見てみると色々と違う、違いすぎる
間違い探し的に比較してみるのも面白いかも??

  • 顔アイコン

    最後のクルマ!初めて見ます!
    皆さん自宅から走ってくるのかなあ〜
    旧車はいつ見ても飽きさせないです(^-^)v

    [ テニアン ]

    2017/11/13(月) 午後 6:45

  • GT-Rはエピソード聞いたら悲しいけど、流石に冒涜だよなぁ…
    赤とかサファリブラウンって選択肢が有るのに。
    収穫あったかい?

    四駆野郎

    2017/11/13(月) 午後 8:27

  • > テニアンさん
    最後のコンテッサ、特に何も書いてないですが他のコンテッサとは一線を画す実は物凄い車なんですよ(笑)

    基本的には自走で、30年代のベントレーも来ておりました

    [ はんぺん ]

    2017/11/15(水) 午後 6:51

  • > 四駆野郎さん
    それが不思議と、当時ではそれなりに高いけど割とよく見る中古車(今で言うと250万円くらい)で、希少価値がどうとかと騒がれる車でもなかったみたいでして。
    「冒涜だ」としてイベントへの展示を遠慮されたこともあるそうですが、それは違うかなと。

    収穫は無しでした

    [ はんぺん ]

    2017/11/15(水) 午後 7:12

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事