イメージ 1
「非理法権天の旗の下に〜回天菊水隊かく戦えり〜」は、絶賛発売中です。
その特徴は
・仁科関夫中尉の遺墨「神潮」の、「黒木少佐を偲ぶ」を初公開!
・人間魚雷回天の構造を詳細に解説。
・伊47折田善次艦長、重本俊一航海長、岡之雄水雷長の戦記を元に、大津島出撃からウルシー環礁沖で回天発進まで、伊47の状況を再現しています。
・菊水隊に関する、連合艦隊機密電報を初公開!
・伊47から発進した回天4基全ての戦死位置を特定!
・伊36から発進した、今西太一少尉の回天を撃沈した米海兵隊機の戦闘詳報が偶然発見され、これまでの通説を覆す衝撃の真相が判明!!
・パラオ・コッソル水道沖で撃沈された伊37についても、撃沈した護衛駆逐艦の戦闘詳報から、その真相が判明!!!
・戦場となったウルシー環礁について、多くの方はその名は知っていても、どういう所かを知っている人は少ないでしょう。本書では、菊水隊の戦闘を理解する上で、戦場ウルシー環礁を理解する事が大切だと考え、海図を元にした作図した図と、軍機水路誌により詳細に解説しました。

B5版102ページ
写真・図多数
価格   1500円
送料  1冊300円

ご注文は下記の住所までハガキで
737−2111
広島県江田島市江田島町切串2−24−9
奥本 剛

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

開く トラックバック(0)

イメージ 1
夜間砲撃中の艦ですが、艦型は不明。
峯風、睦月、神風型なら艦橋のある上甲板側面には、外板から続いて壁が立ち上がっているが、写真を見る限りそれがない様に見える。
しかし、艦首楼から艦橋の間が一段下がっているので水雷艇ではない。
主砲が3基(2番は発砲していない)で、二等駆逐艦若竹型に近いが後檣が三脚になっている。
なんだろね?

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
少しだけ見える艦橋や主檣の構造が模型の参考になるかな?

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

艦尾が書いてある!

イメージ 1
航空戦艦伊勢が空襲を受けている写真を見ていて、ふと気づいた。
飛行甲板に艦尾が書いてある!
しかし、書くなら外側を暗い色にした方が良かったんじゃないのか?

イメージ 2
飛行甲板のアップ。

イメージ 3
主砲天井のカモフラージュ塗装も、二番・三番主砲の周辺甲板が黒い?事が判る。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事