全体表示

[ リスト ]

人間魚雷回天四型

イメージ 1
ハワイ・真珠湾ボーフィン・サブマリン・ミュージアムで展示されている回天四型です。

回天四型は、二型の燃料を酸素と灯油に替えたものです。
酸素駆動システムは、日本海軍の十八番でした。しかし、最高速力40ノットを要求されましたが、技術陣は無理があると反対しました。

イメージ 2
問題さまざまあり、直径70cmを超える気蓄器を作る技術がないため、前部燃料室に61cm気蓄器1本と45cm気蓄器3本、後部燃料室に45cm気蓄器3本(写真)を搭載し、燃焼室は九三式酸素魚雷のものを2基で、8気筒複列スチームピストン機関「六号機械」の左右にある給気管に取り付け、1基で4気筒を動かしました。

イメージ 3
呉海軍工廠造機部で作られた、六号機械試作1号機を広11空廠発動機部へ持ち込み実験を開始し、度重なる部品の故障を克服し、改良を加えた試作機を作っては実験を繰り返し、試作7号機でついに計画馬力1600馬力を超える成績を出しました。(写真は排気管)

イメージ 4
呉海軍工廠では約50基が生産され、横須賀海軍工廠では数基生産されましたが、横須賀海軍工廠では原因不明の不完全燃焼を起こし、それを克服することが出来ませんでした。
光海軍工廠では、三菱長崎造船所製の六号機械が供給されましたが、動作不良により使えいう物にならず、九三式酸素魚雷の2気筒並列ピストン機関を2基直結にしたものが開発されましたが、それを搭載した四型が出来る前に終戦となりました。(写真は、駆水室上部にある印字「回天四型雷道舞60号(石62)」。)


閉じる コメント(2)

顔アイコン

いえいえ、お役に立てずすいません。

2017/4/10(月) 午後 10:07 [ GO ]

とんでもございません、ありがとうございました!

2017/4/10(月) 午後 10:10 [ 琵琶鱒 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事