橋詰雅博の焦点

スタートして8年目に入りました

日本ジャーナリスト会議の機関紙7月25日号に記事を掲載

   【編集長EYE】 武村元官房長官 会見に臨む心構えを語る  新聞労連は6月下旬に東京都内でシンポジウム「官邸会見の役割を考える」を開いた。  このシンポには菅義偉官房長官と東京新聞社会部・望月衣塑子記者との〝官邸バトル〟が背景にある。これの波紋は大きかった。官房報道室長が内閣記者会に〝望月排除〟をほのめかすような申し入れをした。これに対して新聞労連などマスコミ労組は報道の自由を制限し、国民の知る権利を阻むと官邸前で抗議行動を展開。シンポはこの問題を広く知ってもらうため企画された。  現在、菅長官との会見は平日の午前11時と午後2時の2回実施されている。金曜日の午後は記者会に非加盟だが、特定の雑誌記者やフリージャーナリストが出てすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事