Ant1heRoのブログ

ブログ移転しました♪ http://ant1hero.blog60.fc2.com/

全体表示

[ リスト ]

月姫 翡翠 攻略!!

アルク・秋葉に続き

翡翠END!!!    d(゚Д゚ )☆☆( ゚Д゚)b

翡翠ENDきましたー
イメージ 1
イメージ 2
翡翠っておとなしくて、暗くて表情硬くてつまんな〜い
と、思っていましたが・・・・・・
プレイ後
       「翡翠かわいいわ!w」
志貴が指をなめるシーンとかウブすぎて可愛いです!
琥珀さんのほうが、明るいし可愛いな 妹はあれだな
と思っていた私がバカでした

断言します!  翡翠は可愛いです!

まあそういうお話は、おしまいで
ENDについてあらすじ、及びに感想・考察を

END あらすじ及びに考察
GOODEND
グッドエンド
毎度のことながら、あらすじから入ります
1.志貴の体に異変がおっきる(シキによるため)
2.翡翠の感応者?の能力により体調が一時的に回復!
3.志貴の体の異変を起こしているシキ(秋葉の実の兄)に秋葉が琥珀をか  ばい殺させる
4.志貴はシキを殺す
5.琥珀が遠野家に強い復讐心を抱いていた→琥珀は自害
6.琥珀は志貴と平和な幸せな時を過ごす
END

っと、まあこんな感じですね

今回の翡翠ルートでは、翡翠と琥珀の能力が明らかになりましたね
翡翠と琥珀が遠野家に呼ばれた理由
対象の生命力などを増幅させる「感応」能力を持つ一族の孤児
この能力で「遠野槙久」と「シキ」の手助けをしていたのですね

志貴は翡翠恋に落ち、翡翠の感応で体調を回復させる
そこまでは、とてもいい感じでしたんですけどねw

このあとから急展開!
秋葉は翡翠とは別行動で志貴の元凶である「シキ」を学校で討伐しようと試みました
シキVS秋葉で秋葉が劣勢と思われたが、志貴が学校に向かうと思わぬことに秋葉の優勢!     (格の差というやつですね)
血のように赤い髪を操る、秋葉を目撃!
イメージ 4

しかし、家を抜け出してきた志貴を琥珀が「あっ!」と声をあげてしまい
秋葉がシキから一瞬目をそらします
シキはその隙を見逃さず、秋葉の魔の血を抑え込んでいる琥珀を襲撃!
琥珀を殺せば、秋葉も不安定で戦闘不能になると踏んだのでしょう
秋葉と琥珀はシキに対応できず、結果秋葉は琥珀をかばって心臓を手刀で貫かれ息を引き取ります
イメージ 3

イメージ 5
なんとはかない死なんでしょうかね
秋葉はいっつも不幸な気がします
秋葉が選んだ道なので私が首を出すことはいけないのですが・・・・

シキは秋葉のために魔と戦い、つらい闘病生活をして今まで生きてきましたが、その希望を自分の手で失ってしまい・・・・・・・・・
イメージ 6
(秋葉を殺してしまい、狂っているシーン)
シキはそのあと屋上に逃げ込み、志貴の直視の魔眼によって抹殺されます
秋葉もシキも魔であるため、死体は灰と化しきえていきました

そしてここで終わらない負の連鎖!
秋葉を殺すように仕向けたのは、使用人である琥珀であったという事実です

そこで志貴は琥珀の恐ろしい過去を目の当たりにします
幼少の頃から一人で反転衝動で槙久が凶暴化した際に感情の捌け口としての暴行(感応能力を行わせるため性交の強制も含んでいたため、ほぼ性的虐待)に耐え続ける日々を送っていました

それ以降彼女は、自身を「人形」と思い込むことで苦痛から自分の精神を守ろうとするが、元から寡黙で感情を表に出すのが苦手だった彼女は自分を見失い、喜びも悲しみも感じなくなってしまう。

「人間らしさ」を失いつつも「人間らしさ」にすがった結果、自分が受けてきた苦痛を遠野の一族に復讐するという形をとることで「人間らしく」あろうとし、槙久に対する憎しみすら持てない空虚なまま、事件発覚以後寡黙になった翡翠に変わってかつての明るかった翡翠の役割を演じた笑顔の仮面を被り、裏で密かに策謀を巡らせ遠野家をみんな殺そうとしました

それを聞き、秋葉は故意に殺されたことを志貴はしります
一方で琥珀の恐ろしい過去をきき、琥珀だけを責めることはできない

その話に茫然としていた志貴
そして遠野家への復讐を終え、目的を失った琥珀は自ら自害します
イメージ 7
(冷たい視線 冷笑を浮かべる琥珀)
イメージ 8
琥珀「血管は一本ずつチューブになって」
    「血液は蒸気のように消えて行って」
     「心臓もなにもかも形だけの細工になる」
                                ・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・言葉がでませんね
どれだけつらい思いをしたのか、目に浮かんできます
琥珀は幼少期にすでに精神が死んでしまっていたんです
心も体も痛々しく、生きていくにも耐えられない苦痛
生きていくためには・・・・・・・・・・・痛みも考えることもない・・・・・人形.

悲しすぎる琥珀さんでした
琥珀さんの最後の言葉は、いつまでも私の心に刻まれることでしょう

〜琥珀・秋葉の死後〜
ばかでかい屋敷に残ったのは、志貴と翡翠の二人
志気は琥珀を旅行に誘う
今までは屋敷から一歩もでなかった翡翠であったが、
翡翠は志貴の誘いをOKした
今までかたくなに外出を拒絶していたのには理由があった
それは、姉による縛りでした

姉は私を汚さないためにと、自分の分まで頑張ってくれました。
それなのに、自分は外出などしていいわけがない。
自分は人形のように、自分の役割を果たすためだけに生きていこうと、決意していたのです

しかし、琥珀は息を引き取りました
ここからは、自分の意思で自分の行動を決めようという、心情の変化があったのでしょうね。
志貴と乾と乾の姉とともに旅行に行きます

(しかも、翡翠の私服ですよ 私服!)
まさか、翡翠の私服が拝めるとは思いませんでしたねw
イメージ 9

姉との別れに区切りをつけて、これからを志貴と共に歩もう、ということなのでしょう

翡翠GOOD ENDは予想していたよりも、興味深い内容でした
まだまだ月姫の謎は深いと感じましたね
まさか、使用人のお二人にあんな過去があったなんて

みなさんは気づきましたか? 
あの琥珀の笑顔から・あの翡翠の表情から 
あんな過去が予想できたでしょうか?

やはり月姫は奥が深い〜!
まだ残るルートを進めて、月姫の真実を突き止めたいと思います!

今回はいままで以上に長くなりましたが、来てくださった方ありがとうございます。
次は琥珀ルート後もしくは
少しずつ進めているD.C.の記事になると思います

では ありがとうございました( ・ω・) ㌧


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事