ここから本文です

書庫全体表示

『ブラック・スワン』

『ブラック・スワン』、きのうが封切りだったんですね〜。
そうとは知らずに、いつものように「レディスデーだから」ってことで見に行ったんですが、チケット買った時にポスターくれたんで(朝イチの回だったんで)気がつきました。
 
 
イメージ 1
この黒いリボンがブキミ
持って帰ってテーブルに置いといたら、次女が「なん?この葬式みたいなヤツ。」って(笑)
しかし普通封切日って土曜日なのに、水曜からって珍しいですよね
 
 
イメージ 2
ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナ(ナタリー・ポートマン)に、チャンスが訪れる。
長年バレエ団のプリマ・バレリーナだったベス(ウィノナ・ライダー)の引退を受け、ニナが、
新作の『白鳥の湖』のプリマに抜擢されたのだ。
しかしこれは純真な白鳥役と同時に、奔放で邪悪な黒鳥役も演じなければならない難役だ。
優等生タイプのニナにとって、魔性の黒鳥を踊れるかが大きな試練としてたちはだかる。
対照的に、官能的にして大胆不敵な踊りで、芸術監督のルロイ(ヴァンサン・カッセル)に
理想的な黒鳥と言わしめた新人ダンサーのリリー(ミラ・クニス)。
彼女の台頭によって、不安と焦りが極限まで高まってしまうニナだったが…。
 
 
いやぁ〜、ウワサどおりのスゴイ映画でした。
最初から最後まで気の抜けない、引き込まれて見てしまう作品です。
そういう作品に仕上がったのは、間違いなくナタポの演技に拠るところが大きいと言えるでしょう。
ナタポはこの演技で見事オスカーを獲得
 
清純派の女優がエロいシーンを大胆に演じたり、役作りのためにダイエットやトレーニングで肉体改造をしたり、
はたまたプロ顔負けの技術を身につけて吹き替えなしで演じたり・・。
投票をするアカデミー会員のみなさんは、そういう役者魂みたいなのが大好物ですから(笑)、
今回この役でこのすべてをやってのけたナタポがオスカーを獲らずして、一体だれが獲るですよね
 
スクリーンで繰り広げられる痛〜い場面や怖〜い場面の数々。
効果音とBGMが、見ている側の恐怖感・不安感をさらに煽ります。
 
それが、精神的に追い詰められたニナの妄想なのか、それとも現実なのか・・
見ている側もニナの妄想と現実の間を行ったり来たりしながら、圧巻のクライマックスシーンへと突入していきます。
 
オススメです。ぜひ御覧下さい

この記事に

  • こんちゃん、お久しぶりです!
    早くもご覧になったのですね。私は来週のレディスデーに観ようと思っているところです。
    レビューを読ませていただいて、期待値がぐんと高まりましたよ!
    …でも、ちょっと怖そう…ドキドキしますね。

    sloppy

    2011/5/12(木) 午前 11:45

    返信する
  • 顔アイコン

    私は昨日ルクルの映画館で「八日目の蝉」を見ました。
    1人で映画を見るのは多分10年ぶり?位で、始まる前から感激してました。肝心の映画は、自分の中では60点位・・。ブラックスワンを見に行けばよかったぁぁ。

    chiro206

    2011/5/12(木) 午後 0:54

    返信する
  • 顔アイコン

    こんちゃん、はやーい!
    もう見たのね(^^)
    私もぜひ見たいなって思ってたよ
    ますます期待大!

    you

    2011/5/12(木) 午後 5:25

    返信する
  • これ絶対、注目作なんで3日以内に見に行きます!
    それにしてもこんちゃん、いくら人気ブログとはいえ、訪問者がこの時間で4300件て凄すぎませんか???

    suzushim

    2011/5/12(木) 午後 10:08

    返信する
  • oha**des*yoさん、はじめまして、ようこそ。
    『八日目の蝉』、なかなかヘヴィーな人間ドラマっぽそうですね〜。

    こん

    2011/5/12(木) 午後 10:56

    返信する
  • sloppyさん、初日と知らずにたまたま見てしまいましたよ〜(笑)
    私は来週のレディスデーは『スコット・ピルグリム』だなぁ〜( ̄∀ ̄*)イヒッ

    そういえば、シネリーブル閉館・・残念ですね〜・・(;_;)

    こん

    2011/5/12(木) 午後 10:58

    返信する
  • ちろさん、おぉ、久しぶりのおひとりさま映画、楽しめたようで何より(*^-゚)vイエイ♪
    映画の点数はイマイチだったかもだけど^^;

    こん

    2011/5/12(木) 午後 11:00

    返信する
  • YOUさん、そうとは知らずに、たまたま初日に行っちゃった(笑)
    ぜひ見てみてねーv(*'-^*)bぶいっ♪

    こん

    2011/5/12(木) 午後 11:02

    返信する
  • スーさんのレビュー楽しみにしときますね♪

    アクセス数が多いのは、今日は、地域情報の「スポット」に私の記事が載ってるせいだと思います、たぶん。
    グルメレポがこの「スポット」に取り上げられることが多く、そこからかなりの方が見に来てくださるようなんです。

    こん

    2011/5/12(木) 午後 11:08

    返信する
  • 顔アイコン

    こんさん、おはよー
    早速、映画観られたんですねー。私も行こうと思ってます!
    こんさん、フットワーク軽いですね〜、旅行も行かれるし、映画を、1日2本見れる体力も羨ましい(笑)
    時間作るの上手です!見習わなくては!!

    まみ

    2011/5/13(金) 午前 10:05

    返信する
  • まみちゃん、時間作るの上手・・って、ぐーたら専業主婦だも〜ん!
    家事を手抜きすればヒマだらけよー(笑)
    今日も映画ダブルヘッダーでした( ̄∇ ̄*)ゞエヘ

    こん

    2011/5/13(金) 午後 4:49

    返信する
  • こんちゃん、観ました。すごい映画だった!TB]させてください。

    suzushim

    2011/5/22(日) 午前 2:12

    返信する
  • スーさん、かなりお気に召したご様子でなによりです。
    TBありがとうございます♪

    こん

    2011/5/22(日) 午前 10:38

    返信する
  • 顔アイコン

    トラバありがとうございますm( _ _ )m☆
    相互にさせていただきましたのでよろしくです☆☆☆
    きのうの朝、日テレ「ZIP」でやってた人気の秘密分析によると、
    海外ではサスペンスホラーとしてPRされてるところを、日本では
    バレエ人口の裾野が広いこともあり美しさを全面に出した女性の
    ための映画としてプロモーションしたことが奏功したとのこと。
    そっか〜これってホラーだったのか! と目ウロコ。
    だからあんなにCG多かったのねと納得(鈍感です自分)。
    そして確かに日本女性は世界に冠たるバレエ好き。わたしも山岸
    センセの名作「アラベスク」やスポ根TVドラマ「赤い靴」などを
    ドキドキしながら見てた世代なので映画会社の策略大当たりかも。
    ちょっと「やせれた感」あり、だが楽しめたので許そう(^ ^;)。

    [ got**eak*p ]

    2011/6/1(水) 午前 8:56

    返信する
  • 顔アイコン

    あっ!
    前コメントの最後はやせれた感でなく「やられた感」でした…
    潜在願望が出た。
    すみません訂正してお詫びします。のはらゆうこ。

    [ got**eak*p ]

    2011/6/1(水) 午前 8:59

    返信する
  • のはらゆうこさん、TBありがとう!

    こりゃ、ホラーでしょう?!
    もう私、劇中コワイ音楽なるたんびにビックビクしてたもん^^;ずっと手にハンカチ握り締めてた(笑)

    私も「アラベスク」は読みました。
    私はバレエマンガが・・というより山岸涼子が好きだもんで彼女の作品はほとんど読んでるんだけども・・。
    同じく山岸センセのバレエマンガといえば「テレプシコーラ」は読んだかしら?( ̄∀ ̄*)イヒッ

    こん

    2011/6/1(水) 午前 9:08

    返信する
  • 顔アイコン

    「テレプシコーラ」立ち読み(^ ^;)でフォローしてましたが、とちゅう
    あまりにも展開が遅いのにザセツしました…。
    どっちかというと少年漫画ばかり読む子どもでしたが、姉が山岸先生
    ファン(いまも)なので、昔実家にいた頃の作品のほうが読んでます。
    バレエ映画といえば名作「愛と喝采の日々」「愛と哀しみのボレロ」
    あたりも若い人にぜひぜひおすすめしたい♪ と思うオバであります。

    [ got**eak*p ]

    2011/6/2(木) 午前 9:46

    返信する
  • のはらゆうこさん、あぁ、「ダ・ヴィンチ」で連載されてたんだっけ?
    私はマンガって単行本でしか読まないからなぁ・・展開が遅いのにイラつかなくていいワケです(笑)

    山岸作品では、「日出る処の天子」がワタシ的には不動の1位で、私が奈良に惹かれるのも、そのあたりに一因があるのではないかと思います(笑)

    「愛と喝采の日々」「愛と哀しみのボレロ」どちらも見たことないなぁ・・WOWOWであったら見るわーー(笑)

    こん

    2011/6/2(木) 午前 10:08

    返信する
  • 突然コメントしたします・・・・。

    遅ればせながら・・・ブラックスワン 見てまいりました。

    もっと優雅な映画。。。(題名だけで選びました)と・・・
    とっても重い映画でした・・・。
    しかし。。。娘がバレエを やってたんで・・・見てきました。
    ポートマンの 美しさに あこがれました・・・。

    突然の訪問 失礼いたしました・・・。

    みすりん

    2011/6/26(日) 午前 2:05

    返信する
  • みすりんちゃん、はじめまして、ようこそ。
    あぁ、優雅な映画を思い描いてコレ見たら、そりゃびっくりしますよね〜・・おどろおどろしくって(笑)

    こん

    2011/6/27(月) 午前 0:15

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(9)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事