ここから本文です
ブログ始めました!

書庫全体表示

LED

LEDは、家庭や街路の照明、オフィスや産業で使用、自動車のヘッドライト、トーチ、そしてのおもちゃでもあります。
業界の専門家は、そのシェアは今後も上昇し続けます。

LEDは同程度の明るさの白熱電球に必要な電力の約5分の1を使用します。白色光を生成するための基本技術は、青色または紫外線などの短波長のLEDと黄色の蛍光体コーティングを組み合わせたものです。車のヘッドライトに使用されている強い電球が原因の可能性があります。

LED電話、タブレット、ノートパソコンの画面は目に損傷を与える危険性はありませんです。光度が他のタイプの照明と比較して非常に低いので、より低い危険を持っています。

一方、慢性的な暴露は「網膜組織の老化を加速させ」、視力低下の一因となり得ます。

LEDライトは同等の明るさの標準的な白熱電球よりもはるかに大量の青色光を放出します。光が白くなるか「冷たく」なるほど、スペクトル内の青の割合が大きくなります。

医師は高度LED光の急性曝露と、低強度の光源への「慢性曝露」を判断しています。最短波長の1つを持つ青色光は、フラットスクリーン、スマートフォン、タブレットからも放出されます。

長い間人工光にさらされているの夜で仕事人は癌の危険性が高いかもしれません
長期の曝露が眼の中の光感受性細胞の死を引き起こす - これは黄斑変性症につながる可能性があります。

青色光は皮膚のより深い層を透過することができ、皮膚をより薄くそしてより脆弱にする、と皮膚科医も主張している。

“乕羃憤紊砲茲襪函▲咼織潺C血清は青色光に対する抗酸化保護作用もあります。
暗闇の中に携帯やPCを使用しないでください。
L覺屬鉾や目を保護するために携帯電話、タブレットまたはコンピュータに青い光フィルタを使用します。デバイスの「ナイトモード」設定などの他の機能は、いつでも放出される青い光を減らします。

光は体内時計の調整に重要な役割を果たすメラトニンの体内生産をカットします。これは他のホルモンを破壊するかもしれません。前立腺癌と乳癌の両方がホルモン関連であることが知られています。

さらに、電流のわずかな変動によって引き起こされるいくつかのLEDライトでのストロボ効果は、「頭痛、視覚的疲労および事故のより高いリスク」を引き起こす可能性があります。

家庭用照明提案としては、「暖かい白色」のLED照明、高濃度の青色光を含むLED光源への露出を制限し、就寝前のLEDスクリーンを避けることを推奨しました。
また、メーカーは車のヘッドライトの光度を明るすぎるので制限するべきである。

これらのバックライト付きの装置は、特に夜間や暗い場所で使用されるときには、眼の水晶体は完全には形成されていないので、子供たちは特にそのような混乱の影響を受けやすいです。

LEDライトの弊点:
ゞ力なLEDライト(光毒性)は網膜を永久的に損傷になります、
⊆然な睡眠リズムを乱す可能性があります。睡眠パターンは生物学リズムを乱すと、網膜細胞の不可逆的な損失を引き起こします。失明の一般的な原因につながることができる。

研究者は、身体の概日リズムを妨げると、糖尿病などの代謝障害や心血管疾患やある種の癌が悪化することも知られている。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事