バイクでおでかけ

風の向くまま気の向くままに・・・
6月に入り、雨も多いですね。
幸い土日のどちらかが晴れる日があって走りに行けないことはないですが、前日が雨だと路面が濡れてるところもあり、遠出は気が進みません。

今回は、CBR250RRの挙動について試してみたいことがあったので、高速道路を軽く流してみました。
写真や動画は撮ってないので文字だけの記事です。

CBR250RRに採用されているスロットルバイワイヤー、色々なところで説明されてるので電子制御のアクセルというのはご存知の通り。
では、これが一体全体どういった挙動をするのか?というと体験した人は少ないと思います。

流石にスピードリミッターである180kmの方の挙動はサーキットでもない限り免許が飛んでいくので、レブリミッターの挙動から推測してもらえれば、たぶん合ってると思います。

で、実際にレブリミッターに当てる為に高速道路を3速でとにかくぶん回してみました。
このバイクの特長である高回転型エンジンがその実力を見せてくれて、10000回転を超えて14000回転まで物凄い加速であっというまにレブリミッターに到達。
と、途端にカクンっと電源OFFというか何かが抜けた様に加速も回転数上昇も止まります。あまりにも急な電子制御によるリミッター介入でガス欠でもしたかって感覚でした。
普通の車両の場合って多少の遊びがあって、あぁリミッター入り始めたな〜って感じだと思うんですけど、前兆もなくいきなり来るとちょっと怖いですね。

電子制御なら上手い事レッドゾーンの14000回転〜16000回転の間で緩やかにリミッター介入するように出来なかったんですかね。
レースする人とか、これ絶対にリミッター解除しないと逆に危ないと思います。


あと、横をかっとんでいく大型バイク見てると180kmのスピードリミッターに当ててみたいという心のリミッターが外れそうです。
どうかその大型パワーを見せつけないで><

この記事に

開く コメント(0)

GWも終盤、中に雨が降ったものの金土はこれでもかってくらい晴れましたね。
今回は「富士山を近場で見る」「温泉に入る」ということで、山中湖近くまでいくツーリングプランです。

なんやかんやで今日も出発が遅れてしまった為、混む前にと思い「石割の湯」へ先に。
イメージ 1

この温泉は、周りに広大なスポーツグラウンドがあり、そこで汗をかいた帰りに利用する人も多そうです。
到着したのは12時前でしたが既に湯船は人が一杯で、露天風呂は順番待ちみたいな状態でした。
本当は帰りの2時くらいに寄る予定でしたが出発が遅れた為にこの時間に・・・そして大誤算。

せっかく遠出するならといつも滝やらお寺やらを見て回るのですが、この温泉の近くにも「石割神社」というものがあったので、温泉
を出てそこへ向かいました。
Google Map見ると神社そばまで道があったので軽い観光のつもりだったんですが・・・

到着!入口に石橋とよくある赤い鳥居
イメージ 3

そしてこれもよくある狛犬。
イメージ 2

まぁ、階段はあるよね・・・403段。
そんなでもないかな?
イメージ 4


なんか違和感がありますねぇ。ちょっと奥の方を拡大。
イメージ 5

最初に見えるこれ・・・すごい傾斜が増えてるけど、これだけなら頑張ろうって気になれて登れるんです。
でもこれを登った先に待っていたのはこんな感じでした↓
イメージ 6

で、さらに見えた先に到達した頃に心が折れはじめます↓
イメージ 7

まだあるんかい! なんと、さらに登った先が曲がり角で見えてなかった階段が。
イメージ 8

ようやく(急傾斜な)403段を登り切った先にあったのは・・・
イメージ 9
イメージ 10
ただの休憩所でした。

さらにこの先、足場の悪い上り坂が階段を上った距離の3倍くらいあり・・・
イメージ 11
(比較的 整備されてた場所は良い感じでした)

やっと到着。
イメージ 12

この石積みの上にありました!お目当ての神社?
イメージ 13

なんか漫画とかで出てきそうな感じの自然をそのまま使った初めてみる神社でした。

まさかこんな登山が待ってるなんて思って無かったので、せっかく温泉に入ってさっぱりした後なのに汗だくになりました。
いやほんと、来る順番を完全にミスりました。

行ってみてい方は→https://goo.gl/maps/nLuRHdxb8FK2


へとへとになりながら下山し、足もふらつく状態ですが、余り長居すると富士山が逆光で見えづらくなるのでもう一つの目的地へ。

ジャーン!
イメージ 14
山中湖パノラマ台 https://goo.gl/maps/bZeMhhhoKTJ2

絶景かな絶景かな!
雲も少なくすっきりと晴れて富士山日和でした。

これから梅雨の季節で遠出は難しくなりますが、もう1日くらいどこか行きたいですね。
ではまた次回に・・・

この記事に

開く コメント(2)

お久しぶりです。
ちょっと日が開いてしまいましたが、先日行って来た秩父ツーリングの記録です。

何時もどおり圏央道のお世話になりショートカット!
日の出ICで降りて県道184号線→県道251号線から県道238号線へ接続→県道45号線と進み、青梅線の軍畑駅あたりから県道193号線へ。
このあたりから本格的に山間の道になってきます。
松ノ木トンネルがある道を通ってさらにショートカットで県道53号線へ進み山伏峠を通って国道299号線・・・いよいよ秩父が見えてきます。

秩父に入る前に「道の駅 果樹公園あしがくぼ」があるので一旦休憩に入りました。

イメージ 1
ライダーがいっぱいです。
道の駅って良いですよね、新旧いろんなバイクを見れて。

さてさて、再び走り出して桜を見るために桜並木のある「長瀞」まで行ったのですが、残念なことに桜は散って終わってましたorz

少ししょんぼりな気分ではありましたが、もう一つの目的ルートは季節関係ないので、そちらへ向かいます。
基本的に温泉ツーリングなんですが、その前にちょっと運動ということで、滝写真を撮りに。

イメージ 2
散りかけの桜発見。記念にパシャり。

で、目的の滝です。
秩父華厳の滝↓
イメージ 3

少し歩いていった先に上空滝↓
イメージ 4

これで後は温泉だけ〜♪
と思ったら、こんなものを見つけました!
これは行くっきゃないですね。
イメージ 5

で、これを探しに行った先での収穫です。
イメージ 6

イメージ 7
「天空のおやき」と「すごい良い景色」

秩父には他にも良い景色の見れるツーリングルートがあるみたいなのでまた来て見たいですね。
今回は日帰りで少し遅めの出発だったので、この後1時間ほど温泉に浸かりゆでだこになって帰宅しました。

イメージ 8
「満願の湯」

そういえば、天空のおやきの中身は味噌漬けの「しゃくしな」というものだそうです。
神奈川育ちですが山形生まれで幼少期の1/12ほど山形で暮らしたので、この系統の食べ物は好きです。
ご興味ある方は是非とも食べに行ってみてください。


この記事に

開く コメント(0)

今年も二回目(1月前半)のバイクでの外出ですが、お仕事の関係もあってちょっと近場に写真撮影がてらプチツーリング。
目的地は、葉山の「二子山」と「湘南国際村」です。

しかし、やってしまいました立ちゴケ。
今まで乗っていたバイクだと、一度出したスタンドがそう簡単に戻る事は無かったので完全に油断していました。

スタンドを出した後にバイクの位置を少し前に〜とズラすと、CBR250RRのスタンド出しての傾き加減からお察しの通り、ちょっと斜めにするだけでスタンドが収納されてしまいます。
なんとか踏ん張ったんですけどね…油断しすぎていて支えきれませんでした。
ただ、ゆっくり倒れたのとシフトペダルがクッション的に支えてくれたおかげでボディに傷は無かったです。
少し手で引っ張り戻して走行には問題なくなったので初回点検の時に直してもらいます。

それにしても午前中の早い時間帯、木々に囲まれた場所の空気はおいしいですね。
野生動物もフレンドリーに近くまで寄ってきて写真撮らせてくれました。

イメージ 1
リスです。

続いて湘南国際村の眺めの良いポイントでも一枚。

イメージ 2

この後、特に予定もなかったので港北のNapsまでひとっ走りしてきましたが、改めて横浜店(1号線沿い)の品揃いの良さ、多さを実感し、バイク乗るにはすごい良い所に住んでるなって感じました。

このツーリングからだいぶ安定して撮影できるようになったので、良い感じに獲れれたとこなど、小出しに出していこうと思います。
※喋りながら運転は技術足りてないので声は入ってませんごめんなさい

次は慣らしも後半戦の千葉ツーリングです。

この記事に

開く コメント(2)

あけましておめでとうございます。
今年も天気も良く暖かいお正月となりましたね。冬ですが絶好のツーリング日和です。

本日、今年の初ツーリングに行ってまいりました。
※初詣は車両規制のためまた別途・・・
行きは早い時間だったのでそうでもなかったですが、帰り(お昼前くらい)はこれからツーリングに出かける方と多くすれ違いました。

今日は1月2日ということで、箱根駅伝の往路の日でもあります。
この箱根駅伝の車両規制がかかる前のゴール前沿道は3時間以上前から既に場所とりしてる方やテレビ中継の櫓などでいっぱいでした。選手ってこういうところ走るんだなってちょっと貴重な体験しました。

今日の目的のひとつ・・・VT250F2Fラストツーリングと”ほぼ”同じアングルで
イメージ 1

幸先の良い超快晴ショットです。今年も色々なところへいけると良いな〜・・・

この記事に

開く コメント(2)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事