ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

情け・・日本人特有な感情か?

虚とは?実とは・・昭和時代の後半を強く感じさせられる山田洋次監督、倍賞千恵子、高倉健主演の「遥かなる山の呼び声」ラストシーン・・下川辰平、ハナ肇の演技に忘れていたモノを思いだす。
情け・・涙する高倉健にハンケチを手渡そうとして千恵子が問うのをのを「あぁいいよ」と弁当の箸を止めさり気なく答える場面の下川警務官、その姿は昭和のすがた・・被る帽子は上部の紐を解けば耳を覆う防寒帽子となった。
四十年前には何処でもあったと思わせるシーンの中に山田監督のフィクション創造力の凄さを感じながら視聴。
我々が時間と空間を共有していた列車内をラストシーンに選んだ監督の緻密な計算された最終シーンは待つことで明日への喜びを期待できると思われる急行列車 大雪 の走行>>只今の日本は罪を何処で清算できるのか?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

     <北の旅人 弦哲也 【cover】弾き語り>
           https://youtu.be/2Fh-qFkmtUI

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事