ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

出雲大社

 

七十年の時の流れを少し総括する。(しあわせ演歌)弦哲也

イメージ 1

日本国の多数の人々が自分の生きた記録を残せぬまま、その血縁に依ってのみ生き様の一部は語り継がれると思うが時の移ろいとともにやがて大半は忘れ去られるのが実態か?
古来より伝承された文学に依って生きた証を残された人々は僅かな方々。
 只今の日本は40年前に孫正義氏が予想した電脳社会を迎えようとしている。
彼が米国の大学に通学中、科学情報誌の広告でマイクロチップ見ての奮起がYahoo!ジャパン等への成功に繋がったようだ。(9分過ぎより)
ともあれ、30年前にMS-DS言語を少しばかり学びコンピューターに搭載された情報量の多さに驚愕した、その時に優秀だった数人の級友が卒業後、数年して他界した。その要因は過多の勉強とコンピューターより発生する電磁波被曝も一つだったと現在も思っている。
宇宙よりの電磁波に生物は遺伝的に耐性を持っていると思うが新しい周波数を持つ電波に人体は対応できているのだろうか?時折に訪れた都市の電車内で多数の乗客が携帯電話機等を使用すると胸が締め付けられる感じがしたのは心臓の電気信号に電話機の電波が異常を与えたのではなかろうか?それにしても、凄い社会に生きていると思う日々、先般は出雲大社様の大祭礼に参詣できた。
神の聖地と思うが故に境内地の霊気を足より頂きたく草鞋履き。
片手には電話機を携え美しい稚児行列もムービー機能で撮影、技術力の違いを12年ぶりの撮影と比較して欲しい。

      
イメージ 2



                   
                   
                   
                   
                   
イメージ 3
      
YouTube等の動画サイトを視聴し楽しんだいる方々は日本国では幾人位だろうか?
その楽しむ一人としては10年前の3ヵ月に及んだ入院
生活で元気を持ったのは携帯電話機で偶然に撮影した
山での動画だった。
鳥の囀り、何気ない風景。
山に躰を置いて撮影時の自然の美しさをベッドに横たわり
ながら携帯電話機のムービー機能で画面を食い入るように
視て蘇らせる日々だった。
そのような体験もあり自分には掛け替えのない恩人が宅
近くの #出雲徳洲会病院 に糖尿病末期で入院された折は
著作権法に抵触するのを覚悟で時間のゆるす限り病室に訪れお好きだった演歌、美空ひばり松江市のホーランエンヤ祭の
YouTube動画を設置して有る病室のテレビに映して喜んで頂いたのはせめてものお返しになったか?一世を風靡された御店も撮影し上映、ことのほかの喜びよう。
いずれは病気治療の一貫として映像を使い心を元気させる治療方法が開発されることを期待しているが作業現場で15秒撮影をし、動画の情報を会社等の組織内で共有しようとするサイトも有るようだ。 https://soeasy.tokyo/ 
「聴雪記」

我が家の庭に咲く花に感動し又、蟻の動き廻る姿に美しさを覚え人生の大部分を何処にも外出せずに絵を描いた熊谷守一。
人の心を豊かにするのは美を意識する心の感性か?脳の働き?
最近、YouTubeサイトにある弦哲也作曲の『 北の旅人』に若い頃過ごした北海道の想いを重ね合わせ度々に視聴している。
石原裕次郎の最晩年に提供された曲のようだが心に染み入る。時間が有れば言葉の調べと映像美が容易に見れる只今、何を選ぶかは個々人のやはり感性か?、現代人は省略が下手であるとの謂いを「聴雪記」の作者、大本出口直日教主は記されている。
熊谷守一の作品をお好きだったように聞く。
 @YouTube で視聴する華やかなステージで歌う石川さゆりの映像より囲炉端に水上勉、筑紫哲也氏を囲み化粧もせず弦哲也のギター本で語りかけよう詠うさゆりの姿に心惹かれる。
今はなき筑紫哲也氏の煙草をくゆらせながら至福の時を過ごされた喜びがが伝わる。
禁煙法がスタートでは考えられぬ映像。
人体を通過する様々の周波数の電磁波、もはや細胞増殖時の異変を防ぐには禁煙するしかないようだ。








                     
                          
                          
                          
                          
                          
 
イメージ 4
ご視聴、有難うございました。

                         
                         
                    


                        
 

                               
      









 

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事