防府から政治課題を語る

山口県防府市から 人々の幸せを願って 防府と日本と世界の 現在・過去・未来を見つめる

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全206ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]



西部邁が、今般のアメリカ大統領選挙の結果を踏まえて、日本・アメリカ・世界の現状について縦横無尽の見解を披歴していて面白い。

【Front Japan 桜】トランプ勝利と対米自立への道・西部邁氏[桜H28/11/10]

西部は、ヒラリーが勝つとの誤った予想をした数多の識者の中でも、特に一人だけ藤原帰一の名前を挙げている。藤原帰一は東大法学部の政治学教授だ。藤原は投票日直前にツイッターで次の通り書いていた。

藤原帰一@kiichifujiwara 2016年11月7日
クリントン候補が大きく支持を拡大するとも考えにくい。期日前投票を済ませた人が有権者の三分の一に達していますから、急な事件によって選挙の大勢が変わる情勢ではありません。コーミー長官の前の行動によっても、また今回の行動によっても、クリントン優位は変わらないというだけのことです。



西部の話の中に出て来るキーワードは次の通り。

流れ者の寄り集まりの国アメリカ

日本の会社の社長の給料は社員の給料の約25倍 アメリカの社長の給料は社員の350倍

アメリカの学生は借金をして学習 卒業しても就職できず借金を返せない

アメリカの若者の貯金は約100万円 高齢者の貯蓄はゼロ 高齢者が病気になったら子供たちに縋り付いて治療費を出してもらうしかない

アメリカの会社は、儲けを経営者の報酬と株主配当に回してしまい、設備投資や研究開発はせず、技術力を持つ世界中の会社を買収して儲ける

そんなアメリカの社会を維持できるはずがない

核不拡散条約 日本はアメリカが核の傘を提供する限りにおいて参加するとの政府声明を出して批准 周辺状況が危険になったときは脱退できるという規定あり 北朝鮮はその規定に基いて脱退した

保護領 プロテクトレイト 投票権なし

ブレジンスキー ひ弱な花日本 

オバマ大統領 広島訪問 アメリカの核兵器開発関連予算を3倍増

東京大空襲を計画し実施したアメリカ軍のカーチス・ルメイに日本は勲章を授与 アメリカはドイツには原爆を落とさなかったが 日本に合計16発の原爆を投下する予定だった














































小森義久が次のYouTubeで、トランプが大統領に選ばれた背景として貧富の過大な格差があるという通説は微妙に実態と違うと指摘している。

【緊急特番】トランプ勝利と日米関係の行方[桜H28/11/9]

小森によれば、オバマ大統領の政治に対する白人中下層の怒りがトランプを大統領に押し上げたという。白人中下層はオバマ大統領がもっと下層の貧困層や移民達に対してオバマケアなどの福祉施策を、彼らから取り上げた税金でやっていることに対して怒っているのだという。白人中下層はアメリカンドリームを信じてコツコツとまじめに働いてきたにもかかわらず、それを無視してより下層の連中を支援するオバマ大統領に怒りを募らせたのだという。

しかし、小森が言うとおりだとすれば、それは貧乏人同士が争う余裕がまだあるということだ。自分は、西欧近代文明が爛熟して利己主義に堕した欧米は、トランプが大統領になろうとも変われないのであって、小さな政府を志向するトランプ大統領の下で、強欲がますますを幅を利かして、ますます貧富の格差が過大になり、いずれ貧乏人同士が争う余裕はなくなり、富裕者と貧乏人が直接対立する時代が来ると予測する。

トランプ候補は共和党のエスタブリッシュメント連中と敵対し、グローバル化を推進する民主党とも敵対した。その点では庶民の側に立っているが、しかし法人税率を大幅に引き下げると主張しており、いずれ財政が悪化して、アメリカ政府は借金まみれになり、国際金融資本のカネに縛られると自分は予測する。


ところで、トランプ候補が行った勝利演説の中で、米軍人OBの協力を得たことに感謝すると述べている個所がある。この箇所を読んで、米軍人がトランプを支持していることが分かって興味深かった。先日からの記事で書いている通り、古代ローマでは、民衆を代表するカエサルが、貧乏人の傭兵で構成されるローマ軍団に熱狂的に支持されて、富裕者を代表するポンペイウスを破って専制政治への礎を築いた先例がある。子の先例鑑みると、トランプが米軍人OBに支持されたことは非常に興味深い事実だと自分には思われる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

http://edition.cnn.com/2016/11/09/politics/donald-trump-victory-speech/

Here's the full text of Donald Trump's victory speech


Donald Trump's entire election victory speech 15:14
(CNN)Here is the text of the speech Donald Trump delivered when he became the President-elect of the United States of America:
Thank you. Thank you very much, everybody. Sorry to keep you waiting. Complicated business. Complicated. Thank you very much.
    I've just received a call from Secretary Clinton. She congratulated us. It's about us. On our victory, and I congratulated her and her family on a very, very hard-fought campaign.
    I mean, she fought very hard. Hillary has worked very long and very hard over a long period of time, and we owe her a major debt of gratitude for her service to our country.
    I mean that very sincerely. Now it is time for America to bind the wounds of division, have to get together. To all Republicans and Democrats and independents across this nation, I say it is time for us to come together as one united people.
    It is time. I pledge to every citizen of our land that I will be President for all of Americans, and this is so important to me. For those who have chosen not to support me in the past, of which there were a few people, I'm reaching out to you for your guidance and your help so that we can work together and unify our great country.
    As I've said from the beginning, ours was not a campaign but rather an incredible and great movement, made up of millions of hard-working men and women who love their country and want a better, brighter future for themselves and for their family.
    It is a movement comprised of Americans from all races, religions, backgrounds, and beliefs, who want and expect our government to serve the people -- and serve the people it will.
    Working together, we will begin the urgent task of rebuilding our nation and renewing the American dream. I've spent my entire life in business, looking at the untapped potential in projects and in people all over the world.
    That is now what I want to do for our country. Tremendous potential. I've gotten to know our country so well. Tremendous potential. It is going to be a beautiful thing. Every single American will have the opportunity to realize his or her fullest potential.
    The forgotten men and women of our country will be forgotten no longer.
    We are going to fix our inner cities and rebuild our highways, bridges, tunnels, airports, schools, hospitals. We're going to rebuild our infrastructure, which will become, by the way, second to none. And we will put millions of our people to work as we rebuild it.
    We will also finally take care of our great veterans who have been so loyal, and I've gotten to know so many over this 18-month journey.The time I've spent with them during this campaign has been among my greatest honors. Our veterans are incredible people.
    We will embark upon a project of national growth and renewal. I will harness the creative talents of our people, and we will call upon the best and brightest to leverage their tremendous talent for the benefit of all. It is going to happen.
    We have a great economic plan. We will double our growth and have the strongest economy anywhere in the world. At the same time, we will get along with all other nations willing to get along with us. We will be. We will have great relationships. We expect to have great, great relationships.
    No dream is too big, no challenge is too great. Nothing we want for our future is beyond our reach.
    America will no longer settle for anything less than the best. We must reclaim our country's destiny and dream big and bold and daring. We have to do that. We're going to dream of things for our country, and beautiful things and successful things once again.
    I want to tell the world community that while we will always put America's interests first, we will deal fairly with everyone, with everyone. All people and all other nations.
    We will seek common ground, not hostility; partnership, not conflict.
    And now I would like to take this moment to thank some of the people who really helped me with this, what they are calling tonight a very, very historic victory.
    First, I want to thank my parents, who I know are looking down on me right now. Great people. I've learned so much from them. They were wonderful in every regard. Truly great parents.
    I also want to thank my sisters, Marianne and Elizabeth, who are here with us tonight. Where are they? They're here someplace. They're very shy, actually.
    And my brother Robert, my great friend. Where is Robert? Where is Robert?
    My brother Robert, and they should be on this stage, but that's okay. They're great.
    And also my late brother Fred, great guy. Fantastic guy. Fantastic family. I was very lucky.
    Great brothers, sisters, great, unbelievable parents.
    To Melania and Don and Ivanka and Eric and Tiffany and Barron, I love you and I thank you, and especially for putting up with all of those hours. This was tough.
    This was tough. This political stuff is nasty, and it is tough.
    So I want to thank my family very much. Really fantastic. Thank you all. Thank you all. Lara, unbelievable job. Unbelievable. Vanessa, thank you. Thank you very much. What a great group.
    You've all given me such incredible support, and I will tell you that we have a large group of people. You know, they kept saying we have a small staff. Not so small. Look at all of the people that we have. Look at all of these people.
    And Kellyanne and Chris and Rudy and Steve and David. We have got tremendously talented people up here, and I want to tell you it's been very, very special.
    I want to give a very special thanks to our former mayor, Rudy Giuliani. He's unbelievable. Unbelievable. He traveled with us and he went through meetings, and Rudy never changes. Where is Rudy. Where is he?
    Gov. Chris Christie, folks, was unbelievable. Thank you, Chris. The first man, first senator, first major, major politician. Let me tell you, he is highly respected in Washington because he is as smart as you get.
    Sen. Jeff Sessions. Where is Jeff? A great man. Another great man, very tough competitor. He was not easy. He was not easy. Who is that? Is that the mayor that showed up? Is that Rudy?
    Up here. Really a friend to me, but I'll tell you, I got to know him as a competitor because he was one of the folks that was negotiating to go against those Democrats, Dr. Ben Carson. Where's Ben? Where is Ben? By the way, Mike Huckabee is here someplace, and he is fantastic. Mike and his family Sarah, thank you very much. Gen. Mike Flynn. Where is Mike? And Gen. Kellogg. We have over 200 generals and admirals that have endorsed our campaign and they are special people.
    We have 22 Congressional Medal of Honor people. A very special person who, believe me, I read reports that I wasn't getting along with him. I never had a bad second with him. He's an unbelievable star. He is ... that's right, how did you possibly guess? Let me tell you about Reince. I've said Reince. I know it. I know it. Look at all of those people over there. I know it, Reince is a superstar. I said, they can't call you a superstar, Reince, unless we win it. Like Secretariat. He would not have that bust at the track at Belmont.
    Reince is really a star and he is the hardest-working guy, and in a certain way I did this. Reince, come up here. Get over here, Reince.
    Boy, oh, boy, oh, boy. It's about time you did this right. My god. Nah, come here. Say something.
    Amazing guy. Our partnership with the RNC was so important to the success and what we've done, so I also have to say, I've gotten to know some incredible people.
    The Secret Service people. They're tough and they're smart and they're sharp and I don't want to mess around with them, I can tell you. And when I want to go and wave to a big group of people and they rip me down and put me back down in the seat, but they are fantastic people so I want to thank the Secret Service.
    And law enforcement in New York City, they're here tonight. These are spectacular people, sometimes underappreciated unfortunately. We appreciate them.
    So it's been what they call a historic event, but to be really historic, we have to do a great job, and I promise you that I will not let you down. We will do a great job. We will do a great job. I look very much forward to being your president, and hopefully at the end of two years or three years or four years or maybe even eight years you will say so many of you worked so hard for us, with you. You will say that -- you will say that that was something that you were -- really were very proud to do and I can — thank you very much.
    And I can only say that while the campaign is over, our work on this movement is now really just beginning. We're going to get to work immediately for the American people, and we're going to be doing a job that hopefully you will be so proud of your President. You will be so proud. Again, it's my honor.
    It's an amazing evening. It's been an amazing two-year period, and I love this country. Thank you.
    Thank you very much. Thank you to Mike Pence.
    ---------------------------------------------------------------------






























































    馬淵睦夫が、アメリカ大統領選についてのダマスゴミの予測報道が間違っていたことを次のYouTubeで厳しく批判している。

    馬渕睦夫「和の国の明日を造る」第29回

    同感だ。ダマスゴミは所詮ダマスゴミだ。連中もメシを食っていかなければならないから、飯の食い上げになるような報道はできないのだ。ダマスゴミは、政府のように収入を強制徴収する権限(徴税権)を持っているわけではないから、スポンサーや視聴者に迎合した報道をせざるを得ないのだ。またいよいよの時には政府に迎合した報道をせざるを得ないのだ。

    それは当たり前のことであって、ダマスゴミがいつも真実を報道すると思い込む方がナイーブすぎると自分は考える。

    我々は現実に起こっていることの多くをダマスゴミを通じて知ることが多いから、ダマスゴミがそのような存在であることを常に意識してダマスゴミを視聴する必要がある。さもないと、飯が食えるかどうかで報道内容に手を加えるダマスゴミに知らず知らずのうちに洗脳されて、現実が見えなくなってしまう。

    幸い、現代ではインターネットがあるので、ダマスゴミが報道しないような情報や主張を視聴できる。それらを見比べ、聞き比べて、なにが真実なのかを自分なりに判断できるようになってきた。良い時代になってきたものだ。


































    開く トラックバック(1)



    ヒラリー候補は富裕者に対する課税を強化すると公約していたが、ウォール街から莫大な政治資金を得ていることからして、富裕者に対して課税をどれだけできるか疑問だった。

    トランプ候補は法人税の大幅減税を公約しているが、法人税の大幅減税による減収を埋め合わせるために逆累進税である消費税の増税が必要になるだろう。

    だからヒラリーもトランプも、アメリカおよび世界における貧富の過大な格差を是正できず、したがって有効需要が不足するので、各国及び世界は経済の低迷を脱することはできないと自分は考える。トランプ大統領の下での4年間、8年間において、アメリカにおける貧富の過大な格差は是正されず、したがってアメリカの政治経済社会は今以上に騒然としていると自分は予測する。

    古代ローマの先例では、ローマが地中海覇権を確立すると(パックスロマーナ)、グローバル化が進む中で、大土地所有や植民地経営や国際貿易に従事する富裕者たちと土地その他の資産を持たない貧乏なその日暮らしの無産市民とに階層分化し、貧富格差が過大になって、共和制が機能しなくなり、ついに内乱が勃発した。内乱を鎮めたのは、傭兵制によって兵隊になっていた貧乏人たちに支持されたカエサル(シーザー)だった。カエサルは古代ローマのグローバル化を阻止せず、植民地経営や国際貿易は維持した。したがって貧富の過大な格差はそのままだった。しかしカエサルは、軍事力をバックにして富裕者から強制的に税金を徴収して、貧乏人にパンとサーカス(つまり食い物と娯楽)を提供して、治安を回復したのだった。

    トランプ大統領はカエサルとは違って、法人税率を引き下げると言っているから、世界各国も法人税を引き下げざるを得ず、法人税率の引き下げ競争になって、結局、アメリカを始め世界各国の政府部門はますます赤字になり、ますます借金をせざるを得ないに違いない。そして赤字解消のためには逆累進税である消費税率をアップせざるを得ないに違いない。つまり世界各国でますます貧富の格差が過大になるに違いない。したがってまた各国経済および世界経済は有効需要不足で低迷を続けるに違いない。

    トランプ候補は貧乏人の味方のようにふるまっているが、上記のとおりだから、実は富裕者の味方なのだ。ウォール街の国際金融資本は赤字が拡大する政府により多くのカネを貸して儲けることができるし、多国籍企業は法人税減税で税引後利益をより増やせる。富裕者達にとっては、ヒラリーとトランプのどちらが勝ってもOKなのだ。

    アメリカでカエサルに相当する人物が登場するのはまだ先のことだ。おそらく百年内に登場するだろうその人物は、貧乏なアメリカ軍人達に熱狂的に支持される軍指揮官だと自分は予測する。
































    日本人の中には、戦勝国アメリカが実施した戦争犯罪情報戦略(WGIP:War Gilt Information Programme)にやられてしまい、自虐を快感とする負け犬根性に(無意識に)なってしまっている者がかなりいることを、小堀圭一郎と水島総が次のYouTubeで指摘している。同感だ。

    小堀桂一郎★私が安倍政権への期待と信頼を失った瞬間!米国が力を失った今、日本進むべき方向とは?日韓合意は安倍政権最大の愚策! #小堀桂一郎 #水島総

    二人は、日本人の中には、日本人は何をしでかすか分からない民族だと思い込んで、日本人の手を自ら縛ることをもって、自分が道徳的な良いことをしていると勘違いしている者がかなりいるが、それこそ自虐であると喝破している。

    自分はこの二人の主張に同感だ。世界史を見ると、戦勝国が占領した敗戦国の国民を洗脳しようとするのはごくありふれたことだ。洗脳のポイントは、敗戦国の国民が大事にしてきたものが実は無価値であって、戦勝国が価値があるとするものこそ真に価値あるものだと思い込ませることにある。このため戦勝国の価値観に染まった者を敗戦国の各界の責任者の地位に就け、染まらない者をパージするのが歴史上の通例だ。

    また敗戦国の国民に、事実を隠して知らせないことも洗脳のための主要な手段だ。進駐してきたアメリカ軍の軍人は、日本人にひどいことをしたし、日本の文化遺産を収奪したが、それらの事実は報道管制を敷いて日本人に決して知らせなかった。またアメリカ進駐軍が発禁にした図書は膨大な数に上る。西尾幹二がそれらの図書を入手して読み進めていることは周知のとおりだ。アメリカ進駐軍が日本を占領していた間、日本には言論出版の自由がなかったのだ。

    日本人は、手をこまぬいていれば欧米列強に植民地にされかねなかったから、やむをえず、欧米列強の真似をして朝鮮半島や中国に関与していったと自分は考える。日本人は長年鎖国して平和に暮らしてきた民族だ。しかし欧米列強の圧力で渋々開国せざるを得なかったのだ。そんな日本が、欧米列強のような好戦的な侵略国家であるはずがない。欧米列強が日本を侵略国家だと主張するのは、欧米列強自身が侵略国家だから日本もそうに違いないと邪推しているからだ。あるいは自らの侵略性を隠ぺいするために意図的に日本を侵略国家だと声高に主張するのだ。自分の批判されるべき点をそっくりそのまま相手の批判すべき点として声高に主張するのは、独裁中国が得意とするところだが、欧米列強も同じく得意とするところなのだ。

    アメリカによる日本人に対する洗脳から免れるためには、世界史における洗脳の歴史を知るに限る。戦勝国が、占領した敗戦国の国民を洗脳しようとするのはごく当たり前のことであり、世界史では枚挙にいとまがない。そのことを知れば、アメリカ進駐軍が日本占領中に日本人を洗脳しようとして講じた様々な措置に気付くことができる。


































































    全206ページ

    [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

    [ 次のページ ]


    .


    プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

    Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

    みんなの更新記事