ここから本文です
みらブロ
みらーじのオモチャ忘備録。Twitter→@mirapedo3
実写版のアントマンを観た時、凄く面白かったのでこれはフィギュアを買うしか無い!
と、思ったものの日本で展開してるS.H.フィギュアーツでは「シビルウォー」版のデザインで、個人的には実写アントマン版のデザインが好みだった為、コレじゃないなあ…となりました。

イメージ 1

しかしマーベルレジェンド版は映画とデザインが違う!
六本木でやっていた「MARVEL展」に行って分かったのですが、どうやら企画時の仮のデザインのままそれがフィギュアになってしまったみたいなんです。


…と、言うわけで簡単お手軽改造をして実写アントマン版に近づけてみました!

イメージ 2

口が露出していて映画と大分違うデザインだったのを改造しています。

イメージ 3

顎部分を切り落とし、肌色だった部分をシルバーに塗装。
顎パーツを口部に接着し、その横のパイプ状のパーツも口部に付けたパーツに合うように動かして接着しています。

これで雰囲気だけですが、かなり映画に近づきました。


このアントマン。マーベルレジェンドシリーズだけに稼働は相変わらず優秀です。

イメージ 4

ストレスなくアクションさせられるんじゃないかと思いますね!

イメージ 5

イメージ 7

欲を言えば劇中で武器として使っていた「ディスク」が付属してればさらに遊べたなあ…と思いますね。

イメージ 6

しかし、それ以外の付属品は満足出来るものになっています。
まずは羽アリ「アントニー」

イメージ 8

映画劇中でも活躍してただけに嬉しい付属品です。

そしてアリサイズに縮小した状態のアントマン。

イメージ 9

羽アリに乗せるために座った状態での造形です。これが本当に小さい!

イメージ 10

コップのフチアントマン…みたいな感じでも遊べて楽しいです。

そして敵である「イエロージャケット」

イメージ 11

これも縮小したサイズです。

アントマンとイエロージャケットの極小の戦いが再現できるようになっています。

イメージ 12

これだけでかなりお得感あります!
まさかライバルキャラまでついてるなんて…!


実写版のアントマンはMARVEL実写映画の中でもかなり好きな作品の一つですね。

イメージ 13

アントマン自身のデザインは漫画版に比べてかなり思い切ったアレンジをしてると思います。

イメージ 14

しかし、それがまるで仮面ライダーのような強化スーツでカッコいい!!

イメージ 15

アントマンはストーリー的にもダメな男がヒーローになっていく過程を丁寧に描いていて凄く楽しめました。

イメージ 16

今見ると僕自身父親になったのも相まって勇気をもらえる作品ですね…

イメージ 17

デザイン、ストーリー含めて素晴らしい作品でした。
アリも可愛いしね。


このMLアントマン、身近な物と並べるだけで縮小した世界観が楽しめるんです。

イメージ 18

イメージ 19

これが中々楽しいんですよね…!
この大きさのビールやワインを楽しんでみたいですよね(笑)
しかしアントマンは縮小状態でヘルメットを外すことが出来ないので、ビールやワインを「浴びる様に」飲むことは出来ないらしいです。残念。



前に紹介したMLスパイダーマンと。

イメージ 21

お互い「虫」系ヒーローとして共演する事はあるんでしょうかね…?
両方とも大好きなヒーローなのでいつか共演を果たして欲しいですね!




と、言うわけでマーベルレジェンドよりアントマンでした!

イメージ 20

お手軽改造でさらにお気に入りになったのは良いんですが、改造前の写真を撮ることを忘れていました…。
シビルウォー版もカッコいいんですが、目がツリ目でデザインも更に洗練されていて「カッコ良すぎ」なんですよね。
このちょっとゴタゴタしててイモっぽい?アントマンが好きなんですよね…!
お気に入りのオモチャです!

この記事に

先日邦訳版アメコミの「グウェンプール」を買いました。

イメージ 12

もともと絵柄がカワイイで気になってたので、邦訳版が出てくれて嬉しかったです。
内容も面白く、そして続きが気になる!…続編が早く出て欲しいですね…。






さて、今日はドライブヘッドよりサイクロンインターセプターです!!

イメージ 1

何気に初のドライブヘッドのオモチャです。


まずはコアであるサイクロンバイパー。

イメージ 2

イメージ 3

カッコイイスポーツカーですね。
塗装が綺麗です。

そして大型ビークルに搭載!
サイクロンインターセプターカーフォーム!

イメージ 4

イメージ 5

ドライブヘッドマーク1に比べて曲線が増え、近未来的になりました。
さらに白色が増えてスポーティーな印象になりましたね。

イメージ 6

フロント部のドライブヘッドのマークはメッキ仕様!
輝いてますね!


そして変形!
サイクロンインターセプター ウォーカービークルフォーム!!

イメージ 7

イメージ 8

ヒロイックでかっこいい!
頭部のメッキが最高ですね。
スポーティーで近未来的でスタイリッシュなロボットです。


武装のAM516マグナム。

イメージ 9

大型の拳銃でカッコいいです。

そして誘導用ライトサーベル。

イメージ 10

まさかのビームソード。クリアの刀身がカッコいいですね!
根元で角度を変えることが出来ます。

フル装備!

イメージ 11

マーク1と比べて攻撃的にになりましたね…!
装備の組み合わせが銃に剣という王道の組み合わせなのがたまらないです!




そして我が家の以前紹介したサポートビークルとシンクロ合体!!

ソニックジェットイーグルとシンクロ合体!

イメージ 13

イメージ 14

サイクロンインターセプタージェットバーニアン!!

そしてソニックドーベルマンジョーとシンクロ合体!

イメージ 15

サイクロンインターセプターヘヴィーアーム!!

黒色が増えて渋めのカラーリングになりましたね。

さらにソニックジェットイーグルとソニックドーベルマンジョーとシンクロ合体!!

イメージ 16

イメージ 17

完成!
サイクロンインターセプターメガマックス!!
手足と羽が黒くて何となくガオガイガー的。

そしてさらに全合体!

イメージ 18

サイクロンインターセプターギガトリニティ!
特別機動隊セットでやった全合体です(笑)


シンクロ合体して特別機動隊のソニックインターセプターマックスと。

イメージ 19

ドライブヘッドは複数体いると楽しさが増して危険ですね(笑)
沢山集めたくなってしまいます。





さらに以前紹介したトミカハイパーシリーズのソニックアロー、ソニックブレイカー、ソニックメテオの合体した基地モードと!

イメージ 20

この基地遊びがやりたかった…!!

イメージ 21

基地を守れ!サイクロンインターセプター!!

ドライブヘッドMK2に何を買うか散々悩んだのですが、ソニックアロー達と同じ「ブルーポリス」のサイクロンインターセプターにしようと思いました。

イメージ 23

統一感が出るので並べて遊んでも違和感が無いのが良いですね!!




さらにソニックアロー、ソニックブレイカーとサイクロンインターセプターを合体!!

完成!
ライジングサイクロンインターセプター!!

イメージ 22

…まあサイクロンインターセプターを乗っけてるだけです(笑)

イメージ 24

強大な災害に立ち向かえ!ライジングサイクロンインターセプター!








と、いうわけでドライブヘッドよりサイクロンインターセプターでした!

イメージ 25

やっと買えたドライブヘッドMK2…!
これでいつでもトランスポーターガイアが買えますね(笑)
これからもドライブヘッドの展開に期待が出来ますね!!

この記事に

みらいよそうズ

お久しぶりです。みらーじです。
最近、家に帰ると息子と戯れて土日になると一日中息子と戯れて…という感じでオモチャにすらあまり触らない生活だったりします。

イメージ 5

というより一人の時間がほぼ消失してしまったというか。
代わりに毎日息子をオモチャにしてます(笑)

イメージ 6

誰かと何かをしてる時間は楽しいのですが、自分の趣味などに打ち込めなくなってしまうのはちょっと考えものですね。



そんな中最近ハマってたものとか。
あんまやってなかったゲームをやろうと思い、買ってからぜんぜんやり込めてなかった「バーチャロンフォース」!
これは限定版まで買ったものの、買って割と直ぐに今の奥さんと同棲してしまい、全然遊んでなかったのを今になって改めてプレイしていました。

イメージ 1

画像は僕がよく使う「バル・バ・チスタ」。
アーケード版に比べてレアリティが高かった機体が出やすくなってより多くのバーチャロイドで遊べるようになったのが特徴です。

イメージ 2

画像は衝撃の幼女ロボ「ガラヤカ」。
バーチャロンは来年2月に新作も出るので楽しみです。




奥さんと仮面ライダークウガを観てたりもしました。

イメージ 4

僕は4度目の視聴ですが、奥さんは初めてという事で夫婦揃って楽しんでました。
やはりクウガは何回観ても素晴らしい作品ですね。



あんまり触る時間が無いものの、オモチャも買いました。

イメージ 3

ドライブヘッドより、サイクロンインターセプター!
これは近々記事にしたいですね!



そんなこんなで記事の更新は出来てませんが、僕は元気です!

この記事に

BCR 仮面ライダービルド

新しい仮面ライダー、ビルド2話時点では中々面白そう!
といった感じです。我が家では妻共々楽しく観ています。
日曜日になるのがいつも楽しみですね。

そんな仮面ライダービルドから「ボトルチェンジライダー(BCR)シリーズ」より仮面ライダービルド、ラビットタンクフォームを早速紹介です!

イメージ 1

イメージ 2

このBCRビルドが発売されるのを楽しみにしていて先週だと勘違いしてたほどです(笑)


早速開封!
本体は2分割された状態で入っています。

イメージ 3

赤い方がラビット、青い方がタンクです。

それでは合体!

イメージ 4

本体同士をスライドさせるように合わせて行きます。


そして完成。
仮面ライダービルド、ラビットタンクフォーム!

イメージ 5

イメージ 6

ラビットタンクはビルドの基本フォーム、素早い動きで敵を撹乱し強力な攻撃を繰り出します。
赤と青のカラーリングがアメリカンな感じがしてとても好きです。

背中にあるボタンを押して押し出すことで合体解除が出来ます。

「鋼のムーンサルト!」

イメージ 7

さぁ、実験開始だ!!

イメージ 8

付属品には武器のドリルクラッシャーの剣モードが付属します。

イメージ 9

ドリル状の剣という中々見た目にインパクトのある武器ですね。

イメージ 10

イメージ 11

劇中だと1話からしかもガンモードで出てたので変形できたのか…と驚きました。
ガンモードは第2弾にでも付属するんですかね。


そして可動について。

イメージ 12

ギミックの都合上、首と腰が回せない仕組みになっています。

イメージ 13

動かしてみると意外に気にならないと感じますね。

イメージ 14

しかし人によっては正直物足りなさを感じるかもですね…。

イメージ 15

可動を重視するならばS.H.フィギュアーツを待った方が良いと思います。


ちなみにベルトのハンドルはちゃんと握れます。

イメージ 16

イェーイ!
ハンドルが片側に付いてるベルト…ということでなんとなく仮面ライダーXのベルトを連想させます。


必殺!
ボルテックフィニッシュ!!

イメージ 17

必殺キックで決めろ!!
今のところ毎回必殺技をちゃんと計算してるという描写が面白いですね。


前回のライダーであるエグゼイド(LVURシリーズ)と。

イメージ 18

大きさは同じくらいですね。
触ってるとなんとなくビルドのほうがガッシリした体格に感じます。
しかし同じシリーズの作品なのにここまで毛色が違うのか…と驚かされますね(笑)





と、いうわけで早速BCRシリーズの仮面ライダービルドでした!

イメージ 19

かなり期待してたオモチャで、期待通りの面白ギミック、素晴らしいプロポーションで満足ですね!
可動に関しては実際寂しいところもあるのが事実です。
が、遊んでると存外気にならないものですね…!
このシリーズの次弾もたのしみです!!

この記事に

僕は中学生の時にはじめてアメリカンコミックに触れたのですが、その初めて手にしたアメコミが2000年頃に展開していたアルティメットスパイダーマンでした。
当時原宿にあったブリスターによく行ってましたね。

そんなこともあって僕がアメコミヒーローで一番好きなのは誰か?
と聞かれればやはりスパイダーマン。
という訳で今回はマーベルレジェンドよりHomecomingシリーズのスパイダーマンです!

イメージ 1


ホームカミングの映画公開前にスパイダーマン熱が高まったのと、前回紹介したアイアンマンからアメコミフィギュア熱が高まったのが相まって映画公開1ヶ月くらい前に買いました。

イメージ 2

イメージ 3

スパイダーマンが一番好きなのはアメコミヒーローのくせにMLシリーズで持ってなかったという…。

この時スパイダーマンのアクションフィギュアが欲しかった時期で、S.H.フィギュアーツなんかも検討したんですけど手を出しやすい値段帯でいろんなバージョンがあるMLが良さそうだと思ってチョイスしました。

イメージ 4

開けてみるとスタイルも良好!

イメージ 5

劇中に比べると若干筋肉質ですが、メリハリがあって良いです。
そしてこのスパイディ、良いケツしてます(笑)

イメージ 24



付属品も充実しています。
まずはウェブを射出するときのポーズの手パーツ。

イメージ 6

やはりスパイダーマンといえばこの特徴的な手ですよね。

イメージ 7

両手ともに付属しています。

イメージ 8

ウェブが付属してないのが残念ですが、この手があるだけで雰囲気バッチリです!


そして表情違いの顔。

イメージ 9

ホームカミングのスパイディはコミックのように目の大きさが変わるので、そのパーツが付くのは嬉しいですね!


さらに予告映像にも写っていた「ウェブ・ウイング」のパーツも付属。

イメージ 10

これは嬉しい!スパイダーマンのコミックでも初期の頃によく描かれていたイメージです。

イメージ 14

昔は「この脇に張られてるクモの巣なんなんだろ…」と思ってました(笑)

イメージ 11

ホームカミング劇中だとグライダーのように滑空していましたね。

イメージ 12

そういえばジェットマンも脇あたりにウイングを展開してたりしましたよね。

イメージ 13

有名なコミックスの表紙のアートのイメージで!



可動はかなり優秀です。

イメージ 15

アクションフィギュアとしては申し分ない素晴らしい出来ですね。
おおよそスパイダーマンらしいポーズはほとんど取れるんじゃないでしょうか。

イメージ 16

これでウェブが付いてたら楽しさ倍増ですよね…。

イメージ 17

なので最近は自作を考えています。

イメージ 18

ちなみにホームカミングの映画はかなり面白かったです。

イメージ 19

ただ、MCU「ありき」の映画だったので単品作品としてはもの足りなく感じる人もいるかもしれませんね。

イメージ 20

僕的に過去作品含めて一番好きな映画作品は「アメイジングスパイダーマン2」でした(笑)

イメージ 21

しかしホームカミングも明るめの作風、現代に合った世界観などは素晴らしかったですね。

イメージ 22

映画で共演したアイアンマンと。
ホームカミングに出てきたアイアンマンは新たなスーツでした。

イメージ 23






と、いうわけでマーベルレジェンドのスパイダーマンでした!
大好きなスパイダーマンの出来のいいアクションフィギュアが手に入って凄く嬉しく、とてもお気に入りです!

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事