全体表示

[ リスト ]

落下する歌とマイメロ、そこへ鶴パパがやって来てクッションに、1バウンドして真菜と小暮がキャッチ。
柊はダークパワーに乗っ取られて変身し巨大化してしまう、クロミは柊にしがみ付くも攻撃を受ける。
ダーク柊はバイオリンで第二楽章を弾き出す、すると空が晴れて悪夢魔法にかかってた皆は元に戻った。
大臣曰く、これから世界中の人々の夢が吸収されていく、早くドリームパワーを発動しないと。

一方バクはクロミを助けに必死で柊に近づこうとするがあっけなくやられてしまう。
バクはヤケクソで茄子の神様に神頼み、すると本当に茄子の神様が現れ力を授かる、再度ダーク柊の元へ。
何とかバリアを潜り抜け茄子ビームを発射、だがやはりダークパワーの力は強大でバクは墜落して行く。
そうこうしているうちに、世界中の人々の夢が次々と消えて行く。

夢野家へやってきた歌達、やせ細った美紀が居たが何とかポエムは完成したようだ。
マイメロは集めたピンク♪100個を放出、♪が楽譜となり美紀が書いたポエムが光り出した。
その光りは歌達に降り注ぐ、ピアノちゃん&マイメロを含んだ7人は夢防衛少女隊として変身した。
タクトも光だした、ピアノちゃんが伴奏開始、しかしタクトが重くて振れずマイメロは倒れてしまう。

一度倒れたバクだったがそれでもクロミを救う為に最後の力を振り絞りダーク柊の体を登って行く。
クロミは言う、何故そこまでして自分を助けるのか、裁判でのクロミの姿に心を打たれたからとバク。
ダーク柊はバクごと髪を振り下ろし攻撃、そこへクロミが助けに入るが最後の最後でバクが守る。

タクトを振れないマイメロを励ましていると、皆の所に黒い固まりが落ちてきた。
現れたのはクロミと黒焦げになったバク、バクは何とか一命を取りとめたようだ、喜ぶクロミ。
するとクロミにも光が振り注ぎ変身、夢防衛少女隊の一員となる。
再びピアノちゃんが伴奏開始、皆は歌い出すが、やはりタクトが重くて振れずマイメロは倒れてしまう。

そこで王妃様の提案でマイメロは夢野家内で修行する事となった。
修行には王妃様・歌・真菜・マイメロのおばあちゃんが付き合う、残りの皆は外で待機。
あまりにもマイメロがモタモタしすぎるので、王妃様は魔法で時間を早める。

修行は1年間に及んだ、無事修行を終え皆は外に出る、しかし外も時間が経ってた為、死の世界に・・・
これでは子供を含めた視聴者が納得しないと王妃様は1年前に時間を戻し、外へ。
修行の成果を披露するマイメロ、タクトを軽々と振ると、風がヒュンヒュンと音を立てる。

夢防衛少女隊キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!
みんな可愛すぎ、歌ちゃんが一瞬キュア・ホワイトに見えたのは置いておこう。w
それぞれ衣装が違うんですよね、皆がスカート姿の中、琴ちゃんだけがパンツルックだったのが。('A`)
まさかクロミも一員として一緒に歌うのは予想外でした、できるならクルミ・ヌイ姿で歌って欲しかったな。
クロミが光だした時にクルミ・ヌイ来る?と期待してたんですけどね。

引っ掛けEDにワラタ、普通ならキャストが出るのに出てこなかったから何か変だと思ってたんですよ。
そしたら王妃様が乱入だもん、「全国のちびっこ達を泣かせるわけには行きません」にニヤリ。
しかし王妃様の時間を進めたり戻したりする魔法、何でもありというか無敵じゃん。

茄子の神様にもワラタ、地域密着型だし、大体茄子パワーって何だよ。
それに折角出てきたんだから、少しぐらいダーク柊を止めるのに貢献してくれよ。w
最初に夢を吸い取られた外国人、南半球から進行してたのを考えるとオーストラリア人か?細かいな。
あとCMで流れてた柊先輩のバイオリンCDに吹いた、ヤバイちょっと聞きたいかも。

今回は前回の緊迫回から最終回への谷間だから嵐の前の静けさと思いきや
マイメロに限りそんな事はなく、ギャグ満載で色々と笑わせてもらいましたよ。
そんな中、バクの活躍が目立ちました、クロミを救う為に必死に頑張るバクの姿は輝いてましたね。
最後の最後まで身を呈し真っ黒焦げになりながらもクロミを守る、あんた立派だわ。
クロミも貧しいバク家族の為に盗みを働き、バクの罪も被る、実際は悪い事だけど本当良い娘です。
マイメロ達が馬鹿してて、クロミとバクが正統派を貫いてフォロー、普通立場は逆でしょ。w

落下する歌ちゃんは真菜がキャッチ、う〜んここは是非とも小暮が救って欲しかった。
次回最終回だから1期でのラブラブは見れないでしょうね、ラブラブは2期に期待しますか。

次回はいよいよ最終回、それなのにマイメロに緊張感が全く無いのが笑えます。
マイメロがタクトを平然と振ってる姿が怖い((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
予告で呟いてた「温泉」が非常に気に成る、どんなラストが待ってるのか楽しみです。

閉じる コメント(10)

顔アイコン

こんにちは♪いつもお世話になっています☆今回のお話もとってもおもしろかったですね〜〜♪♪「なすびの神様」と「ニセエンディング」はおもわず大笑いしちゃいました(爆) 「クロミ様」と「バクくん」がお互いをかばいあうシーンはとっても感動的でした。。。; ; いよいよ来週は最終回ですね♪ちょっと寂しいですけど・・とっても素敵なお話になったらイイナ!(笑)

2006/3/20(月) 午後 4:49 [ セイロン*ティー ]

顔アイコン

今週もスーパーカオスでしたねww 夢防衛少女隊とか引っ掛けEDとか、マイメロスタッフは相変わらずGJです!d(´∀`*) マイメロのあの無表情な顔でタクトをブンブンふられたらめちゃめちゃ怖いんですけど((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル とにかくどんなラストが待ってるのか自分も楽しみです!

2006/3/20(月) 午後 8:38 サキト

顔アイコン

こんばんは。お世話になっております。歌ちゃんだけコスチューム白いんですね。マイメロに「救う」と言われてしまった地球の立場はないも同然ですが、来週どんな目に遭ってしまうのか気が気でなりません。

2006/3/20(月) 午後 9:32 [ 東目堂 ]

>セイロン*ティーさん 茄子神様、偽ED、最終回目前でこの展開、誰が予想したでしょうね。 バクもちゃんと見せ場を作ってくれてマイメロスタッフには感謝ですよ。 できるならクロミはクルミ・ヌイとして夢少女防衛隊に加わって欲しかったですけどね。^^ 最終回はこのスタッフだけに何が起こるのか逆に怖いです。w

2006/3/21(火) 午前 0:20 AGAS

>サキトさん 本当カオスを通り越してスーパーカオスでしたね。 一応敵に対しての緊張感を醸し出す役目はクロミとバクがやってくれたので良いですけど、遊びすぎ。w マイメロは地球を救う意味を間違えてるかもしれません、タクト持たせたら何するか分かりませんよ。 最終回、とりあえず落ち着いて見ようと思います。

2006/3/21(火) 午前 0:22 AGAS

>東目堂さん 歌は一応リーダー?ですから白いんでしょうね。 ↑でも言いましたが歌の服はキュア・ホワイトですよ、真菜は男っぽいからキュア・ブラック、まさに「ふたりはプリキュア」。w マイメロがタクトで地球を壊したりしないかと若干恐れております。 最終回、既にドキドキしてますが、楽しい終わり方を望みたいですね。

2006/3/21(火) 午前 0:25 AGAS

顔アイコン

こんばんは♪遅くなりましたが、TBお返しします☆ 今回もスゴかったですね!ホントマイメロの緊張感の無さは、回を追う毎にひどくなってると思います(笑) ネタも進化しすぎです。ニセEDに、最後の恐怖のびゅんびゅんマイメロ・・あれは見事でした。。 あっ琴ちゃんだけパンツなのは気が付きませんでした・・なんかゴーグルみたいなのしてるのは、何なんでしょう・・。

2006/3/21(火) 午後 11:32 [ ちあき ]

ちあきさん、毎度のTB&コメント有難う御座います。 ギャグで遊びすぎですよね、でもそれがマイメロクオリティなのです。 マイメロって♪関係になるといつも受動ですから、ひょっとして何も考えずに行動してる?と思う時がありますw、でも今回ラストで地球を救うと言ってたから安心しました。 琴ちゃんのゴーグルは何でしょうね、アクセサリー代わり?可愛いからOKです。^^

2006/3/22(水) 午前 1:05 AGAS

顔アイコン

こんばんは。今回はすごいギャグ連発でしたね。そんな中で王道展開を繰り広げていたバクとクロミ。逆にマイメロ組は終始ギャグに徹していてそのへんのさじ加減も絶妙でした。というかあの歌超欲しいw中毒性のある歌はついついハマってしまう。あの歌で世界が救われるってのがまたなんともいえません。

2006/3/22(水) 午前 4:19 [ ダース ]

>ダースさん マイメロスタッフは凄いの一言です、何回吹いたんだろう。 ギャグが全体の8割ぐらい締めてましたよね、バクとクロミが何とか頑張ってくれたお陰で多少の緊張感はあったから良かったですが。w 確かにあの歌で世界が救われるのはちょっと待てと言いたいです、奏が恰好が恥ずかしいと言ってたけど歌詞の方が余程恥ずかしいですよ。 あの歌はベスト版に収録されるとCMで紹介されてました、持ってる曲もあるので買おうか迷う所です、柊先輩のバイオリンの曲も気に成りますね。

2006/3/22(水) 午後 9:28 AGAS

開く トラックバック(15)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事