全体表示

[ リスト ]

脚本:高木登 絵コンテ:名村英敏 演出:孫承希 作画監督:秋山由樹子・鈴木彩子 総作画監督:岡真里子

先週の予告で、「聞き届けたり」が無かったから、お仕置きが無いのは覚悟してましたが
やっぱお仕置き描写は必要ですね、それが無かった今回は余計に話が暗くなっちゃいましたよ。

今回の主人公、細野颯太、犯罪行為は止めましょう。
一目連「まるでストーカーだねえ」、もっくん、まるでじゃなく本当にストーカー行為ですよ。
写メール撮ったり、フォトショップでそれを加工するのは不味い、てか、持ってる携帯カメラの性能が良すぎ。
あんなにズームしてもボケない機能なんてありえねえ、携帯カメラに望遠レンズでも付けてるのかな。
紀和子の携帯番号知ってるのにも驚いたよ、どうやって知ったんだ?

保健室登校になった理由はなんでしょうね。
「知り合っても彼女の事を嫌いに成るかもしれないし、そういうのが嫌なんですよ」
そんな事言ったら恋愛どころか、人付き合いも無理じゃねえか。
両親もこれまたどうしようもない人達で困ったもの。
父親は怒るだけでは駄目、文句を言うのも逆効果、学校には行ってるんだから暫く黙って様子見が吉。
母親は甘やかしすぎ、学校に苦情なんか送るなよ馬鹿、朝食は洋食和食どちらかに統一しろ。

紀和子を想ってる理由は、昔クラスメイトが自分をからかう中、紀和子だけが笑わなかったから。
それから彼女を意識するようになり、見てるだけでいいという、ストーカー行為に変わった。
細野にとっては生きていく上での糧、心の支え、ある意味、紀和子は細野を救ってたわけだ。
だから今度は自分が彼女を救う番、しかしどうしてもできなかったんだなこれが。

生きる気力の無くなった紀和子を見て幻滅、自分の不甲斐なさも加わって泣いたんでしょう。
まさか、紀和子が男とエッチしたのがショックで泣いたんじゃないよね。
杉田と付き合ってる時点で非処女確定、杉田がヤラずに後輩に貸すわけが無い。

ゆえに居心地の良かった保健室や自分の部屋、つまりサブタイの「陽の当たる場所」も必要なくなった。
結果、生きがいを無くした細野は殺人に走って終了。
最後に男を見せてくれたよ細野は、自分で悩み考え行動したんだからね、骨女も誉めてましたよ。
しかし何故その行動力を紀和子のレイプ回避に使わなかったんだ。orz
迷惑だからとかどうでもいいじゃないか、ただ助けるだけの話でしょ、自意識過剰なんだよ。

気に成った事が1つ。
細野の部屋からあいちゃんが消え、細野が再度地獄通信をネット検索してたシーン。
検索だから「Not Found」の表示はありえません、ググってNot Foundは可笑しいんです。
普通なら「地獄通信に該当するページが見つかりませんでした」と表示されますよね。
あーでも、キャッシュ防止の為に地獄通信に関する検索機能を全て消したとも考えられるか。
だとすると、あいちゃんは相当なハッカーだな。

ボーリング場に流れてたBGMが1期OP「逆さまの蝶」、ちょっと嬉しかったです。

新田紀和子役に小林沙苗キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!
地獄少女最高ですねぇ、私の好きな女性声優ばかり出てきますよ。
きわこって変な名前だけど私はタイプ、ビンゴです、おでこの具合が塩梅で可愛いなぁ。
2期では今のところ一番可愛い女の子ですね、沙苗ボイスは萌えるわ。

車に乗って彼の部屋に入ったって事は、紀和子はエッチする覚悟はしてたんでしょ。
まさか彼ではなく彼の後輩にヤラレちゃうなんてね。
でも紀和子は良い勉強に成ったと思う、男は馬鹿で狼なんだから、肝に銘じておくべし。

これまでの依頼者は、ターゲットが地獄送りされて、刻印を刻まれても、
大体の人は吹っ切れて明るくなったり、事実を素直に受け止めたりしてたけど
紀和子のように、気持ち悪くなったり、どうすればいいんだと絶望感漂ってたキャラは初めてですね。

ところで、紀和子が受け取った藁人形は誰なんでしょうか、
先程糸を解いた、保健室に骨女が居たと考えると、一目連or輪入道のどちらかになります。
前回は輪入道、2話連続で同じキャラが藁人形になった事はないから、一目連で確定かな。
そうなると、6回中3回一目連が藁人形になってる計算になります、忙しいなもっくんは。

きくりが輪入道を「ハゲ」、骨女を「年増」呼ばわりしてたのには吹いた。
じゃあ一目連は何なんだろう、「色男」や「お兄ちゃん」かな。w
輪入道達がきくりの言動をスルーしたり、あいちゃんがダラケてるのを見ると、きくりはあいちゃんの一部か?

6話まで終了しまっしたが、あっち系が多すぎな気がしますねぇ。
1話はレズでSな先生、2話はレイプ殺人、3話は合意セックス、5話は妄想セックス、6話はレイプ。
4話以外全部じゃないか、あと、2話、4話、6話と殺人ネタも多いのが目立ちます。
こんなにエロくて危ないものが詰まってるのに面白い地獄通信、これからも見守っていきましょう。

最後にあいちゃん詰め、「あたしは正義の味方じゃないわ」、仰る通りです。
あいちゃんが最後に細野の前に現れたのは、人殺しを止めようとした優しさなんでしょうね。
決定ボタン押さなかったのに現れたのを見ると、気には成ってた模様。
自分の手で人を殺すのなら商売あがったりですな、振られて可哀想なあいちゃんでした。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

「正義の味方じゃない」地獄通信はたとえ依頼者が悪者でも依頼は遂行しなければいけない。自らの手を汚してまで紀和子への罪滅ぼしを起こした。でも罪を罪で償うのは当然NG、やはり今回も暗すぎです(つд`)

2006/11/15(水) 午後 1:47 いざよい

顔アイコン

十六夜さん、その台詞はあいちゃんの押しが駄目なら引いてみろ作戦だったかもしれませんね、まー地獄送りしてる時点で正義もへったくれもないんですが。 細野は落とし前をつけた点では最後は立派だったかと、ただ泣くだけじゃ変わらないですからね、しかし殺人はいかん、精々ボコボコに殴るぐらいにしないと。 あーでも5話の麗音の言う「消防法」wが守ってくれるので、殺人でもすぐにシャバに出てこられますね。

2006/11/15(水) 午後 9:32 AGAS

開く トラックバック(30)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事