全体表示

[ リスト ]

脚本:高橋ナツコ 絵コンテ・演出:中山岳洋 作画監督:野口和夫 総作画監督:岡真里子

毎度ナツコさんはやってくれるなぁ。
兄はオカマだと予想してたのに、女装で男を魅了するモデルさんだったとは。
おまけに近親相姦、予想の斜め上を行ってました。
兄が妹を溺愛して体を求めてくるってのは昔から使われるネタなんでしょうけど
女装して男を誘惑するのは変態です、そりゃ、きくりも「きもーい」と言いますよ。

私にも妹は居ますが、そういう感情は一切無し。
彼氏が出来て実際会った事あるけど、別に何とも思わなかったし、当然憎む事もなし。
それに「お兄ちゃん」って1回も呼ばれた事ありません、呼び捨てです。w
でも妹の存在ってのは特殊だと思います。

閑話休題、幹夫は真帆の彼氏候補に自分の正体をバラしたのでしょうね。
バラさなかったら、男達は苦い思い出として胸に仕舞い、普通に真帆と付き合うはずだもんね。
幹夫が朝帰りだったのを見ると、実際にヤッた後でバラしたんだな。
流石にセックスは出来ませんが、まー男でも男を満足させる方法は色々あるわけで・・・

真帆に告白し、レイプ未遂で完全に嫌われた幹夫。
男としての自分は嫌われた、男だと傷つけてしまう、もう女として美紀を守っていくしかない。
って事で女装して街をフラフラ、ナンパ男に声をかけられ
「良いわよ、その代わり、妹には手を出さないでね」、あちゃー、完全に精神崩壊しております。

あーあー、妹さえ愛さなかったら普通の良いお兄さんなのにね。
かっこ良いし、人気モデルだし、金は持ってるし、おまけに料理は上手。
こんな男、女が放っておくはずが無い、幹夫に彼女は居なかったのか?それとも作らなかったのか?
しかし、先に味噌汁だけ食べさせるのはどうなんだろう、ついでに御飯も出せばいいのに。
てか、またシチューですか、シチューが好きだねこの作品は。

幹夫を演じてたのは森久保祥太郎さん。
この方、OVA「僕は妹に恋をする」で、妹を愛するお兄ちゃん役を演じております。
だから全く違和感なかったです、むしろ適役なのです、ちなみに妹を演じてるのは中原麻衣。

牛丼食べたてた輪入道が何か人間臭くてワラタ。
そうそう、輪入道の言うように、人間、超えちゃならない一線というものがありますよね。
それを止めるのが理性、理性をなくして暴走するのは動物です。
でもタブーに興味がある、触りたい、犯したくなるってのが人間なんだなぁ。

一目連「オレ、ああいうのタイプなんでな」「このオレも嫉妬するいい男だぜ」
BL好きな視聴者サービスの為に発言してるのでしょうか、それともまさか本当に男好き?両刀使い?
アバンでのあにいもうとに興味がある発言は意味深、一目連にも妹が居たっぽいなぁ。

サブタイを「あにいもうと」にしたのは、漢字表記すると「兄妹」となり「きょうだい」と読んでしまうからかな。
ドロドロしたイメージを与える為の視覚演出も狙ってるんでしょうね。

今回の依頼者は須崎真帆。
兄貴に色々とペラペラと話すのを見ると、構ってちゃんだったんだな、つまり、真帆も幹夫が好きだった。
お揃いの茶碗やコップが置いてあったのを見ると、そうとしか思えない、普通なら嫌がりますよね。
しかしそうなると近親相姦となってしまう、一線を超えてはいけない。
きっと彼氏を作ろうとしてたのは、タブーを犯したくないゆえの逃避、代償行動なんでしょう。

藁人形はもしもの為の保険かな。
「もう私、抗えない、きっと今のままでは居られない」と言ってるのを聞くと、もう相当ヤバかった模様。
好きな兄から、告白され、襲わそうになったから、体が疼いたのかもね。
このままだと兄を愛し、落ちるところまで落ちてしまう、だから糸を解いた。

結局両想いだったんだねえ、地獄で再開して、悲願成就される事を願っております。

真帆を演じてたのは神田朱未、神田さん、かんちでしたか。
声をやや押し殺して低めで話してたから、全然気付きませんでしたよ。
キッズは「地獄少女」→「おとぼく」なんですが、今回だけ女装&神田タイムでしたね。

「兄は夜更けに出て行く」「兄は幹夫から美紀に代わるんです」と聞いて
昔、ボキャ天のネタであった「兄は夜更け過ぎにユキエに変わるだろう」を思い出しました。
山下達郎「クリスマスイブ」の歌詞をボギャぶったものなんですが、
このネタ知ってる人は24歳以上でしょうね、放送されたのは13年前ですからね。

今回は久しぶりにお仕置き復活で満足。
真帆に向かって全裸で突進はエロイ、おいおい、あいちゃん側からはアレが丸見えではないか。
でも話が話だけにそこまでぶっ飛んでなかったです、大して悪い事してないもんね。

次回「曽根アンナの濡れた休日」、日活ロマンポルノみたいなタイトルだわ。w
これは骨女が主人公って事で良いのかな、つまり次回は番外編なのかな、千葉繁さんの演技に期待。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

これは展開予想できるわけありませんよ、さすがです! 幹夫は彼女を作らなかったのは確実でしょう、生まれる前から真帆にしか興味なかったということですから^^; お仕置き復活しましたが、伝説と思ってる「能」を越えるときが来るのかw 次回は変化球どころか暴投並の予感ですww

2006/12/6(水) 午後 1:53 いざよい 返信する

顔アイコン

十六夜さん、展開予想は難しいですね、いくら妹のためとは言え幹夫は女装して男を誑かして何の抵抗も無いのが不思議です、ひょっとするとあっちの方にも目覚めたのかも。 生まれてくる前から発言は怖いですね、好きな人が言ってもちょっと引きます。 お仕置きは今一でした、悪事をやったかやらなかったかでお仕置きの厳しさも変わるんでしょうね。 次回はさっぱり読めませんが、なにやら1期の地獄少年話の匂いがします。^^

2006/12/6(水) 午後 9:10 AGAS 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(42)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事