全体表示

[ リスト ]

脚本:大和屋暁 絵コンテ・演出:柳瀬雄之 作画監督:渡辺伸弘

作画クオリティ高、HANJINとGIMC作画は安定してますな、韓国だけどね。
内容は好スタート切るも後半で失速、パロがあるが笑えない、実に大和屋氏らしい話でした。
大和屋氏は銀魂で出来る事をどうしてこっちでは出来ないんだろう、原作が無いと無理?
ふう、8話からの良い流れが止まりつつあるぜ。

サカエ教官のキャラ、無敵だけど頭が悪い、所謂筋肉バカってのはベタだけど良かった。
銃の組み立てでバレルを投げるとか、人命救助で捕鯨したりとか、パラシュート付けずに落下するとか。
カネサカ三佐がまんまシャアで掴みもOK。
銀河防衛隊第18自衛団・第7方面軍・第5機甲旅団・特殊工作部隊所属ってのも○。
アニスも教官のパラシュートに細工してまで勝とうとしてたから、前半は良い流れだったんですよ。

後半に入ると、雲行きが怪しくなってきます。
弱点を知った上で、積極的に教官に勝とうとするエンジェル隊は良いんですが
結局教官に勝つ前に全プログラムを終了してしまった、これが痛い。

そして、教官並に強くなったルーンエンジェル隊は休暇を貰い京都へ。
そこでは男祭りが開催されててサカエ教官と再会、暴走したサカエ教官をやっつける為に
アニス達5人は力を合わせ最終奥義「ギャラクティカなんちゃらファイブアタック」で粉砕。
「強くなったな我が息子達よ」で皆がサカエ教官に駆け寄って終了、おいおい何だこれは?

今回は、ルーンエンジェル隊を再教育させる話。
全プログラムを無事終了させるか、サカエ教官に一度でもいいから訓練の勝負で勝てば、クリアですよね。
だったら、あくまで再教育プログラムに拘って欲しかったなぁ。
サカエ教官の勝負に拘り、ルーンエンジェル隊VSサカエ教官を最後までやり続けるべきでしたよ。
ぶっちゃけ「再教育プログラムを全終了」でのクリアはいらない。
初めから「サカエ教官と勝負し一度でいいから勝つ」が目標で良かったのでは。

ズルしたり何とかして教官に勝つリコ達が見たかったですわ。
エンジェル隊5人にもそれぞれ得意分野があるでしょうから、そこでキャラを立てる事もできたはず。
それがなんですか、プログラム無事終了?、教官に匹敵する力を身につけた?
男祭りで戦ってもね、再教育プログラム中にサカエ教官に勝たなきゃ面白くないと思うんだけどなぁ。

とにかく、間を空けず、再教育プログラム内で教官と決着をつけた方が綺麗に終わったかと。
パワーアップで合体技とか引いてしまうわ、合体はこの前のナノナノで十分。

リコ達の水着姿が見れたのは思わぬ収穫でした、これは大変宜しい。

パロで、まず目に付いたのがエヴァネタ、SOUND ONLYと男祭りでの御神木を握るサカエ教官がそうですね。
カネサカ三佐は初代ガンダム、スカウターはドラゴンボールネタでしょうか。

また、前回は神様だったでじこが今回は御神木役で登場。
裸の男達にもみくちゃにされ、キワドイ部分に乗せられて、最後はボロボロになってスルーされる。
これでもブロッコリーを代表するキャラなんですけどね、何だか可哀想に思えてきた。



閉じる コメント(2)

顔アイコン

ここ数回続いていた見れるレベルを維持できていませんでしたよねぇ、GA2とパロは相性悪いのかも!?

2006/12/10(日) 午後 3:07 [ - ]

顔アイコン

紅さん、ですよね、今回はパロ好きな大和屋脚本だから仕方ないんですけどね、パロはやっても良いですが露骨過ぎると萎え、エヴァとかまんまですからね、塩梅な程度でOK。 レベル維持は残念ですが、次回に期待しましょう。

2006/12/10(日) 午後 8:34 AGAS

開く トラックバック(30)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事