全体表示

[ リスト ]

脚本:志茂文彦 絵コンテ・演出:武本康弘 作画監督:植野千世子

緩徐楽章とは、そのままの意味で緩徐する楽章、ゆっくりとした楽章の事。
adagio(アダージオ)はイタリア語、意味は「落ち着いて、ゆっくりと」。
音楽用語におけるadagioには「ゆったりとくつろいだテンポで演奏せよ」という意味があります。
また、これはラテン語「agio」から来ており、これに前置詞の「ad」が付いて「adagio」となった模様。
ちなみにagioの意味は「安らぎ」、adは「〜へ向かって」、つまり「安らぎへと向かう」って事ですね。

アバン、あゆはもはや新妻そのもの、朝早く起きて秋子さんの手伝いとは感心。
これで料理がバッチリだと良いんだけど、まー料理ベタはあゆの可愛い所だからねえ。

祐一が考えた案は誕生パーティーを開く事、日程は栞の誕生日の1日前、1月31日。
知り合いを呼んで百花屋で行う事に、もちろん香里も参加要請。

行く気が無かった香里も、栞が自分に会いに毎日中庭に来てた事と、机の中の写真を見て考えを改めると。
何だかんだ言って香里は妹の事を心配してるんですよね、妹なんて居ないと言っておきながら
ちゃっかり栞と一緒に映ってる写真を所持、写真の風景から旅行先で録ったものでしょう。
眠ってる栞の隣で静かにと「しー」のポーズしてる香里が凄く良い。

さて百花屋で栞の誕生パーティー。
あまり居られないと言いながら、ちゃっかり長居してる名雪に拍手。
栞のクラスメイト再登場、可愛い、でも名前が無いのは可哀想。
紛らわしいんだけど、祐一が呼んだのは自分達のテーブルに座ってる人達だけですよね。
周りの奴らは学校帰りにたまたま来店した人達、北川を知ってるなんて北川って結構有名人なのか。
正直、北川と祐一のダンスは声に出して笑ってしまった、やりすぎだ、でもGJ。
紺色髪でツインテ赤リボンが居ましたが、まさかONEの乙女ちゃんですか?

皆と解散する際、最後に香里が重い口を開いてくれました。
「栞は、私の妹なんだから」
これを聞けただけで満足、栞にとっての最高のプレゼントです。

いよいよクライマックス、夜の噴水が演出を際立たせてます。
「自分の手首を切った事があるんです」、栞、リスカについて語ります。
3学期の始業式にカッターナイフでリスカする決意をした栞。
香里を送り出し、コンビニでカッターナイフを買い、その夜リスカしようとした時、笑い声が。
それは昼間出逢った祐一とあゆの笑い声、そして二人のやり取りが非常に面白かったのを思い出し
何て自分は惨めな人間だなと悲しんでる事に気付きながらも、笑いが止まらなくて
香里から次の誕生日までには生きられないと聞かされた時も流さなかった涙が沢山流れ
一頻り笑ったら手首切れなくなってしまった。

リスカ部分がカットされなくて良かったです、これがないと栞シナリオじゃないもん。
2話で祐一と栞が出逢うシーン、散乱した物の中にカッターナイフが無くて私は気に成ってたんですよ。
描写はされてなかったけど、密かにあの中にカッターナイフはあったんですね。
栞がリスカしようとするも断念して泣き出すシーンは凄いの一言でした。

自殺を止め、延命してくれた祐一は言わば救世主。
あそこで祐一と出逢わなければ手首を切って死んでいた、まさに奇跡です。
でも祐一は言う、それは栞の強さだ、そして「起きる可能性があるから奇跡っていうんだ」
この台詞、前回の栞の台詞「起きないから奇跡って言うんですよ」の真逆の言葉ですね。
祐一「もし奇跡が起きたら学食で昼飯おごりな」

栞は精一杯生きました、とても充実した一週間だった事でしょう。
夢にまで見た登校、祐一と昼食そして学校帰りの寄り道、ゲーセン行ったりとデートもしましたね。
誕生パーティーで色んな人と出会い、友達も出来、姉の香里もようやく自分に微笑んでくれた。
本当に楽しかった、でももうじき自分は死ぬ、でもまだ自分には行きたい場所、やりたい事が沢山在るのに・・・
「私、多分死にたくないです」
ついに栞の口から本音が出ました。

本当は祐一を好きに成ってはいけなかった、香里みたいに悲しませるだけだから、でも祐一は言う
「俺は栞と遭えて良かったと思ってるぞ」
祐一は願い通り、最後まで自分普通の女の子として扱ってくれた。
じゃあ自分はどうだったんだろう、この1週間普通の子として祐一の前に居られただろうか。
祐一に対して暗い顔してたんじゃないか、私自身、楽しさを表現できたのかな・・・

「私、笑っていられましたか?」「ずっと、ずっと笑っている事ができましたか?」

これって祐一を思っての台詞なのが泣けますよ。十分笑ってましたよ栞は。
しかもこのシーン、噴水がぶわーっと膨れ上がり綺麗なんですよね。
そして午前0時になり、栞の誕生日、祐一がプレゼントしたのはスケッチブック、「ジャンジャン使ってくれ」
「大切にします」と栞は祐一の頬っぺたにキス。

温かいものを買って来ますと自販機へ向かう栞。
10分が経った、だが栞はまだ帰って来ない、ふと栞が座ってた場所を見ると、熱で雪が溶けてる。
まさか熱があるのに今まで我慢してたのか?もしかして途中で倒れたんじゃないか?
自販機に向かう祐一、そこには缶コーヒー、そして先程プレゼントしたスケッチブックが。

「ほんとうに ありがとうございました さようなら」

とうとう、栞との別れの時が来てしまったのだ。
「ハッピーバースデイ、栞」

栞は自販機でコーヒー買って、祐一の所に行きたかったはず。
でも誕生日が来てしまった以上、自分は普通の女の子から病弱な美坂栞に戻らなければならない。
祐一と遭ったらもう離れたくないと思うし、余計別れが悲しくなるだけ。
でもせめて最後の言葉を祐一に伝えたいと、スケッチブックにラストメッセージを込めたんだなぁ。

あなたは奇跡を信じますか?

栞編が終わりました、原作通りです。
栞が居なくなり、どうなったのか全く分からない状態、これで良いんです。
むしろ原作よりも良い終わり方したと私は思いますね。
原作は微妙に状況が分かりにくい部分があったんですが、アニメは綺麗に完結に描いてくれました。
勿論これで終わりではなく続きはあります、京アニですからちゃんとやってくれるはずなのでご安心を。
栞シナリオはラブストーリーですよね、ヒロインからのキスは初ですよ。

次回、「ボクの事、忘れないで下さい」と、あゆの名台詞がいきなり出てきております。
あゆと名雪シナリオ同時進行でしょうね、展開的にはあゆを先に消化した方が良いのかな。



閉じる コメント(8)

顔アイコン

祐一が栞が帰ってくるつもりがなかったのにきづいたのは、誕生日プレゼントのバスケットまでもっていってたからだと私は思いました。 飲み物を買いにいくだけなら、持っていく必要がないものですからね。

2007/2/2(金) 午前 9:04 [ 通りすがりのkanon好き ]

顔アイコン

栞シナリオ、原作でもあんな終わり方なのですねー。でも良い話でした……。そういえばヒロインからのキスは初ですね、18話目にして。栞がリスカを断念して泣き出すシーンは良かったですね。こっちも泣きそうでしたけど。次回は同時進行ですかー、どうなっていくのか楽しみです。

2007/2/2(金) 午前 11:35 [ isamu ]

顔アイコン

通りすがりのkanon好きさん、あーなるほど、そうですね、そっちが正解ですね、プレゼントを全部持って行く必要ないですもんね。 熱があるのに我慢して祐一とのデートを楽しんだってのも、健気な栞が現れて個人的にはアリなんですが。^^ 栞のアイス好きって熱があるせいでもあると思うんですよね、あんなにニコニコしながらも相当無理してたに違いない。

2007/2/2(金) 午後 7:56 AGAS

顔アイコン

isamuさん、そうですね、後はエピローグ→EDで終わりです、舞シナリオのエピローグを後回しにしたのを見ると、栞シナリオのエピローグも後回しにするかと、そして次のシナリオに進むと。 ヒロインとのキスは初ですね、頬っぺたにキスするのが栞らしくて良かったです。 リスカシーンからラストまでは見入っちゃいましたよ、完璧の一言です。 次回はあゆなゆ同時進行ですね、北川の口から出てきた「栞ちゃん〜」の続きも気に成ります。

2007/2/2(金) 午後 8:15 AGAS

顔アイコン

Kanonの感想を読み漁っているうちに辿り着いた通りすがりの者です。思い入れたっぷりの文章、楽しく読ませていただきました。それはそうとカッターナイフの件ですが、最初の出会いのときに、分かりにくいんですが一応描き込まれているようです。拾うときに「カチャリ」という音も収録されているとか。

2007/2/4(日) 午後 7:56 [ どもども ]

顔アイコン

どもどもさん、コメント有難う御座います。 むむむ、カッターナイフは書き込まれてるんですか、私の見落としだったんですね、何と、拾う時の音まで入ってるねすか、ちょっくらDVDで確認してみます、報告有難う御座いました。

2007/2/5(月) 午前 0:19 AGAS

顔アイコン

ずっと気になっていたリストカットの話が出てきてホッとしました。やはりこれがないと栞シナリオじゃないですよねw断念して泣き出すシーンの笑顔と涙の対比が凄かったです。「私、笑っていられましたか?」には涙が出ましたよ。くるとわかっていたのにwさて、あとは栞に“奇跡”が起きたのかどうかですね。

2007/2/5(月) 午後 10:50 nanajigo

顔アイコン

nanajigoさん、ですね、リスカと香里の号泣は栞シナリオの肝ですよね、それがあってこそ後の栞の台詞「笑っていられましたか」が生きてきます、笑いながら泣きながらと、この辺りは上手いですよね。 栞はスタッフから愛されてるのか、栞シナリオは全体的にクオリティが高かったです、涙腺も刺激されるってもんですねえ。 栞の奇跡、信じたいと思います、「奇跡は起きる可能性があるから奇跡」ですから。

2007/2/6(火) 午前 6:57 AGAS

開く トラックバック(64)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事