ミリアのブログ(日本に良い政治を取り戻す)

仕事や選挙に関する活動で返事が遅れる事お許しください。

全体表示

[ リスト ]

◆◆他人に認められないと心が安定しない人◆◆
 
 人間は誰もが、他人に認められると嬉しく思います。また、けなされると辛いと感じます。現実として、他人から認められて、褒められ続ける事などできません。そこで、人間は、自分で自民を認めたり、自分の内面に自己肯定する気持ちを必ず有しています。この気持ちを人間は活用して、内面のバランスを取ります。認められる事を喜び、けなされる事に耐えながら生きていくものです。
 
 ところが、「他人から認められないと心の安定を得られない」という人がいます。自己顕示欲が強いと言い換えてもいいかもしれません。こう言う人は基本的に嫌われます。周囲にいる多くの人からは、「なぜ、あんなにも他人に認めてもらいたい様子なのに、嫌われるような事をするのだろうか。」と思われるようになります。
 こういった人は、自分の思い通りに物事が進んでいるうちは良いのですが、自分の思い通りに進まない状況に陥ると、周囲の者が困るようなことを始めます。
その困る事とは、「他人をけなす」事です。
ここでは、このような人を「ケナスン」と命名した上で、この「ケナスン」の特徴について説明していきたいと思います。
 
■ケナスンの特徴■
(1) 基本的に他人への思いやりはない。ただし、自分を認めてくれる人、自分に賛意を示す人に対しては、度を過ぎるぐらいに褒めたりする。しかし、そういった人が自分に対して反対意見を述べると、手のひらを返したように攻撃を始めます。なぜ、このような行動を取るのか、理由は簡単です。欲しいのは、「自分を褒める行為」そのものだからです。
 
(2) 基本的に他人への思いやりはない。ただし、同情的な発言や親切な発言が多い。また、面倒見が良い事もあり、思いやりを持っているように見える事が多い。ただし、結果を出さない事も多い。なぜなら、同情する優しい人だと思われるのが嬉しいのであって、誰かのために何かをしてあげたいのではない。優しいと評価される自分が好きなのであって、相手を好きな訳ではない。相手にとっての結果はどうでもいいのです。自分が優しい行動を取ったと言われたいだけなのです。
 
(3) 周囲が我慢できるレベル内では、社会やグループに適応しているが、結局度を超えてしまうので、長期的には1つのグループ内に留まる事ができない。もちろん、自分が頂点に立って、自分への批判がない環境であれば、永続的にグループに留まる事はできる。
 
 上記の特徴は、「ケナスン」だけでなくても、普通の人間にも当てはまる特徴です。これだけで、ケナスンを見分ける事はできません。見分けるためには、一連の行動パターンを見守っていく中で、要所をしっかりと把握するしかありません。
 
 
■ケナスンの行動パターン■
★1 自分が認められない状況が発生する
 このとき、すぐにケナスンが本性を現すことはありません。まずは、普通に、自分が活躍できない環境に対する不満を述べます。要するに愚痴です。でも、これは普通の人だって行いますので、特に問題行動ではありません。
 
★2 環境を変えるように働きかける
 ケナスンは、今の自分が認められる事が大好きです。ですから、自分が環境に適応するという考えがありません。その結果、周囲の環境を変えるように主張します。この段階でも、環境を変えるための提案と言う事で、問題行動ではありません。ただ、なぜ環境を変えたいのかという理由を詳しく聞いていった時に、「自分が活躍できない」「自分の気持ちをくみ取って欲しい」というキーワードが頻繁に出てきた場合は、ケナスンの可能性があります。自分が認められない環境への不満が出てくる訳です。でも、この段階でケナスン判定は難しいです。
 
★3 環境改善の主張が退けられた時から「ケナスン」行動が発動する
 環境(組織形態など)改善の主張が退けられるという事は、ケナスン以外の人間は、この環境に適応して活躍している事を意味しています。他の人たちが活躍している環境を無理に変える必要はないとの判断が、周囲にはあります。
 そして、環境改善を主張するケナスンに対して、今の環境でも活躍している人がいるのだから、変える必要はないよと、周囲の者は説得を始めます。この行為は、ケナスンにとっては、「お前の活躍する場所はない」と宣告を受けるのと同じです。自分を変える努力をするつもりがないのですから。
 
★4 活躍している人、環境改善を認めない人への攻撃を開始する
 自分を変える努力はしない。
 環境変える事に失敗。
 この段階で、この場所に自分が認められる方法が残っていない事に気付けば良いのですが、ケナスンには、最後の選択肢があります。
「他人をけなす。」
 この行為によって、他人の評価を下げる事で、相対的に自分の評価を上げようとします。
 
 ケナスンを判定するポイントはここです!!!
 
★5 悪意の自覚なく、人をけなす
 ケナスンは、自分に悪意がある事を知りません。周囲から「けなす」としか思われない行為も、ケナスンにとっては、正当な要求だと考えるからです。しかも、自分以外にも、今の環境では認められない人たちがいる。私はその人たちのためにも戦っていることすら考えます。本当は自分の気持ちだけを満たしたいのですが、それだと周囲からの評価が上がりませんので、周りのために戦っているという構図にしたいのです。
 この状態のケナスンに少しでも賛意を示すと、味方判定を受けて、大歓迎された上に、その一派にさせられてしまいます。
 もちろん、少しでも反意を示すと、敵判定を受けて、けなされるようになります。最初はもっともらしく正論を踏まえてケナスのですが、自分中心の正論なので必ず破綻してしまいます。そして、破綻すると、敵対者に対して人格攻撃をするようになります。
 
 こうなったケナスンは、敬遠される事になります。そして、敬遠されたケナスンは「自分は悪くないのに・・・。」と考えます。
 
★6 無視されると暴走モードに突入する
 程なくして、ケナスンは周囲から相手にされなくなります。すると、自己暴走モードが発動します。相手にされなくなっただけなのに、「陰口を言われている」と考え始めます。
 ケナスンの脳内パターンには
「自分は正しい」
「自分がしている事=普通の人もしている」
 という構図がはっきりと存在しています。ですから、自分が普段行っている「けなす行為」も他の人がしていると考えてしまうのです。
 「相手にされていないだけ→私は陰で攻撃を受けている」
 という脳内変換が自然発生してしまうのです。これを暴走モードと言います。
 
★7 自分が認められないのは、「けなされているのが原因」との結論に達する
 ケナスンの根本にあるのは、「他人に認められないと心が安定しない人」です。
 そして、他人に認められない状況にいると、自分で納得できる「自分が認められない理由」を作り出そうとします。★6の暴走モードに突入すると、ケナスンはある事にはっと気付いてしまいます。
「自分が周囲に認められないのは、環境が悪いのではなかった。自分ならどんな環境でもやれるはずだった。自分が認められないのは、自分をけなす人間がいるからだ。自分をけなす人間を排除しなければ、自分は正当に評価をされない。もちろん、皆も正当に評価されない。よし、皆のために戦おう。」
 
8 自分の悪意VS自分の悪意
 ケナスンは、自分が敵対者と考える相手をけなします。すると、何の根拠もなく、一方的にけなされた相手は、当然抗議したり、説明を求めます。これは、周囲の者から見れば、当然のことなのですが、ケナスンにとっては、自分を追い詰めるための強力な嫌がらせ攻撃に見えます。
 なぜなら、ケナスンは相手からの正当な抗議や、説明要求の中に、自分で勝手に、悪意を付加してしまうからです。
 自分がやっている事は、皆も普通にやっていると考えるので、相手の普通の一言の中にも、相手にはこんな悪意を含ませているはずと勝手に考えるのです。
 特に挑発的に発言している訳ではないのに、ケナスンからは挑発的だと言われたりするのは、ケナスンが自分に向けられた言葉に、自分自身の悪意を上乗せするからです。
 
 「自分の悪意VS自分の悪意」
 
 正当な抗議や説明を要求した者は、この対立構造の中に組み込まれてしまいます。こうなると、誰の言う事も聞きません。聞くはずがありません。本当に心配して「忠告」をしても、その忠告に対して勝手に裏の意図を作って、罠があると考えるようになるからです。
 そして、そういった者も敵対者認定してしまいます。
疑心暗鬼と言うレベルではありません。誰の言う事も信じない。聞き入れないという状態が延々と続きます。
 
★9 ケナスンを退治する方法
 まだ秘密です。
 ヒントは★8にあります。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事