倭人伝を解く

日本史の謎を解いていきたいと思います

全体表示

[ リスト ]

世祖真君四年來朝

世祖真君四年來朝稱其國西北有國家先帝舊墟

世祖真君四年(443)、来朝した。その国の西北に国家先帝(後燕の慕容氏?)の旧墟(旧跡)が有ると称(とな)えた。

石室南北九十步東西四十步高七十尺室有神靈民多祈請

石の室(いえ)で、南北が九十歩(一歩が50僂箸靴凸鵤苅毅蹇法東西が四十歩(一歩が50僂箸靴凸鵤横娃蹇法高さ七十尺(一尺20僂箸靴凸鵤隠苅蹇砲如⊆爾録昔遒有り、民は多くが祈請する、と。

世祖遣中書侍郎李敞告祭焉刊祝文於室之壁而還

世祖(北魏太武帝 在位423〜452)は中書侍郎李敞告を遣わして祭らせた。室の壁に祝文を刊(彫り刻む)して還った。

今日で魏書 烏洛候国伝は終わりです。明日からは魏書 あとがきを訳したいと思います。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事