倭人伝を解く

日本史の謎を解いていきたいと思います

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全749ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ブログのお引越し先

シーサーブログ様に移動いたしましたので、URLをお知らせいたします。

http://wayak.seesaa.net/

若因其時埶

若因其時埶及其虛曠還南虜於陰山歸河西於內地上申光武權宜之略下防戎羯亂華之變使耿國之筭不謬於當世袁安之議見從於後王平易正直若此其弘也

若し、其の時勢に因りて、其の虛曠(から)に及び、南虜を陰山に還し、河西を内地に帰し、上は光武権宜(一時のまにあわせの解決策)の略を申し、下は戎羯乱華の変を防ぎ、耿国の筭(はかりごと)をして、当世に於いて不謬(あやまらない)し、 袁安の議が後王に於いて見従(したがわせる)すれば、平易正直は、此れその弘のごとし。

而竇憲矜三捷之效忽經世之規狼戾不端專行威惠遂復更立北虜反其故庭並恩兩護以私己福棄蔑天公坐樹大鯁

而して、竇憲は三捷の効を矜(ほこる)し、経世の規を忽(ゆるがせにする)し、狼戾(よくばりで道理にはずれる)は不端(限りない)し、専ら威恵を行った。遂に復(また)北虜を更立し、其の故(前)の庭に返した。恩を並べ護(まもる)を両(ふたつ)し、己福(おのれの福)を私するを以てし、天公を棄て蔑み、座して大鯁(おおきなわざわい)を樹(たてる)した。

永言前載何恨憤之深乎自後經綸失方畔服不一其為疢毒胡可單言

永く、前載を言い、何と恨憤の深いことか。後より経綸(国家を治めること)は方を失い、畔服は不一で、其の疢毒と為り、胡(どうして)は単(ことごとく)言うことができるだろうか。

降及後世,翫為常俗終於吞噬神鄉丘墟帝宅嗚呼千里之差興自毫端失得之源百世不磨矣

降って後世に及び、翫(なれる)して常俗と為り、神鄉を吞噬(のみこむ)、帝宅を丘墟(廃墟)に終えた。嗚呼(ああ)、千里の差は毫端より興り、失得の源は、百世に不磨する、と。

贊曰匈奴既分羽書稀聞野心難悔終亦紛紜

贊曰く、匈奴が既に別れ、羽書(将軍が出す至急の命令文)は稀(まれ)に聞く。野心は悔やみがたく、終いまで亦、紛紜(入り乱れる)した、と。

今日で後漢書 南匈奴伝は終わりです。次からは三国志魏書匈奴伝に入ります。ヤフーブログが終了しますので、別のブログに引っ越しをしたいと思います。引っ越し先は明日か明後日にお知らせしたいと思います。ヤフーブログ様には長い間大変お世話になり、ありがとうございました。又、こちらへお見えになった皆様には心より感謝申し上げます。引っ越し後も引き続きよろしくお願いいたします。

天子總攬

天子總攬群策和而納焉乃詔有司開北鄙擇肥美之地量水草以處之

天子は郡策を総攬し、和して納めた。乃ち、有司に詔して北鄙を開き、肥美の地を択(えらぶ)し、水草を量り、之に処(住む)するを以てした。

馳中郎之使盡法度以臨之制衣裳備文物加璽紱之綬正單于之名

中郎の使いを馳せ、法度を尽くして之に臨むを以てし、衣裳を制し、文物を備え、璽紱の綬を加え、単于の名を正した。

於是匈奴分破始有南北二庭焉讎釁既深互伺便隙控弦抗戈覘望風塵雲屯鳥散更相馳突至於陷潰創傷者靡歲或寧而漢之塞地晏然矣

是(ここ)に於いて匈奴は分破し、南北に二つの庭を有することが始まった。讎釁(敵対する)は既に深く、互いに便(機会)隙(すき)を伺い、控弦(弓のつるを引くこと)抗戈(ホコをあげる)し、風塵を覘望(うかがいのぞむ)し,雲屯鳥散、雲のように屯(あつまり)し、鳥のように散り、更に相(互いに)馳突し、陷潰(やぶれる)創傷(きずつく)に至る者は、歲(とし)に或寧(ことによると安んずる)することは靡(ない)で、而して、漢の塞地は晏然(やすらかなさま)としていた。

後亦頗為出師并兵窮討命竇憲耿夔之徒前後並進皆用果譎設奇數異道同會究掩其窟穴

後、亦、頗る出師を為し、兵を併せて討つを窮め、竇憲、耿夔の徒に命じ、前後して並び進ませ、皆、偽譎(あざむく 果(カ)=偽(カ)?)を用い、奇数(奇計)を設け、道を異にして会を同じにし、その窟穴(ねじろ)を究掩(きわめ不意をおそう)した。

躡北追奔三千餘里遂破龍祠焚罽幕阬十角梏閼氏銘功封石倡呼而還

北に躡(いそぐ)して追奔(追う)すること三千余里(一里150m換算で約450厖召蝓法⊃襪卜吟を破り、罽幕を焚(焼く)し、十角を阬(あなうめにする)し、閼氏(后)を梏(とらえる)し、功を銘し石を封じ、倡呼にして還った。

單于震懾屏氣蒙氈遁走於烏孫之地而漠北空矣

単于は震懾屏気(おそれつつしむ)し、蒙氈(毛織の敷き物をつつむ)して烏孫の地に遁走し、而して漠北は空(から)になった。

龍駕帝服

龍駕帝服鳴鍾傳鼓於清渭之上南面而朝單于朔易無復匹馬之蹤六十餘年矣

龍駕帝服して清渭の上に鳴鍾伝鼓し、南面して単于(王)を朝(政治をとる)し、朔、易には、復匹の馬の蹤(あしあと)の無くなること六十余年。

後王莽陵篡擾動戎夷續以更始之亂方夏幅裂自是匈奴得志狼心復生乘凌佚害流傍境

後、王莽が陵篡し、戎夷を擾動(みだす)し、続くに更始の乱を以てした。方(まさに)夏は幅裂(分裂)した。是(これ)より匈奴は志(ねらい)を得て、狼心が復(また)生まれ、乘間(てすきに乗じて)侵佚(侵し攻める)し、害は傍境に流れた。

及中興之初更通舊好報命連屬金幣載道而單于驕踞益內暴滋深世祖以用事諸華未遑沙塞之外忍愧思難徒報謝而已

中興の初めに及んで、旧好を更通(改めて通じる)し、報命(使者が命ぜられた仕事の結果を帰って報告すること)は連続し、金幣は載道(道に満ちる)し、而して単于は驕踞(おごり)益横(ますます勝手気ままになる)し、內の暴(あらあらしい)は滋深(ますます深くなる)した。世祖(後漢光武帝)は諸華に用事を以てし、沙塞の外に未だ遑(いそがしい)せず。忍愧(はじをしのぶ)思難(なやむ)し、徒(ただ)、報謝(恩に報いること)にしてそれ已(のみ)。

因徙幽并之民瘤監崘径患晨霤趁陳褓蜀已清其猛夫扞將莫不頓足攘手爭言衛霍之事

因りて幽、并の民を徙(うつす)し、辺屯の卒を増した。関東が稍定(次第に定まる)するに及んで、隴、蜀は已(すでに)清まると、其の猛夫、扞将(勇敢な将軍)は、頓足(じだんだをふむ)攘手(手をまくりあげる)せずはなく、衛(衛青)、霍(霍去病)の事を争言(争い言う)した。

帝方厭兵嶺文政未之許也其後匈奴爭立日逐來奔願脩呼韓之好以禦北狄之衝奉藩稱臣永為外扞

帝は方(まさに)兵(戦い)を厭わんとし、間(しばらく)文政を脩(おさめる)し 未だ許に之(いたる)さずなり。其の後、匈奴が争い立ち、日逐(比)が来奔し、呼韓の好を脩(おさめる)することを願い、北狄の衝(つきやぶる)を禦(ふせぐ)するを以てし、藩を奉り臣を称え、永く外扞(外のまもり)と為った。

論曰

論曰漢初遭冒頓凶黠種眾強熾

論曰く、「漢は初(以前)、冒頓の凶黠(よこしまでわるがしこい)、種衆の強熾(強く盛ん)に遭った。

高祖威加四海而窘平城之圍

高祖の威は四海に加えられ、而して平城の包囲に窘(苦しむ)した。

太宗政鄰刑措不雪憤辱之恥

太宗の政は刑措に鄰(近い)し、憤辱の恥を雪(すす)がず。

逮孝武亟興邊略有志匈奴赫然命將戎旗星屬候列郊甸火通甘泉而猶鳴鏑揚塵出入畿內至於窮竭武力單用天財歷紀歲以攘之

孝武に逮(およぶ)して亟(しばしば)辺略を興し、匈奴に志(ねらい)を有し、赫然(はげしくおこるさま)と将軍に命じ、戎旗(兵器や旗)は相属(つぎつぎとつらなる 星(セイ)=相(ソウ)?)し、候(見張り)は郊甸(郊外)に列し、烽(のろし 火(フオ)=烽(フォン)?)は甘泉に通じた。而して、猶(さらに)鳴鏑は塵を揚げ、畿内に出入りし、武力の窮竭(つくす)、天財の単用(悉く用いる)に至り、歳を歴紀(順序だてて書く)して之を攘(追い払う)するを以てした。

寇雖頗折而漢之疲耗略相當矣

冦は頗る折(くじく)られたと雖も、而して、漢の疲耗も略(ほぼ)相当した。

宣帝值虜庭分爭呼韓邪來臣乃權納懷柔因為邊衛罷關徼之儆息兵民之勞

宣帝は虜の庭が分かれて争うに値(遭遇する)し、呼韓邪が来て臣になり、乃(そこで)、権(かり)に納めて懐柔し、因りて辺衛と為し、関徼(関所ととりで)の儆(警備)を罷(やめる)し、兵民の労を息(やすむ)した。

全749ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事