倭人伝を解く

日本史の謎を解いていきたいと思います

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全749ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

光和中

光和中檀石槐死時年四十五子和連代立

光和(178〜184)の中頃、檀石槐が死んだ。時に年四十五、子の和連が代わって立った。

和連才力不及父亦數為寇抄性貪淫斷法不平眾畔者半

和連の才力は父に及ばす、亦、数(たびたび)、寇抄を為した。性質は貪淫で、法を不平に断じ、衆の畔(そむく)する者は半分。

後出攻北地廉人善弩射者射中和連即死其子騫曼年小兄子魁頭立

後に北地に出攻し、廉人の弩射の善(上手い)者が和連に射中し、即死した。その子の騫曼は年小で、兄の子の魁頭が立った。

後騫曼長大與魁頭爭國眾遂離散魁頭死弟步度根立自檀石槐後諸大人遂世相傳襲

日、騫曼が長大になると、魁頭と国を争い、衆は遂に離散した。魁頭が死に、弟の步度根が立った。檀石槐より後、諸大人は遂に世(代々)相(つぎつぎに)伝襲(世襲)した。

論曰四夷之暴其埶互彊矣匈奴熾於隆漢西羌猛於中興

論曰く、四夷の暴は、その勢いは互いに強くなった。匈奴は隆漢に於いて熾(さかん)になり、西羌は中興に於いて猛(たける)した。

而靈獻之瞭麥催垣浩俑泊睫壟戸單于之地蹋頓凶桀公據遼西之土

後漢霊献の間(168〜220)、二虜(烏桓、鮮卑)が迭(かわる)して盛んになり、石槐驍は猛で尽く単于の地を有した。蹋頓は凶桀で遼西の土地に公拠した。

其陵跨中國結患生人者靡世而寧焉然制御上略歷世無聞

その中国を陵跨(こえる)し、生人(人民)に患いを結ぶ者は、世(代々)を靡(順応する)させて寧(しずめる)するのである。然るに制御、上略は歴世に聞いたことが無く、

周漢之策僅得中下將天之冥數以至於是乎

周、漢の策は僅(かろうじて)中の下を得る。将に天の冥数(人間の知恵ではしることのできない運命)はここに至らんとするを以てしたのだろうか、と。

贊曰二虜首施鯁我北垂道暢則馴時薄先離

賛は曰く、二虜(烏桓、鮮卑)は首施(うたがいためらう)し、我を鯁(わざわい)し北に垂れる。道(道義?)が暢(盛んに茂る)すれば、馴(したがう)し、時(時勢)が薄(衰える)すれば、先んじて離れる、と。

ここで、後漢書 鮮卑、あとがきは終わりです。次からは、後漢書 南匈奴伝に入ります。

帝不從遂遣夏育出高柳

帝不從遂遣夏育出高柳田晏出雲中匈奴中郎將臧旻率南單于出鴈門各將萬騎三道出塞二千餘里

帝は従わず。遂に夏育を遣わして、高柳に出でて、田晏は雲中に出でて、匈奴中郎将臧旻は南単于を率いて鴈門を出で、おのおの万騎をひきいて、三つの道は塞を出ること二千余里(一里150m換算で約300辧法

檀石槐命三部大人各帥眾逆戰育等大敗喪其節傳輜重各將數十騎奔還死者十七八

檀石槐は三部大人に命じて、おのおの衆を帥して逆戦し、夏育らは大敗した。その節伝(割符)、輜重を喪(うしなう)し  おのおの数十騎を率いて奔還した。死者は十人に七、八人。

三將檻車徵下獄贖為庶人冬鮮卑寇遼西

三将の檻車は徴され獄に下され、贖って庶人に為った。冬、鮮卑は遼西を寇した。

光和元年冬又寇酒泉緣邊莫不被毒

光和元年(178)冬、又、酒泉を寇し、縁辺の毒を被らずはなし。

種眾日多田畜射獵不足給食檀石槐乃自徇行見烏侯秦水廣從數百里水停不流其中有魚不能得之

種衆(鮮卑)は日に日に多くなり、田畜射猟では食を給するに不足し、檀石槐はそこで、自ら徇行し、烏侯秦水(おそらくオルドスの北、黄河の北側に流れる川?)の広従(東西南北?)数百里(一里150m換算で約75辧腺坑悪辧砲凌紂弊遏砲停(とどまる)して流れずを見て、その中に魚がいたが、これを得ることはできなかった。

聞倭人善網捕於是東擊倭人國得千餘家徙置秦水上令捕魚以助糧食

倭人(おそらく包頭市辺り? 倭(ウオ)=包(バオ)?)は網捕が善(上手い)と聞き、ここに於いて東に倭人国(包頭市辺り?)を撃って、千余家を得て、秦水の上(ほとり)に徙置(移し置く)し、魚を捕らえさせて糧食を助けるを以てした。

而欲以齊民易醜虜

而欲以齊民易醜虜皇威辱外夷就如其言猶已危矣況乎得失不可量邪

斉民(庶民)を以て醜虜(鮮卑)を易(あらためさせる)し、皇威が外夷を辱めることを欲して、その言葉の如く就(おもむく)けば、猶(なお)已危(非常に危うい)で、況(ま)してや、得失は量ることができないのだ。

昔珠崖郡反孝元皇帝納賈捐之言而下詔曰珠崖背畔今議者或曰可討或曰棄之

昔、珠崖郡が反(そむく)したとき、孝元皇帝は賈捐の言を納め、而して詔を下して曰く、珠崖が背畔(むほん)した。今、議者は或いは曰く討つべしと、或いは曰く、これを棄ておけと。

朕日夜惟思羞威不行則欲誅之通于時變復憂萬民夫萬民之飢與遠蠻之不討何者為大

朕は日夜、惟思(考える)する。威が行われないことを羞じ、則ち、これを誅することを欲する。時の変化を通じて、復、万民を憂える。それ、万民の飢えと、遠蛮を討たずは、どれを大(大事)と為すか?

宗廟之祭凶年猶有不備況避不嫌之辱哉今關東大困無以相贍又當動兵非但勞民而已

宗廟の祭りで凶年は猶(なお)不備が有る。況(ま)してや、不嫌((むほんを)うたがわない)の辱めを避けるだろうか。(辱めをうける)今、関東は大いに困り、相贍(たがいにめぐみあう)を以てすることは無く、又、当に兵を動かすは、但(ただ)、民を労してそれ已(のみ)では非ざる。

其罷珠崖郡此元帝所以發音也夫卹民救急雖成郡列縣尚猶棄之況障塞之外未嘗為民居者乎

その、珠崖郡を罷(棄ておく)せよ、と。此れ、元帝の徳音を発するを以てしたところである。夫れ、民を卹(あわれむ)し、急を救うために、郡を成し、県を列すると雖も、尚猶(なお)これを棄ておく。況や、障塞の外は、未だ嘗て民の居に為ったものではないではないか。

守邊之術李牧善其略保塞之論嚴尤申其要遺業猶在文章具存循二子之策守先帝之規臣曰可矣

守辺の術は、李牧がその略に善(上手い)し、保塞の論は厳尤がその要(かなめ)を申す。遺業は猶(なお)在り、文章は具(つぶさ)に存(ある)する。二子(李牧と厳尤)の策に循(したがう)じて、先帝の規を守ることが、臣(わたし)は曰く、可(良い)と。」と。

昔高祖忍平城之恥

昔高祖忍平城之恥呂后棄慢書之詬方之於今何者為甚

昔、高祖は平城の恥を忍び、呂后は慢書の詬(はずかしめ)を棄て、まさにこれ、今より、何が甚だしいと為すか?

天設山河秦築長城漢起塞垣所以別內外異殊俗也苟無䠞國內侮之患則可矣豈與蟲螘校寇計爭往來哉雖或破之豈可殄盡而方今本朝為之旰食乎

天は山河を設け、秦は長城を築き、漢は塞垣を起こし、内外を別けるを以てしたところは、俗を異殊にする。苟(かりにも)、国を䠞(ける)し、内侮の患いが無ければ可(よし)であり、どうして蟲螘と寇を校(ふせぎ)し、往来を計争するのか?或いはこれを破ると雖も、どうして殄尽(ことごとく滅ぼす)することができるだろうか。而して、方(まさ)に今、本朝はこの為に旰食するのか?

夫專勝者未必克挾疑者未必敗眾所謂危聖人不任朝議有嫌明主不行也

それ、勝ちに専(いちずになる)する者は必ずしも克たず、挾疑する者は必ずしも敗けず、衆が危ういを謂う所は、聖人は任じず、朝議に嫌が有れば、明主は行わないのである。

昔淮南王安諫伐越曰天子之兵有征無戰言其莫敢校也

昔、淮南王安は越を伐することを諫めて曰く、天子の兵は、征は有っても戦いは無しと。言は、その敢えて校(=功?)することはないということである。

如使越人蒙死以逆執事廝輿之卒有一不備而歸者雖得越王之首而猶為大漢羞之

如(もし)、越人をして蒙死(死ぬこともかまわず進む)させ、執事、廝輿(輿をかつぐ召使)の卒(兵士)を撃(うつ 逆(ゲキ)=撃(ゲキ)?)するを以て、一つでも不備にして帰る者が有れば、越王の首を得ると雖も、猶(なお)、大漢の羞じと為す、と。

自匈奴遁逃鮮卑強盛

自匈奴遁逃鮮卑強盛據其故地稱兵十萬才力勁健意智益生

匈奴が遁逃してより、鮮卑は強盛になり、その故地に拠った。勝兵十万(称(ショウ)=勝(ショウ)?)、才力は勁健、意智は益生。

加以關塞不嚴禁網多漏精金良鐵皆為賊有漢人逋逃為之謀主兵利馬疾過於匈奴

加えて、関塞を以て厳とせず、禁網は漏れが多く、精金、良鉄は皆、賊の有するものに為った。漢人が逋逃すると、これを謀主と為し、兵は利し、馬は疾(はやい)く、匈奴より過(まさる)。

昔段熲良將習兵善戰有事西羌猶十餘年今育晏才策未必過熲鮮卑種眾不弱于曩時

昔、段熲は良将で、兵を習い戦いが善(上手い)で、西羌に事を有し、猶(なお)十余年。今、夏育、田晏の才策は未だ必ず段熲に過(まさる)ぎない。鮮卑種は衆(多い)で、曩時(むかし)より弱くない。

而虛計二載自許有成若禍結兵連豈得中休當復徵發眾人轉運無已是為耗竭諸夏并力蠻夷

而して、虚しく二年を計し、自ら成功有ることを許(期待する)し、若し、禍が結ばれ、兵(戦い)が連(つづく)すれば、どうして途中で休むことができるだろうか。当にまた、衆人を徴発し、転運は已(終わる)することは無く、是れは諸夏を耗竭させ、蛮夷(南蛮と東夷?)に力を并(集める)するだろう。

夫邊垂之患手足之蚧搔中國之困胸背之瘭疽方今郡縣盜賊尚不能禁況此醜虜而可伏乎

夫れ、辺垂の患いは、手足の蚧搔、中国の困は、胸背の瘭疽。方(まさ)に、今、郡県の盗賊も尚(なお)、禁ずることができず。況や、此の醜虜にして伏すことができるだろうか。

全749ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事