倭人伝を解く

日本史の謎を解いていきたいと思います

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

持至尸逐侯單于於扶羅

持至尸逐侯單于於扶羅中平五年立

持至尸逐侯単于於扶羅が中平五年(188)に立った。

國人殺其父者遂畔共立須卜骨都侯為單于而於扶羅詣闕自訟會靈帝崩天下大亂單于將數千騎與白波賊合兵寇河內諸郡

国人の其の父を殺した者が遂に畔し、須卜骨都侯を共立して単于と為した。而して、於扶羅は闕に詣で、自ら訟(うったえる)した。会(このとき)霊帝が崩じ、天下は大乱した。単于は数千騎を将(ひきいる)して、白波賊と兵を合わせ、河内の諸郡を寇した。

時民皆保聚鈔掠無利而兵遂挫傷復欲歸國國人不受乃止河東

時に民は皆、保聚(村落を守る)し、鈔掠は利無く、而して、兵は遂に挫傷(くじけてやぶれる)した。復(また)、帰国を欲したが、国人は受(ききいれる)けず、乃ち河東に止(とど)まった。

須卜骨都侯為單于一年而死南庭遂虛其位以老王行國事

須卜骨都侯は単于に為って一年で死んだ。南庭は遂にその位を虚(から)にし、老王を以て国事を行った。

單于於扶羅立七年死弟呼廚泉立

単于於扶羅は立って七年で死に、弟の呼廚泉が立った。

單于呼廚泉興平二年立

単于呼廚泉が興平二年(195)に立った。

以兄被逐不得歸國數為鮮卑所鈔

兄が逐(追放)を被ったのを以て、帰国を得ず、数(たびたび)鮮卑の鈔する所と為った。

建安元年獻帝自長安東歸右賢王去卑與白波賊帥韓暹等侍衛天子拒擊李傕郭楜攫峅鏨塒賤柬徙遷許然後歸國

建安元年(196)、献帝(在位189〜220)は長安より東に帰った。右賢王去卑は白波賊帥韓暹らと天子を侍衛し、李傕、郭椶魑餬發靴拭車駕が洛陽に還るに及んで、又、許に徙遷(うつる)し、然る後に帰国した。

二十一年單于來朝曹操因留於鄴而遣去卑歸監其國焉

二十一年(216)、単于が来朝した。曹操は因りて鄴に留め、而して、去卑を遣わしてその国に帰監させた。

單于呼徵光和元年立

單于呼徵光和元年立

単于呼徴は光和元年(178)に立った。

二年中郎將張脩與單于不相能脩擅斬之更立右賢王羌渠為單于脩以不先請而擅誅殺檻車徵詣廷尉抵罪

二年(179)、中郎将張脩は単于と相能(互いにたえしのぶ)せず、張脩は擅(かってに)之を斬った。更に右賢王羌渠を立てて単于と為した。張脩は先に請わずにして擅(かってに)誅殺したのを以て、檻車徴(檻車でよびよせられる)で廷尉に詣で、罪に抵(ふれる)した。

單于羌渠光和二年立

単于羌渠は光和二年(179)に立った。

中平四年前中山太守張純反畔遂率鮮卑寇邊郡靈帝詔發南匈奴兵配幽州牧劉虞討之

中平四年(187)、前中山太守張純が反畔し、遂に鮮卑を率いて辺郡を寇した。霊帝(在位168〜189)は南匈奴兵を発して幽州牧劉虞に配し、之を討たせることを詔した。

單于遣左賢王將騎詣幽州國人恐單于發兵無已

単于は左賢王を遣わし、騎を将(ひきいる)させて幽州に詣でさせた。国人は単于が兵を発して已(終わる)せずを恐れた。

五年右部虾落與休著各胡白馬銅等十餘萬人反攻殺單于

五年(188)、右部虾落と休著各胡白馬銅ら十余万人が反し、単于を攻殺した。

單于羌渠立十年子右賢王於扶羅立

単于羌渠が立って十年、子の右賢王於扶羅が立った。

單于兜樓儲立

單于兜樓儲立五年薨

單于兜樓儲が立って五年で薨じた。

伊陵尸逐就單于居車兒建和元年立

伊陵尸逐就單于居車兒は、建和元年(147)に立った。

至永壽元年匈奴左薁鞮臺耆且渠伯等復畔寇鈔美稷安定屬國都尉張奐擊破降之事已具奐傳

永寿元年(155)に至り、匈奴左薁鞮臺耆且渠伯徳らが復(また)畔(そむく)し、美稷、安定を寇鈔した。属国都尉張奐が撃破して之を降伏させた。事は已(すでに)、張奐伝に具(つぶさ)にする。

延熹元年南單于諸部並畔遂與烏桓鮮卑寇緣邊九郡以張奐為北中郎將討之單于諸部悉降奐以單于不能統理國事乃拘之上立左谷蠡王

延熹元年(158)、南単于の諸部が並(みな)畔(そむく)し、遂に烏桓、鮮卑とともに縁辺九郡を寇した。張奐を以て北中郎将と為してこれを討った。単于諸部は悉く降伏した。張奐は単于が国事を統理できないのを以て、乃ち、之を拘(とらえる)し、左谷蠡王を上立した。

桓帝詔曰春秋大居正居車兒一心向化何罪而黜其遣還庭

桓帝は詔(みことのり)して曰く、「春秋は適正(世継ぎの男子 嫡男 居(チー)=適(シー)?)を大(おもんずる)する。居車兒は心を一にして化に向かい、何の罪にして黜(しりぞける)するのか? 其の、庭(南匈奴の宮廷)に遣還せよ」と。

單于居車兒立二十五年薨子某立

単于居車兒が立って二十五年で薨し、子の某が立った。

屠特若尸逐就單于某熹平元年立

屠特若尸逐就單于某が熹平元年(172)に立った。

六年單于與中郎將臧旻出鴈門擊鮮卑檀石槐大敗而還是歲單于薨子呼徵立

六年(177)、單于は中郎將臧旻と鴈門に出でて、鮮卑の檀石槐を撃ち、大敗して還った。是(この)歳、單于が薨し、子の呼徵が立った。

漢安元年秋

漢安元年秋吾斯與薁鞮臺耆且渠伯等復掠并部

漢安元年(142)秋、吾斯は薁鞮台耆、且渠伯徳らと復(また)并部を掠めた。

呼蘭若尸逐就單于兜樓儲先在京師漢安二年立之

呼蘭若尸逐就單于兜楼儲は先に京師(内モンゴル自治区ウランチャフ市辺り?)に在り、漢安二年(143)に立った。

天子臨軒大鴻臚持節拜授璽綬引上殿賜青蓋駕駟鼓車安車駙馬騎玉具刀劍什物給綵布二千匹

天子が見(まみえる 軒(ケン)=見(ケン)?)に臨み、大鴻臚が節を持って璽綬を拝受し、上殿に引いた。青蓋駕駟、鼓車、安車、駙馬騎、玉具刀剣、什物を賜り、綵布二千匹を給した。

賜單于閼氏以下金錦錯雜具軿車馬二乘遣行中郎將持節護送單于歸南庭

単于の閼氏(后)以下に金錦錯雑具,軿車馬二乗を賜った。中郎将を遣行(つかわし行かせる)し、節を持って単于を護送させ、南庭(南匈奴の宮廷)に帰らせた。

詔太常大鴻臚與諸國侍子於廣陽城門外祖會饗賜作樂角抵百戲

太常、大鴻臚に詔(みことのり)し、諸国の侍子と広陽城門外に於いて祖会(送別会)し、饗賜、作楽、角抵(相撲)、百戯をした。

順帝幸胡桃宮臨觀之冬中郎將馬寔募刺殺句龍吾斯送首洛陽

順帝(在位125〜144)は胡桃宮に幸(行く)し、これを臨み観た。冬、中郎将馬寔が句龍吾斯を刺殺することを募り、首を洛陽(後漢の都)に送った。

建康元年進擊餘黨斬首千二百級烏桓七十萬餘口皆詣寔降車重牛羊不可勝數

建康元年(144)、余党に進撃し、斬首すること千二百級。烏桓七十萬余口が皆、寔に詣で降伏した。車重、牛、羊は勝(すべて)数え上げることができない。

秋句龍吾斯等

秋句龍吾斯等立句龍王車紐為單于

秋、句龍吾斯らが句龍王車紐を立てて単于と為した。

東引烏桓西收羌戎及諸胡等數萬人攻破京兆虎牙營殺上郡都尉及軍司馬遂寇掠并涼幽冀四州

東に烏桓を引き、西に羌戎及び諸胡ら数万人を収め、京兆虎牙営を攻め破り、上郡都尉及び軍司馬を殺し、遂に并、涼、幽、冀の四州を寇掠した。

乃徙西河治離石上郡治夏陽朔方治五原

乃(そこで)、西河を徙(移す)して離石に治め、上郡を夏陽に治め、朔方を五原に治めた。

冬遣中郎將張耽將幽州烏桓諸郡營兵擊畔虜車紐等戰於馬邑斬首三千級獲生口及兵器牛羊甚眾車紐等將諸豪帥骨都侯乞降而吾斯猶率其部曲與烏桓寇鈔

冬、中郎將張耽を遣わし、幽州烏桓の諸郡の営兵を将(ひきいる)させ、畔虜の車紐らを撃たせた。馬邑に於いて戦い、斬首すること三千級、生口、及び兵器、牛、羊を獲ること甚だ衆(多い)。車紐らは諸(もろもろ)の豪師、骨都侯を将(ひきいる)して降伏を乞うた。而して、吾斯は猶(なお)その部曲(部隊)を率いて烏桓とともに寇鈔した。

六年春馬續率鮮卑五千騎到穀城擊之斬首數百級張耽性勇銳而善撫士卒軍中皆為用命

六年(141)春、馬続は鮮卑五千騎を率いて穀城に到り之を撃った。斬首すること数百級。張耽の性質は勇鋭で、而して、士卒に善撫し、軍中は皆、用命(上役の命令を受け、これを行う)を為した。

遂繩索相懸上通天山大破烏桓悉斬其渠帥還得漢民獲其畜生財物

遂に縄索(なわ)が相(つぎつぎに)懸けられ、天山に上(のぼる)り通り、烏桓を大破し、悉くその渠帥を斬った。漢民を還得し、その畜生財物を獲った。

夏馬續復免以城門校尉吳武代為將軍

夏、馬続が復(また)免ぜられ、城門校尉吳武を以て代わって将軍と為した。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事