倭人伝を解く

日本史の謎を解いていきたいと思います

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

單于屯屠何

單于屯屠何立六年薨單于宣弟安國立

単于屯屠何が立って六年で薨し、単于宣の弟の安国が立った。

單于安國永元五年立安國初為左賢王而無稱譽

単于安国は、永元五年(93)に立った。安国は初(以前)、左賢応と為ったが称誉(ほまれをあげる)することは無かった。

左谷蠡王師子素勇黠多知前單于宣及屯屠何皆愛其氣決故數遣將兵出塞掩擊北庭還受賞賜天子亦加殊異

左谷蠡王師子は素(もと)より勇黠(勇敢でかしこい)で、多知(知識が豊か)で、前単于宣、及び屯屠何は皆、その気決を愛(めでる)した。故(ゆえ)に数(たびたび)、将兵を遣わして塞に出でて、北庭を掩擊(不意打ちにする)させた。還って賞賜を授かり、天子も亦、殊異(すぐれている)を賀(よろこぶ 加=賀?)した。

是以國中盡敬師子而不附安國由是疾師子欲殺之

是(ここ)に国中を以て尽く師子を敬い、而して、安国に附かなかった。是れに由り、師子を疾(うらみ)し、之を殺そうと欲した。

其諸新降胡初在塞外數為師子所驅掠皆多怨之安國因是委計降者與同謀議

其の諸(もろもろ)の新降した胡は初め塞外に在った。数(たびたび)師子の駆掠する所と為って、皆、多くがこれを怨んでいた。安国は是れに因りて、計(はかりごと)を降者に委ね、謀議を与同(ともにする)した。

安國既立為單于師子以次轉為左賢王覺單于與新降者有謀乃別居五原界

安国が既に立ち単于と為ると、師子は次転を以て左賢王に為った。単于が新降者と謀(はかりごと)を有していることを覚(わかる)して、乃(そこで)、別れて五原界に居した。

單于每龍會議事師子輒稱病不往皇甫棱知之亦擁護不遣單于懷憤益甚

単于は毎(いつも)龍会して事を議したが、師子は輒(そのたびごとに)に、病と称して往かず。皇甫棱がこれを知り、亦、擁護して遣わさず。単于は憤りを懐くこと益々甚だしくなった。

三年北單于復

三年北單于復為右校尉耿夔所破逃亡不知所在

三年(91)、北単于が復(また)、右校尉耿夔の破る所と為った。逃亡して在る所は知れず。

其弟右谷蠡王於除鞬自立為單于將右溫禺鞬王骨都侯已下眾數千人止蒲類海遣使款塞

其の弟の右谷蠡王於除鞬が自ら立って単于に為った。右溫禺鞬王、骨都侯以下衆数千人を将(ひきいる)して、蒲類海に止まり、使者を遣わして塞に款(いたる)した。

大將軍竇憲上書立於除鞬為北單于朝廷從之

大将軍竇憲は上書した、於除鞬を立てて北単于と為すと。朝廷はこれに従った。

四年遣耿夔即授璽綬賜玉劍四具羽蓋一駟使中郎將任尚持節衛護屯伊吾如南單于故事方欲輔歸北庭會竇憲被誅

四年(92)、耿夔を遣わし、即ち、璽綬を授け、玉剣四具、羽蓋一駟を賜り、中郎将任尚を使わし節を持って衛護し、伊吾に屯させ、南単于の故(以前)の事の如くにした。方(まさ)に北庭を輔帰せんと欲したとき、会(ちょうど)、竇憲が誅を被った。

五年於除鞬自畔還北帝遣將兵長史王輔以千餘騎與任尚共追誘將還斬之破滅其眾

五年(93)、於除鞬は自ら畔(そむく)して、北へ還った。帝は将兵長史王輔を遣わし、千余騎を以て、任尚と共に追いかけさせた。将還を誘い、これを斬り、その衆を破滅した。

二年春鴻

二年春鴻遷大鴻臚以定襄太守皇甫棱行度遼將軍

二年(90)春、鴻は大鴻臚に遷り、定襄太守皇甫棱を以て度遼将軍を行った。

南單于復上求滅北庭於是遣左谷蠡王師子等將左右部八千騎出雞鹿塞中郎將耿譚遣從事將護之

南単于は復(また)、北庭を滅ぼすことを上求した。是(ここ)に於いて、左谷蠡王師子らを遣わして、左右部の八千騎を将(ひきいる)して、雞鹿の塞に出でさせた。中郎将耿譚は従事を遣わしてこれを将護(たすけまもる)させた。

至涿邪山乃留輜重分為二部各引輕兵兩道襲之

涿邪山に至り、乃(そこで)、輜重(軍用の品物)を留めた。分かれて二部を為(つくる)し、各々軽兵を引いて両道(二つの道)がらこれを襲った。

左部北過西海至河雲北右部從匈奴河水西繞天山南度甘微河二軍俱會夜圍北單于

左部は北に西海を過ぎて河雲北に至る。右部は匈奴河水西より天山を繞(まとう)し、南は甘微河を渡り、二軍は俱(ともに)会し、夜に北単于を包囲した。

大驚率精兵千餘人合戰單于被創墯馬復上將輕騎數十遁走僅而免脫

大いに驚き、精兵千余人を率いて合戦した。単于は創(きず)を被り、馬から墯(おちる)して復(また)上がり、軽騎数十を将(ひきいる)して遁走した。僅(かろうじて)にして免脱(のがれる)した。

得其玉璽獲閼氏及男女五人斬首八千級生虜數千口而還

其の玉璽を得た。閼氏(后)及び男女五人を獲た。斬首すること八千級、生虜(いけどり)すること数千口にして還った。

是時南部連剋獲納降黨眾最盛領戶三萬四千口二十三萬七千三百勝兵五萬一百七十

是(この)時、南部は連剋(連勝)して、納降を獲た。党衆は最も盛んで、領戸三万四千、人口二十三万七千三百、勝兵五万一百七十。

故從事中郎將置從事二人耿譚以新降者多上疱六十二人

故(ゆえ)に従事中郎将は従事二人を置いた。耿譚は新降者が多いのを以て、従事十二人を上増した。

秉上言

秉上言昔武帝單極天下欲臣虜匈奴未遇天時事遂無成

耿秉は上言した、「昔、武帝が天下を単極(一つにきわめる)し、匈奴を臣虜(家来)にすることを欲したが、未だ天時に遇(あ)わず、事は遂に成されなかった。

宣帝之世會呼韓來降故邊人獲安中外為一生人休息六十餘年

宣帝(在位前74〜前48)の世に、会(ちょうど)、呼韓が来降した。故(ゆえ)に辺人は安寧を獲り、中も外も一つに為った。人に休息を生み六十余年。

及王莽篡位變更其號耗擾不止單于乃畔光武受命復懷納之緣邊壞郡得以還復

王莽が帝位を簒奪するに及んで(8年)、その号を変更し、耗擾(おとろえみだれる)は止まらず。単于はそこで、畔(そむく)した。光武帝(在位25〜57)が命を受けると、復(また)これに懐納(うけいれる)し、縁辺の壊れた郡は、還復を以てするを得た。

烏桓鮮卑咸脅歸義威鎮西夷其效如此今幸遭天授北虜分爭以夷伐夷國家之利宜可聽許

烏桓、鮮卑は咸(あまねく)脅(おび)え、義に帰した。威は西夷を鎮(しず)めた。その効は此れの如く。今、幸いにも天授に遭い、北虜(北匈奴)は分かれて争い、夷を以て夷を伐した。国家の利は宜しく聴許(ききいれる)するべきである。」と。

秉因自陳恩分當出命效用太后從之

耿秉は因りて自ら恩を陳(ならべる)し、分は当(まさ)に命を出して効用するべしと。太后はこれに従った。

永元元年以秉為征西將軍與車騎將軍竇憲率騎八千與度遼兵及南單于眾三萬騎出朔方擊北虜大破之

永元元年(89)、耿秉を以て征西将軍と為し、車騎将軍竇憲と騎八千を率い、度遼兵及び南単于の衆三万騎と、朔方に出でて北虜(北匈奴)を撃ち、これを大破した。

北單于奔走首虜二十餘萬人事已具竇憲傳

北単于は奔走した。首虜は二十余万人。事は已(すでに)、竇憲伝に具(つぶさ)にする。

臣與諸王骨都侯

臣與諸王骨都侯及新降渠帥雜議方略皆曰宜及北虜分爭出兵討伐破北成南并為一國令漢家長無北念

臣(わたし)は諸王、骨都侯及び新たに降った渠帥と方略を雑議し、皆、曰く、宜しく北虜(北匈奴)の分争に及んで、兵を出して討伐し、北成南を破って併せて一国を為(つくる)し、漢家の長に北の念(おもい)を無くさせるべきであると。

又今月八日新降右須日逐鮮堂輕從虜庭遠來詣臣言北虜諸部多欲內顧但恥自發遣故未有至者

又、今月八日、新たに降った右須日逐鮮堂軽が虜庭(北匈奴の都)従(より)遠来して臣(わたし)に詣でた。言った、北虜(北匈奴)の諸部は多くが内顧(ひそかにおとずれる)を欲し、但(ただ)、自ら遣を発することを恥じ、故(ゆえ)に未だ至った者はいないのである。

若出兵奔擊必有響應今年不往恐復并壹臣伏念先父歸漢以來被蒙覆載嚴塞明候大兵擁護積四十年

若し、兵を出して奔撃すれば、必ず、響応が有るだろうと。今年は往かなければ、壱(みな)を併せて復することを恐れる。臣(わたし)は伏して念ずる、先父が漢に帰服して以来、覆載(天地のめぐみ)を被蒙(こうむる)し、塞を厳(警戒する)し、候(うかがう)を明らかにし、大兵は擁護(かばいまもる)し、積すること四十年。

臣等生長漢地開口仰食歲時賞賜動輒億萬雖垂拱安枕慚無報效之義

臣(わたし)らは漢の地で生まれ成長し、開口(飲食する)して食を仰(うやまう)し、歳時には賞賜し、動輒(ややもすれば事をするごとに)億万で、垂拱安枕(腕組みして何もせず、安心して寝る)と雖も、効に報いるの義が無いことを慚(はじる)する。

願發國中及諸部故胡新降精兵遣左谷蠡王師子左呼衍日逐王須訾將萬騎出朔方左賢王安國右大且渠王交勒蘇將萬騎出居延期十二月同會虜地

願わくは、国中及び諸部の故胡、新降の精兵を発して、左谷蠡王師子、左呼衍日逐王須訾を遣わして、万騎を将(ひきいる)して、朔方に出だし、左賢王安國、右大且渠王交勒蘇に万騎を将(ひきいる)させて居延に出だし、十二月を期して虜地(北匈奴地)に会同させることを。

臣將餘兵萬人屯五原朔方塞以為拒守臣素愚淺又兵眾單少不足以防內外

臣(わたし)は余兵万人を将(ひきいる)して五原、朔方の塞に屯し、拒守を為すを以てする。臣(わたし)は素(もとより)愚浅で、又、兵衆は単少(弱い)で、内外を防ぐを以てするには足らず。

願遣執金吾耿秉度遼將軍鴻及西河雲中五原朔方上郡太守并力而北令北地安定太守各屯要害冀因聖帝威神一舉平定臣國成敗要在今年

願わくは、執金吾耿秉、度遼将軍鴻及び西河、雲中、五原、朔方、上郡太守を遣わし、力を併せて北へすすみ、北地太守、安定太守に令して、各々要害に屯させることを。冀(こいねが)う、聖帝の威神に因りて、一挙に平定することを。臣(わたし)の国の成敗は、要(かなめ)は今年に在る。

已敕諸部嚴兵馬訖九月龍祠悉集河上唯陛下裁哀省察太后以示耿秉

已(すでに)、諸部に勅(みことのり)して兵馬を厳(うやまう)させ、九月の龍祠に訖(いたる)して、悉く河の上(ほとり)に集めさせる。唯(ただ)、陛下には哀を裁ち省察(考えてはっきりさせる)を。」と。太后は耿秉に示すを以てした。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事