倭人伝を解く

日本史の謎を解いていきたいと思います

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

永初三年夏漢人韓

永初三年夏漢人韓隨南單于入朝既還說南單于云關東水潦人民飢餓死盡可擊也

永初三年(109)夏、漢人韓が南単于に隋して入朝した。既に還ってから、南単于に説いて云った、「関東は水潦(おおみず)になり、人民は飢餓して死尽(死ぬ)しており、撃つべきである」と。

單于信其言遂起兵反畔攻中郎將耿种於美稷秋王彪卒

単于はその言を信じ、遂に兵を起こして反畔(むほん)し、中郎将耿种を美稷に於いて攻めた。秋、王彪が卒(しぬ)した。

冬遣行車騎將軍何熙副中郎龐雄擊之

冬、車騎將軍何熙、副中郎龐雄を遣行(行かせる)し、これを撃った。

四年春檀遣千餘騎寇常山中山以西域校尉梁慬行度遼將軍與遼東太守耿夔擊破之

四年(110)春、檀は千余騎を遣わして、常山、中山を寇した。西域校尉梁慬を以て度遼将軍を行わせ、遼東太守耿夔とともにこれを撃破した。

事已具慬夔傳單于見諸軍並進大恐怖顧讓韓曰汝言漢人死盡今是何等人也乃遣使乞降許之

事は已(すで)に慬、夔伝に具(つぶさ)にする。単于は諸軍が並び進んでいるのを見て、大いに恐怖した。顧みて韓を譲(しかる)して曰く、「汝は言った、漢人は死尽したと。今、是れは何等人(なにびと)なのか?」と。乃(そこで)、使者を遣わして降伏を乞い、これを許(ききいれる)された。

單于脫帽徒跣對龐雄等拜陳道死罪於是赦之遇待如初乃還所鈔漢民男女及羌所略轉賣入匈奴中者合萬餘人

単于は脱帽、徒跣(はだし)で、龐雄らに対し拝陳し、死罪を道(いう)した。是(ここ)に於いてこれを赦(ゆるす)し、初(以前)の如くに遇待した。乃ち、鈔した所の漢民の男女、及び羌が略し転売した所の匈奴の中に入った者、合わせて万余人を還した。

五年梁慬免以雲中太守耿夔行度遼將軍

五年(111)、梁慬が免ぜられ、雲中太守耿夔を以て度遼将軍を行わせた。

單于師子立四年

單于師子立四年薨單于長之子檀立

単于師子は立って四年で薨して、単于長の子の檀が立った。

萬氏尸逐鞮單于檀永元十年立十二年龐奮遷河南尹以朔方太守王彪行度遼將軍

万氏尸逐鞮単于檀は、永元十年(98)に立った。十二年(100)、龐奮は河南尹に遷り、朔方太守王彪を以て度遼将軍を行った。

南單于比歲遣兵擊逢侯多所虜獲收還生口前後以千數逢侯轉困迫

南単于は比歳(毎年)、兵を遣わして逢侯を撃った。虜獲する所が多く、生口を収還すること前後して千を以て数え、逢侯は困迫に転じた。

十六年北單于遣使詣闕貢獻願和親脩呼韓邪故約和帝以其舊禮不備未許之而厚加賞賜不荅其使

十六年(104)、北単于は使者を使わして闕に詣でさせ貢献した。和親、呼韓邪の故約を脩(おさめる)することを願った。和帝はその旧礼が不備なのを以て、未だこれを許(ききいれる)さず。而して、厚く賞賜を加え、その使いには荅(こたえる)さず。

元興元年重遣使詣敦煌貢獻辭以國貧未能備禮願請大使當遣子入侍

元興元年(105)、重ねて使者を遣わし敦煌に詣でさせ貢献した。辞は、国は貧しく未だ礼を備えることができないのを以て、願わくは、大使に請う、当に子を遣わして入侍させるべきを、と。

時太后臨朝亦不荅其使但加賜而已

時に太后が朝廷に臨んでおり、亦、その使いに荅(こたえる)さず、但(ただ)、賜りものを加えてそれ已(のみ)。

馮柱將虎牙營

馮柱將虎牙營留屯五原罷遣鮮卑烏桓羌胡兵封蘇拔廆為率眾王又賜金帛

馮柱は虎牙営を将(ひきいる)して五原に留屯した。罷(終わる)して鮮卑兵、烏桓兵、羌胡兵を遣(釈放する)わし、蘇拔廆に封じて率衆王と為し、又、金帛を賜った。

鴻還京師坐逗留失利下獄死後帝知朱徽杜崇失胡和又禁其上書以致反畔皆徵下獄死以鴈門太守龐奮行度遼將軍

鴻は京師に還り、逗留して利を失なったことに坐(罪をとわれる)し、獄に下されて死んだ。後、帝は朱徽、杜崇が胡と和すことに失敗し、又、その上書を禁じて、反畔(そむく)を致すを以てしたことを知り、皆、徴(よびよせる)され獄に下されて死んだ。鴈門太守龐奮を以て度遼将軍を行わせた。

逢侯於塞外分為二部自領右部屯涿邪山下左部屯朔方西北相去數百里

逢侯は塞の外に於いて、分かれて二部を為した。自ら右部を領して涿邪山の下に屯した。左部は朔方の西北に屯した。相(あい)去ること数百里(一里150m換算で約75劼ら90辧法

八年冬左部胡自相疑畔還入朔方塞龐奮迎受慰納之

八年(96)冬、左部胡は自ら相(あい)疑畔し、還って朔方の塞に入った。龐奮は迎受して之を慰納した。

其勝兵四千人弱小萬餘口悉降以分處北邊諸郡南單于以其右溫禺犢王烏居戰始與安國同謀欲考問之

その勝兵は四千人、弱小は万余口で悉く降った。北辺諸郡に分処するを以てした。南単于は、其の右溫禺犢王烏居戦が始め、安国と同謀したのを以て、これを拷問することを欲した。

烏居戰將數千人遂復反畔出塞外山谷琉挈民害

烏居戦は数千人を将(ひきいる)して遂に復(また)反畔(むほん)し、塞外の山谷の間に出でて、吏民に害を為した。

秋龐奮馮柱與諸郡兵擊烏居戰其眾降於是徙烏居戰眾及諸還降者二萬餘人於安定北地

秋、龐奮、馮柱は諸郡兵とともに烏居戦いを撃ち、その衆は降った。是(ここ)に於いて、烏居戦の衆、及び諸還降者二万余人を安定、北地に徙(移す)した。

馮柱還遷將作大匠逢侯部眾飢窮又為鮮卑所擊無所歸竄逃入塞者駱驛不絕

馮柱が還って、将作大匠に遷った。逢侯の部衆は飢窮し、又、鮮卑の撃つ所と為って、帰る所無く、竄逃して入塞する者は駱駅(往来がつづいて絶えまないさま)して絶えず。

安國立一年

安國立一年單于適之子師子立

安国が立って一年で、単于適の子の師子が立った。

亭獨尸逐侯鞮單于師子永元六年立

亭独尸逐侯鞮単于師子が永元六年(94)に立った。

降胡五六百人夜襲師子安集掾王恬將衛護士與戰破之

降胡五、六百人が夜に師子を襲った。安集掾王恬が衛護士を将(ひきいる)してともに戦いこれを破った。

於是新降胡遂相驚動十五部二十餘萬人皆反畔脅立前單于屯屠何子薁逊日逐王逢侯為單于遂殺略吏人燔燒郵亭廬帳將車重向朔方欲度漠北

是(ここ)に於いて、新降胡は遂に相(互いに)、驚動し、十五部の二十余万人が皆、反畔(むほん)して、前単于屯屠何の子の薁逊日逐王逢侯を共立(脅(キョウ)=共(キョウ)?)して単于と為し、遂に吏人を殺略して、郵亭廬帳を燔焼し、車重を将(ひきいる)して朔方に向かい、漠北を渡ることを欲した。

於是遣行車騎將軍鴻越騎校尉馮柱行度遼將軍朱徽將左右羽林北軍五校士及郡國積射緣邊兵烏桓校尉任尚將烏桓鮮卑合四萬人討之

是(ここ)に於いて車騎将軍鴻、越騎校尉馮柱を遣わし行かせ、度遼将軍朱徽を行かせて、左右羽林、
北軍五校士及び郡国積射、縁辺兵を将(ひきいる)させ、烏桓校尉任尚に烏桓、鮮卑を将(ひきいる)させ、合わせて四万人がこれを討った。

時南單于及中郎將杜崇屯牧師城逢侯將萬餘騎攻圍之未下

時に南単于及び中郎将杜崇は牧師城に屯しており、逢侯(北匈奴単于)は万余騎を将(ひきいる)して攻めこれを包囲したが未だ下らず。

冬鴻等至美稷逢侯乃乘冰度隘向滿夷谷

冬、鴻らが美稷に至ると、逢侯は乃ち、冰(こおり)に乗って隘を渡り、満夷谷に向かった。

南單于遣子將萬騎及杜崇所領四千騎與鴻等追擊逢侯於大城塞斬首三千餘級得生口及降者萬餘人

南単于は子を遣わして万騎を将(ひきいる)させ、及び、杜崇が領した所の四千騎、鴻らと、逢侯(北単于)を大城塞に於いて追撃させ、斬首すること三千余級、生口及び降者を得ること万余人。

馮柱復分兵追擊其別部斬首四千餘級任尚率鮮卑大都護蘇拔廆烏桓大人勿柯八千騎要擊逢侯於滿夷谷復大破之

馮柱は復(また)、兵を分けてその別部を追撃した。斬首すること四千余級。任尚は鮮卑大都護蘇拔廆、烏桓大人勿柯八千騎を率いて、逢侯を満夷谷に於いて要撃した。

前後凡斬萬七千餘級逢侯遂率眾出塞漢兵不能追

前後して凡そ斬ること万七千余級。逢侯は遂に衆を率いて塞を出た。漢兵は追うことができなかった。

七年正月軍還

七年(95)正月、軍は還った。

六年春

六年春皇甫棱免以執金吾朱徽行度遼將軍

六年(94)春、皇甫棱が免ぜられ、執金吾朱徽を以て度遼将軍を行った。

時單于與中郎將杜崇不相平迺上書告崇崇諷西河太守令斷單于章無由自聞

時に単于は中郎将杜崇と不相平(仲たがい)で、迺(そこで)、上書して杜崇を告(うったえる)した。杜崇は西河太守に諷(いさめる)して単于の文章を断(断ち切る)たせ、自ら聞くことに由(関係する)しないようにした。

而崇因與朱徽上言南單于安國疏遠故胡親近新降欲殺左賢王師子及左臺且渠劉利等

而して、杜崇は因りて、朱徽と上言した、「南単于安国は故胡と疏遠で、新降に親近で、左賢王師子及び左臺且渠劉利らを殺そうと欲している。

又右部降者謀共迫脅安國起兵背畔請西河上郡安定為之儆備

又、右部降者は謀共して安国を迫脅(せきたてる)し、兵を起こして背畔(むほん)しようとしている。西河、上郡、安定に之の為に警備することを請う」と。


和帝下公卿議皆以為蠻夷反覆雖難測知然大兵聚會必未敢動搖

和帝(在位88〜106)は公卿に下して議した。皆、為すを以て「蛮夷(南蛮、東夷?)の反覆は測知し難いと雖も、然るに大兵して聚会しても、必ず未だ敢えて動揺しないだろう。

今宜遣有方略使者之單于庭與杜崇朱徽及西河太守并力觀其動靜

今、宜しく方略の有る使者を単于の庭(陣幕)に遣わし、杜崇、朱徽及び西河太守と力を併せて、その動静を観るべきである。

如無它變可令崇等就安國會其左右大臣責其部眾塰衆搦干下垓κ榛瘠

如(もし)它(ほか)の変が無ければ、杜崇らに令して安国を就かせ、その左右大臣を会させ、その部衆の横暴で辺害を為す者を責し、共に罰誅を平らげるべし。

若不從命令為權時方略事畢之後裁行客賜亦足以威示百蠻帝從之

若し、命令に従わなければ、令して、権時(暫時)方略を為させ、事が畢(終わる)の後、行いを裁いて賂賜(贈り物を送る 客=賂?)すれば、亦、威を以て百蛮(多くの南蛮)に示すを以てするに足る」と。帝はこれに従った。

於是徽崇遂發兵造其庭安國夜聞漢軍至大驚棄帳而去因舉兵及將新降者欲誅師子

是(ここ)に於いて、朱徽、杜崇は遂に兵を発してその庭に造(いたる)した。安国は夜に漢軍が至ることを聞き、大いに驚き、帳(陣幕)を棄てて去り、因りて兵を挙げ、及び、新降者を将(ひきいる)して、師子を誅することを欲した。

師子先知乃悉將廬落入曼柏城安國追到城下門閉不得入

師子は先んじて知り、乃(そこで)、悉く廬落(穹廬(匈奴の家)の部落)を将(ひきいる)して、曼柏城に入った。安国は城下に追到したが、門は閉まって入ることを得られず。

朱徽遣吏曉譬和之安國不聽城既不下乃引兵屯五原

朱徽は吏を遣わして曉譬(さとす)してこれを和させた。安国は聴き入れず。城は既に下らず、乃ち兵を引いて五原に屯した。

崇徽因發諸郡騎追赴之急眾皆大恐安國舅骨都侯喜為等慮并被誅乃格殺安國

杜崇、朱徽は因りて諸郡の騎兵を発して急に追赴させた。衆は皆、大いに恐れ、安国の舅の都侯喜為らは併せて誅を被ることを慮(おもんばか)り、乃ち、安国を格殺した。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事