倭人伝を解く

日本史の謎を解いていきたいと思います

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

二十四年春八部大人共議立比為呼韓邪單于以其大父嘗依漢得安故欲襲其號於是款五原塞願永為蕃蔽扞禦北虜

二十四年(48)春、八部の大人は共に議して比を立て、呼韓邪單于と為した。その大父(祖父)が嘗て漢に依りて安を得たのを以て、故(ゆえ)にその号を襲(つぐ)することを欲した。ここに於いて、五原塞に款(いたる)し、永く蕃蔽と為って、北虜を扞禦(ふせぐ)することを願った。

帝用五官中郎將耿國議乃許之其冬比自立為呼韓邪單于

帝は五官中郎将耿国を用いて議し、そこでこれを許(ききいれる)した。その冬、比は自ら立って呼韓邪單于と為った。

二十五年春遣弟左賢王莫將兵萬餘人擊北單于弟薁鞬左賢王生獲之又破北單于帳下并得其眾合萬餘人馬七千匹牛羊萬頭

二十五年(49)春、弟の左賢王莫を遣わし、兵万余人をひきいさせて、北單于の弟の薁鞬左賢王を撃ち、これを生獲(いけどり)にした。又、北單于帳下を破り、併せて、その衆を得て、万余人、馬七千匹、牛羊万頭を合わせた。

北單于震怖卻地千里初帝造戰車可駕數牛上作樓櫓置於塞上以拒匈奴

北單于は震怖して、地を一千里(一里150m換算で約150辧紡犁僂靴拭初(以前)、帝は戦車を造り、数牛を駕(つける)することができ、上に楼櫓(やぐら)を作り、塞の上に置いて、匈奴を拒むを以てした。

時人見者或相謂曰讖言漢九世當卻北狄地千里豈謂此邪及是果拓地焉

時に、人の見た者は、或いは互いに謂った、曰く、「讖(予言)して言う、漢は九世(武帝の後の九世の後漢光武帝)で、当に北狄の地を千里(一里150m換算で約150辧紡犁僂気擦襪世蹐Α△函l院覆△法法∈,譴魄發Δ里世蹐Δ?」と。是に及んで、果たして地を拓(おしひろげる)したのである。

北部薁鞬骨都侯與右骨都侯率眾三萬餘人來歸南單于南單于復遣使詣闕奉藩稱臣獻國珍寶求使者監護遣侍子修舊約

北部薁鞬骨都侯は右骨都侯と衆三万余人を率いて、南單于に来帰した。南單于は復(また)、使者を遣わして闕に詣でさせ、藩を奉り臣を称した。国の珍宝を献じ、使者の監護を求め、侍子を遣わし、旧約を修めた。

比見知牙師被誅

比見知牙師被誅出怨言曰以兄弟言之右谷蠡王次當立以子言之我前單于長子我當立

比は知牙師が誅を被ったことを見て、怨言を出して、曰く、「兄弟を以てこれを言えば、右谷蠡王が次に立つに当たるが、子を以てこれを言えば、我は前の單于の長子で、我が立つに当たる」と。

遂內懷猜懼庭會稀闊單于疑之乃遣兩骨都侯監領比所部兵

遂に内に猜懼を懐き、庭会は稀闊(めったにない)した。單于はこれを疑い、そこで、両骨都侯を遣わし比が部する所の兵を監領させた。

二十二年單于輿死子左賢王烏達鞮侯立為單于復死弟左賢王蒲奴立為單于

二十二年(46)、單于輿が死に、子の左賢王烏達鞮侯が立って單于と為った。復(また)死に、弟の左賢王蒲奴が立って單于と為った。

比不得立既懷憤恨而匈奴中連年旱蝗赤地數千里草木盡枯人畜飢疫死耗太半單于畏漢乘其敝乃遣使詣漁陽求和親

比は立つことを得ず、既に憤恨を懐いた。而して、匈奴中が連年、旱蝗し、赤はだかになった土地が数千里(一里150m換算で約750辧腺坑娃悪辧法∩靆擇録圓枯れ、人畜は飢疫し、死耗は大半であった。單于は漢がその敝に乗じることを畏れた。そこで、使者を遣わして、漁陽に詣でさせ、和親を求めた。

於是遣中郎將李茂報命而比密遣漢人郭衡奉匈奴地圖

ここに於いて、中郎将李茂を遣わして命に報いさせた。而して、比は密かに漢人の郭衡を遣わして、匈奴の地図を奉らせた。

二十三年詣西河太守求內附兩骨都侯頗覺其意會五月龍祠因白單于言薁鞬日遂夙來欲為不善若不誅且亂國

二十三年(47)、西河太守を詣でて、内附を求めた。両骨都侯はその意を頗る覚え、五月の龍祠に会し、因りて單于に白(もうす)した、言う、薁鞬日遂は夙来(むかしから)、不善を為すを欲していた。若し、誅さなければ、且(まさに)国を乱さんとするだろう、と。

時比弟漸將王在單于帳下聞之馳以報比比懼遂斂所主南邊八部眾四五萬人待兩骨都侯還欲殺之

時に比の弟の漸將王は單于の帳の下に在り、これを聞いて、馳せて比に報告するを以てした。比は懼れ、遂に主する所の南辺八部の衆四、五万人を斂(あつめる)し、兩骨都侯が還るのを待って、これを殺すことを欲した。

骨都侯且到知其謀皆輕騎亡去以告單于單于遣萬騎擊之見比眾盛不敢進而還

骨都侯が且(まさに)到らんとすると、その謀を知り、皆、軽騎で亡去し、單于に告げるを以てした。單于は万騎を遣わしこれを撃たせた。比の衆が盛んなのを見て、敢えて進まずして還った。

初單于弟右谷蠡王伊屠知牙師以次當左賢王左賢王即是單于儲副

初(以前)、單于の弟の右谷蠡王伊屠知牙師は、次に左賢王に当たるを以てした。左賢王は即ち、是れ、單于の儲副(君位の継承者)である。

單于欲傳其子遂殺知牙師知牙師者王昭君之子也昭君字嬙,南郡人

單于はその子に伝することを欲し、遂に知牙師を殺した。知牙師とは、王昭君の子であり、昭君の字は嬙は、南郡人である。

初元帝時以良家子選入掖庭時呼韓邪來朝帝敕以宮女五人賜之

初(以前)、元帝時(在位前48〜前33)、良家の子を以て掖庭(宮殿わきの皇妃や宮女がいる建物)に選入した。時に呼韓邪が来朝し、帝は勅(みことのり)して宮女五人を以てこれに賜った。

昭君入宮數歲不得見御積悲怨乃請掖庭令求行

昭君が宮に入って数年、見御を得られず、悲怨が積り、そこで、掖庭令に請うて行くことを求めた。

呼韓邪臨辭大會帝召五女以示之昭君豐容靚飾光明漢宮顧景裴回竦動左右

呼韓邪は辞に臨んで大会し、帝は五女を召してこれに示すを以てした。昭君は豊容、靚飾、漢宮に光明(光り輝く)し、景を顧みて徘徊し、左右に竦動(ゆれうごく)した。

帝見大驚意欲留之而難於失信遂與匈奴生二子

帝は見て、大いに驚き、意はこれを留めることを欲した。而して、信を失うことを難じ、遂に匈奴に与えた。二人の子を生んだ。

及呼韓邪死其前閼氏子代立欲妻之昭君上書求歸成帝敕令從胡俗遂復為後單于閼氏焉

呼韓邪が死ぬに及んで、その前閼氏の子が代わって立ち、これを妻することを欲した。昭君は上書して帰ることを求めた。成帝(在位前33〜前7)は勅(みことのり)して胡の俗に従うよう令し、遂に復(また)、後單于閼氏と為ったのである。

十三年遂寇河東

十三年遂寇河東州郡不能禁於是漸徙幽并邊人於常山關居庸關已東匈奴左部遂復轉居塞內

十三年(37)、遂に河東を寇したが、州郡は禁ずることができなかった。ここに於いて漸(次第に)幽、并の辺人を常山関、居庸関以東に徙(移る)し、匈奴左部は遂に復、塞内に転居した。

朝廷患之緣邊兵郡數千人大築亭候修烽火匈奴聞漢購求盧芳貪得財帛乃遣芳還降望得其賞

朝廷はこれを患え、縁辺兵を一郡に数千人を増やし、大いに亭候を築き、烽火を修めた。
匈奴は漢が盧芳を購い求めたことを聞き、財帛を貪得しようと、そこで、盧芳を遣わし還降させ、その賞を得ることを望んだ。

而芳以自歸為功不稱匈奴所遣單于復恥言其計故賞遂不行由是大恨入寇尤深

而して、盧芳は自ら帰服して功と為すを以て、匈奴が遣わしたところと称さず、単于も復(また)、その計を言うことを恥じ、故(ゆえ)に賞は遂に行われなかった。是れ由り、大いに恨み、入寇は尤も深くなった。

二十年遂至上黨扶風天水

二十年(44)、遂に上党、扶風、天水に至った。

二十一年冬復寇上谷中山殺略鈔掠甚眾北邊無復寧歲

二十一年(45)冬、復、上谷、中山を寇した。殺略、鈔掠は甚だ衆(多い)で、北辺は寧に復する歳は無かった。

南匈奴虾落尸逐鞮單于比者呼韓邪單于之孫烏珠留若鞮單于之子也

南匈奴虾落尸逐鞮單于比とは、呼韓邪單于の孫で、烏珠留若鞮單于の子である。

自呼韓邪後諸子以次立至比季父孝單于輿時以比為右薁鞬日逐王部領南邊及烏桓

呼韓邪の後より、諸子が次々に立つを以てし、比の季父の孝單于輿の時に至り、比を以て右薁鞬日逐王と為し、南辺及び鳥桓を部領した。

建武初彭寵反畔於漁陽單于與共連兵因復權立盧芳使入居五原

建武(25〜56)の初め頃、彭寵が漁陽に於いて反畔(むほん)した。單于は共連兵とともに、復権して盧芳を立てることに因り、五原に入居させた。

光武初方平諸夏未遑外事至六年始令歸侯劉颯使匈奴匈奴亦遣使來獻漢復令中郎將韓統報命賂遺金幣以通舊好

光武帝は初め、方(まさ)に諸夏を平らげ、未だ外事に遑(いそがしい)せず。六年(30)に至り、帰徳侯劉颯に令して匈奴に使いさせることを始めた。匈奴も亦、使者を遣わして来献した。漢は復、中郎将韓統に令して命を報いさせ、金幣を賂遺(贈る)し、旧好を通わせるを以てした。

而單于驕踞自比冒頓對使者辭語悖慢帝待之如初

而して單于は驕踞(おごり)し、自ら冒頓に比し、使者に対する辞語は悖慢(あなどる)で、帝はこれに待(もてなす)するは初めの如くした。

初使命常通而匈奴數與盧芳共侵北邊

初め頃、使命は常通していたが、而して匈奴は数(たびたび)盧芳と共に北辺を侵した。

九年遣大司馬吳漢等擊之經歲無功而匈奴轉盛鈔暴日

九年(33)、大司馬呉漢らを遣わしてこれを撃った。歳を経ても功は無く、而して、匈奴は転盛して、鈔暴は日に日に増した。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事