壱弾入魂 ロンリーシューターの射撃日記。

幸せな家庭と幸せな射撃は一致するのか?。

全体表示

[ リスト ]

APS-3いろいろ、その3.

ノーマル状態で運用しているAPS-3、1号機、フロントサイトベースとインナーバレルの隙間が多いので芯出しの調整がなかなか決まりません、左右のセットスクリューの締め加減で偏芯してしまいます。

                   そこでアルミテープを巻いてみました。
イメージ 1

          アルミテープを3重に巻くとちょうど隙間がなくなる太さになりました。
イメージ 2
アルミテープだと可塑性があるのと粘着力が強いので一度調整できるとしばらくは脱着を繰り返しても大丈夫そうです、左右のセットスクリューを強めに締めてもほぼ狂いません、 初期状態ですと最後のひと締めでインナーバレルが寄ってしまいましたからね。


イメージ 3
APS-3はノーマルでも男前ですね、APS-1GMは構造上どうしても大柄になって鈍重な印象があるので軽量化と称してあちこち削ったり穴を開けたりして少しでも軽快に見えるようにしています。
イメージ 4
さて、銃のカスタムの是非が良く取りざたされますが、カスタムをするべきかどうか?それは各射手の主観に基ずくのではないでしょうか、カスタムが必要ならするべきでしょうしノーマルで普通に撃ててそれで充分だよ、っていうなら不必要ですよね、それぞれが判断して必要なセットアップを行えばいいのであって他者から口出しされる類のものではないのかなと思います、もちろん明らかにおかしな方向性のカスタムやルール違反のものはダメでしょうけど、、、  とはいえパーツ交換や加工で自分だけの一丁を仕上げていくのも楽しみの一つですよね。



































この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事