ロンリーシューターの射撃日記。

幸せな家庭と幸せな射撃は一致するのか?。

全体表示

[ リスト ]

自宅でAPSの練習をしていてどうしても避けられないのが跳弾が床に散らばって家族のひんしゅくを買ってしまうことです、ましてや家具に弾が当たって傷を付けてしまうと自宅練習禁止条約が締結される事態を引き起こしかねません。
そこでせめてブルズアイだけでも跳弾を気にせずに練習できないかと工夫してみました。
 

         用意したものはホームセンターで購入したコンテナボックス約1300円なり
イメージ 1

              ベニア板を加工して製作したブルズアイ用のターゲット置き台
イメージ 2
画像ではわかりにくいですがポリカーボネイト板を貼り付けています、
鉄板を加工して製作しようかとも思ったんですが家庭ごみとして廃棄できるようにしたいのと、ホームセンターで売っている材料で誰でも作れるようにしてみました。


コンテナボックスの片面を四角く切り抜き、そこに重ねるようにブルズアイターゲットの5点圏より大き目の穴を開けたポリカーボネイト板を貼り付けます。
コンテナボックスに四角穴を加工しているとけっこうヒビが入りました、このままポリカ板の補強なしで着弾してしまうとかなり破損が進行してしまうでしょうね、
イメージ 3

                          少し上方から見た図
イメージ 4
ターゲットとポリカ板に開けた穴の位置の相対関係は各自の身長で異なってきます、レギュレーションではターゲットの中心高さは1.4mですので構えた銃の高さがこれより低いと穴の位置も低め、高いと高めに設定する必要がありますね、余裕を持たせて穴を大きく開けると跳弾がボックスから飛び出す確率も大きくなってしまいます。


   丈夫なポリカ板とはいえ繰り返し着弾すると破損する恐れもありますのでスペアの部品も製作しました。
イメージ 5



                                実射してみます、
イメージ 6
BB弾を概ね回収できました、APS-3で0.25g弾を撃ったときに弾速が速いせいか10発撃った内1発だけボックスから飛びだしてしまいましたが自分的には許容範囲です、穴が小さいほど回収率は高くなるんですが0点圏に外したときにははじかれてしまい易くなるので自分の技術に見合った大きさで開けなければいけませんね
室内で暗い場合は天板から懐中電灯で照らすとしっかり見えます、天板に懐中電灯ホルダーを工夫してもいいかも、



今回はポリカーボネイトを多用しましたが、入手が困難な場合はターゲットのバックプレートはフロンティアさんで販売中、https://ssl.alpha-prm.jp/frontier1.jp/shop/300_1222.html

前面の保護板はポリカでなくてもIKEAとかで売っている軟質の素材でも大丈夫かもしれません、ただコンテナボックスの素材自体が衝撃にとても弱いので養生は必須です、

今回の工作、私が別IDで行っているネットマッチがオワコン気味なんですがツイッターで盛り上がりを見せているブルズアイを中心とした夜のAPSに参加される方は自宅での射撃にいかがでしょうか?

































この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事