みさき道人 ”長崎・佐賀・天草etc.風来紀行”

■写真ブログ/長崎・佐賀ほか ●風景・史跡・古写真・巨樹・石橋・滝・山野歩き・標石・戦跡 ●江戸期の「みさき道」

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

        長崎の幕末・明治期古写真考 目録番号:6275 新大工町の鳥瞰 ほか

 HP「長崎大学附属図書館 幕末・明治期日本古写真メタデータ・データベース」などに収録している長崎の古写真について、撮影場所などタイトルや説明文に疑問があるものを、現地へ出かけて調査するようにしている。順不同。

 目録番号:6275 新大工町の鳥瞰
 目録番号:6277 春徳寺遠望

   ■ 確認結果

 古写真データベースで撮影者「A.F.ボードイン」から探すと、この作品が出てくる。目録番号:
6275が新大工町、目録番号:6277が春徳寺を写している。下部にそれぞれ鳥居の列が写り、伊良林1丁目の竹ん芸で有名な「若宮神社」参道横から撮影されている。間の目録番号:6276はタイトル「長崎郊外(1)」。別景色の作品。

 前記の2作品は、横に並べるとパノラマ組写真のようになる。同じ場所から写真機の向きを変えて撮影されたと考えてよい。背景の左は金比羅山、中央右奥にかすかに帆場岳(三つ山)、右は健山。撮影場所と思われる所は宅地となっている。
 現在の写真は、近くの光源寺墓地内、高台の「大春家」墓門の場所から写したから、春徳寺の大屋根の向きが古写真と比べ少し変わった。後ろの写真は、若宮神社と小さな坂本龍馬之像。

 なお、目録番号:6275「新大工町の鳥瞰」については、慶應義塾大学高橋信一教授の次の記事がある。
 2008年12月 1日 (月)   朝日新聞社刊「写真集 甦る幕末」の再評価
   122 長崎・伊良林からの展望
 この写真はB3アルバムにあるものだが、撮影時期、撮影者が不明である。上野彦馬邸の前の中島川の川向こう、伊良林の丘の上の若宮神社から新大工町、片淵方面を望んだ写真である。手前左に彦馬邸、正面に高木邸とその倉庫の建物が写っている。上野彦馬邸の東南の角の家屋は建て直される前のもの。写真No.130の写真と比べると、屋根の形が旧いものとなっている。しかし、塀沿いの西側の建物は撤去されているので、慶応年間の後半であろう。塀の様子が判然としないので、白壁の塀の築造との関係は読み取れない。今後の課題である。明治以降に使われた広い写場についての考察は拙著「書評 馬場章編『上野彦馬歴史写真集成』」(「民衆史研究」第74号、2007年12月号)(119)を参照されたい。

閉じる コメント(4)

顔アイコン

こうやって新旧の景色を比較する!!ってなかなか出来ないですよね。
素晴らしいブログです。
ただ敬服です。

2010/1/30(土) 午前 8:58 [ - ] 返信する

アバター

今と昔は随分と建物は変わっていますが、基本は変わっていないように感じました。
数日前、長崎出張で若宮神社に参拝し、龍馬像を見て来ましたよ!
凛々しいお顔の龍馬さんですよね♪

2010/1/30(土) 午後 1:46 hsnm下町おやじ 返信する

昔と今の写真を比べられるなんていいですね
時代は新しくても山々の風景は変わってなくて
とっても感激を受けました

傑作ポチッ☆

2010/1/31(日) 午前 8:41 ギャメロン 返信する

顔アイコン

ボードインコレクションのこの古写真は、見事なパノラマになっています。現地へ行ってわかりました。昔の写真家はすごいです。長崎大学にはこんな研究をしてほしいと、つくづく思った作品です。

2010/2/1(月) 午後 4:45 みさき/michito 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事