みさき道人 ”長崎・佐賀・天草etc.風来紀行”

■写真ブログ/長崎・佐賀ほか ●風景・史跡・古写真・巨樹・石橋・滝・山野歩き・標石・戦跡 ●江戸期の「みさき道」

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

         長崎外の幕末・明治期古写真考 目録番号: 257 淡路島(1) ほか

 HP「長崎大学附属図書館 幕末・明治期日本古写真メタデータ・データベース」などに収録している長崎の古写真について、撮影場所などタイトルや説明文に疑問があるものを、現地へ出かけて調査するようにしている。順不同。長崎以外の気が付いた作品を取り上げる。

 目録番号: 257 淡路島(1)   関連作品 目録番号:1691 同(4) 目録番号:5579 同(Awajisima Inland Sea)(7)
 目録番号:1545 淡路島(2)   関連作品 目録番号:2797 同(5) 目録番号:2843 同(6)
 目録番号:1547 淡路島(3)

   ■ 確認結果

 兵庫県淡路島の古写真の話題。まず目録番号: 257「淡路島(1)」の画像解説は、「淡路島海岸部(詳細位置不明)。奇岩の下に腰を下ろした人影や、船を操る人物なども見える」。
 同じような作品が目録番号:1691「同(4)」、目録番号:5579「同(Awajisima Inland Sea)(7)」。

 次の目録番号:1545「淡路島(2)」の画像解説は、「左手に鳥居が見えているが、詳細は不明」。しかし、これには関連作品があり、目録番号:2797「同(5)」の画像解説では、「なかほどの奇怪な小島は、淡路島の岩屋(現淡路市)にある大和島(やまとじま)。…目録番号1545の写真と見比べると、左手前に石屋 (いわや) 神社があることがわかる」と説明し、「大和島」と「石屋神社」(岩楠神社)がとりあえず判明した。

 さて最初の目録番号: 257「淡路島(1)」外2点。詳細場所不明らしいが、左端の岩は特徴がある。観光地の写真と比較すると、明石海峡大橋を渡った淡路ICがある近くの、これも淡路市岩屋の「絵島」と考えられる。 
 絵島は国生み神話に登場する「おのころ島」と伝えられる。近くの大和島とともに淡路地域の誇る景勝地 地質学的に珍しい約2千万年前の砂岩層が露出した小島で、岩肌の侵食模様が特徴的である(兵庫県HP「淡路島の風土資産」から)。

 現地の現在の地形図と、「みしのん日和」から「絵島」の画像を掲げる。したがって、目録番号: 257「淡路島(1)」では、左端が「絵島」の岩場、遠く右に写る島が「大和島」であろう。
 なお、目録番号:1547「淡路島(3)」は、中央左に大松を配した作品。目録番号: 257「淡路島(1)」では、右端の高台にある松の岬が、遠くに写る「大和島」へ向き岩礁が続いている。この景色と思われる。現地調査をしたわけでなく、島の大きさがわからず、地元へ確認をお願いしたい。
 最後は、淡路国名所図絵に描かれた「岩屋浦絵島」。

 私は2013年10月、淡路島を訪ねた。絵島と大和島の写真を追加する。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

兵庫県の淡路島と同じ名前の島です。
景観も大変良い島です。

2010/1/31(日) 午前 6:21 [ パソマニ ] 返信する

まさかバイクで行ったんじゃないですよね(笑)?
神戸には2ヶ月ほど滞在しましたが淡路島は行ったことありません。

2010/1/31(日) 午前 6:45 お宮 返信する

顔アイコン

長崎県以外の写真も有ったのですね。

2010/1/31(日) 午前 7:56 パソ親父 返信する

顔アイコン

長崎大学のデータベースには、幕末・明治期の長崎以外の古写真もあります。小川一馬アルバムや彩色写真にある淡路島の名所が、場所不明とは解せません。私がHP上の資料や画像により考えてみました。地元での検証をお願いします。

2010/2/1(月) 午後 4:37 みさき/michito 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事