みさき道人 ”長崎・佐賀・天草etc.風来紀行”

■写真ブログ/長崎・佐賀ほか ●風景・史跡・古写真・巨樹・石橋・滝・山野歩き・標石・戦跡 ●江戸期の「みさき道」

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

            長崎の幕末・明治期古写真考 目録番号:5878 対馬(6)

 HP「長崎大学附属図書館 幕末・明治期日本古写真メタデータ・データベース」などに収録している長崎の古写真について、撮影場所などタイトルや説明文に疑問があるものを、現地へ出かけて調査するようにしている。順不同。長崎以外の気付いた作品も取り上げる。

 目録番号:5878 対馬(6)

 対馬関連作品は、目録番号:5867(1)、5869(2)、5870(3)、5876(4)、5877(5)がある。

  ■ 確認結果

 目録番号:5878「対馬(6)」は、長崎県対馬関連の6作品の1枚である。画像解説がなく、撮影者・撮影年代とも未詳となっているが、現在の対馬市美津島町尾崎漁港の大島にある「都々智(つつち)神社」(里宮)を撮影している。関連写真は、近辺の集落や海岸であろう。
 対馬の「都々智神社」は、次のHP参照。現在の写真も同HPから。
 玄松子さんが歩いた各地の神社の記憶 http://www.genbu.net/data/tusima/tututi_title.htm

 この作品は、朝日選書862「龍馬が見た長崎 古写真が語る幕末開港」2009年刊の189頁に掲載があり、画像解説は次のとおり。186〜187頁に詳しい解説がある。

  82 都々智神社とイギリス軍艦
 対馬の浅茅湾に進入したイギリス海軍ヴァーノン号と都々智神社。1861年にはロシア艦隊がこの湾の一部を半年間占拠した。
 ヘンリー・スチュアート撮影、1890年、鶏卵紙、15.2×10.3

 1890年、イギリス海軍の軍艦ヴァーノン号が対馬の浅茅湾に停泊しました。この軍艦の見習い将校ヘンリー・スチュアートが撮影した対馬の大島の都々智神社と軍艦の写真です (写真82)。場所は湾の入り口付近で、対馬を撮影した写真としては最古のものでしょう。長崎大学にはこのき撮影された湾内の写真がほかに5枚残されています。
 島の左側に鳥居が立ち、右に拝殿が見えます。この神社につながる参道は、満潮のときには海に沈みます。対馬では本宮が山頂や海岸にあり、里宮が里にあるのですが、この神社は郷崎大明神の里宮になるようです。

 「防人の島」として知られる国境の島である対馬は、外国の脅威にさらされていました。
 1861年には、ロシア海軍中尉二コライ・ビリレフ率いる軍艦ポサードニク号がこの湾の占拠を始め、兵舎、工場、練兵場をつくり、半年ほど居すわって島民を脅かしました。「対馬事件」と呼ばれる幕末の外国人による無断上陸事件で、幕府はこれを退去させるのに苦労しました。
 1900年には、日露戦争に備えて小型の艦艇を通すため陸地を掘削して、万関(まんぜき)と呼ばれる水路がつくられました。この水路を通って進撃した水雷艇が日本海海戦で日本に勝利をもたらしました。

この記事に

閉じる コメント(7)

顔アイコン

海が割れるのよ〜♪
思わず口ずさみました(>_<)

2010/7/10(土) 午前 6:51 やっさん 返信する

顔アイコン

突然不躾な質問で失礼を致します。私も古写真に大変興味を持っておりますが、ブログで使用されている多くの写真は、大学などの所蔵品だと思いますが、大学の許可などは受けておられますか? 最近はこういうことは大変難しくなっておりますので、ご回答を頂ければ幸いです。 削除

2010/7/10(土) 午前 8:35 [ ロビン ] 返信する

顔アイコン

写真の著作物の保護期間は、著作者の死後50年までです。著作権はこれら古写真にもうないと思います。大学などは使用許可を受けるよう定めていますが、解説などに疑問がある作品について、私は正当な範囲で、自分の意見を述べるため、出所を明らかにして、引用させてもらっています。著作権法上も認められていることです。詳しくは、文化庁HPの「著作権なるほど質問箱」をご覧ください。
長崎大学の古写真データベースは、国の科学研究費補助を受けて構築され、国の文化財にも指定されました。国民が共有できるデータと思います。大学側の古写真研究の一助になればと、私のブログで古写真考を展開しています。

2010/7/11(日) 午前 9:55 みさき/michito 返信する

顔アイコン

ご返事ありがとうございます。仰ることはある程度理解できますが、もし、大学へ連絡されていなければ、その旨を一度大学に連絡をとり了解を得てから、ブログにその事情を常に表示される表題部分かサイドバーに書いて置くくらいがマナーではないかと思います。貴重な資料であればあるほど、この点には十分注意されたらいかがでしょうか。
・・・著作者の死後50年までです とはいえやはり折角のご努力を気持ちよく見させて頂きたいと思うのです。 削除

2010/7/11(日) 午後 5:36 [ ロビン ] 返信する

顔アイコン

長崎大学の古写真コレクションは、これまで見ていただいてわかるとおり、現地確認がほとんど行なわれず、地元や一般の人が見て、だれでもわかるような間違いや不備な解説が多すぎます。何度申し入れても一向に改善されないと、前に他の人からも聞いています。困っているのは、古写真を利用する側です。そのため私は特に風景写真について、単なる「撮影場所探し」のみ心がけ、ヤボな指摘をしています。
使用許可を受けることは、マナーとして十分承知しています。しかし、このような内容のものに、果たして許可が得られるでしょうか。また作品の数が多すぎ、新しく次々に出てくるものにも迅速に対応できません。長崎大学側は本ブログを知っており、その旨、館長に電話説明をしています。今のところクレームは受けていません。
私にとっても不本意な内容で心苦しいのですが、大学のデータベースが利用者側に立って整備されれば、本ブログはすべて削除するつもりですからご了承ください。

2010/7/11(日) 午後 9:25 みさき/michito 返信する

顔アイコン

ご丁寧な説明ありがとうございます。私も、長崎大学図書館のデーターベースを閲覧しておりますが、その中に

画像及び文章の無断使用・複製・再配布を禁じます。Copyright(c)Nagasaki University Library.All rights reserved

と一応表示されている以上、やはり貴ブログ上でその旨の一文をブログの表題に表示されるべきだと思いました。これ以上余計なコメントも気が引けます。いろいろお騒がせして申し訳ありません。
今後のご活躍を期待しております。 削除

2010/7/13(火) 午前 5:43 [ ロビン ] 返信する

顔アイコン

著作権法第32条1項は、他人の著作物の一部分を引用することは、それが「公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行われるもの」である限り、権利者の許諾を必要としませんとあります。
同2項の解釈では、国・地方公共団体・独立行政法人等の広報資料、調査統計資料、報告書はその内容を国民一般に広く知らせることを目的として作成されたものですから、ホームページに転載して利用されることは、むしろ作成の目的に合致するものと解されます。このようにみていきますと、これらの転載には許諾を必要としないと考えてよいと思われます、との見解があります。
もちろん、「ただし、これを禁止する旨の表示がある場合は、この限りでない」と規定しています。本ブログの場合、これに該当するかどうかわかりませんが、1項による正当な範囲内で引用を行なっているつもりですからご了承ください。
そのため、古写真の原画像の使用は差し控え、目録の小画像を転載しています。今後ともご教示をよろしくお願いします。

2010/7/13(火) 午前 10:39 みさき/michito 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事