みさき道人 ”長崎・佐賀・天草etc.風来紀行”

■写真ブログ/長崎・佐賀ほか ●風景・史跡・古写真・巨樹・石橋・滝・山野歩き・標石・戦跡 ●江戸期の「みさき道」

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

                    琴海地区の旧明治県道の一里標

 琴海町教育委員会編「琴海町史」平成3年刊の597〜598頁は次のとおり。琴海町史は「一里塚」と記しているが、本ブログではほかの記事に合わせ、「一里標」として統一する。
 「一里標」は「亀高村(現・西海市)では白似田の山中バス停付近」、「(現・長崎市琴海地区では)形上の内山家の藤の木の下(下半分は現存・写真付)、手崎の田添さん宅附近(三社大神参道入り口、現在の手崎公民館入り口付近)、戸根の川尻の山際、次は琴海高校の前」(大江・西川一夫談)に建っていたと記す。

   四 旧県道の一里塚

 旧県道は村松村は明治34年、長浦村・明治36年、長崎面高間の内海県道の完成は、明治
38年ごろであろう。この旧県道に一里塚が建立された。
 これについて、村松小学校大正13年卒の梅園藤男は、「確か川尻といったと思うが、県道の曲り角のところに里程標がたっていた。”長崎へ六里、面高へ九里”と書かれていた」(昭和53年刊『村松小一世紀の歩み』)から判じて、一里塚は明治末期にに建てられたのではあるまいか。県道完成の祝賀碑といえよう。

 一里塚は「亀高村では白似田の山中バス停付近、形上の内山家の藤の木の下(下半分は現存)、手崎の田添さん宅附近(三社大神参道入り口、現在の手崎公民館入り口付近)、戸根の川尻の山際、次は琴海高校の前」(大江・西川一夫談)に建っていた由。西川一夫は筆者と幼友達、一里塚所在を電話で尋ねると、反射的な返事「オレは、長崎までよく歩いたから知っている」には驚嘆した。

 当時、よく歩いたにも驚嘆したが、今は歩こうにも歩けない。自家用車あり、トラックあり、バスありの自動車地獄となった。手崎から大子まで家並みなき2km間を、歩いている人を見ることはできない現状にある。もし国道の歩道部を歩いたと仮定したら、形上内山家から長崎への八里は、六里に短縮されているに違いない。琴海町域で各里道へ入るとするなら、昔も今も県道、国道経由で里道へ入った。里道が村道に指定され、村政からの補助金が出るようになったのは、長浦、村松両村とも、大正3年ごろからと思われるが、史料を欠く。

 このうち、西海市亀岳「白似田の山中バス停付近」は現存。次の記事を参照。
   http://blogs.yahoo.co.jp/misakimichi/62065930.html

 今回、琴海町史でわかったのは、琴海地区の「形上の内山家の藤の木の下」で、写真のとおり下半分が現存する。場所は、形上近く「大子小浦」バス停から小川沿いに右に入る。「株式会社平田形上工場」の裏側へ回る小道が旧明治県道。石祠を過ぎしばらく行くと、内山宅入口先の草の茂みの中に折れた標石がある。
 折れた上半分は所在不明らしい。現存する下半分の刻字は、「里」「長崎縣」?の2面が読める。「琴海町史」交通の発達590頁が、次のとおりこの標石を詳しく記していた。

 形上地区  現在の「吉野浦」バス停から県道は海岸沿いに迂回していた。そこには衆議院議員中村不二男の豪邸があった。それを過ぎると大子との界をなす形上の内山家、この内山家の所に楠の木と藤の木があった。ここは夏の憩い場であり、その下に一里塚の標柱が立っていた(597ページ写真参照)。
 高さ1mほどの角柱「正面の下部に”長崎縣”、右側面の上部に”長崎へ八里”、左側面上部に”面高へ七里”」とあった。現在は露出部45cmが残って、正面の”長崎縣”のみが現存、左右は”里”のみを残し、上半分は折れている。思えば18cmの角柱、約1mの標柱であった。…

 琴海地区のほかの3箇所も、現地一帯を念のため探したが、標石は見当らなかった。「戸根の川尻の山際」とは、山田GS手前の「パチンコサンライズ琴海店」あたりとなるらしい。戸根川の河口である。(琴海戸根町自證寺前・辻光雄氏の話)

この記事に

閉じる コメント(11)

顔アイコン

本日、再び、貴HPを逍遥している、お茶のまず です。
この『八里標』に関しては、琴海町史の記述にケチを付ける積りはないが、
町史編集時に既に標石の方位が逆転してしまっていたのですね。
「長崎県」は本来は碑裏と理解すべきで、その場合(向かって)左面が長崎
/右面が面高なのでしょうね。
町史への疑問は、本来の碑表に「九里標」となかったのか?
面高は七里二分ではなかったのか?
海人さんに質問! 現在、写真に写っている「里」の対面には「里二分」は残っていませんか??? 残っていれば、これが面高面ですね。
今は議論しませんが、(例えば長崎を背にしたとき)碑が街道の右手に
立っていたのか、左手だったのかも大事な要素です。
今回の長崎の一連の碑では、「○○里標(碑表)」が道に面していて、
面高を望む時に見える面に 面高○里二分/長崎を望む人には長崎◎里が
見えるのでしょうね。

2012/1/31(火) 午後 3:39 [ お茶のまず博士 ] 返信する

顔アイコン

長崎市琴海町のこの標石、知らせるのを忘れていました。追加6枚目に方向を矢印しました。追加7枚目は拡大です。右面は刻面が不明。裏面は確認せず写真はないです。明快な考察をお願いします。

2012/1/31(火) 午後 4:25 みさき/michito 返信する

顔アイコン

緊急に『標柱図鑑』の一部を復活させ、加筆しています。
http://racoon60.cool.ne.jp/Meiji_milestones/

2012/1/31(火) 午後 11:01 [ お茶のまず博士 ] 返信する

顔アイコン

『標柱図鑑』の長崎県分について、私の記事が役立つならうれしく思います。画像は自由にお使いください。

2012/1/31(火) 午後 11:47 みさき/michito 返信する

顔アイコン

岡山県下に関する報告文をHP・標柱図鑑にアップしてみました。
ご検討ください。
長崎だけでなく、宮崎、鹿児島も含めたレポートを、近々、アップします。

2012/2/3(金) 午前 0:24 [ お茶のまず博士 ] 返信する

顔アイコン

『標柱図鑑』HP拝見しました。早く完全再開を願っています。

2012/2/3(金) 午後 3:50 みさき/michito 返信する

顔アイコン

度々お邪魔します。新しいページ=すとれーとびゅー
http://racoon60.cool.ne.jp/Meiji_milestones/StreightView.html
を開きました。
なお、詳しく教えてほしいことがあるので、「標柱図鑑」の中のアドレス=lotus66@〜〜 にメール下さいますか?

2012/2/5(日) 午前 11:45 [ お茶のまず博士 ] 返信する

顔アイコン

『標柱図鑑』から「長崎・西彼杵半島の場合(緊急報告) 2012・01・31」や「連番型 里程標画像集 Established 2010/04/30 10:20」は、すでに拝見してます。
琴海の標柱は、貴説のとおり面高起点、長崎までの「八里標」、「平成3年に既に欠損」、移設か発見のとき「正面と裏面を逆に」現地に立てた。従って残る面は「面高へ七里二分(略して「七里」か?)」とあったと、現存する白似田の山中バス停付近の標石の例から、私も考えます。
正しいメールアドレスと用件のあらましを、本ゲストブックに内緒コメントでお知らせください。

2012/2/5(日) 午後 8:42 みさき/michito 返信する

顔アイコン

西彼町のJAせいひ大串支店先のは、国道206号脇ですからすぐ見えます。追加写真8のとおりと方向。記事は「明治時代?の新街道伝える「一里標」西彼町に残る」
http://blogs.yahoo.co.jp/misakimichi/39550080.html 参照。「十二里」が正。近くの船着場から移設してます。
西海町黒口郷のは、同じ建物。1階が主に「公民館」、2・3階が「資料館」です。

2012/2/7(火) 午前 8:16 みさき/michito 返信する

顔アイコン

有難う、よくわかりました。「JA大串支店」北方50〜60m/道路西側ですね。黒口郷もよく判りました。
もう一つ、再確認;−
「十二里」は道から遠い柱ですね。 道際のものはBlogでは、「削られていて文字はない」ように書かれていますが、ヒントもありませんか?

さて、Blogのこのページを荒らしてしまいました。どうぞ清掃して下さい!!

2012/2/7(火) 午後 9:40 [ お茶のまず博士 ] 返信する

顔アイコン

西彼町JAせいひ大串支店先の、国道側のは完全無刻。削ったか予備石柱か。空家で確認できません。庭の奥の方のが写真の「一里標」。長崎へ十二里です。
まっとうな研究のBlog荒らしは歓迎。コメントは残しておきます。岡山でまた探してください。

2012/2/7(火) 午後 11:30 みさき/michito 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事